[PR]

日別キーワード

第27位  日蓮宗 - 2018年06月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



日蓮宗
日蓮宗(にちれんしゅう)は、 仏教の宗旨の一つ。法華宗とも称する。鎌倉時代中期に日蓮によって興され、かつては(天台法華宗に対し)日蓮法華宗とも称した。 仏教の宗派の一つ。 1872年(明治5年)、政策「一宗一管長」制に基づいて合同した日蓮門下の全門流の宗号。1874年(明治7年)、日蓮宗一致派と日蓮宗勝劣派に分かれ解散。 1876年(明治9年)、日蓮宗一致派が公称を許された宗号。1941年(昭和16年)、三派合同により解散。 1941年(昭和16年)、三派合同により成立した現行の「宗教法人・日蓮宗」。身延山久遠寺を総本山とする。 宗旨・日蓮宗の概要 開祖である日蓮の主要著作「立正安国論」のタイトルから類推して、国家主義的(ナショナリズム)傾向の強い教えと見る者がいる。 本節では鎌倉仏教の宗旨日蓮宗(法華宗)の宗祖日蓮の教えならびに分派の大要を紹介する。 教え 法華経(妙法蓮華経)を釈迦の正しい教えとして選び、「南無妙法蓮華経」という題目をとなえること(唱題)を重視。 (Wikipedia:日蓮宗)

日蓮宗富士派
『日蓮正宗』より : 日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)は、日蓮を宗祖とし、富士大石寺を総本山とする、富士門流に位置づけられる仏教の宗派である。 主要寺院 総本山 多宝富士大日蓮華山大石寺(たほうふじだいにちれんげざんたいせきじ、静岡県富士宮市) 本山 多宝富士山妙蓮寺(みょうれんじ、静岡県富士宮市) 高永山讃岐本門寺(ほんもんじ、香川県三豊市) 日向本山 日知屋山定善寺(じょうぜんじ、宮崎県日向市) 由緒寺院 久遠山常泉寺(じょうせんじ、東京都墨田区) 多宝富士山下之坊(しものぼう、静岡県富士宮市) 宝栄山上行寺(じょうぎょうじ、宮城県登米市) 良円山住本寺(じゅうほんじ、京都府京都市) 心蓮山敬台寺(きょうだいじ、徳島県徳島市)  ほか 教義 本迹勝劣、日蓮本仏論を唱え、大石寺に伝えられる本門戒壇の大御本尊と唯授一人の血脈を仏法の根本とする。 (Wikipedia:日蓮宗富士派)

日蓮宗大学
『立正大学』より : 立正大学(りっしょうだいがく、英語: Rissho University)は、東京都品川区大崎四丁目2番16号に本部を置く日本の私立大学である。1924年に設置された。大学の略称は立正大、立正、RIS。 大学全体 立正大学は、1580年に設立された日蓮宗僧侶の教育機関飯高檀林を淵源とする大学である。 建学の精神(校訓・理念・学是) 立正大学は日蓮教学のひとつ、すなわち立正(正しき教えを立て国と社会の安寧や和平のために尽くす)の精神に学ぶことを建学の理念とする。また立正精神は次の三つの誓いに現されている。 真実を求め至誠を捧げよう 正義を尊び邪悪を除こう 和平を願い人類に尽そう 大学の名称は日蓮の代表文書で文応元年7月16日(当時のユリウス暦で1260年8月24日、現在のグレゴリオ暦に換算すると1260年8月31日)に時の最高権力者である得宗(元執権)北条時頼(鎌倉幕府第5代執権)に提出した「立正安国論」に由来する。 (Wikipedia:日蓮宗大学)

日蓮宗興門派
『本門宗』より : 本門宗(ほんもんしゅう)は、日興門流(日蓮の弟子・日興の法脈を受け継ぐ本山末寺)が1876年(明治9年)に結成し、 1941年の日蓮宗、顕本法華宗との三派合同によって発展解消した、法華宗系の宗派。教義的には勝劣派に属した。 沿革 1876年(明治9年) 富士門流に所属する8本山とその末寺により、日蓮宗興門派として発足。 1899年(明治33年)本門宗と改称。 1900年(明治34年)大石寺とその末寺が離脱し、日蓮宗富士派として独立、1912年(明治45年)には日蓮正宗と改称。 1941年(昭和16年)勝劣派の顕本法華宗、一致派の日蓮宗とともに三派合同を行い、勝劣派、一致派の諸門流の本山末寺からなる日蓮宗に発展解消。本門宗の前管長由比日光師は日蓮宗内部における富士門流の組織興統法縁会の初代会長に就任した。 歴代管長 1916年3月29日、「宗制」を改正し、管長輪番制を廃し、公選制へと以降。 主要本山 富士五山(静岡県内) 北山本門寺 大石寺  西山本門寺  下条妙蓮寺 小泉久遠寺  興門八本山 富士五山 京都要法寺 保田妙本寺 伊豆実成寺宗務院は静岡県富士宮市の北山本門寺に設置されていた。 (Wikipedia:日蓮宗興門派)

日蓮宗勝劣派
『勝劣派』より : 勝劣派(しょうれつは)は、日蓮門下の諸門流のうち、所依の法華経を前・後半で迹門(しゃくもん)・本門(ほんもん)に二分し、本門が迹門に優れるという勝劣をたてる諸派の総称。(対義語→一致派) 日蓮宗勝劣派(にちれんしゅうしょうれつは)は、1872年(明治5年)に不受不施派を除く日蓮門下が統合された日蓮宗から、1874年(明治7年)に独立した勝劣派を奉する五派の門流(勝劣五派)の合同教団。1876年(明治9年)には各本山系の五派それぞれに分離・独立して解消した。 勝劣五派とは、日興門流(富士門流、興門派)、日什門流(妙満寺派)、日陣門流(本成寺派)、日隆門流(八品派)、日真門流(本隆寺派)のことである。 教義 所依の法華経を構成する二十八品(28章)を前半の「迹門」、後半の「本門」に二分し、本門に法華経の極意があるとする。 分派 勝劣派は、本仏の位置づけによって、思想面で大別して二つの分派がある。 日蓮を本仏とする勝劣派:日興門流(富士門流)のうち富士大石寺などの日蓮正宗、保田妙本寺、西山本門寺 釈尊を本仏とする勝劣派:日什門流、日隆門流、日真門流、日陣門流、上記及び日蓮宗寺院を除く日興門流(富士門流)、日奥門流(不受不施派)日興門流(富士門流)以外は、いずれも一致派の諸門流から分岐して成立したものである。 (Wikipedia:日蓮宗勝劣派)

日蓮宗一致派
『一致派』より : 一致派(いっちは)は、日蓮門下の諸門流のうち、妙法蓮華経に本迹の別をよみとりつつも、二十八品全体を一体として所依とする諸派に対する総称(対義語→勝劣派)。 日蓮宗一致派(にちれんしゅういっちは)は、1874年(明治7年)一致派を奉ずる諸門流によって形成された宗派。1876年(明治9年)日蓮宗と改称、1941年(昭和16年)に勝劣派の2宗派と三派合同し、新生日蓮宗へと発展解消した。 教義 日蓮系の諸宗派は、本仏の位置づけや、所依の妙法蓮華経に対し勝劣の別を設けるかどうかなどの点から、思想面では大別して三つの分派がある。 本仏について 釈迦をもって本仏とするか、日蓮をもって本仏とするか 一致派と勝劣派 所依の妙法蓮華経を構成する二十八品(28章)を前半の「迹門」、後半の「本門」に二分し、本門に法華経の極意があるとするのが勝劣派、二十八品全体を一体のものとして扱うべきとするのが一致派。 (Wikipedia:日蓮宗一致派)

日蓮宗不受不施派
日蓮宗不受不施派(にちれんしゅうふじゅふせは)は、日蓮を宗祖とし、日奥を派祖とする、日蓮門下の一派である。 宗祖 日蓮 派祖 日奥 祖山 妙覚寺 日蓮の不受不施義を遵守しようとする不受不施派は、幕府の不受不施派寺請禁止令により信徒を寺請することが出来なくなり、教団自体が非合法化されるなどの厳しい弾圧を受けた。このような状況において教団は、法中(僧侶)、法立(不受不施信者)、内信(外見上他宗他派を装う信者)、という地下組織化の道をとり、教団の存続を図った。しかしそのような状況の中も教団内では、天和2年(1682年)頃備前、備中を中心とした地域において、外見上他宗他派を装う内信者と純粋な不受不施信者を同一に並べてよいか、法立が内信者のために法中の代わりに観経の導師を勤めてよいかということについて、論争が起こった。 (Wikipedia:日蓮宗不受不施派)

日蓮宗葵講
日蓮宗葵講(にちれんしゅう—あおいこう)は、日蓮宗系の新宗教団体。静岡県富士宮市に本部をもつ。日蓮宗別格本山大野山本遠寺寺族の構成する葵会の下部組織。
新宗教 にちれんしゆうあおいこう
日本の宗教団体 にちれんしゆうあおいこう
法華系仏教 にちれんしゆうあおいこう
(Wikipedia:日蓮宗葵講)


日蓮宗 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

日蓮宗 - アマゾン検索


「日蓮宗」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す