[PR]

日別キーワード

第1位  ネイマール - 2018年06月23日


関連するイメージは見つかりませんでした



ネイマール
ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・バルセロナ所属。ブラジル代表。ポジションはフォワード(FW)。2016年にはリオ五輪にOA枠で出場し、金メダルを獲得した。 幼少期 ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールは、ネイマール・ダ・シウバとナディーン・サントスとの間にサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼスで一男一女の長子として出生、モデル業のrafaella beckranは4歳年下の実妹。 (Wikipedia:ネイマール)

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール
ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。ブラジル代表。ポジションはフォワード(FW)。2016年にはリオ五輪にOA枠で出場し、金メダルを獲得した。 幼少期 ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールは、ネイマール・ダ・シウバとナディーン・サントスとの間にサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼスで一男一女の長子として出生、モデル業のrafaella beckranは4歳年下の実妹。 (Wikipedia:ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール)


ネイマール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  トークショー - 2018年06月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



トークショー
『』より : トーク番組(トークばんぐみ)とは、出演者同士の会話をメインに据えたテレビ番組・ラジオ番組のジャンルである。 通常は、司会者(MC)とゲストが差し向かって対話を行う内容であればトーク番組とされている。近年はバラエティタレントが、私生活などをおもしろおかしく話すものが多い。ゲストが複数並ぶ番組も多く、「ひな壇」などと称されることもある。 テーマなしでフリートークを展開する番組もあれば、「お笑い」「音楽」「スポーツ」「料理」「恋愛」「怪談」「都市伝説」「アニメ」「ゲーム」などの1つのテーマに絞ってトークを展開する番組もある。 1人の司会者と1人のゲストによる対談形式のトーク番組や、1人の司会者と10〜100人の複数のゲストによる討論形式のトーク番組もある。 司会者なしで、ゲストだけのトーク番組も存在する。 アメリカでは「トークショー」と呼ばれているが、日本とやや趣が異なり、日本でいうワイドショーに近く、生放送で時宜を得たゲストを迎えて進行する。 (Wikipedia:トークショー)


トークショー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ヒナまつり - 2018年06月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヒナまつり
『ヒナまつり』は大武政夫による日本の漫画作品。エンターブレイン発行の隔月誌『Fellows!』volume8(2009年12月発売)に読みきりとして掲載され、同誌volume11B(2010年6月発売)より正式に連載を開始する。『Fellows!』が年10回刊『ハルタ』へと誌名を変更した2013年以降も毎号連載中である。 作者の大武は猿渡哲也のアシスタント出身。作者にとっての初連載作品にして初単行本化作品となった。 ストーリー 若手ヤクザの新田の部屋に突如として現れた楕円形の物体。その物体にくるまれていた少女ヒナは行くところがないと新田の家に住み着いてしまう。新田は少女を追い出そうとするが、強力な超能力者であったヒナが暴れたために新田は仕方なく言うことを聞くことになる。ずぼらで何も出来ないヒナに、ついつい新田は世話を焼き、ヒナは自分の超能力を当てにした何かをさせようとはしない新田に信頼を憶えていく。そんな中、新田の所属する暴力団の組長が襲われ、新田は若頭に相手の暴力団に1人で殴り込めと命じられる。 (Wikipedia:ヒナまつり)


ヒナまつり - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  クロアチア - 2018年06月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



クロアチア
クロアチア共和国 Republika Hrvatska 国の標語:なし 国歌:私達の美しい故国 クロアチアの位置 クロアチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ。 1991年に、それまで連邦を構成していたユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した。 国名 正式名称はクロアチア語で、Republika Hrvatska。通称 Hrvatska(フルヴァツカ)。 公式の英語表記は Republic of Croatia。通称 Croatia(クロエイシャ)。 日本語の表記はクロアチア共和国。通称クロアチア。漢字表記では克羅地亜、呉呂茶など。クロアチア語による正式名称の発音は片仮名表記にするならフルヴァツカが近いが、フルヴァツカと表記されることはあまりない。 (Wikipedia:クロアチア)

クロアチア共和国
『クロアチア』より : クロアチア共和国 Republika Hrvatska 国の標語:なし 国歌:私達の美しい故国 クロアチアの位置 クロアチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ。 1991年に、それまで連邦を構成していたユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した。 国名 正式名称はクロアチア語で、Republika Hrvatska。通称 Hrvatska(フルヴァツカ)。 公式の英語表記は Republic of Croatia。通称 Croatia(クロエイシャ)。 日本語の表記はクロアチア共和国。通称クロアチア。漢字表記では克羅地亜、呉呂茶など。クロアチア語による正式名称の発音は片仮名表記にするならフルヴァツカが近いが、フルヴァツカと表記されることはあまりない。 (Wikipedia:クロアチア共和国)

クロアチア紛争
クロアチア紛争(クロアチアふんそう)は、1991年から1995年にかけてクロアチアのユーゴスラビアからの分離独立およびクロアチア人とセルビア人の民族対立をめぐる紛争である。 背景 第二次世界大戦 1918年にクロアチアは、第一次世界大戦中にセルビア王国が発表した戦後のバルカン地域の新国家像として南スラブ人による連邦国家の創設という提案に同意。セルビア・クロアチア・スロベニア王国の成立に参加した。この王国は1929年にユーゴスラビア王国と名称を変更するが、当初からこの王国の内政問題の第一はセルビア人とクロアチア人の民族対立であった。ユーゴスラビアはセルビア王国の国王を頂いており、クロアチア人には首都の所在するベオグラードの政治をセルビア人が独占しているとして不満があった。1939年には妥協策としてクロアチア人に一定の自治権を認めたクロアチア自治州が設定されたが、クロアチア人の不満は解消されず、一方でアンテ・パヴェリッチが主導するウスタシャは公然とクロアチア独立を掲げた。 (Wikipedia:クロアチア紛争)

クロアチア戦争
『クロアチア紛争』より : クロアチア紛争(クロアチアふんそう)は、1991年から1995年にかけてクロアチアのユーゴスラビアからの分離独立およびクロアチア人とセルビア人の民族対立をめぐる紛争である。 背景 第二次世界大戦 1918年にクロアチアは、第一次世界大戦中にセルビア王国が発表した戦後のバルカン地域の新国家像として南スラブ人による連邦国家の創設という提案に同意。セルビア・クロアチア・スロベニア王国の成立に参加した。この王国は1929年にユーゴスラビア王国と名称を変更するが、当初からこの王国の内政問題の第一はセルビア人とクロアチア人の民族対立であった。ユーゴスラビアはセルビア王国の国王を頂いており、クロアチア人には首都の所在するベオグラードの政治をセルビア人が独占しているとして不満があった。1939年には妥協策としてクロアチア人に一定の自治権を認めたクロアチア自治州が設定されたが、クロアチア人の不満は解消されず、一方でアンテ・パヴェリッチが主導するウスタシャは公然とクロアチア独立を掲げた。 (Wikipedia:クロアチア戦争)

クロアチアの都市
クロアチアの都市(クロアチアのとし) クロアチアには全部で122の都市が存在する。 市の一覧 ア行 イモツキ (Imotski) イヴァネツ (Ivanec) イヴァニチ・グラード (Ivanić Grad) イロク (Ilok) ウマグ (Umag) ヴァラジュディン (Varaždin) ヴァラジュディンスケ・トプリツェ (Varaždinske Toplice) ヴァルポヴォ (Valpovo) ヴィロヴィティツァ (Virovitica) ヴィンコヴツィ (Vinkovci) ヴェリカ・ゴリツァ (Velika Gorica) ヴォディツェ (Vodice) ヴコヴァル (Vukovar) ヴルボヴェツ (Vrbovec) ヴルボヴスコ (Vrbovsko) オザリ (Ozalj) オシエク (Osijek) オグリン (Ogulin) オトチャッツ (Otočac) オパティヤ (Opatija) オプゼン (Opuzen) オブロヴァツ (Obrovac) オミシュ (Omiš) オラホヴィツァ (Orahovica) オロスラヴリェ (Oroslavlje) カ行・ガ行 カシュテラ (Kaštela) カスタヴ (Kastav) ガレシュニツァ (Garešnica) カルロヴァツ (Karlovac) クティナ (Kutina) クニン (Knin) クラニェツ (Klanjec) クラピナ (Krapina) クラリェヴィツァ (Kraljevica) クリクヴェニツァ (Crikvenica) クリジェフツィ (Križevci) グリナ (Glina) クルク (Krk) グルビシュノ・ポリェ (Grubišno Polje) ゴスピッチ (Gospić) コプリヴニツァ (Koprivnica) コミジャ (Komiža) コルチュラ (Korčula) サ行・ザ行 ザグレブ (Zagreb) ザダル (Zadar) ザプレシチ(Zaprešić) ザボク (Zabok) サモボル (Samobor) シサク (Sisak) シニ (Sinj) シベニク (Šibenik) ジャコヴォ (Đakovo) スヴェティ・イヴァン・ゼリナ (Sveti Ivan Zelina) スクラディン (Skradin) ジュパニャ (Županja) スプリト (Split) スペタル (Supetar) スラヴォンスキ・ブロド (Slavonski Brod) ズラタ (Zlata) スラティナ (Slatina) スルニ (Slunj) セーニ (Senj) ソリン (Solin) タ行・ダ行 ダルヴァル (Daruvar) チャコヴェツ (Čakovec) チャズマ (Čazma) チャバル (Čabar) ツレス (Cres) デルニツェ (Delnice) デュガ・レサ (Duga Resa) デュゴ・セロ (Dugo Selo) ジュルジェヴァツ (Đurđevac) ドゥブロヴニク (Dubrovnik) ドニャ・ストゥビツァ (Donja Stubica) ドルニシュ (Drniš) トロギル (Trogir) ドニ・ミホリャツ (Donji Miholjac) ナ行 ナシツェ (Našice) ニン (クロアチア) (Nin) ノヴィ・ヴィノドロスキー (Novi Vinodolski) ノヴィグラード (Novigrad) ノヴァ・グラディシュカ (Nova Gradiška) ノヴァリャ (Novalja) ノヴィ・マロフ (Novi Marof) ノヴスカ (Novska) ハ行・バ行・パ行 バカル (Bakar) パグ (Pag) パクラツ (Pakrac) パジン (Pazin) ビェロヴァル (Bjelovar) ビオグラード・ナ・モル (Biograd na moru) ブイェ (Buje) フヴァル (Hvar) ブゼト (Buzet) プーラ (クロアチア) (Pula) フルヴァツカ・コスタイニツァ (Hrvatska Kostajnica) プレグラダ (Pregrada) プレテルニツァ (Pleternica) プレロク (Prelog) プロチェ (Ploče) ペトリニャ (Petrinja) ベリスチェ (Belišće) ベリ・マナスティル (Beli Manastir) ベンコヴァツ (Benkovac) ポジェガ (Požega) ポレッチ (Poreč) マ行 マカルスカ (Makarska) マリ・ロシニ (Mali Lošinj) ムルスコ・スレディシュチェ (Mursko Središće) メトコヴィッチ (Metković)) ヤ行 ヤストレバルスコ (Jastrebarsko) ラ行 ラビン (Labin) ラブ (Rab) リエカ (Rijeka) リピク (Lipik) ルドブレク (Ludbreg) Ludbreg, ハンガリー語・ドイツ語 Ludberg, ラテン語 Iovia;ローマ都市 map[1] レポグラヴァ (Lepoglava) ロヴィニ (Rovinj) 外部リンク Map of largest cities in Croatia(英語) Population of cities and towns in Croatia(英語) Current Population for Cities and Towns of Croatia GeoNative - Hungarian minorities The Situation of Hungarians in Croatia, 2000 The Situation of Hungarians in Croatia, 2001 2002 2003 2004 Magyarok Horvátországban83.Országgyűlési választás Horvát-Szlavóniában, 1911 (1911年のクロアチアの郡) - Köztes-Európa 1763-1993(中欧地図コレクション)Glossario - Associazione Nazionale Venezia Giulia e Dalmazia(PDF) 関連項目 クロアチアの地域区分 Counties of Croatia Information Counties of Croatia List of city listings by country。 (Wikipedia:クロアチアの都市)

クロアチアの地域区分
クロアチアの地域区分(クロアチアのちいきくぶん) クロアチアは20郡(županije, županija - 単数形)と1直轄市(grad - 単数形)に区分される。 注:人口は2001年度の統計である。 関連項目 クロアチアの都市の一覧 ISO 3166-2:HR。 (Wikipedia:クロアチアの地域区分)

クロアチア人の一覧
クロアチア人の一覧は、クロアチア出身者、クロアチア人、クロアチア系の人物を一覧にしたものである。 ア行 ミリヴォイ・アシュネル - 第二次世界大戦の戦犯容疑者 マリオ・アンチッチ - テニス選手 ドラジャン・イェルコヴィッチ - サッカー選手 ゴラン・イワニセビッチ - テニス選手 アリダ・ヴァリ - イタリア人の女優 ヴァンナ - 歌手 ゴラン・ヴィシュニック - 俳優 アナ・ヴィドヴィッチ - ギタリスト ブランコ・ド・ヴーケリッチ - ジャーナリスト、ゾルゲ諜報団メンバー ドゥブラヴカ・ウグレシィチ - 作家 セヴェリナ・ヴチュコヴィッチ - 歌手 ラドヴァン・ヴラトコヴィッチ - ホルン奏者 カ行 ズラトコ・クラニツァール - サッカー選手 ゼルグ・ガレシック - 総合格闘家 ミルコ・クロコップ(ミルコ・フィリポビッチ) - 格闘家・政治家 ヤコヴ・ゴトヴァツ - 作曲家 アンテ・ゴトヴィナ - 軍人 サ行 ブランコ・シカティック - キックボクサー ダリオ・シミッチ - サッカー選手 ダヴォール・シューケル - サッカー選手 ルドルフ・シュタイナー(ドイツ人)- アントロポゾフィーの創始者 レオ・スターンバック - ベンゾジアゼピンを開発した化学者 フランツ・フォン・ズッペー - 作曲家 アロイジエ・ステピナツ - カトリックのザグレブ大司教。 (Wikipedia:クロアチア人の一覧)

クロアチア独立国
クロアチア独立国(クロアチアどくりつこく、クロアチア語: Nezavisna Država Hrvatska)は、現在のクロアチアなどに存在した国家のひとつ。 一般にドイツ及びイタリアの傀儡国家と見做されている。独立国家クロアチアと訳されることもある。 クロアチア自治州 ユーゴスラビア王国は1918年に「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国」として建国された当初から、セルビア人とクロアチア人の不和という問題を抱え、ヴェルサイユ体制に支えられたセルビア人の専制政治に対し、クロアチア人が大きな不満を抱いていた。これを重く見たセルビア人の王アレクサンダルは、1929年にクーデター(sh:Atentat u Narodnoj skupštini)を起こして独裁政権を樹立し、国号も「ユーゴスラビア」と改めた。しかしその後1934年、アレクサンダルがマルセイユで暗殺されるという事態が起こったため(当時クロアチア民族主義者の犯行と思われたが、現在真相は不明)、1939年ユーゴ政府は国内の一部をクロアチア自治州とすることで、セルビア人とクロアチア人との対立をなんとか収束しようとした。 (Wikipedia:クロアチア独立国)

クロアチア航空
航空会社 クロアチア航空
ロゴサイズ
保有機材数 11機
目的地 22都市
IATA OU
ICAO CTN
コールサイン Croatia
親会社 Croatia Airlines d.d.
設立日 1989年
本拠地 クロアチア、ザグレブ
代表者 Ivan Mišetić (CEO)
ハブ空港 ザグレブ国際空港
焦点都市
マイレージサービス w:Miles & More Miles & More
ラウンジ Senator Lounge
航空連合 スターアライアンス
ウエブ http://www.croatiaairlines.hr/
ファイル:Croatia.a320.arp.750pix.jpg thumb right 250px クロアチア航空のエアバスA320 A320-200
(Wikipedia:クロアチア航空)

クロアチア空軍及び防空軍
クロアチア空軍及び防空軍(クロアチア語:Hrvatsko ratno zrakoplovstvo i protuzračna obrana;略称:HRZ i PZO)は、クロアチア共和国軍の空軍組織である。 ユーゴスラビア崩壊前夜、ユーゴスラビア当局は、自国領内の全航空機を支配下に置いた。そのため、1991年末にクロアチアとユーゴスラビア人民軍の衝突が始まった時、クロアチアは、数機の農業機(An-2、セスナ機等)しか使用できなかった。当時、クロアチア当局は、連邦空軍の勤務経験があるクロアチア人飛行士達にクロアチア空軍に入るように呼びかけた。この結果、ユーゴスラビア連邦空軍から装備ごと「脱走」するクロアチア人のパイロットや整備員が相次いだ。1991年10月、1機のMiG-21Rがオーストリアへ奪取され、後にプレソ及びザグレブ空港に更に3機のMiG-21MFが飛来した。これら4機のミグは、クロアチア空軍の基盤となった。 新設のクロアチア空軍は、直ちに実戦に投入されたが、セルビアの強力な防空部隊により大損害を被った。 (Wikipedia:クロアチア空軍及び防空軍)

クロアチア空軍
『クロアチア空軍及び防空軍』より : クロアチア空軍及び防空軍(クロアチア語:Hrvatsko ratno zrakoplovstvo i protuzračna obrana;略称:HRZ i PZO)は、クロアチア共和国軍の空軍組織である。 ユーゴスラビア崩壊前夜、ユーゴスラビア当局は、自国領内の全航空機を支配下に置いた。そのため、1991年末にクロアチアとユーゴスラビア人民軍の衝突が始まった時、クロアチアは、数機の農業機(An-2、セスナ機等)しか使用できなかった。当時、クロアチア当局は、連邦空軍の勤務経験があるクロアチア人飛行士達にクロアチア空軍に入るように呼びかけた。この結果、ユーゴスラビア連邦空軍から装備ごと「脱走」するクロアチア人のパイロットや整備員が相次いだ。1991年10月、1機のMiG-21Rがオーストリアへ奪取され、後にプレソ及びザグレブ空港に更に3機のMiG-21MFが飛来した。これら4機のミグは、クロアチア空軍の基盤となった。 新設のクロアチア空軍は、直ちに実戦に投入されたが、セルビアの強力な防空部隊により大損害を被った。 (Wikipedia:クロアチア空軍)

クロアチア防空軍
『クロアチア空軍及び防空軍』より : クロアチア空軍及び防空軍(クロアチア語:Hrvatsko ratno zrakoplovstvo i protuzračna obrana;略称:HRZ i PZO)は、クロアチア共和国軍の空軍組織である。 ユーゴスラビア崩壊前夜、ユーゴスラビア当局は、自国領内の全航空機を支配下に置いた。そのため、1991年末にクロアチアとユーゴスラビア人民軍の衝突が始まった時、クロアチアは、数機の農業機(An-2、セスナ機等)しか使用できなかった。当時、クロアチア当局は、連邦空軍の勤務経験があるクロアチア人飛行士達にクロアチア空軍に入るように呼びかけた。この結果、ユーゴスラビア連邦空軍から装備ごと「脱走」するクロアチア人のパイロットや整備員が相次いだ。1991年10月、1機のMiG-21Rがオーストリアへ奪取され、後にプレソ及びザグレブ空港に更に3機のMiG-21MFが飛来した。これら4機のミグは、クロアチア空軍の基盤となった。 新設のクロアチア空軍は、直ちに実戦に投入されたが、セルビアの強力な防空部隊により大損害を被った。 (Wikipedia:クロアチア防空軍)

クロアチアの国歌
私たちの美しい故国 (わたしたちのうつくしいここく、クロアチア語: Lijepa naša domovino)はクロアチアの国歌。元はクロアチア社会主義共和国の聖歌で、1991年にユーゴスラビア社会主義連邦共和国からの独立宣言とともに国歌になった。 オリジナルの歌詞は "Hrvatska domovina"(母国クロアチア)の題で1835年に詩人アントゥン・ミハノヴィッチ (Antun Mihanović) によって書かれた。曲はセルビア辺境の住民で作曲家、オーストリア=ハンガリー帝国軍中佐、ヨシップ・ルニャニン (Josip Runjanin) により1846年に作曲された。ガエターノ・ドニゼッティのオペラ "Lucia di Lammermoor" の曲を元にしたといわれる。 今の構成は1891年に Vatroslav Lichtenegger によって、和声、楽譜が作られ、同年 "Lijepa naša" のタイトルでクロアチア国歌として初演された。 (Wikipedia:クロアチアの国歌)

クロアチア語の辞書一覧
本稿は20世紀以前に発刊せられたクロアチア語の辞典の一覧である。
1595年 – Faust Vrančić, ”Dictionarium quinque nobilissimarum Europae linguarum Latinae, Italicae, Germanicae, Dalmaticae et Ungaricae” (巻を分けた最初の印刷クロアチア語辞書).
1599年 – Bartol Kašić, ”Razlika skladanja slovinska” (手書きのクロアチア語-イタリア語辞書)
1649年 – Jakov Mikalja, ”Blago jezika slovinskoga” (イイェ方言、シュト方言、イ方言の文献に見られるチャ方言の単語も含む).
1670年 – Juraj Habdelich, ”Dictionar ili rechi slovenske z vexega ukup ebrane” (カイ方言の辞書).
: Pavao Ritter Vitezović, ”Lexicon Latino-Illyricum” (手書きの辞書).
1728年 – Ardelio della Bella, ”Dizionario Italiano–Latino–Illirico” (主にドゥブロヴニクの文献によるがチャ方言も含む。付録に文法の小論あり).
(Wikipedia:クロアチア語の辞書一覧)

クロアチア人
クロアチア人(クロアチア語:Hrvati)は、主としてバルカン半島北西部のクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナに在住する南スラブ人。クロアチア語話者であり、主にカトリックを信仰する。 クロアチア人は7世紀ごろセルビア人やスロベニア人とともにバルカン半島北西部に下った。東ローマ帝国の支配を経験したのち、9世紀半ばに独立国を形成する。 11世紀からハンガリー王がクロアチア王位を兼任したが、15世紀後半クロアチアはセルビア・ボスニアとともにオスマン帝国の指導下に置かれる。17世紀オスマン帝国の衰退期には、クロアチア人の在住地はヴェネツィア共和国・オスマン帝国・オーストリア帝国の3勢力に分断された。 19世紀からクロアチア人コミュニティのほとんどがオーストリア帝国(1867年からオーストリア・ハンガリー帝国)の領域に入ったが第一次世界大戦でオーストリアが敗北したためクロアチア人コミュニティはすべてセルビア(ユーゴスラビア)領となる。 (Wikipedia:クロアチア人)

クロアチア語
クロアチア語(クロアチアご、クロアチア語: hrvatski [xř̩ʋaːtskiː])は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派南スラヴ語群の言語である。クロアチアおよびボスニア・ヘルツェゴビナの公用語である。クロアチアのEU加盟により、2013年7月以降EU公用語の一つにもなっている。 1991年にクロアチアがユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立する前は、セルビア語と同一の言語としてセルビア・クロアチア語として扱われていた。ユーゴスラビア解体後にそれぞれが別言語と主張されるようになったが、元々両者の違いは細かい正書法や表現の差異程度であり、現在でも非常に近い関係にある。セルビア語がアルファベットとしてキリル文字とラテン文字を使用するのに対し、現在のクロアチア語ではもっぱらラテン文字を使用する。歴史的にはグラゴル文字が使用されたこともあり、一部では近代まで用いられていた。 話者は主にバルカン半島に分布し、クロアチア人を中心にクロアチア、セルビア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナおよび他の国で話される。 (Wikipedia:クロアチア語)

クロアチアのサッカー選手一覧
ドラザン・イェルコビッチ
ダヴォール・シューケル
アレン・ボクシッチ
トミスラフ・マリッチ
エドゥアルド・ダ・シルバ
ムラデン・ペトリッチ
ボスコ・バラバン
イヴィツァ・オリッチ
イバン・クラスニッチ
ダド・プルソ
イバン・ボスニャク
ニーノ・ブーレ
トミスラフ・エルツェッグ
ズラトコ・クラニチャール
イゴール・ツビタノヴィッチ
ニコ・クラニチャール
ロベルト・プロシネチキ
ミラン・ラパイッチ
(Wikipedia:クロアチアのサッカー選手一覧)

クロアチアの大統領
クロアチアの大統領(クロアチアのだいとうりょう)一覧。 クロアチア人民解放国家反ファシスト委員会(ZAVNOH) ZAVNOH議長 ヴラディミル・ナゾル(1943年6月13日 - 1945年8月25日) クロアチア人民共和国(ユーゴスラヴィア連邦人民共和国) 人民最高会議幹部会議長 ヴラディミル・ナゾル(1945年8月25日 - 1949年10月15日) カルロ=ガシュパール・ムラゾヴィッチ(1949年10月15日 - 1952年) ヴィツコ・クルストゥロヴィッチ(1952年 - 1953年2月)議会議長 ズラタン・スレメツ(1953年2月 - 1953年12月) ヴラディミル・バカリッチ(1953年12月 - 1963年) クロアチア社会主義共和国(ユーゴスラヴィア社会主義連邦共和国) 議会議長 イヴァン・クラヤチッチ(1963年 - 1967年) ヤコヴ・ブラジェヴィッチ(1967年 - 1974年4月) イヴォ・ペリシン(1974年4月 - 1974年5月8日)大統領 ヤコヴ・ブラジェヴィッチ(1974年5月8日 - 1982年5月) マリヤン・ツヴェトコヴィッチ(1982年5月 - 1983年5月) ミルティン・バルティッチ(1983年5月 - 1984年5月10日) ヤクシャ・ペトリッチ(1984年5月10日 - 1985年5月10日) ペロ・ツャル(1985年5月10日 - 1985年11月20日) エマ・デロシ=ビェラヤツ(1985年11月20日 - 1986年5月10日) アンテ・マルコヴィッチ(1986年5月10日 - 1988年5月) イヴォ・ラティン(1988年5月 - 1990年5月30日) フラニョ・トゥジマン(1990年5月30日 - 1990年7月25日) クロアチア共和国 大統領 フラニョ・トゥジマン(1990年7月25日 - 1999年12月10日) ヴラトコ・パヴレティッチ(1999年12月10日 - 2000年2月2日)代理 ズラトコ・トムチッチ(2000年2月2日 - 2000年2月18日)代理 スティエパン・メシッチ(2000年2月18日 - 2010年2月18日) イヴォ・ヨシポヴィッチ(2010年2月18日 - 2015年2月19日) コリンダ・グラバル=キタロヴィッチ(2015年2月19日 - 現職) 関連項目 クロアチアの首相。 (Wikipedia:クロアチアの大統領)

クロアチア共和国軍
クロアチア共和国軍(クロアチアきょうわこくぐん、Oružane snage Republike Hrvatske、略称:OSRH)は、クロアチア共和国の国軍。 2009年4月、クロアチアがアルバニアと同時に北大西洋条約機構(NATO)に加盟したことにより、以後、集団安全保障体制下に置かれている。 機構 三軍 クロアチア共和国軍は、陸軍、海軍、空軍及び防空軍の三軍種から成る。 クロアチア陸軍(Hrvatske kopnenene vojske;HKoV) クロアチア海軍(Hrvatska ratna mornarica;HRM) クロアチア空軍及び防空軍(Hrvatsko ratno zrakoplovstvo i protuzračna obrana;HRZ i PZO) 統制機構 国防省 クロアチア共和国軍参謀本部 クロアチア陸軍司令部 クロアチア海軍司令部 クロアチア空軍及び防空軍司令部 統合教育・訓練司令部(ZZIO) 兵站司令部(ZzL) 軍事行政単位 陸軍の第3、第4軍団と、海軍の北部、南部軍区に分かれる。 (Wikipedia:クロアチア共和国軍)

クロアチア海軍
クロアチア海軍(Hrvatska Ratna Mornarica;略称HRM)は、クロアチア共和国軍の海軍組織。 組織 海軍司令部 幕僚勤務支援 クロアチア海軍艦隊 クロアチア海軍教育・訓練司令部 直轄部隊: 第308兵站旅団 第161ロケット師団 第274監視大隊 第365情報大隊 第805信号大隊 第73憲兵大隊 第43工兵大隊 第352海軍爆破中隊 第507化学中隊 第336衛生中隊 クロアチア海軍軍楽隊 海軍医学研究所 北部海軍軍区 第875歩兵旅団 第411海岸砲中隊 第324兵站中隊 第508化学小隊 第371飛行隊 南部海軍軍区 第879歩兵旅団 第415海岸砲中隊 第321兵站中隊 第509化学小隊 第372飛行隊 装備 艦艇 2011年6月現在。 (Wikipedia:クロアチア海軍)


クロアチア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  PlayStation 4 - 2018年06月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



PlayStation 4
PlayStation 4(プレイステーションフォー)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) が発売した家庭用ゲーム機。略称はPS4。 2013年11月15日に北アメリカ地域で、同年11月29日に欧州・中央アメリカ・南アメリカ・オセアニア地域で発売された。その後、同年12月 - 2014年1月にかけてアフリカ・アジア地域(日本は除く)での発売が続き、日本では2014年2月22日に発売された。 PlayStation 3 (PS3) の次世代機となる、第8世代に属する家庭用ゲーム機である。SCEは「次世代コンピュータエンタテインメントシステム」と表現している。2013年2月20日(東部標準時)にニューヨークで行われたイベント「PlayStation Meeting 2013」にて発表された。2013年11月15日より米国とカナダで先行発売され、発売24時間で100万台以上を販売した。 ネットワーク機能を強化しており、プレイ動画を公開したり、フレンド間でゲームプレイ中継を行うといった「シェア」機能を搭載し、PS Vitaとの「リモートプレイ」にシステムレベルで対応する。 (Wikipedia:PlayStation 4)

PlayStation 4のゲームタイトル一覧
PlayStation 4のゲームタイトル一覧(プレイステーションフォーのゲームタイトルいちらん)では、PlayStation 4(PS4)対応として日本で発売中または発売予定のゲームソフトを発売順に列記する。 一覧表について 一覧表に書かれている文字は、以下に対応していることを示す。 「通信機能」に書かれている文字は、以下のPlayStation 4の通信機能を示し、●印はその通信機能に対応していることを示す。 オ:オンラインプレイ対応 P:PSN対応 2014年(全59タイトル) 2015年(全81タイトル) 2016年 配信専用タイトル アーケードアーカイブス 配信アプリ 出典 外部リンク PlayStation4 ソフト一覧。 (Wikipedia:PlayStation 4のゲームタイトル一覧)


PlayStation 4 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す