[PR]

日別キーワード

第78位  クラスタ - 2018年06月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



クラスタ
『クラスター』より : クラスター、クラスタ(cluster)は、英語で「房」「集団」「群れ」のこと。 クラスター (物質科学) - 原子および分子の、数個から数十個ないしそれ以上の集合。 コンピュータ・クラスター - 複数台のコンピュータが相互接続された構成、またはその総体。 クラスタ (記憶媒体) - 補助記憶装置。特にディスクメディアで、いくつかのディスクセクタを1つのまとまりとして扱う単位。 星団(star cluster) - 恒星の集団。 銀河団(cluster of galaxies) - 銀河の集団。 クラスター爆弾(cluster bomb) - 大型の弾体の中に複数の子弾を搭載した爆弾。 子音群(consonant cluster) - 母音を間に挟まない子音の連なり。 クラスター (バンド) - ドイツのプログレッシブ・ロック・バンド。 ダッシュボード (自動車) - 自動車で、同様の部品(スイッチや子メーターなど)が集まっている場所(メータークラスター、センタークラスター、シートサイドクラスターなど)。 (Wikipedia:クラスタ)

クラスターガンダム
『フォーミュラ計画』より : ガンダムF90(ガンダムエフきゅうじゅう:ガンダムフォーミュラナインティ、GUNDAM F90: GUNDAM FORMULA NINETY)は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出はプラモデル(ガンプラ)企画および漫画でメディアミックス展開されていた『機動戦士ガンダムF90』。 人型機動兵器「モビルスーツ」(MS)の1機種。地球連邦軍の試作型ガンダムタイプMSで、『機動戦士ガンダムF91』の主役機「ガンダムF91」の前身にあたる機体。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より過去の時代の作品に登場するMSは全高20メートル前後が標準サイズとなっているが、F90は15メートル程度にまで小型化されている。これは、『機動戦士ガンダムΖΖ』で触れられた「MSの恐竜的進化(多機能化による大型化)」による運用面の不備を改善するべく取られた措置で、軽量化や時代経過による技術革新によって大幅な性能向上を達成している。 (Wikipedia:クラスターガンダム)

クラスターマシン
『コンピュータ・クラスター』より : コンピュータ・クラスターとは、複数のコンピュータを結合し、クラスター(葡萄の房)のようにひとまとまりとしたシステムのこと。単に「クラスター」または「クラスタリング」とも呼ばれる。1台のコンピュータでは得られないような、強力な計算性能や可用性を得ることができる。コンピュータ・クラスターは、クラスタリングを実現するためのハードウェアやソフトウェアなどにより構成される。但し、ネットワークを介してデータを入力して処理を開始するため、処理開始までの遅延が大きくなる欠点がある。 伝統的にコンピュータ・クラスターは、葡萄の房に例えられることが多い。これはDECのクラスターの説明から始まり、多くのベンダにおいても多用されている。またクラスターに参加したコンピュータを「ノード」、ノード間の内部接続ネットワークを「インターコネクト」と呼ぶ場合も多い。葡萄の実(ノード)を、茎が内部接続しているイメージである。 ただし、実際の接続網の形態は様々であり、より良いコスト/パフォーマンス比の実現のために研究・開発が進められている。 (Wikipedia:クラスターマシン)

クラスターエッジ
『CLUSTER EDGE』より : 『CLUSTER EDGE』(クラスターエッジ)は、日本のアニメ作品。2005年10月から2006年3月にかけてテレビ東京系で放送された。2006年秋にOVA『Secret Episode』がリリースされた。制作はサンライズ。 作品概要 20世紀初頭のヨーロッパに似た世界を舞台に、「大人社会」に立ち向かう少年たちの戦いを描いた作品。感情を持たない人間を兵器として扱う人造兵問題をアナロジーとして用い、客観的な立場で人間世界の人種差別的な要素に対する洞察を盛り込み、ただの学生に過ぎない主人公達が社会的問題に立ち向かう群像劇を描いているが、劇中では明かされない謎も全ては明かされていないままとなっている。 ストーリー 大きな紛争後の世界。名門学校クラスターE.Aにアゲート・フローライトという名の少年が編入してくる。不思議な力を秘めた彼を中心に学園生のベリルやフォンらは次第に影響を受けてゆく。一方、学園の外では戦争中に兵器として使用された感情を殺された人間「人造兵」が既に必要のないものとして処分されつつあった。 (Wikipedia:クラスターエッジ)

クラスタリング
クラスタリング (計算機科学) 多数の低廉なコンピュータを、特別なソフトウェア・ハードウェアを用いて、あたかも1つの大きなコンピュータとして利用できるように接続すること。ノードをリンクするのに使われるハードウェアは通常相互接続(interconnect)と呼ばれ、ネットワークインタフェースカード(Network Interface Card、NIC)、スイッチ及びケーブルによって構成されている。どのような相互接続を選択するかは様々な要因に拠る。ノード同士が頻繁に通信しなければならないような細粒度アプリケーションの為には、相互接続は十分高速でなければならない。ソフトウェアの点からみれば、クラスタリングは信頼性を得る為(1台のマシンが動作しなくなっても他がその作業を引き継ぐ)、またはコンピュータの非常に高い性能を廉価に得る1手段として利用される。コンピュータ・クラスターを参照。(統計学)データ解析手法の1つ。「クラスタ解析」、「クラスター分析」とも。機械学習やデータマイニング、パターン認識、イメージ解析やバイオインフォマティックスなど多くの分野で用いられる(データ・クラスタリングを参照)。 (Wikipedia:クラスタリング)

クラスター
クラスター、クラスタ(cluster)は、英語で「房」「集団」「群れ」のこと。 クラスター (物質科学) - 原子および分子の、数個から数十個ないしそれ以上の集合。 コンピュータ・クラスター - 複数台のコンピュータが相互接続された構成、またはその総体。 クラスタ (記憶媒体) - 補助記憶装置。特にディスクメディアで、いくつかのディスクセクタを1つのまとまりとして扱う単位。 星団(star cluster) - 恒星の集団。 銀河団(cluster of galaxies) - 銀河の集団。 クラスター爆弾(cluster bomb) - 大型の弾体の中に複数の子弾を搭載した爆弾。 子音群(consonant cluster) - 母音を間に挟まない子音の連なり。 クラスター (バンド) - ドイツのプログレッシブ・ロック・バンド。 ダッシュボード (自動車) - 自動車で、同様の部品(スイッチや子メーターなど)が集まっている場所(メータークラスター、センタークラスター、シートサイドクラスターなど)。 (Wikipedia:クラスター)

クラスター (曖昧さ回避)
(Wikipedia:クラスター (曖昧さ回避))

クラスターカップ
クラスターカップは、岩手県競馬組合が盛岡競馬場で施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 クラスターカップ」と表記される。 農林水産大臣賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、岩手県知事賞、岩手県馬主会会長賞、開催執務委員長賞。 盛岡競馬場が現在の地に移転新設された1996年に、本格的な中央競馬・地方競馬の交流・連携を目指すため、中央・地方全国指定交流競走として創設、第1回は盛岡競馬場のダート1200mであった。翌1997年からはダート競走格付け委員会によってGIIIに格付けされたが、2007年からはJpnIIIに表記変更されている。 2007年・2008年は水沢競馬場のダート1400mで行われ、2009年からは、再び盛岡競馬場のダート1200mに戻り施行されている。 (Wikipedia:クラスターカップ)

クラスター爆弾
クラスター爆弾(クラスターばくだん、英語:cluster bomb)は、容器となる大型の弾体の中に複数の子弾を搭載した爆弾である。クラスター弾、集束爆弾(しゅうそくばくだん)とも呼ばれ、昔は親子爆弾とも呼ばれた。 定義 2008年5月28日、ダブリンで行われた「クラスター弾に関する外交会議」(Diplomatic Conference for the Adoption of a Convention on Cluster Munitions)で採択された「クラスター弾に関する条約」(Conventions on Cluster Munitions)第2条で、クラスター弾の定義は次のように定められた。 (Wikipedia:クラスター爆弾)

クラスター (物質科学)
クラスター (cluster) は集合体や塊を指す英語であるが、物質科学においては同種の原子あるいは分子が相互作用によって数個~数十個、もしくはそれ以上の数が結合した物体を指す。
それぞれの原子や分子同士を結びつける相互作用は、ファンデルワールス力や電磁相互作用 静電的相互作用、水素結合、金属結合、共有結合などが挙げられている。
クラスターのうち、電荷を帯びたものをクラスターイオンと呼ぶ。
代表的なクラスターとして、炭素原子60個が結合してサッカーボール状の構造を持つC60フラーレンがある。C60フラーレンは共有結合クラスターに分類される。
これらは、いわゆるバルク (界面化学) バルクとも孤立した原子・分子とも違う状態であり(少数多体系・有限多体系と呼ばれる)、バルク-孤立原子・分子の間の新しい物質相であると考えられている。クラスターは、そのサイズに依存した特異的性質を示し、新規磁性・触媒材料など、応用面でも注目されている。
(Wikipedia:クラスター (物質科学))

クラスター・ロケット
『クラスターロケット』より : クラスターロケットとは、多数のロケットエンジンを束ねて構成されるロケット。 利点 大型のロケットエンジンを新たに開発する場合、燃焼室の振動などの問題を解決するための莫大な費用と時間が必要となるが、クラスター方式は手持ちの信頼性の高いエンジンを流用して推力を増やせる堅実な方法であり、ソ連がアメリカに先んじ、スプートニクやボストークの打ち上げを成功させる原動力となった。 単一のエンジンを使用したロケットと比べ、一つのエンジンに異常が起きた場合の影響が小さい点でも有利とされる。また補助ブースターを用いて推力を補う方式と比較すると、(単一の制御モジュールにより全搭載エンジンを制御する事で)制御系統とロケット全体構造の単純化、如いてはロケット重量軽量化と設計の構造化をより進める事が可能となる。。 欠点 エンジンの数が増えるにつれて推進軸線制御の難度も高まり、一段目に30基ものエンジンを持つN1ロケットでは、この問題を遂に解決できず、ソ連の有人月旅行計画自体も中止に追い込まれている。 (Wikipedia:クラスター・ロケット)

クラスターロケット
クラスターロケットとは、多数のロケットエンジンを束ねて構成されるロケット。 利点 大型のロケットエンジンを新たに開発する場合、燃焼室の振動などの問題を解決するための莫大な費用と時間が必要となるが、クラスター方式は手持ちの信頼性の高いエンジンを流用して推力を増やせる堅実な方法であり、ソ連がアメリカに先んじ、スプートニクやボストークの打ち上げを成功させる原動力となった。 単一のエンジンを使用したロケットと比べ、一つのエンジンに異常が起きた場合の影響が小さい点でも有利とされる。また補助ブースターを用いて推力を補う方式と比較すると、(単一の制御モジュールにより全搭載エンジンを制御する事で)制御系統とロケット全体構造の単純化、如いてはロケット重量軽量化と設計の構造化をより進める事が可能となる。。 欠点 エンジンの数が増えるにつれて推進軸線制御の難度も高まり、一段目に30基ものエンジンを持つN1ロケットでは、この問題を遂に解決できず、ソ連の有人月旅行計画自体も中止に追い込まれている。 (Wikipedia:クラスターロケット)

クラスター分解性
クラスター分解性(-ぶんかいせい)あるいはクラスター分解性理論とは、空間的に十分離れた二つの系は、十分よい精度で互いの因果関係を無視できる、と想定する理論あるいは仮説のこと。
この理論・仮説を採用すると、自由に系を選べる、ということになる。この仮説が成立しない場合は、宇宙全体のことを知らなければ的確な予言をすることができない、ということを意味する。
例えば、場の量子論で生成消滅演算子が使われるが、生成消滅演算子を用いた記述をすると系がクラスター分解性を満たす、ということになる。
物理学 くらすたあふんかいせい
Cluster decomposition theorem
(Wikipedia:クラスター分解性)

クラスターエッジ ~君を待つ未来への証~
『CLUSTER EDGE』(クラスターエッジ)は、日本のアニメ作品。2005年10月から2006年3月にかけてテレビ東京系で放送された。2006年秋にOVA『Secret Episode』がリリースされた。制作はサンライズ。 作品概要 20世紀初頭のヨーロッパに似た世界を舞台に、「大人社会」に立ち向かう少年たちの戦いを描いた作品。感情を持たない人間を兵器として扱う人造兵問題をアナロジーとして用い、客観的な立場で人間世界の人種差別的な要素に対する洞察を盛り込み、ただの学生に過ぎない主人公達が社会的問題に立ち向かう群像劇を描いているが、劇中では明かされない謎も全ては明かされていないままとなっている。 ストーリー 大きな紛争後の世界。名門学校クラスターE.Aにアゲート・フローライトという名の少年が編入してくる。不思議な力を秘めた彼を中心に学園生のベリルやフォンらは次第に影響を受けてゆく。一方、学園の外では戦争中に兵器として使用された感情を殺された人間「人造兵」が既に必要のないものとして処分されつつあった。 (Wikipedia:クラスターエッジ ~君を待つ未来への証~)

クラスターエッジ 〜君を待つ未来への証〜
『クラスターエッジ ~君を待つ未来への証~』より : 『CLUSTER EDGE』(クラスターエッジ)は、日本のアニメ作品。2005年10月から2006年3月にかけてテレビ東京系で放送された。2006年秋にOVA『Secret Episode』がリリースされた。制作はサンライズ。 作品概要 20世紀初頭のヨーロッパに似た世界を舞台に、「大人社会」に立ち向かう少年たちの戦いを描いた作品。感情を持たない人間を兵器として扱う人造兵問題をアナロジーとして用い、客観的な立場で人間世界の人種差別的な要素に対する洞察を盛り込み、ただの学生に過ぎない主人公達が社会的問題に立ち向かう群像劇を描いているが、劇中では明かされない謎も全ては明かされていないままとなっている。 ストーリー 大きな紛争後の世界。名門学校クラスターE.Aにアゲート・フローライトという名の少年が編入してくる。不思議な力を秘めた彼を中心に学園生のベリルやフォンらは次第に影響を受けてゆく。一方、学園の外では戦争中に兵器として使用された感情を殺された人間「人造兵」が既に必要のないものとして処分されつつあった。 (Wikipedia:クラスターエッジ 〜君を待つ未来への証〜)

クラスター解析
『データ・クラスタリング』より : クラスタリング (英: clustering)、クラスタ解析(クラスタかいせき)、クラスター分析(クラスターぶんせき)は、データ解析手法(特に多変量解析手法)の一種。教師なしデータ分類手法、つまり与えられたデータを外的基準なしに自動的に分類する手法。また、そのアルゴリズム。 さまざまな手法が提案されているが、大きく分けるとデータの分類が階層的になされる階層型手法と、特定のクラスタ数に分類する非階層的手法とがある。それぞれの代表的な手法としてウォード法、K平均法などがある。 関連項目 多変量解析 データマイニング 自己組織化写像 ウォード法 K平均法: 非階層型クラスタリング手法の1つ 階層型クラスタリング VIF(Variance Inflation Factor): クラスタが独立であるかどうかを判定する尺度 分類 (統計学) 脚注・出典 ==。 (Wikipedia:クラスター解析)

クラスタ解析
『データ・クラスタリング』より : クラスタリング (英: clustering)、クラスタ解析(クラスタかいせき)、クラスター分析(クラスターぶんせき)は、データ解析手法(特に多変量解析手法)の一種。教師なしデータ分類手法、つまり与えられたデータを外的基準なしに自動的に分類する手法。また、そのアルゴリズム。 さまざまな手法が提案されているが、大きく分けるとデータの分類が階層的になされる階層型手法と、特定のクラスタ数に分類する非階層的手法とがある。それぞれの代表的な手法としてウォード法、K平均法などがある。 関連項目 多変量解析 データマイニング 自己組織化写像 ウォード法 K平均法: 非階層型クラスタリング手法の1つ 階層型クラスタリング VIF(Variance Inflation Factor): クラスタが独立であるかどうかを判定する尺度 分類 (統計学) 脚注・出典 ==。 (Wikipedia:クラスタ解析)

クラスター分析
『データ・クラスタリング』より : クラスタリング (英: clustering)、クラスタ解析(クラスタかいせき)、クラスター分析(クラスターぶんせき)は、データ解析手法(特に多変量解析手法)の一種。教師なしデータ分類手法、つまり与えられたデータを外的基準なしに自動的に分類する手法。また、そのアルゴリズム。 さまざまな手法が提案されているが、大きく分けるとデータの分類が階層的になされる階層型手法と、特定のクラスタ数に分類する非階層的手法とがある。それぞれの代表的な手法としてウォード法、K平均法などがある。 関連項目 多変量解析 データマイニング 自己組織化写像 ウォード法 K平均法: 非階層型クラスタリング手法の1つ 階層型クラスタリング VIF(Variance Inflation Factor): クラスタが独立であるかどうかを判定する尺度 分類 (統計学) 脚注・出典 ==。 (Wikipedia:クラスター分析)


クラスタ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

クラスタ - アマゾン検索


「クラスタ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す