[PR]

日別キーワード

第82位  YOSAKOI - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



YOSAKOI
YOSAKOI(よさこい)は、高知県のよさこい祭りから端を発した、踊りを主体とする日本の祭の一形態である。1990年代に北海道札幌市のYOSAKOIソーラン祭りが成功したことにより、そのノウハウをもとに2000年代にかけて各地に広がった。 沿革 1950年(昭和25年)、南国高知産業大博覧会(高知市)において「よさこい踊り」が披露された。 1954年(昭和29年)、高知市において第1回「よさこい祭り」開催。 1992年(平成4年)、札幌市において第1回「YOSAKOIソーラン祭り」開催。 1999年(平成11年)、高知市「よさこい祭り」で第1回「よさこい全国大会」開催。 2011年(平成23年)、東日本大震災を機に、全国組織の「YOSAKOI! JAPAN連絡協議会」発足。 「よさこい系」「YOSAKOI系」の祭は、以下のようなフォーマットを踏襲している。 鳴り物:手に鳴子(なるこ)などを持って、鳴らしながら踊る。 曲:地元の伝統民謡、又はご当地ソングを5分程度にアレンジ(ジャズダンス・ディスコ・ヒップホップ風が多い)した曲に合わせて踊る。 (Wikipedia:YOSAKOI)

YOSAKOIソーラン祭り
YOSAKOIソーラン祭り(よさこいソーランまつり)とは、YOSAKOIソーラン祭り組織委員会が主催する毎年6月上旬に北海道札幌市で行われるイベント。 北海道では、6月上旬のこの時期は「さっぽろ雪まつり」のような北海道外からの観光客を呼び込む大きなイベントや観光材料が少ないことや、本州以南では梅雨入りにあたるため避暑地を求め北海道に来る人たちがいる。6月上旬のYOSAKOIソーラン祭りのイベント開催によって観光客を呼び込む観光材料となった。そのため北海道の経済効果として観光収入の増収や観光客の増加などそれなりの影響を与えている。 北海道大学の学生だった長谷川岳(現・参議院議員)が大学2年の時、母親がガンを患い、兄が医師として勤める高知県の病院へ入院したため、看病のために訪れた際、本場のよさこい祭りに接しその躍動感に感動、「こうした光景を北海道でも見られたら…」と、1991年12月、学生仲間を募り5名で「YOSAKOIソーラン祭り実行委員会」を発足させ、高知県の「よさこい祭り」と北海道の「ソーラン節」を融合させた「YOSAKOIソーラン祭り」として企画・立案し、誕生したものである。 (Wikipedia:YOSAKOIソーラン祭り)

YOSAKOIさせぼ祭り
YOSAKOIさせぼ祭り(よさこいさせぼまつり)は、毎年10月下旬頃に長崎県佐世保市で開催される、高知県のよさこい祭りの流れを汲む祭りである。祭りのテーマは「来舞! -LIVE-」(2003年より)。
九州では最も大きなよさこい祭りの一つで、例年10月下旬の金曜日に前夜祭、土曜日・日曜日に本祭りという日程で行われている。期間中は市内13ヶ所(2008年)の会場で100を超えるチームが演舞する。
市中心部の会場では例年当祭りの約半月後に開催される長崎県立大学鵬祭の実行委員会委員が多数ボランティアとして参加している。
1997年(平成9年) YOSAKOIソーラン祭りのビデオを見た四ヶ町商店街の関係者等が中心となって作られた2チームが「おくんちさせぼ祭り」の出し物としてアーケードで演舞。
(Wikipedia:YOSAKOIさせぼ祭り)


YOSAKOI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

YOSAKOI - アマゾン検索


「YOSAKOI」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す