[PR]

日別キーワード

第89位  セルビア - 2018年06月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



セルビア
セルビア共和国 Република СрбијаRepublika Srbija 国の標語:不明 国歌:正義の神 セルビアの位置 セルビア共和国(セルビアきょうわこく)、通称セルビアは、南東ヨーロッパ、バルカン半島中西部の内陸に位置する共和制国家。かつてのユーゴスラビアに属した地域の中央に位置しており、政治的にもその中心となる国であった。 首都であるベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア内のコソボ・メトヒヤ自治州がコソボ共和国として事実上独立状態にある。 国名 セルビア語では「Република Србија / Republika Srbija」(レプブリカ・スルビヤ)、通称「Србијa / Srbija」(スルビヤ)。 (Wikipedia:セルビア)

セルビア王国
『セルビアの歴史』より : セルビア王国 セルビア王国 (中世) - 中世のセルビアに存在した王国。 セルビア王国 (近代) - 近代のセルビアに存在した王国。 セルビアの概説的な歴史についてはセルビアの歴史を参照。 (Wikipedia:セルビア王国)

セルビアの歴史
セルビアの歴史(セルビアのれきし、セルビア語:Историја Србије / Istorija Srbije)では、セルビアの歴史について述べる。 近代以降、セルビアはオスマン帝国の自治公国(1817年(完全な自治権獲得は1830年)から1878年)、独立公国(1878年から1882年)、独立王国(1882年から1918年)、セルビア・クロアチア・スロベニア王国の一部(1818年から1941年)(1929年からユーゴスラビア王国に改称)、ナチスに占領された傀儡国家のセルビア救国政府(1941年から1944年、ネディッチ政権とも)、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の中の社会主義共和国(1945年から1992年)、そしてユーゴスラビア連邦共和国のうちの共和国(1992年から2003年)、モンテネグロとの国家連合であるセルビア・モンテネグロ(2003年から2006年まで)と遷移してきた。 (Wikipedia:セルビアの歴史)

セルビア・クロアチア・スロベニア王国
『ユーゴスラビア』より : ユーゴスラビアは、かつて南東ヨーロッパのバルカン半島地域に存在した、南スラブ人を主体に合同して成立した国家の枠組みである。 国名として「ユーゴスラビア」を名乗っていたのは1929年から2003年までの期間であるが、実質的な枠組みとしては1918年に建国されたセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国に始まり、2006年に解体されたセルビア・モンテネグロまでを系譜とする。また、その間に国名や国家体制、国土の領域についてはいくつかの変遷が存在する。(詳細は#国名の項目を参照)。 なお、ユーゴスラビアの名は解体後の現在においても政治的事情により、構成国のひとつであったマケドニア共和国の国際連合等における公式呼称である「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」として残存している。 その国際的位置から『七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家』と形容される。 首都はベオグラード。1918年にセルビア王国を主体としたスロベニア人・クロアチア人・セルビア人国(セルブ=クロアート=スロヴェーヌ王国)として成立。 (Wikipedia:セルビア・クロアチア・スロベニア王国)

セルビア・モンテネグロ
セルビア・モンテネグロ Србија и Црна Гора 国歌: スラヴ人よセルビア・モンテネグロの位置 セルビア・モンテネグロは、東南ヨーロッパに存在した連邦国家。ユーゴスラビア国家の事実上の最後の体制であり、2003年にユーゴスラビア連邦共和国から改組・改称して発足した。 セルビア人の人口が多いセルビア共和国と、モンテネグロ共和国、およびセルビア共和国内のヴォイヴォディナ自治州とコソボ・メトヒヤ自治州で構成されていた。 ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アルバニア、マケドニアと国境を接していた。 上記の2つの共和国と2つの自治州は民族構成がかなり異なり、またユーゴスラビア連邦政府はセルビアの主導で運営されていたため、これを不満としたモンテネグロ側から独立要求が起こり、その不安定要因を回避するため2003年に国名を「セルビア・モンテネグロ」と改称すると共に、共和国の独立性が高い緩やかな共同国家とした。 (Wikipedia:セルビア・モンテネグロ)

セルビアモンテネグロ
『セルビア・モンテネグロ』より : セルビア・モンテネグロ Србија и Црна Гора 国歌: スラヴ人よセルビア・モンテネグロの位置 セルビア・モンテネグロは、東南ヨーロッパに存在した連邦国家。ユーゴスラビア国家の事実上の最後の体制であり、2003年にユーゴスラビア連邦共和国から改組・改称して発足した。 セルビア人の人口が多いセルビア共和国と、モンテネグロ共和国、およびセルビア共和国内のヴォイヴォディナ自治州とコソボ・メトヒヤ自治州で構成されていた。 ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アルバニア、マケドニアと国境を接していた。 上記の2つの共和国と2つの自治州は民族構成がかなり異なり、またユーゴスラビア連邦政府はセルビアの主導で運営されていたため、これを不満としたモンテネグロ側から独立要求が起こり、その不安定要因を回避するため2003年に国名を「セルビア・モンテネグロ」と改称すると共に、共和国の独立性が高い緩やかな共同国家とした。 (Wikipedia:セルビアモンテネグロ)

セルビア王国 (近代)
セルビア王国 Краљевина Србија 国歌: 正義の神セルビアの位置 セルビア王国(セルビアおうこく)は、1882年から1918年にかけてバルカン半島に存在した国家。前身は1817年成立のセルビア公国。1878年まではオスマン帝国の宗主権下にあり、1918年成立のセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国に発展する形で消滅した。首都はベオグラード。 セルビアの歴史も参照されたい。 セルビア公国の成立 完全独立と王制への移行 露土戦争に参戦して戦勝国となったことで、ベルリン条約の結果、セルビアはオスマン帝国から独立した。 ベルリン会議でセルビアに隣接するボスニアとヘルツェゴビナがオーストリア=ハンガリーの占領下に置かれたにもかかわらず、会議におけるロシアの非協力もあって、セルビアはオーストリア=ハンガリーに接近していく。 (Wikipedia:セルビア王国 (近代))

セルビア共和国
『セルビア』より : セルビア共和国 Република СрбијаRepublika Srbija 国の標語:不明 国歌:正義の神 セルビアの位置 セルビア共和国(セルビアきょうわこく)、通称セルビアは、南東ヨーロッパ、バルカン半島中西部の内陸に位置する共和制国家。かつてのユーゴスラビアに属した地域の中央に位置しており、政治的にもその中心となる国であった。 首都であるベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア内のコソボ・メトヒヤ自治州がコソボ共和国として事実上独立状態にある。 国名 セルビア語では「Република Србија / Republika Srbija」(レプブリカ・スルビヤ)、通称「Србијa / Srbija」(スルビヤ)。 (Wikipedia:セルビア共和国)

セルビア王国 (中世)
セルビア王国 セルビア王国(セルビアおうこく)は、現在のセルビアを中心とした中世の王国。 ネマニッチ朝の成立 南スラヴ(ユーゴスラヴ)の一派であるセルビア人は7世紀初め頃にバルカン西部に南下し、9世紀後半には東ローマ帝国の影響下で正教会を受入れた。セルビア人は長くジューバと呼ばれる部族共同体に分立していたが、12世紀後半に東ローマ帝国の衰退に乗じてステファン・ネマニャが1168年に諸部族を統一してセルビア侯となる。その後、拡大した勢力を背景として1171年には国王として即位し、ネマニッチ朝を開いた。なお、始祖の名前は「ネマニャ」であるが、第二世代以降は指小語ićを付けて「ネマニッチ」(Nemanjić)とするので王朝の名前も「ネマニッチ朝」となる。第二代のステファン・ネマニッチ(ステファン初代戴冠王)は1217年にローマ教皇ホノリウス3世から王冠を授与されて「王国」としての地位を国際的に認めさせ、実質的なセルビア王国の建国者となった。 (Wikipedia:セルビア王国 (中世))

セルビア・モンテネグロの国歌
『スラヴ人よ』は、スラヴ人への賛歌であり、1834年に汎スラヴ運動の歌として『スロバキア人よ』(Hej, Slováci) の題の下、作詞された。その後ソコル運動やユーゴスラビアの国歌、セルビア・モンテネグロの国歌となった。また、スロバキア人の第2の非公式な歌でもある。楽曲はポーランドの国歌でもあるドンブロフスキのマズルカに基づくが、よりテンポが遅く、強くされている。 各言語での題名は以下の通り: スロバキア語: Hej, Slováci チェコ語: Hej, Slované セルビア語: Хеј Словени / Hej, Sloveni マケドニア語: Еј, Словени クロアチア語: Hej, Slaveni ボスニア語: Hej, Slaveni スロベニア語: Hej, Slovani ポーランド語: Hej Słowianie ブルガリア語: Хей, Славяни ロシア語: Гей, Славяне 『スロバキア人よ』 歌詞はスロバキアの聖職者であり、且つ詩人及び歴史家でもあるSamuel Tomášikが1834年にプラハを訪れた際に書かれた。 (Wikipedia:セルビア・モンテネグロの国歌)

セルビア・モンテネグロの歴史
セルビア・モンテネグロの歴史を述べる。民族の歴史としてはセルビアの歴史およびモンテネグロの歴史も参照。 この地域には「民族のモザイク」と呼ばれるため特定の国の歴史を記述するのは難しいといっていい。民族ではなく地域の歴史としてみれば、古代にはローマ帝国、中世には東ローマ帝国とオスマン帝国、近代にはオーストリア・ハンガリー二重帝国とロシア帝国など大国が影響力を行使してきたなかで歴史が形成されていったといえよう。 古代 この地域には紀元前から人が定住してきた。紀元前1世紀にローマの属州となりローマ化が進んだ。4世紀にはゲルマン人のテオドリックの反乱がいまのブルガリア周辺で勃発し、この地も騒乱の渦中となった。その後の民族大移動期には東ゴート人、フン族、アバール人がここを通過し、6世紀にはスラブ人が定住し、独自の王国を建設し始めた。これが今のセルビア人やモンテネグロ人、クロアチア人、スロヴェニア人のルーツである。ただし、モンテネグロ人だけは、古代イリュリアのイリュリア人の可能性も残されている。 セルビア王国とオスマン帝国の支配 これらの諸民族はテュルク系のブルガール人の支配下に入ったりしたが、10世紀には東ローマ帝国の支配下に入り正教会などビザンティン文化を受容した。 (Wikipedia:セルビア・モンテネグロの歴史)

セルビアの国歌
正義の神(せいぎのかみ、セルビア語: Боже правде / Bože pravde)はセルビアの国歌。かつてスルプスカ共和国の国歌でもあった。1872年にダヴォリン・イェンコ (Davorin Jenko) が作曲、ヨヴァン・ジョルジェヴィチ (Јован Ђорђевић / Jovan Đorđević) が作詞した。 もとはセルビア王国の国歌であり、元の歌詞ではセルビア王を称えたものであった。スルプスカ共和国が元の歌詞を保持したのに対し、セルビアは現行の政治体制に合わせて「セルビアの王」から「セルビアの地」へ、「神はセルビアの王を救う」から「神は救い、神は護る」へと若干の修正をした。 歌詞 セルビア語版の全文。各節の最後の2行は繰り返す。 スルプスカ共和国版 註釈の形で差分のみを記す。 外部リンク MP3 sound file (Republika Srpska) - セルビア版。 Real Audio stream (Republic of Serbia) Sheet music for Brass Band and for Orchestra with mixed choir (Parliament of Serbia website) freesrpska.org (source of the English translation) Music and lyrics of the National Anthem。 (Wikipedia:セルビアの国歌)

セルビアの国旗
セルビアの国旗(セルビアのこっき)は、汎スラブ色の赤、青、白の横縞3色を配色した国旗。政府庁舎などに掲揚される公式旗では、旗ざお寄りに国章が配置される。2010年旗に国章の意匠が変更された。 国章の無い旗の上下を逆にすると、ロシアの国旗とほぼ同じものになる。 国旗・国章に関する事情 この国旗・国章は、19世紀に展開された民族運動の過程で、セルビア民族主義のシンボルとして定められたものである。それゆえ、セルビア人あるいは、セルビア人と血統が近いとされる民族が主要な地位を占めている複数の国家で、この配色の国旗が用いられている(あるいは過去に用いられていた)。それぞれの国が、この国旗に関して異なった事情を抱えている。 セルビア 2006年6月5日セルビア・モンテネグロを継承する以前から連邦構成国として現在の国旗・国章を使用していた。ワールドカップ・ドイツ大会では、セルビア・モンテネグロのサポーターがセルビアの旗を掲げて自国代表を応援する光景が見られた。 (Wikipedia:セルビアの国旗)

セルビア人
セルビア人(セルビア語:Срби / Srbi)は、主にセルビアやボスニア・ヘルツェゴビナのスルプスカ共和国を中心に住む南スラブ人。血統や言語はクロアチア人・ボシュニャク人(ボスニア人)とほぼ同じだが宗教が異なる。セルビア人には正教会信徒が多い。 7世紀ごろバルカン半島中西部に定住し東ローマ帝国の影響下で正教会を受容した。12世紀後半にセルビア王国を打ち建ててセルビア人は東ローマ帝国から自立し、新たにセルビア正教会を樹立して宗教上も独立を勝ち取った。14世紀半ばにセルビア王国は黄金期を迎えるが、その後急速に衰弱しオスマン帝国の圧制下に置かれることとなった。 ナポレオン戦争後にウィーン体制がしかれて中欧の民族運動がほとんどの場合失敗に終わったにもかかわらず、セルビア民族主義運動はロシアの後ろ盾で成功し1860年代にはかなりの自治権を認められるようになった。1878年サン・ステファノ条約とベルリン条約を通じてセルビアはモンテネグロ、ルーマニアとともに再び独立を勝ち取った。 (Wikipedia:セルビア人)

セルビア語
セルビア語(セルビアご、српски језик/srpski jezik)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派南スラヴ語群の言語。 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国解体以前はクロアチア語・ボスニア語と同一のセルボクロアチア語とされていた。モンテネグロ方言をセルビア語とは別のモンテネグロ語だとする意見もある。これらの言語の違いは方言と細かな正書法程度でしかない。また、マケドニア語・ブルガリア語およびスロベニア語とも近い関係にある。 表記にはキリル文字とラテン文字の両方が用いられる (ダイグラフィア)。ユーゴスラビア連邦解体後の現在においては、セルビアでは主にキリル文字を用いるが、ラテン文字も通常使用されており、両者が完全に併用されている。ただし、キリル文字とラテン文字を同一の文および文章内で混用することは無い。公文書や学校の教科書などではキリル文字表記が主流だが、インターネット上などでは文字化けが起きにくいラテン文字表記が多く使用されている。このような事情を勘案して、セルビア語版ウィキペディアではキリル文字とラテン文字の自動変換機能を備えている。 (Wikipedia:セルビア語)

セルビア・クロアチア語
セルビア・クロアチア語(セルビア・クロアチアご、セルボ・クロアチア語、クロアチア・セルビア語とも:Srpskohrvatski / Српскохрватски、スルプスコフルヴァツキ、Hrvatskosrpski / Хрватскосрпски、フルヴァツコスルプスキ)は、セルビア人 (Srbi) 、クロアチア人 (Hrvati)、ボシュニャク人、モンテネグロ人 によって話されている言語。ユーゴスラビアでは憲法上の公用語と定められていた。セルビア・クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロなどで話されている。セルビア語、クロアチア語、ボスニア語、モンテネグロ語の標準語はいずれもセルビア・クロアチア語の新シュト方言の東ヘルツェゴビナ方言に基づいており、セルビア・クロアチア語は複数中心地言語のひとつに数えられる。一部の書籍では「ユーゴスラビア語」とも呼ばれる。 歴史・現状 ユーゴスラビアが分裂してからはセルビア語、クロアチア語、ボスニア語の三言語に政治的・社会的に分けられ、近年ではモンテネグロが独立したため、更にモンテネグロ語を分離しようとする運動もある。 (Wikipedia:セルビア・クロアチア語)

セルビアのバレーボール選手一覧
この記事はセルビアのバレーボール選手一覧(-せんしゅいちらん)である。 既に記事があるものに関してはCategory:セルビアのバレーボール選手を参照されたい。 この項目はCategoryではないので、記事の無い選手について赤リンクのままにしておく事が出来る。記事の無いものに関しては一時的に簡単な説明(時代、クラブ)等を併記しておいて構わない。 男子 アレクサンダル・アタナシエビッチ マルコ・イボビッチ イヴァン・イリッチ ゾラン・ガイッチ ウラジミール・グルビッチ ニコラ・グルビッチ アンドリヤ・ゲリッチ スロボダン・コバチ ウロシュ・コバチェビッチ ニコラ・コバチェビッチ マルコ・サマルジッチ エディン・シュコリッチ(2001年欧州選手権優勝) ジョルジェ・ジュリッチ(アトランタ銅メダル) ブラダン・ジョルジェビッチ サーシャ・スタロビッチ ドラガン・スタンコビッチ ジェリコ・タナスコビッチ ミロシュ・テルジッチ トミスラヴ・ドキッチ リュボミール・トラヴィツァ(セルビアモンテネグロ代表監督) ミロシュ・ニキッチ ミラン・バシッチ ノヴィツァ・ビエリツァ フィリップ・ブイッチ デヤン・ブラドビッチ(アトランタ銅メダル) アレクサ・ブルジョビッチ ヴェリコ・ペトコビッチ ヴラド・ペトコビッチ ネマニャ・ペトリッチ ジャルコ・ペトロビッチ ボリスラヴ・ペトロビッチ スロボダン・ボシュカン マルコ・ポドラシュチャニン デヤン・ボヨビッチ ゴラン・マリッチ(2001年欧州選手権優勝) ミラン・マルコビッチ ヴァーサ・ミイッチ ミハイロ・ミティッチ アレクサンダル・ミトロビッチ イヴァン・ミリュコビッチ ジュラ・メシュテル ボヤン・ヤニッチ ライコ・ヨカノビッチ(アトランタ銅メダル、2001年欧州選手権優勝) ミラン・ラシッチ スレチコ・リシナツ ニコラ・ロシッチ 女子 アナ・アントニエビッチ マーヤ・オグニェノビッチ ナターシャ・クルスマノビッチ イバナ・ジェリシロ マーヤ・シマニッチ マルタ・ドゥルパ アーニャ・スパソイエビッチ アレクサンドラ・ペトロビッチ スザナ・チェービッチ ベスナ・ツィタコビッチ イェレナ・ニコリッチ ナジャ・ニンコビッチ アナ・ビエリツァ ヨバナ・ブラコチェビッチ ヨバナ・ベーソビッチ ステファナ・ベリコビッチ シルビヤ・ポポビッチ サーニャ・マラグルスキ ティヤナ・マレセビッチ ドラガナ・マリンコビッチ ブランキツァ・ミハイロビッチ ブリジトカ・モルナル ミレーナ・ラシッチ アレクサンドラ・ランコビッチ。 (Wikipedia:セルビアのバレーボール選手一覧)

セルビア・モンテネグロの国旗
セルビア・モンテネグロの国旗は、汎スラブ色の赤、白、青の横縞3色を配色した旗。 1992年のユーゴスラビア連邦共和国成立以来、2006年に連邦国家セルビア・モンテネグロが姿を消すまで使用された。ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の時代は、中心に社会主義の象徴である赤い五角星がついていた。 上下を逆にするとオランダの国旗と同一の配色になるが、厳密には縦横比が違う。もっとも、国連で使用される旗に限ってみれば、縦横比はすべて2:3であり、上下逆に掲げればオランダの国旗とほとんど同じに見えることは確かである。 関連項目 国旗の一覧 ユーゴスラビアの国旗 - 1992年以前の共産主義時代に使用されたもの。 セルビアの国旗 - 連邦時代から使用している。 モンテネグロの国旗 参考文献 外部リンク de:Flagge Jugoslawiens#Flagge der Bundesrepublik Jugoslawien und Serbien und Montenegro。 (Wikipedia:セルビア・モンテネグロの国旗)

セルビア正教会
セルビア正教会(セルビアせいきょうかい)は、セルビアを中心にセルビア人の間で信仰されている正教会の一組織であり、独立正教会の一つ。 正教会は一カ国に一つの教会組織をそなえることが原則だが(セルビア正教会以外の例としてはギリシャ正教会、ロシア正教会、日本正教会など。もちろん例外もある)、これら各国ごとの正教会が異なる教義を信奉している訳では無く、同じ信仰を有している。 脚注 関連項目 パヴレ (セルビア総主教) 東欧諸国のビザンティン建築 デチャニ修道院 コソボの中世建造物群 シュテファン・モクラーニャッツ セルビア十字 外部リンク Serbian Orthodox Church SERBIAN ORTHODOX CHORAL CHANTS - 視聴可能ページ。 (Wikipedia:セルビア正教会)

セルビア共和国 (1992年-2006年)
セルビア共和国 Република Србија / Republika Srbija Република Србија / Republika Srbijaの位置ユーゴスラビア連邦共和国におけるセルビア共和国の位置 セルビア共和国(セルビアきょうわこく、セルビア語:Република Србија / Republika Srbija)は、1990年から1992年までのユーゴスラビア社会主義連邦共和国、1992年から2003年までのユーゴスラビア連邦共和国、2003年から2006年までのセルビア・モンテネグロの構成国である。 (Wikipedia:セルビア共和国 (1992年-2006年))


セルビア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

セルビア - アマゾン検索


「セルビア」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す