[PR]

日別キーワード

第1位  ひそねとまそたん - 2018年06月22日


関連するイメージは見つかりませんでした




ひそねとまそたん - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  震源 - 2018年06月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



震源
震源(しんげん、hypocenter)は、地震(断層の破壊)の発生した地下の場所を意味する。震央(後述)とは異なる。 震源と震源域 断層の破壊は震源となる場所一か所で起こるものではないので、断層の破壊が最初に発生した場所を震源と言い、断層が破壊した領域を震源域(しんげんいき、hypocentral region、focal region)と呼ぶ。基本的に規模が大きくなるほど震源域も大きくなる。M8を超えるような巨大地震の場合、数百kmにおよぶこともある。例として、規模がマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震の震源域は岩手県沖から茨城県沖まで南北500km、東西200kmにわたった。よって余震の震源点も一点ではない。地震学においては、震源域と断層面はほぼ同義である。 小規模な地震では震源域が極めて小さく、断層破壊が震源に集中している場合も多い(ポイントソース)。逆に大規模な地震では震源域が広い。よくある誤解として、例えば兵庫県南部地震は震源が淡路島であったことから、“淡路島で発生した地震で、やや離れた神戸に被害が大きかった”と考えてしまうことがあるが、この場合も“断層の破壊が最初に発生した場所”である震源が淡路島であるにすぎない。 (Wikipedia:震源)

震源地
『震源』より : 震央(Epicenter)は、地震または地下の爆発が発生した地点である震源の真上に当たる地表の点である。英語のEpicenterは、古代ギリシア語で「上」を意味するἐπί(epi)と「中央」を意味するκέντρον(kentron)に由来する形容詞ἐπίκεντρος(epikentros)をラテン語化した新ラテン語の名詞epicentrumを語源に持つ。 地震の場合、震央は断層が破壊し始めた地点の真上であり、多くの場合には最も被害が大きい。しかし、巨大地震では断層破壊距離が長く、被害は破壊域に沿って広がる。例えば、2002年にアラスカ州で起こったマグニチュード7.9の地震の場合、震央は破壊域の西端であったが、最も被害が大きかったのは、破壊域の東端から330km離れた地点であった。 震央距離 地震の間、地震波は震源から球状に伝播する。液体の外核が縦波のP波を屈折し、横波のS波を吸収するため、震央から地球の真裏の地点は地震波の影となる。この領域の外側では両方の波が検出されるが、その速度と地球内部を通過する経路が異なるため、異なった時間に到着する。 (Wikipedia:震源地)


震源 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  アジ - 2018年06月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



アジ
アジ(鯵、鰺)はアジ科アジ亜科 Caranginae に含まれる魚の総称。日本ではその中の一種マアジ Trachurus japonicus を指すことが多いが、他にも多くの種類がある。世界各地の熱帯・温帯域で食用に漁獲されている。 形態 体側の側線上に鋭い突起をもつ稜鱗(りょうりん: Scute)が発達することでアジ科の他の亜科と区別される。稜鱗は、日本では「ぜんご」「ぜいご」という俗称で呼ばれることが多く、学術的には楯状鱗と呼ばれることもある。種類によって稜鱗の並ぶ長さや幅は異なり、同定の手がかりになる。 全長は15cmほどのミヤカミヒラアジ Alepes kleinii から、150cm以上になるロウニンアジ Caranx ignobilis まで種類によって異なる。体は著しく側扁し広葉樹の葉のような形状のものが多いが、ムロアジ属のように断面が円に近く前後に細長い紡錘形のものもいる。マアジ等では同種内で二通りの体型に分かれ、その中間の体型のものも存在する。体色は、背側は鳥類など上方からの捕食者を撹乱するために暗い色、腹側は大型肉食魚のような下方からの捕食者を撹乱するために明るい色になっている。 (Wikipedia:アジ)

アジカン LOCKS!
『SCHOOL OF LOCK!』より : ARTIST LOCKS!(アーティスト・ロックス)とは、TOKYO FMをキーステーションにJFN系全国38局ネットで放送されている、SCHOOL OF LOCK!のコーナーの1つである。放送時間は、月曜日 - 木曜日は23:10ごろから約20分間、金曜日は22:30ごろから約15分間。 現在放送中のもの 曜日別担当 Perfume LOCKS!(月曜日) “ヒミツの研究員”Perfumeが担当。 アレキサンドLOCKS!(火曜日) “進路室の大王”[Alexandros]の川上洋平が担当。 2015年9月をもって無期限休講となったクリープLOCKS!に代わる形で、同年10月6日より開始。 KANA-BOON LOCKS!(水曜日) “走る体育教師”KANA-BOONが担当。 2016年3月をもって事実上打ち切られた「ゲスの極みLOCKS!」の後任として、2016年4月6日より担当。 サカナLOCKS!(木曜日) “音学の講師”サカナクションの山口一郎が担当。 (Wikipedia:アジカン LOCKS!)

アジア行かされまくり
『日本の漫画家 あ行』より : 宇野 亜由美(うの あゆみ、1973年5月4日 - )は、日本の漫画家。山口県萩市出身。 兄はセガ・インタラクティブの宇野薫 1993年、『LaLa DX』(白泉社)10月10日号に掲載された「風呂上がりの情事」でデビュー。現在もギャグ・エッセイ漫画家として活躍する。 代表作は1996年から2005年まで『LaLa』などで連載された『オコジョさん』シリーズ。この作品はアニメ化され、『しあわせソウのオコジョさん』のタイトルで2001年10月よりテレビ東京系にて放映(全51話)された。 2010年現在、『Silky』(白泉社)で「お見合い行かされまくり!」を、また『コーラス』(集英社)で『婚圧ファイター』を連載している。 作品リスト アジア行かされまくり リゾート行かされまくり ぼくらはみんな高血圧! オコジョさん(『しあわせソウのオコジョさん』の題でアニメ化) しあわせソウのオコジョさん(アニメ版『しあわせソウのオコジョさん』の設定を用いた漫画) 無理矢理おしかけまSHOW 向日館の人びと ぶらり裁判ボーチョー 婚圧ファイター 外部リンク 宇野亜由美だホイ!(本人のブログ)※更新終了 白泉社オコジョさんWeb(Internet Archive)。 (Wikipedia:アジア行かされまくり)

アジア・太平洋戦争
『太平洋戦争』より : アジア・太平洋戦争(アジア・たいへいよう せんそう)とは、1941年12月8日~1945年8月15日の日本が遂行した戦争の呼称。「太平洋戦争」や「大東亜戦争」に代わる呼称として提唱された。この項目では「アジア・太平洋戦争」(アジア太平洋戦争)という呼称に関する議論について記述する。戦争の経過や使用兵器・人物などに関しては「太平洋戦争」を参照。又、呼称に関する議論については「支那事変」「大東亜戦争」も参照。 戦争当時は「大東亜戦争」が公式名称であり、敗戦後は連合国軍最高司令部(GHQ)の指令により「大東亜戦争」の呼称が軍国主義と切り離せないという理由により使用が禁止されたため、「太平洋戦争」という呼称が広く使用されるようになり、「大東亜戦争」という呼称は主に戦争を肯定する論者によって用いられている。 (Wikipedia:アジア・太平洋戦争)

アジア太平洋戦争
『太平洋戦争』より : アジア・太平洋戦争(アジア・たいへいよう せんそう)とは、1941年12月8日~1945年8月15日の日本が遂行した戦争の呼称。「太平洋戦争」や「大東亜戦争」に代わる呼称として提唱された。この項目では「アジア・太平洋戦争」(アジア太平洋戦争)という呼称に関する議論について記述する。戦争の経過や使用兵器・人物などに関しては「太平洋戦争」を参照。又、呼称に関する議論については「支那事変」「大東亜戦争」も参照。 戦争当時は「大東亜戦争」が公式名称であり、敗戦後は連合国軍最高司令部(GHQ)の指令により「大東亜戦争」の呼称が軍国主義と切り離せないという理由により使用が禁止されたため、「太平洋戦争」という呼称が広く使用されるようになり、「大東亜戦争」という呼称は主に戦争を肯定する論者によって用いられている。 (Wikipedia:アジア太平洋戦争)

アジャイルソフトウェア開発
アジャイルソフトウェア開発 (アジャイルソフトウェアかいはつ、英: agile software development) は、ソフトウェア工学において迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。 近年、アジャイルソフトウェア開発手法が数多く考案されている。 ソフトウェア開発で実際に採用される事例も少しずつではあるが増えつつある。 アジャイルソフトウェア開発手法の例としては、エクストリーム・プログラミング (XP) などがある。 非営利組織 Agile Alliance がアジャイルソフトウェア開発手法を推進している。 アジャイルソフトウェア開発手法の多くは、反復 (イテレーション) と呼ばれる短い期間単位を採用することで、リスクを最小化しようとしている。 1つの反復の期間は、プロジェクトごとに異なるが、1週間から4週間くらいであることが多い。 アジャイル開発手法においては、開発対象を多数の小さな機能に分割し、1つの反復 (イテレーション) で1つの機能を開発する(⇒反復型開発)。 (Wikipedia:アジャイルソフトウェア開発)

アジャイルソフトウェア開発手法
『アジャイルソフトウェア開発』より : アジャイルソフトウェア開発 (アジャイルソフトウェアかいはつ、英: agile software development) は、ソフトウェア工学において迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。 近年、アジャイルソフトウェア開発手法が数多く考案されている。 ソフトウェア開発で実際に採用される事例も少しずつではあるが増えつつある。 アジャイルソフトウェア開発手法の例としては、エクストリーム・プログラミング (XP) などがある。 非営利組織 Agile Alliance がアジャイルソフトウェア開発手法を推進している。 アジャイルソフトウェア開発手法の多くは、反復 (イテレーション) と呼ばれる短い期間単位を採用することで、リスクを最小化しようとしている。 1つの反復の期間は、プロジェクトごとに異なるが、1週間から4週間くらいであることが多い。 アジャイル開発手法においては、開発対象を多数の小さな機能に分割し、1つの反復 (イテレーション) で1つの機能を開発する(⇒反復型開発)。 (Wikipedia:アジャイルソフトウェア開発手法)

アジモフ
『アイザック・アジモフ』より : アイザック・アシモフ(Isaac Asimov、1920年1月2日 – 1992年4月6日)は、アメリカの作家、生化学者である。非常に成功した多作の作家であり、その著作は500冊以上を数える。彼が扱うテーマは科学、言語、歴史、聖書など多岐にわたり、デューイ十進分類法の10ある主要カテゴリのうち9つにわたるが、特にSF、一般向け科学解説書、推理小説によってよく知られている。 日本語では「アシモフ」と「アジモフ」などの片仮名表記があり、前者での表記が一般的である。本人が望んでいた読みは後者の発音に比較的近い[ˈaɪzək ˈæzɨməv]である。 ジュブナイル作品ではポール・フレンチという筆名を用いた。1942年発表のSF短編 Time Pussy では George E. Dale という筆名を用いた。1971年の著書 The Sensuous Dirty Old Man では Dr. A という筆名を用いた。 生涯 生い立ち アシモフは1920年1月2日、ロシアのペトロヴィッチにおいて、父ユダ・アジモフ (Judah Azimov、Judah Ozimov) と母アンナ・レイチェル (Anna Rachel Azimov、Anna Rachel Ozimov) の間にユダヤ系ロシア人イサアーク・ユードヴィチ・オジモフ (Исаак Юдович Озимов) として生まれた。 (Wikipedia:アジモフ)

アジア太平洋マネジメント学部
『立命館アジア太平洋大学』より : 立命館アジア太平洋大学(りつめいかんアジアたいへいようだいがく、英語: Ritsumeikan Asia Pacific University)は、大分県別府市十文字原1-1に本部を置く日本の私立大学である。2000年に設置された。大学の略称はAPU。 建学の精神は『自由と清新』。基本理念に「自由・平和・ヒューマニズム」、「国際相互理解」、「アジア太平洋の未来創造」を掲げる。 タグラインの「Shape Your World」は、約80を超える国・地域からAPUに集まる学生が「自身・世界を創造する姿」のイメージを明示するものとして2008年に制定された。 沿革 1995年 学校法人立命館が新大学設置準備委員会を発足。 1996年 立命館アジア太平洋大学設置期成同盟会設立総会開催。アジア太平洋研究センター発足。新大学設置委員会発足。大学名称が「立命館アジア太平洋大学」に決定する。アドバイザリー・コミッティ100名に到達。アジア太平洋地域の6カ国11大学・研究機関と大学間協定合同締結式を開催。 (Wikipedia:アジア太平洋マネジメント学部)

アジア太平洋学部
『立命館アジア太平洋大学』より : アジア太平洋学部(あじあたいへいようがくぶ)とは大学に置かれる学部の一つでありアジア太平洋学を教育研究することを目的としている。現在の日本には立命館アジア太平洋大学にアジア太平洋学部が置かれている。立命館大学アジア太平洋学部では社会学、地域学、国際関係学をベースとして世界の社会、文化、価値観などを学ぶことにより世界中を様々な視点から複眼的に捕らえることのできる眼力を育成し、資源に関する事柄など国家間、地域間で引き起こっている諸問題を様々な視点から分析することによって有効な解決策を導き出せる人材の育成を目標としている。 学部としておかれているのは現在のところ立命館アジア太平洋大学のみだが、拓殖大学にアジア太平洋学科、早稲田大学大学院にアジア太平洋研究科が置かれている。 (Wikipedia:アジア太平洋学部)

アジア州
『アジア』より : アジア(古典ラテン語では「アシア」だが、現代ラテン語では「アジア」とも発音する)は、アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。 古代では、現在の小アジアを指したが、現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指す一方で、政治的・経済的な立場の違いにより、異なった様々な定義がなされる場合がある。略称は亜である。 現在ではユーラシア大陸のヨーロッパ以外の地域、つまり、アジア大陸(島嶼・海域を含む)であり、六大州の一つ。ユーラシア大陸の面積の約80%をアジアが占め、人口は世界最多で世界人口の約60%がアジアに住んでいる。最大都市は東京である。 アジアとヨーロッパの境界は、地理上の境界とヨーロッパ中心主義的な観点から見た人為的な境界が入り交じっている。地理上の境界は、ウラル山脈-ウラル川-カスピ海-コーカサス山脈-黒海-ボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡とすることが多い。なお、アフリカとはスエズ地峡を、オセアニアとはニューギニア島西方の海峡を挟んでいるため、この両地域とは地理的境界と人為的境界が一致している。 (Wikipedia:アジア州)

アジア
アジア(古典ラテン語では「アシア」だが、現代ラテン語では「アジア」とも発音する)は、アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。 古代では、現在の小アジアを指したが、現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指す一方で、政治的・経済的な立場の違いにより、異なった様々な定義がなされる場合がある。略称は亜である。 現在ではユーラシア大陸のヨーロッパ以外の地域、つまり、アジア大陸(島嶼・海域を含む)であり、六大州の一つ。ユーラシア大陸の面積の約80%をアジアが占め、人口は世界最多で世界人口の約60%がアジアに住んでいる。最大都市は東京である。 アジアとヨーロッパの境界は、地理上の境界とヨーロッパ中心主義的な観点から見た人為的な境界が入り交じっている。地理上の境界は、ウラル山脈-ウラル川-カスピ海-コーカサス山脈-黒海-ボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡とすることが多い。なお、アフリカとはスエズ地峡を、オセアニアとはニューギニア島西方の海峡を挟んでいるため、この両地域とは地理的境界と人為的境界が一致している。 (Wikipedia:アジア)

アジア諸国
『アジア』より : アジア(古典ラテン語では「アシア」だが、現代ラテン語では「アジア」とも発音する)は、アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。 古代では、現在の小アジアを指したが、現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指す一方で、政治的・経済的な立場の違いにより、異なった様々な定義がなされる場合がある。略称は亜である。 現在ではユーラシア大陸のヨーロッパ以外の地域、つまり、アジア大陸(島嶼・海域を含む)であり、六大州の一つ。ユーラシア大陸の面積の約80%をアジアが占め、人口は世界最多で世界人口の約60%がアジアに住んでいる。最大都市は東京である。 アジアとヨーロッパの境界は、地理上の境界とヨーロッパ中心主義的な観点から見た人為的な境界が入り交じっている。地理上の境界は、ウラル山脈-ウラル川-カスピ海-コーカサス山脈-黒海-ボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡とすることが多い。なお、アフリカとはスエズ地峡を、オセアニアとはニューギニア島西方の海峡を挟んでいるため、この両地域とは地理的境界と人為的境界が一致している。 (Wikipedia:アジア諸国)

アジアカップ2004
AFCアジアカップ2004は、第13回AFCアジアカップで、開催国は中華人民共和国(以下、中国)であった。アテネオリンピックの直前となる2004年7月17日から同年8月7日にかけて、中国の4都市(北京、重慶、成都、済南)を開催地として試合が行われた。日本がレバノン大会に続いて2連覇を果たし、2005年に開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ・ドイツ大会への出場資格が与えられた。最優秀選手には日本の中村俊輔が選ばれた。 大会総括 各国のレベル均等化 本大会では、中東諸国をはじめとするサッカー新興諸国のレベル向上が顕著に見られた。バーレーンやヨルダンはその典型例で、両者は前回大会には出場すらできなかったにもかかわらず、それぞれベスト4、ベスト8の好成績を挙げている。ヨルダンは準々決勝で日本と死闘を演じ、PK戦では日本をあと一歩のところまで追いつめた。 そんな中で、日本代表はベテランの域に達した中田英寿を腰痛による招集辞退で欠きながらも、決勝トーナメントでは苦戦の連続を制し、二大会連続の優勝を飾った。 (Wikipedia:アジアカップ2004)

アジアン・カンフー・ジェネレーション
『ASIAN KUNG-FU GENERATION』より : ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)は、日本の4人組ロックバンド。略称「アジカン」。所属事務所は、Spectrum Management。所属レコード会社はKi/oon Music inc. 1996年4月、関東学院大学の軽音楽サークル内で結成された。入学した際後藤が、別の音楽サークルから勧誘を受けるが、集合場所を間違えてしまい、本来来る予定ではなかった音楽サークルの集合場所に行ってしまい、そこで喜多建介と出会う。当時、そのサークルにはUKロックファンが喜多しかおらず、話をしてるうちに盛り上がり「バンドを組もう!!」となり結成。後藤曰く、「喜多君に待ち伏せされて結成した。」と言う。当時、後藤は2部、つまり夜間学生であったので授業が始まるのが夜からであったのにもかかわらず、喜多が夜まで大学構内で待っており後ろから「後藤君」と声をかけられたというエピソードがある。 (Wikipedia:アジアン・カンフー・ジェネレーション)

アジアン・カンフージェネレーション
『ASIAN KUNG-FU GENERATION』より : ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)は、日本の4人組ロックバンド。略称「アジカン」。所属事務所は、Spectrum Management。所属レコード会社はKi/oon Music inc. 1996年4月、関東学院大学の軽音楽サークル内で結成された。入学した際後藤が、別の音楽サークルから勧誘を受けるが、集合場所を間違えてしまい、本来来る予定ではなかった音楽サークルの集合場所に行ってしまい、そこで喜多建介と出会う。当時、そのサークルにはUKロックファンが喜多しかおらず、話をしてるうちに盛り上がり「バンドを組もう!!」となり結成。後藤曰く、「喜多君に待ち伏せされて結成した。」と言う。当時、後藤は2部、つまり夜間学生であったので授業が始まるのが夜からであったのにもかかわらず、喜多が夜まで大学構内で待っており後ろから「後藤君」と声をかけられたというエピソードがある。 (Wikipedia:アジアン・カンフージェネレーション)

アジカン
『ASIAN KUNG-FU GENERATION』より : ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)は、日本の4人組ロックバンド。略称「アジカン」。所属事務所は、Spectrum Management。所属レコード会社はKi/oon Music inc. 1996年4月、関東学院大学の軽音楽サークル内で結成された。入学した際後藤が、別の音楽サークルから勧誘を受けるが、集合場所を間違えてしまい、本来来る予定ではなかった音楽サークルの集合場所に行ってしまい、そこで喜多建介と出会う。当時、そのサークルにはUKロックファンが喜多しかおらず、話をしてるうちに盛り上がり「バンドを組もう!!」となり結成。後藤曰く、「喜多君に待ち伏せされて結成した。」と言う。当時、後藤は2部、つまり夜間学生であったので授業が始まるのが夜からであったのにもかかわらず、喜多が夜まで大学構内で待っており後ろから「後藤君」と声をかけられたというエピソードがある。 (Wikipedia:アジカン)

アジア・太平洋賞
アジア・太平洋賞は、アジア・太平洋地域の政治・経済・社会・文化などに関する優れた著作に贈られる学術賞。主催は、アジア調査会、毎日新聞社。第1回は1989年。
:職業は受賞時のもの
:ピーター・ドライスデール(オーストラリア国立大学教授) ”International Economic Pluralism: Economic Policy in East Asia and the Pacific”(Allen & Unwin, 1988).
特別賞
:小島朋之(京都産業大学教授)『変わりゆく中国の政治社会――転換期の矛盾と摩擦』(芦書房、1988年)
:天児慧(琉球大学助教授)『中国改革最前線――鄧小平政治のゆくえ 』(岩波新書、1988年)
:荒野泰典(立教大学文学部教授)『近世日本と東アジア』(東京大学出版会、1988年)
:加納啓良(東京大学東洋文化研究所助教授)『インドネシア農村経済論』(勁草書房、1988年)
(Wikipedia:アジア・太平洋賞)

アジアチャンピオンズリーグ
『AFCチャンピオンズリーグ』より : AFCチャンピオンズリーグ(英: AFC Champions League)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。略称はACL。 アジアのクラブチームにとっては最も権威のある大会であり、本大会に優勝したクラブには150万USドルの賞金が贈られると同時に、同年度の12月に開催されるFIFAクラブワールドカップへの出場権が与えられる。 ここでは同大会の前身の一つでもあるアジアクラブ選手権についても記述する。 1967年12月にアジアチャンピオンクラブズトーナメント(英: Asian Champion Clubs Tournament、当時の朝日新聞紙面では「アジア・チャンピオン・チーム選手権大会」と紹介)として第1回大会が開かれ、以後1969年1月、1970年4月、1971年4月と4度開催された大会が前身であり、14年の中断期間を経て1985-86年にアジアクラブ選手権(英: Asian Club Championship)として再開された。 (Wikipedia:アジアチャンピオンズリーグ)

アジアサッカー連盟
アジアサッカー連盟(アジアサッカーれんめい、英: Asian Football Confederation)は、アジアの各国・地域協会を統括する、国際サッカー連盟(FIFA)傘下のサッカーの大陸連盟である。略称はAFCで、1954年5月8日に設立。事務局の所在地はクアラルンプール。2005年まではオセアニアサッカー連盟(OFC)に所属していたオーストラリアが2006年1月1日付けでAFCへ転籍し、最も広大な領域を持つサッカー連盟となった。その広大ゆえに生ずる諸問題等を解決する為に、AFC内の委員会で分割が検討されている。 現在、AFCは世界でもっとも広大な地域を管轄するサッカー協会である。その範囲は、東はオーストラリアやグアム、西はパレスチナやレバノン、シリアにまで及び、加盟国間の東端と西端の間では季節によっては8〜9時間の時差があるほどである。加盟国間の総人口も、中国、インドの両国を抱えるだけに、世界の総人口の約半数にも達する。 問題も数多い。その1つに、中東の産油国を抱えているため、オイルマネーに流されやすい傾向が挙げられる。 (Wikipedia:アジアサッカー連盟)

アジアカップサッカー
『AFCアジアカップ』より : AFCアジアカップ(英: AFC Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。1956年に第1回大会が香港で行われ、以降4年ごとに開催されている。また、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。 当大会はアジア地域の大陸選手権大会として1956年に創設された。世界に6大会ある各大陸連盟選手権では、1916年に始まった南米選手権(コパ・アメリカ)に次いで2番目に古い。1988年大会から、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップ(創設当初はキング・ファハド・カップ)への出場権が与えられている。また、かつてはアフロアジア選手権やAFC/OFCチャレンジカップへの出場権も与えられていた。 2006年1月1日にオーストラリアサッカー連盟がOFCを脱退し、AFCに加盟した。オーストラリア代表は、2006年2月より当大会の予選に参加した。 賞金 第15回カタール大会まではアジアカップに賞金は無かった。 (Wikipedia:アジアカップサッカー)


アジ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  烏賊 - 2018年06月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



烏賊
『イカ』より : イカ(烏賊・柔魚、英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) Decapodiformes とされる。十腕目 Decapoda・Decembrachiata とも。 形態 神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。 10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕をちぎって逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。 (Wikipedia:烏賊)

烏賊飯
烏賊飯(いかめし)は、イカの中に米を入れて炊き上げた日本の料理。北海道渡島地方の郷土料理。 下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、洗った米を詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたもの。爪楊枝等で米が飛び出さないように留める事がある。米はもち米とうるち米を混ぜる。胴身に詰める具材として、下足を細かく刻んだものや筍、人参、油揚げなどを入れることもある。 駅弁 函館本線森駅の駅弁調製業者だった阿部弁当店(現在のいかめし阿部商店)が、第二次世界大戦中の1941年、戦時体制による食糧統制で米が不足していたために、当時豊漁だったスルメイカを用いて米を節約しても作れる料理として考案した。ソ連の侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちに、もち米入りで腹持ちが良いと評判を呼んだという。 戦後の1966年に京王百貨店で『第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』が行われ、阿部弁当店はこの大会に烏賊飯を出品した。第2回には早くも売り上げ1位となり、以後同大会をはじめとする「駅弁大会」の常連となった。 (Wikipedia:烏賊飯)

烏賊のポンポン焼
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のポンポン焼)

烏賊のぽんぽん焼
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のぽんぽん焼)

烏賊のぽんぽん焼き
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のぽんぽん焼き)

烏賊のポンポン焼き
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のポンポン焼き)

烏賊そうめん
イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。 語源 「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが、ただしその言い方には語弊がある。 イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」とする文献もあるが、「トコロテンのよう」、「幅5mm」などと太さについての記述はまちまちである。 (Wikipedia:烏賊そうめん)

烏賊素麺
『烏賊そうめん』より : イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。 語源 「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが、ただしその言い方には語弊がある。 イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」とする文献もあるが、「トコロテンのよう」、「幅5mm」などと太さについての記述はまちまちである。 (Wikipedia:烏賊素麺)


烏賊 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ドカベン - 2018年06月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドカベン
『ドカベン』は、水島新司による日本の野球漫画。また、これを原作とするアニメ・映画・ゲーム作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて1972年から1981年まで連載された。 神奈川県の明訓高校野球部に所属する主人公の「ドカベン」こと山田太郎と、同級生でチームメイトの岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三太郎などの仲間達を中心とした野球漫画。主な舞台は高校野球である。 ただ、連載初期のドカベン中学時代は、山田、岩鬼、山田の妹サチ子の3人を主軸とし、鷹丘中学を舞台とした柔道漫画だった(この部分は実写版映画で忠実に再現された。山田はストーリー中で柔道部から野球部に移籍している)。単行本7巻目に至り、野球漫画へ方向転換する。元々野球漫画として描く計画だったようで、野球をやることへの伏線は最初から張られている。作者は「当時ライバル誌に『男どアホウ甲子園』で同じく野球作品を連載していたため控えていた」と雑誌のインタビューで答えている。 当時魔球などの超人的・非現実的要素の多かった野球漫画にあって、配球の読みなどのリアルな野球の描写を盛り込んだことは斬新で、躍動感のある水島独特の画風も手伝って野球漫画の新境地を開拓した。 (Wikipedia:ドカベン)

ドカベン (漫画)
『ドカベン』は、水島新司作の野球漫画。週刊少年チャンピオンで連載されていた(1972年4月24日号-1981年3月27日号)。
ドカベンこと山田太郎 (ドカベン) 山田太郎と岩鬼正美 岩鬼、殿馬一人 殿馬、里中智 里中などの仲間たちを中心とした野球漫画。主な舞台は高校野球である。連載当初は、山田、岩鬼、サチ子の「花のトリオ」を主軸とした学園漫画をめざしており、鷹丘中学を舞台とした柔道漫画であった(ただし、元々野球漫画を描く計画があったようで、野球をやることへの伏線を張っている)。単行本8巻目に至り、舞台を明訓高校に移すに従い野球漫画へ方向転換する。当時魔球などの超人的・非現実的要素の多かった野球漫画にあって、配球の読みなどのリアルなプレーの描写に徹した事は逆に斬新で、躍動感のある水島独特の画風も手伝って野球漫画の新境地を開拓した。球界関係者にもファンが多く、野球漫画の代名詞にして金字塔と言える作品である。
(Wikipedia:ドカベン (漫画))

ドカベンアイランド
ドカベンアイランドは毎週金曜深夜25:00-26:58まで生放送している、構成作家ミラッキがパーソナリティーを勤めるインターネットラジオ番組である
2004年6月25日放送開始 時間は20:00-21:50までの放送(当時はミラッキの自宅からの放送)この時期はミラッキの仕事の都合で放送時間を一時的に移動したり、仕事の都合で番組に遅刻したり、生放送中に間に合わないということもあった(基本的にこの時間でやるのは無理があった旨の内容をオグリビーズが発言している)。
2004年12月31日大晦日は初詣いったり紅白みたりしてラジオ聞かないのではないかという理由で朝8:00-9:50までの当時の放送時間より12時間早い生放送を行う。
(Wikipedia:ドカベンアイランド)

ドカベン (プロ野球編)
『ドカベン プロ野球編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて1995年から2003年まで連載された。『ドカベン』『大甲子園』の続編にあたる。 『ドカベン』『大甲子園』に登場した数々の高校球児たちが、今度は日本プロ野球の舞台で熱戦を繰り広げる。 明訓高校の主人公・山田太郎や岩鬼、殿馬、里中、微笑、土井垣をはじめ、不知火、土門、犬飼兄弟ら、ライバルたちも実在球団に入団する。 さらなる続編として、『ドカベン スーパースターズ編』『ドカベン ドリームトーナメント編』がある。 時代設定 『ドカベン』の明訓高校編は1974年からの3年間が舞台になっているが、山田たちが3年になって以降は時代が不明確になっている。 『プロ野球編』では、山田たちが高3の春夏連覇をしたのが十数年未来にずれて1994年に変更されている(優勝旗に書かれている)。岩鬼は王貞治監督の福岡ダイエーホークスに入団。山田は東尾修監督の西武に入り、里中は千葉ロッテ。殿馬はオリックスに入り、イチローとチームメートになっている。微笑は第2期長嶋茂雄政権の巨人に入り、松井秀喜と同じチームに。 (Wikipedia:ドカベン (プロ野球編))

ドカベン プロ野球編
『ドカベン (プロ野球編)』より : 『ドカベン プロ野球編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて1995年から2003年まで連載された。『ドカベン』『大甲子園』の続編にあたる。 『ドカベン』『大甲子園』に登場した数々の高校球児たちが、今度は日本プロ野球の舞台で熱戦を繰り広げる。 明訓高校の主人公・山田太郎や岩鬼、殿馬、里中、微笑、土井垣をはじめ、不知火、土門、犬飼兄弟ら、ライバルたちも実在球団に入団する。 さらなる続編として、『ドカベン スーパースターズ編』『ドカベン ドリームトーナメント編』がある。 時代設定 『ドカベン』の明訓高校編は1974年からの3年間が舞台になっているが、山田たちが3年になって以降は時代が不明確になっている。 『プロ野球編』では、山田たちが高3の春夏連覇をしたのが十数年未来にずれて1994年に変更されている(優勝旗に書かれている)。岩鬼は王貞治監督の福岡ダイエーホークスに入団。山田は東尾修監督の西武に入り、里中は千葉ロッテ。殿馬はオリックスに入り、イチローとチームメートになっている。微笑は第2期長嶋茂雄政権の巨人に入り、松井秀喜と同じチームに。 (Wikipedia:ドカベン プロ野球編)

ドカベンプロ野球編
『ドカベン (プロ野球編)』より : 『ドカベン プロ野球編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて1995年から2003年まで連載された。『ドカベン』『大甲子園』の続編にあたる。 『ドカベン』『大甲子園』に登場した数々の高校球児たちが、今度は日本プロ野球の舞台で熱戦を繰り広げる。 明訓高校の主人公・山田太郎や岩鬼、殿馬、里中、微笑、土井垣をはじめ、不知火、土門、犬飼兄弟ら、ライバルたちも実在球団に入団する。 さらなる続編として、『ドカベン スーパースターズ編』『ドカベン ドリームトーナメント編』がある。 時代設定 『ドカベン』の明訓高校編は1974年からの3年間が舞台になっているが、山田たちが3年になって以降は時代が不明確になっている。 『プロ野球編』では、山田たちが高3の春夏連覇をしたのが十数年未来にずれて1994年に変更されている(優勝旗に書かれている)。岩鬼は王貞治監督の福岡ダイエーホークスに入団。山田は東尾修監督の西武に入り、里中は千葉ロッテ。殿馬はオリックスに入り、イチローとチームメートになっている。微笑は第2期長嶋茂雄政権の巨人に入り、松井秀喜と同じチームに。 (Wikipedia:ドカベンプロ野球編)

ドカベン (スーパースターズ編)
『ドカベン スーパースターズ編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて2004年6号から2012年17号まで連載された。 『ドカベン』『大甲子園』および『ドカベン プロ野球編』の続編である。 『ドカベン プロ野球編』終盤においてFA宣言した「山田世代」の選手たちが、2004年、新しくパ・リーグに創設された2球団「東京スーパースターズ」と「四国アイアンドッグス」とに相分かれる。 スーパースターズは東京ドームを本拠地とし、監督は土井垣将。山田太郎・岩鬼正美ら明訓五人衆が入団する。一方アイアンドッグスは本拠地を松山坊っちゃんスタジアムに置き、犬飼小次郎が監督となる。不知火守・土門剛介ら高校時代のライバル達が入団する。 山岡・緒方・足利・国定・木下(わびすけ)・フォアマン・賀間・隼などの、かつてのチームメイトやライバルたちもプロ野球に参戦、熱戦を繰り広げる。 さらに、2005年には『一球さん』の真田一球と呉九郎が東北楽天ゴールデンイーグルスに、元東海高校の雲竜大五郎が四国アイアンドッグスに、2006年には、元弁慶高校の義経光が東京スーパースターズにそれぞれ入団した。 (Wikipedia:ドカベン (スーパースターズ編))

ドカベン スーパースターズ編
『ドカベン (スーパースターズ編)』より : 『ドカベン スーパースターズ編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて2004年6号から2012年17号まで連載された。 『ドカベン』『大甲子園』および『ドカベン プロ野球編』の続編である。 『ドカベン プロ野球編』終盤においてFA宣言した「山田世代」の選手たちが、2004年、新しくパ・リーグに創設された2球団「東京スーパースターズ」と「四国アイアンドッグス」とに相分かれる。 スーパースターズは東京ドームを本拠地とし、監督は土井垣将。山田太郎・岩鬼正美ら明訓五人衆が入団する。一方アイアンドッグスは本拠地を松山坊っちゃんスタジアムに置き、犬飼小次郎が監督となる。不知火守・土門剛介ら高校時代のライバル達が入団する。 山岡・緒方・足利・国定・木下(わびすけ)・フォアマン・賀間・隼などの、かつてのチームメイトやライバルたちもプロ野球に参戦、熱戦を繰り広げる。 さらに、2005年には『一球さん』の真田一球と呉九郎が東北楽天ゴールデンイーグルスに、元東海高校の雲竜大五郎が四国アイアンドッグスに、2006年には、元弁慶高校の義経光が東京スーパースターズにそれぞれ入団した。 (Wikipedia:ドカベン スーパースターズ編)

ドカベン (スーパースターズ編)
『ドカベン スーパースターズ編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて2004年6号から2012年17号まで連載された。 『ドカベン』『大甲子園』および『ドカベン プロ野球編』の続編である。 『ドカベン プロ野球編』終盤においてFA宣言した「山田世代」の選手たちが、2004年、新しくパ・リーグに創設された2球団「東京スーパースターズ」と「四国アイアンドッグス」とに相分かれる。 スーパースターズは東京ドームを本拠地とし、監督は土井垣将。山田太郎・岩鬼正美ら明訓五人衆が入団する。一方アイアンドッグスは本拠地を松山坊っちゃんスタジアムに置き、犬飼小次郎が監督となる。不知火守・土門剛介ら高校時代のライバル達が入団する。 山岡・緒方・足利・国定・木下(わびすけ)・フォアマン・賀間・隼などの、かつてのチームメイトやライバルたちもプロ野球に参戦、熱戦を繰り広げる。 さらに、2005年には『一球さん』の真田一球と呉九郎が東北楽天ゴールデンイーグルスに、元東海高校の雲竜大五郎が四国アイアンドッグスに、2006年には、元弁慶高校の義経光が東京スーパースターズにそれぞれ入団した。 (Wikipedia:ドカベン (スーパースターズ編))

ドカベンの登場人物
ドカベンの登場人物では、水島新司の野球漫画『ドカベン』の登場人物について記述する。 続編である『大甲子園』、『ドカベン プロ野球編』、『ドカベン スーパースターズ編』、『ドカベン ドリームトーナメント編』の登場人物については、それぞれの項目を参照。 明訓高校野球部 甲子園への移動や宿での場面ではベンチ入りのレギュラーだけ描かれるが、球場での練習場面などを見ると名前不定の部員が多数描かれている場合がある。ときどき、作者が学年の序列を忘れたのか、特に山田世代が先輩に対し呼び捨てやタメクチを使う場面もある(岩鬼と殿馬は常習だが、山田と里中もそういうことがある)。山田世代高校1年関東大会のあとに土井垣がドラフト指名されたとき(文庫18巻)、すでに岩鬼が「下級生」と呼ぶ部員が存在するなど、謎が多い。 山田世代 以下の五人をまとめて「明訓五人衆」、また微笑を除いた四人を「明訓四天王」ということもある。 山田太郎(捕手) 主人公。4番打者。右投左打。「気は優しくて力持ち」という言葉を体現する男。あらゆる面で作中最高の選手であるが、鈍足が唯一の欠点。 (Wikipedia:ドカベンの登場人物)

ドカベン (プロ野球編)
『ドカベン プロ野球編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて1995年から2003年まで連載された。『ドカベン』『大甲子園』の続編にあたる。 『ドカベン』『大甲子園』に登場した数々の高校球児たちが、今度は日本プロ野球の舞台で熱戦を繰り広げる。 明訓高校の主人公・山田太郎や岩鬼、殿馬、里中、微笑、土井垣をはじめ、不知火、土門、犬飼兄弟ら、ライバルたちも実在球団に入団する。 さらなる続編として、『ドカベン スーパースターズ編』『ドカベン ドリームトーナメント編』がある。 時代設定 『ドカベン』の明訓高校編は1974年からの3年間が舞台になっているが、山田たちが3年になって以降は時代が不明確になっている。 『プロ野球編』では、山田たちが高3の春夏連覇をしたのが十数年未来にずれて1994年に変更されている(優勝旗に書かれている)。岩鬼は王貞治監督の福岡ダイエーホークスに入団。山田は東尾修監督の西武に入り、里中は千葉ロッテ。殿馬はオリックスに入り、イチローとチームメートになっている。微笑は第2期長嶋茂雄政権の巨人に入り、松井秀喜と同じチームに。 (Wikipedia:ドカベン (プロ野球編))

ドカベン (曖昧さ回避)
どかべん
土方が常用した金属製の大きな蓋付きの弁当箱または弁当のこと。→どかべん
ドカベン
水島新司の野球漫画。→ドカベン
『ドカベン』の主人公・山田太郎 (ドカベン) 山田太郎のあだ名。上記のどかべんがトレードマークであることから。
元プロ野球選手・香川伸行の愛称。『ドカベン』の山田太郎にちなんだイメージから。プロ野球マスターズリーグでの登録名にもなっている。
(Wikipedia:ドカベン (曖昧さ回避))


ドカベン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す