[PR]

日別キーワード

第94位  ツユクサ - 2018年06月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



ツユクサ
ツユクサ(露草、学名: Commelina communis)は、ツユクサ科ツユクサ属の一年生植物。畑の隅や道端で見かけることの多い雑草である。 朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。英名の Dayflower も「その日のうちにしぼむ花」という意味を持つ。また「鴨跖草(つゆくさ、おうせきそう)」の字があてられることもある。ツユクサは古くは「つきくさ」と呼ばれており、上述した説以外に、この「つきくさ」が転じてツユクサになったという説もある。「つきくさ」は月草とも着草とも表され、元々は花弁の青い色が「着」きやすいことから「着き草」と呼ばれていたものと言われているが、『万葉集』などの和歌集では「月草」の表記が多い。この他、その特徴的な花の形から、蛍草(ほたるぐさ)や帽子花(ぼうしばな)、花の鮮やかな青色から青花(あおばな)などの別名がある。 形態・生態 高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這う。 6 - 9月にかけて1.5 - 2cmほどの青い花をつける。 (Wikipedia:ツユクサ)

ツユクサ目
名称 ツユクサ目(クロンキスト体系)
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 単子葉植物綱 :w:Liliopsida Liliopsida
亜綱 ツユクサ亜綱 :w:Commelinidae Commelinidae
目 ツユクサ目 :w:Commnelinales Commnelinales
下位分類名 科
下位分類 本文参照
ツユクサ目 (Commelinales) は被子植物単子葉植物の目 (分類学) 目の一つで、ツユクサ科をタイプ (分類学) タイプ科とするもの。
分子系統学の知見を基にしているAPG植物分類体系によると5科が含まれる。
被子植物 :w:Angiosperm Angiosperm
単子葉類 :w:Monocots Monocots
*ツユクサ類 :w:Commelinids Commelinids
**ツユクサ目 :w:Commelinales Commelinales
***ツユクサ科 :w:Commelinaceae Commelinaceae
***ハエモドルム科 :w:Haemodoraceae Haemodoraceae
***ハングアナ科 :w:Hanguanaceae Hanguanaceae
(Wikipedia:ツユクサ目)

ツユクサ科
ツユクサ科(Commelinaceae)は単子葉植物に属する科で、ツユクサ目を構成する5科の中では最大の約40属650種を含む。 ムラサキツユクサ、ムラサキオモト等の園芸植物の他、日本にはツユクサ、イボクサ、ヤブミョウガなどが自生する。ツユクサ科は旧熱帯・新熱帯の両方で多様性が高く、両方に分布する属もある。 花や花序を初めとした形態が被子植物の中でも特に変異に富むとされる。ツユクサ科という枠組みは長きにわたって分類学者に認められ続けている。APG体系でも、1998年のAPGIから現行の2009年のAPGIIIに至るまで認められ続けており、単子葉類のツユクサ類ツユクサ目に位置付けられている。ツユクサ科の植物は草本で、茎はよく発達し、しばしば節に膨らみを持つ。多くの場合1つ1つの花は短命で、開花から1日と持たずにしぼんでしまう。 ツユクサ科の花は前述の通り短命で、蜜腺を欠き、送粉者に対する報酬は花粉のみである。性表現の面では、両性または雄性両全性同株であるが、Callisia属には雌性両全性同株の種がある。 (Wikipedia:ツユクサ科)


ツユクサ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ツユクサ - アマゾン検索


「ツユクサ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す