[PR]

日別キーワード

第86位  スイレン - 2018年06月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



スイレン
スイレン属(スイレンぞく、water lily、学名:Nymphaea)は、スイレン科の属の一つ。水生多年草。 日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生する。日本全国の池や沼に広く分布している。白い花を午後、未の刻ごろに咲かせる事からその名が付いたと言われる。睡蓮はヒツジグサの漢名であるが、一般にスイレン属の水生植物の総称として用いられる。 水位が安定している池などに生息し、地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべる。葉は円形から広楕円形で円の中心付近に葉柄が着き、その部分に深い切れ込みが入る。葉の表面に強い撥水性はない。多くの植物では気孔は葉の裏側にあるが、スイレンでは葉の表側に分布する。根茎から直接伸びる花柄の先端に直径5-10cmほどの花をつける。 種 日本において一般的なスイレンは、いくつかの野生種を交配、品種改良し、作出された園芸種である。花の色、葉の色、模様、などについて様々な姿の品種が存在する。 ヒツジグサ (N. tetragona) - 日本を含めアジアからヨーロッパ、北アメリカなど北半球に広く分布している。 (Wikipedia:スイレン)

スイレン属
名称 スイレン属
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 スイレン目 :w:Nymphaeales Nymphaeales
科 スイレン科 :w:Nymphaeaceae Nymphaeaceae
属 スイレン属 ”:w:Nymphaea Nymphaea”
下位分類名 種
下位分類 * 本文参照
スイレン属(-ぞく、学名:”Nymphaea”)は、スイレン科の属の一つで、水生多年草。単にスイレン(睡蓮)と呼ぶことが多い。
日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生する。日本全国の池や沼に広く分布している。白い花を午後、未の刻ごろに咲かせる事からその名が付いたと言われる。
水位が安定している池などに生息し、地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべる。葉は円形から広楕円形で円の中心付近に葉柄が着き、その部分に深い切れ込みが入る。葉の表面に強い撥水性はない。多くの植物では気孔は葉の裏側にあるが、スイレンでは葉の表側に分布する。球根 根茎から直接伸びる花柄の先端に直径5-10cmほどの花をつける。
(Wikipedia:スイレン属)

スイレン科
スイレン科(学名:Nymphaeaceae)は、双子葉植物の分類群の一つで沼や河川などで見られる水草である。世界に約70種ある。 スイレンのほかコウホネ、オニバス、オオオニバスなどを含む。 水底の土中に根と地下茎を持ち、葉と花は水面に浮くかまたは水上に出る。葉の形は円形、やじり形など。花弁と雄蕊は多数あり、雌蕊も多数の心皮からなるが、合生して柱頭は放射状になる。 スイレン属は花が美しいのでよく栽培される。南米原産のオオオニバスは葉が巨大なので有名。 かつてはハス科(ハス)やハゴロモモ科(ジュンサイなど)も含めていたが、これらは心皮が離生することなどからクロンキスト体系では別科に分けている(バルクラヤ属もバルクラヤ科として分けているが、APG植物分類体系ではスイレン科に含める)。 分子系統学的研究によれば、スイレン科やハゴロモモ科は被子植物の中で最も原始的な群に属する。一方ハス科はスイレン科などとは系統が大きく異なりヤマモガシ目に属する。 主な属 Barclaya - バルクラヤ科 (Barclayaceae) として独立させることもある ジュンサイ属 Brasenia - ジュンサイ(ハゴロモモ科に含めることが多い。 (Wikipedia:スイレン科)

スイレン目
スイレン目 (Nymphaeales) は被子植物の目の一つ。スイレン科などの水草からなる。 分類 被子植物の中でもかなり基底的なグループで、アムボレラ目の次に分化したと考えられている。APG (1998) およびAPG II (2003) ではスイレン科は目に所属せず、被子植物の直下に置かれていたため、スイレン目は存在しなかった。APG IIIではスイレン目を立てて3科を含めている。 現生種は6属74種。 ヒダテラ科 Hydatellaceae - 1属10種 ハゴロモモ科 Cabombaceae - 2属6種 スイレン科 Nymphaeaceae - 3属58種かつてスイレン科に類縁があると考えられたハス科は、真正双子葉類のヤマモガシ目に含められている。 過去の分類体系 クロンキスト体系ではモクレン亜綱に所属する目で、5科がある。ハゴロモモ科、ハス科、バークレア科はもとスイレン科に含まれていたが、多数の心皮が分立するなどの違いから分離された。 (Wikipedia:スイレン目)


スイレン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

スイレン - アマゾン検索


「スイレン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す