[PR]

日別キーワード

第18位  ベトナム戦争 - 2018年06月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



ベトナム戦争
ベトナム戦争(ベトナムせんそう、英語: Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では「米国戦争(Chiến tranh Mỹ quốc)」「対米抗戦(Kháng chiến chống Mỹ)」「抗米救国戦争(Kháng chiến chống Mỹ cứu nước)」などと呼ばれる。 ベトナム戦争は宣戦布告が行われなかったため、戦争がいつ開始されたかについては諸説ある。 この戦争は、アメリカ合衆国を盟主とする資本主義陣営と、ソビエト社会主義共和国連邦を盟主とする共産主義陣営との間に、第二次世界大戦後に生じた対立(いわゆる冷戦)を背景とした代理戦争でもあった。 ホー・チ・ミンが率いるベトナム民主共和国(北ベトナム)側は、南ベトナムを「アメリカ合衆国の傀儡国家」と規定し、共産主義イデオロギーを背景に、ベトナム人による南北ベトナム統一独立国家の建国を求めるナショナリズムに基づく植民地解放戦争であるとした。 (Wikipedia:ベトナム戦争)

ベトナム戦争を扱った映画
ベトナム戦争を扱った映画の一覧。当事国の一国であるアメリカで数多く作られたが、ベトナム戦争そのものが冷戦下でのアメリカの覇権主義・干渉主義が引き起こしたともいえる戦争であるため、アメリカによる国威発揚の目的で撮られたプロパガンダ映画である『グリーン・ベレー』など一部をのぞいて、戦争に批判的、厭戦的、あるいは反戦を目的とした内容のものが多い。娯楽映画に設定だけを取り入れた作品やベトナム戦争をとりまく世相を反映した作品もあり、このジャンルの厳密な線引きは難しい。アメリカ映画以外の映画には、製作国を記載。 1960年代 裏切り部隊 (1964) 肉弾08作戦 (1964) 虐殺部隊 (1965) 動乱のベトナム (1965) (日本) ベトナム最前線 (1965) (南ベトナム) ベトナムから遠く離れて (1967) (フランス) グリーン・ベレー (1968) これがベトナム戦争だ! (1968) (日本) 燃える戦線 (1968) ベトナム (1969) (日本) 1970年代 雨の日にふたたび (1972) ソルジャー・ボーイ (1972) ハーツ・アンド・マインズ (1974) ナンバーテンブルース さらばサイゴン (1974製作、2014年公開) (日本・南ベトナム合作) ハノイの小鳥 (1974) (北ベトナム) ベトナム戦争残虐史 (1975) (日本) 幸福の旅路 (1977) 戦場 (1977) ローリング・サンダー (1977) トンニャット・ベトナム (1977) (日本) 帰郷 (1978) ディア・ハンター (1978) ドッグ・ソルジャー (1978) 地獄の黙示録 (1979) 男たちの戦場 勝利なきベトナム戦線 (1979) おかあさんはおるす (1979) (ベトナム) 1980年代 無人の野 (1980) (ベトナム) 戦場の小さな恋人たち (1981) ランボー (1982) 地獄の7人 (1983) ストリーマーズ 若き兵士たちの物語 (1983) トワイライトゾーン/超次元の体験~第一話 TIME OUT(1983) 死神ランボー 皆殺しの戦場 (1984) 地獄のヒーロー (1984) バーディ (1984) パープル・ハーツ 愛の勲章 (1984) 殺戮戦場 (1985) (香港・タイ) チャック・ノリスの 地獄のヒーロー2 (1985) 北爆 ホーチミン・ルート ベトナム黙示録(1985) (ソ連) ストライク・コマンドー (1986) (イタリア) プラトーン (1986) 水の季節 (1986) (ベトナム) グッドモーニング, ベトナム (1987) サイゴン (1987) 地獄からの復讐 コマンドー・ウルフ (1987) ディア・アメリカ 戦場からの手紙 (1987) ハノイ・ヒルトン  (1987) 友よ、風に抱かれて (1987) NAM 地獄の突破口 (1987) ハンバーガー・ヒル (1987) ファントム・ソルジャー (1987) (イタリア) フルメタル・ジャケット (1987) イースタン・コンドル (1987) (香港) ブラドック/地獄のヒーロー3 (1988) 84★チャーリー・モピック ベトナムの照準 (1988) アイアン・トライアングル (1988) スクワッド 栄光の鉄人軍団 (1988) バイ・バイ・ベトナム (1988) (イタリア) バット★21 (1988) カジュアリティーズ (1989) 7月4日に生まれて (1989) イン・カントリー (1989) 1990年代 イントルーダー 怒りの翼 (1990) ジェイコブス・ラダー (1990) ダーティ・コマンドー 地獄の要塞 (1990) エア・アメリカ (1990) ワイルド・ブリット (1990) (香港) アゲイン/明日への誓い (1990) (香港) ホワイト・バッジ3 戦狼たちの墓標 (1990) (韓国) フォー・ザ・ボーイズ (1991) ホワイト・バッジ2 戦場の青き狼たち (1991) (韓国) 黒いサボテン (1991) (ベトナム) ホワイト・バッジ (1992) (韓国) 天と地 (1993) フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994) ベトナムのダーちゃん (1994) (日本) SAWADA 青森からベトナムへ ピュリッツァー賞カメラマン沢田教一の生と死 (1996) (日本) ロイテ―誓い― (1996) (ベトナム) サイゴンからの旅人(別邦題:遥かな旅) (1996) (ベトナム) ザ・ウォール (1998) 地雷を踏んだらサヨウナラ (1999) (日本) 砂のような人生 (1999) (ベトナム) 2000年代 タイガーランド (2000) 朝よ 来ないで (2000) (ベトナム) コウノトリの歌 (2001) (ベトナム・シンガポール) フィアーズ・オブ・ウォー (2001) ワンス・アンド・フォーエバー (2002) ラブストーリー (2003) (韓国) フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白 (2003) ベトナム激戦史1967 攻防ケサン基地 (2005) (ベトナム) PEACE BED アメリカVSジョン・レノン (2006) アメリカン・ソルジャーズ2 (2006) 花はどこへいった (2007) (日本) 戦場からの脱出 (2007) あなたは遠いところに (2008) (韓国) きのう、平和の夢を見た (2009) (ベトナム) 2010年代 アメリカン・ソルジャーズ 真実の戦場 (2010) T-フォース ベトコン地下要塞制圧部隊 (2010) 関連項目 戦争映画 ベトナム戦争en:Outline of the Vietnam War#Film。 (Wikipedia:ベトナム戦争を扱った映画)

ベトナム戦争の混血児問題
ライダイハン(ベトナム語: Lai Đại Hàn、𤳆大韓)とは、大韓民国(以下、韓国)がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士による現地ベトナム人女性に対する強姦などの性行為によりもうけられた子供、あるいはパリ協定による韓国軍の撤退とその後の南ベトナム政府の崩壊により取り残された「敵軍の子」の意味である。 ライ「𤳆」(「男」偏に「來」旁)はベトナム語で「混血」を意味し、ダイハンは「大韓」(朝:대한)のベトナム語読みであるが、「ライダイハン」という語そのものがベトナムの公式文書に現れる例は少ない。韓国では、ベトナム語からの借用語として取り入れられ、「ライタイハン」(朝:라이따이한)のように発音される。 ライダイハンの数と原因 ライダイハンの正確な数は、諸説ありはっきりしない。1500人(朝日新聞・1995年5月2日)、2千人(野村進)、最小5千人・最大3万人(釜山日報)、7千人、1万人以上(名越二荒之助など)などの説がある。彼(彼女)らの中には父親の記憶を持たず、朝鮮語を話せず、写真だけが唯一残された思い出という者がいる。 (Wikipedia:ベトナム戦争の混血児問題)


ベトナム戦争 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ベトナム戦争 - アマゾン検索


「ベトナム戦争」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す