[PR]

日別キーワード

第76位  キュベレイ - 2018年06月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



キュベレイ
キュベレイ(QUBELEY)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器で、有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1985年放送のテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の軍事勢力の一つ「アクシズ」(のちのネオ・ジオン軍)の指導者「ハマーン・カーン」の専用機。特殊能力者である「ニュータイプ」用の試作機で、『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍の大型モビルアーマー(MA)「エルメス」をMSサイズに小型化させるというコンセプトの下に開発された。4枚羽根のような大型の肩部アーマーが特徴で、腰背部のコンテナには小型の遠隔操作式ビーム砲である「ファンネル」を多数格納している。 『Ζガンダム』劇中終盤に登場し、主人公「カミーユ・ビダン」が所属する反地球連邦組織「エゥーゴ」や、その敵対組織である地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」と戦う。続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』では、劇中最後の敵として主人公「ジュドー・アーシタ」の前に立ちはだかる。 メカニックデザインは永野護が担当。 当記事では、『ガンダムΖΖ』に登場する「キュベレイMk-II」や「量産型キュベレイ」、その他の作品に登場する派生機の解説も記述する。 (Wikipedia:キュベレイ)

キュベレイ (神話)
『キュベレ』より : キュベレは、アナトリア半島のプリュギアで崇拝され、古代ギリシア、古代ローマにも信仰が広がった大地母神である。キュベレーと呼ぶのが正しい。
ギリシア語ではΚυβέληである。しばしば「髪の毛のある女性」が語源とされるが、それはプリュギアー語ではなくギリシア語と考えた場合である。ギリシア神話に取り入れられる前のフリュギア語での呼び名はクババ(:en:Kubaba Kubaba)であり、より古い時代にアナトリア半島で使われたルウィ語(:en:Luwian Luwian、楔形文字参照)起源であるとの説が、より広く受け入れられている。ローマ神話ではマグナ・マーテル(Magna Mater、大いなる母)に対応する。
(Wikipedia:キュベレイ (神話))

キュベレイMk-II
『キュベレイ』より : キュベレイ(QUBELEY)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器で、有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1985年放送のテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』。 作中の軍事勢力の一つ「アクシズ」(のちのネオ・ジオン軍)の指導者「ハマーン・カーン」の専用機。特殊能力者である「ニュータイプ」用の試作機で、『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍の大型モビルアーマー(MA)「エルメス」をMSサイズに小型化させるというコンセプトの下に開発された。4枚羽根のような大型の肩部アーマーが特徴で、腰背部のコンテナには小型の遠隔操作式ビーム砲である「ファンネル」を多数格納している。 『Ζガンダム』劇中終盤に登場し、主人公「カミーユ・ビダン」が所属する反地球連邦組織「エゥーゴ」や、その敵対組織である地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」と戦う。続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』では、劇中最後の敵として主人公「ジュドー・アーシタ」の前に立ちはだかる。 メカニックデザインは永野護が担当。 当記事では、『ガンダムΖΖ』に登場する「キュベレイMk-II」や「量産型キュベレイ」、その他の作品に登場する派生機の解説も記述する。 (Wikipedia:キュベレイMk-II)


キュベレイ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

キュベレイ - アマゾン検索


「キュベレイ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す