[PR]

日別キーワード

第50位  Suica - 2018年06月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



Suica
Suica(スイカ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール・東京臨海高速鉄道等で導入されている共通乗車カード・電子マネーで、JR東日本の登録商標である。日本鉄道サイバネティクス協議会が策定したサイバネ規格に準拠しており非接触型ICカードシステムにはFeliCaの技術が用いられている。 2013年(平成25年)3月23日現在、PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけんとは乗車券機能の相互利用が可能で、このうちPiTaPaを除く8種類は電子マネー機能の相互利用も可能である。 SuicaはJR東日本が開発し、自社線専用として導入した非接触型ICカードシステムによる乗車カードで、2001年(平成13年)からJR東日本管内のエリアで順次サービスを実施している。 2015年(平成27年)3月末現在の発行枚数は約5070万枚(うち電子マネー対応カードは2012年(平成24年)3月末現在で約3657万枚)にのぼる。 (Wikipedia:Suica)

Suicaイオカード
『Suica』より : Suica(スイカ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール・東京臨海高速鉄道等で導入されている共通乗車カード・電子マネーで、JR東日本の登録商標である。日本鉄道サイバネティクス協議会が策定したサイバネ規格に準拠しており非接触型ICカードシステムにはFeliCaの技術が用いられている。 2013年(平成25年)3月23日現在、PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけんとは乗車券機能の相互利用が可能で、このうちPiTaPaを除く8種類は電子マネー機能の相互利用も可能である。 SuicaはJR東日本が開発し、自社線専用として導入した非接触型ICカードシステムによる乗車カードで、2001年(平成13年)からJR東日本管内のエリアで順次サービスを実施している。 2015年(平成27年)3月末現在の発行枚数は約5070万枚(うち電子マネー対応カードは2012年(平成24年)3月末現在で約3657万枚)にのぼる。 (Wikipedia:Suicaイオカード)

Suica定期券
『Suica』より : Suica(スイカ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール・東京臨海高速鉄道等で導入されている共通乗車カード・電子マネーで、JR東日本の登録商標である。日本鉄道サイバネティクス協議会が策定したサイバネ規格に準拠しており非接触型ICカードシステムにはFeliCaの技術が用いられている。 2013年(平成25年)3月23日現在、PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけんとは乗車券機能の相互利用が可能で、このうちPiTaPaを除く8種類は電子マネー機能の相互利用も可能である。 SuicaはJR東日本が開発し、自社線専用として導入した非接触型ICカードシステムによる乗車カードで、2001年(平成13年)からJR東日本管内のエリアで順次サービスを実施している。 2015年(平成27年)3月末現在の発行枚数は約5070万枚(うち電子マネー対応カードは2012年(平成24年)3月末現在で約3657万枚)にのぼる。 (Wikipedia:Suica定期券)

Suicaショッピングサービス
Suicaショッピングサービス(スイカショッピングサービス)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)及び東京モノレール・東京臨海高速鉄道が発行するICカード乗車券Suicaを活用した電子マネーサービスである。 Suicaの電子マネーとしての利用は、当初JR東日本エリア駅構内での物品販売の混雑緩和やスピーディーな買い物に活用する事を狙いとしていた。しかし、その利便性が乗降客に浸透するに連れてJR東日本側の認識も変わり、Suicaを積極的に電子マネーとして利用する事による手数料を新たな収益源として大きく見込む様になった。 それにより、JR東日本は中期経営計画「グループ経営ビジョン2020-挑む-」において「Suica事業を経営の第3の柱として確立する」として、Suicaビジネスを新たな経営戦略の中心に据えている。 数字で見る現状と主な経過 2010年12月末現在、発行枚数3,207万枚・取り扱い件数5,540万件/月(PASMO加盟店を含む。 (Wikipedia:Suicaショッピングサービス)

Suicaペンギン
『ペンギン (Suicaキャラクター)』より : ペンギンは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の発売するプリペイドICカードであるSuicaカード、またはSuica関連のウェブサイト等に登場するマスコットキャラクターである。 デザインはさかざきちはる(坂崎千春)による。モデルはアデリーペンギンで、キャラクター設定では南極から東京にやってきたことになっている。 坂崎やJR東日本では、このペンギンにこれといった命名をしていない。このキャラクターを特に称する必要がある場合は「Suicaのペンギン(Suica's Penguin)」、または単に「ペンギン」としている。 ペンギンの位置づけ このキャラクターは「Suicaアピール用のオリジナルキャラクター」とされることがあるが、実際はすでに存在していた坂崎の絵本「ペンギンジャンプ」などに登場するペンギンを起用したものである。従って、このペンギンの著作権表記は、JR東日本ではなく坂崎の名が先頭に来る(例「(C)さかざきちはる/JR東日本/dentsu」、「(C)C.S/JR東日本/D」→C.S=Chiharu Sakazaki、D=Dentsu)。 (Wikipedia:Suicaペンギン)

Suica電子マネー
『』より : (Wikipedia:Suica電子マネー)


Suica - 関連ブログ

データが取得できませんでした

Suica - アマゾン検索


「Suica」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す