[PR]

日別キーワード

第1位  不能 - 2018年06月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



不能犯
不能犯(ふのうはん)とは、刑法学上の概念の一つで、犯罪的結果の発生を意図したにもかかわらず、その行為の性質上、当該結果を発生させることがないため、犯罪が成立せず、刑罰の対象とならない行為のことをいう。結果発生の危険がないため、未遂犯にもならないとされている。未遂犯と不能犯の区別の基準については学説上の対立があり、また有罪・無罪に直結するため裁判上も少なからず争われている。判例は従来、実質的危険説(絶対的不能・相対的不能)によっているとされたが、戦後の裁判例には具体的危険説に近いものが多くみられる。 日本の刑法に、不能犯を処罰しないという明文の規定は置かれていない。 なお、呪殺の儀式を、殺害を目指して行うのではなく、いやがらせ目的で行い、相手に知らしめ畏怖させるなどのことは、それはそれで犯罪となる可能性があるが、それらは別論であり、本稿では扱わない。 典型例には迷信犯(丑の刻参りなどの呪殺)があげられる。他に硫黄粉末を飲食物などに混ぜて毒殺しようとした事例につき殺人については不能犯であるとして傷害罪にとどめた判決がある(大審院大正6年9月10日判決刑録23輯999頁)。 (Wikipedia:不能犯)

不能犯 (漫画)
神崎 裕也(かんざき ゆうや)は、日本の漫画家。男性。熊本県出身。 2001年25歳の時に第5回ヤングジャンプ月例MANGAグランプリにて「ツキノマホウ」が佳作と月間ベスト賞を受賞。 数度の読切を経て、2005年に「亜熱帯ナイン」で『週刊ヤングジャンプ』に初連載を果たす。 2009年より『週刊コミックバンチ』にて「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」を連載。2011年に同誌休刊のため 『月刊コミック@バンチ』へ移籍する。 作品 連載 亜熱帯ナイン(『週刊ヤングジャンプ』2005年35号 - 2006年16号、全3巻) ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-(『週刊コミックバンチ』2009年12号 - 2010年39号、『月刊コミック@バンチ』1号 - 連載中) 不能犯(原作:宮月新、『グランドジャンプ』2013年10号 - 連載中) 読切 明日に向かって盗め!(『増刊ヤングジャンプ漫革』vol.37、2004年) 10球だけのストッパー(『週刊ヤングジャンプ』2004年19号) 東京龍―トーキョー・ドラゴンズ―(『週刊ヤングジャンプ』2007年44号) 師匠 ふなつ一輝 栗原正尚 脚注 外部リンク 神崎裕也 (@kanzakiuro) - Twitter。 (Wikipedia:不能犯 (漫画))


不能 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  平和祈念公園 - 2018年06月26日


関連するイメージは見つかりませんでした




平和祈念公園 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Android - 2018年06月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  セルビア - 2018年06月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



セルビア
セルビア共和国 Република СрбијаRepublika Srbija 国の標語:不明 国歌:正義の神 セルビアの位置 セルビア共和国(セルビアきょうわこく)、通称セルビアは、南東ヨーロッパ、バルカン半島中西部の内陸に位置する共和制国家。かつてのユーゴスラビアに属した地域の中央に位置しており、政治的にもその中心となる国であった。 首都であるベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア内のコソボ・メトヒヤ自治州がコソボ共和国として事実上独立状態にある。 国名 セルビア語では「Република Србија / Republika Srbija」(レプブリカ・スルビヤ)、通称「Србијa / Srbija」(スルビヤ)。 (Wikipedia:セルビア)

セルビア王国
『セルビアの歴史』より : セルビア王国 セルビア王国 (中世) - 中世のセルビアに存在した王国。 セルビア王国 (近代) - 近代のセルビアに存在した王国。 セルビアの概説的な歴史についてはセルビアの歴史を参照。 (Wikipedia:セルビア王国)

セルビアの歴史
セルビアの歴史(セルビアのれきし、セルビア語:Историја Србије / Istorija Srbije)では、セルビアの歴史について述べる。 近代以降、セルビアはオスマン帝国の自治公国(1817年(完全な自治権獲得は1830年)から1878年)、独立公国(1878年から1882年)、独立王国(1882年から1918年)、セルビア・クロアチア・スロベニア王国の一部(1818年から1941年)(1929年からユーゴスラビア王国に改称)、ナチスに占領された傀儡国家のセルビア救国政府(1941年から1944年、ネディッチ政権とも)、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の中の社会主義共和国(1945年から1992年)、そしてユーゴスラビア連邦共和国のうちの共和国(1992年から2003年)、モンテネグロとの国家連合であるセルビア・モンテネグロ(2003年から2006年まで)と遷移してきた。 (Wikipedia:セルビアの歴史)

セルビア・クロアチア・スロベニア王国
『ユーゴスラビア』より : ユーゴスラビアは、かつて南東ヨーロッパのバルカン半島地域に存在した、南スラブ人を主体に合同して成立した国家の枠組みである。 国名として「ユーゴスラビア」を名乗っていたのは1929年から2003年までの期間であるが、実質的な枠組みとしては1918年に建国されたセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国に始まり、2006年に解体されたセルビア・モンテネグロまでを系譜とする。また、その間に国名や国家体制、国土の領域についてはいくつかの変遷が存在する。(詳細は#国名の項目を参照)。 なお、ユーゴスラビアの名は解体後の現在においても政治的事情により、構成国のひとつであったマケドニア共和国の国際連合等における公式呼称である「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」として残存している。 その国際的位置から『七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家』と形容される。 首都はベオグラード。1918年にセルビア王国を主体としたスロベニア人・クロアチア人・セルビア人国(セルブ=クロアート=スロヴェーヌ王国)として成立。 (Wikipedia:セルビア・クロアチア・スロベニア王国)

セルビア・モンテネグロ
セルビア・モンテネグロ Србија и Црна Гора 国歌: スラヴ人よセルビア・モンテネグロの位置 セルビア・モンテネグロは、東南ヨーロッパに存在した連邦国家。ユーゴスラビア国家の事実上の最後の体制であり、2003年にユーゴスラビア連邦共和国から改組・改称して発足した。 セルビア人の人口が多いセルビア共和国と、モンテネグロ共和国、およびセルビア共和国内のヴォイヴォディナ自治州とコソボ・メトヒヤ自治州で構成されていた。 ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アルバニア、マケドニアと国境を接していた。 上記の2つの共和国と2つの自治州は民族構成がかなり異なり、またユーゴスラビア連邦政府はセルビアの主導で運営されていたため、これを不満としたモンテネグロ側から独立要求が起こり、その不安定要因を回避するため2003年に国名を「セルビア・モンテネグロ」と改称すると共に、共和国の独立性が高い緩やかな共同国家とした。 (Wikipedia:セルビア・モンテネグロ)

セルビアモンテネグロ
『セルビア・モンテネグロ』より : セルビア・モンテネグロ Србија и Црна Гора 国歌: スラヴ人よセルビア・モンテネグロの位置 セルビア・モンテネグロは、東南ヨーロッパに存在した連邦国家。ユーゴスラビア国家の事実上の最後の体制であり、2003年にユーゴスラビア連邦共和国から改組・改称して発足した。 セルビア人の人口が多いセルビア共和国と、モンテネグロ共和国、およびセルビア共和国内のヴォイヴォディナ自治州とコソボ・メトヒヤ自治州で構成されていた。 ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アルバニア、マケドニアと国境を接していた。 上記の2つの共和国と2つの自治州は民族構成がかなり異なり、またユーゴスラビア連邦政府はセルビアの主導で運営されていたため、これを不満としたモンテネグロ側から独立要求が起こり、その不安定要因を回避するため2003年に国名を「セルビア・モンテネグロ」と改称すると共に、共和国の独立性が高い緩やかな共同国家とした。 (Wikipedia:セルビアモンテネグロ)

セルビア王国 (近代)
セルビア王国 Краљевина Србија 国歌: 正義の神セルビアの位置 セルビア王国(セルビアおうこく)は、1882年から1918年にかけてバルカン半島に存在した国家。前身は1817年成立のセルビア公国。1878年まではオスマン帝国の宗主権下にあり、1918年成立のセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国に発展する形で消滅した。首都はベオグラード。 セルビアの歴史も参照されたい。 セルビア公国の成立 完全独立と王制への移行 露土戦争に参戦して戦勝国となったことで、ベルリン条約の結果、セルビアはオスマン帝国から独立した。 ベルリン会議でセルビアに隣接するボスニアとヘルツェゴビナがオーストリア=ハンガリーの占領下に置かれたにもかかわらず、会議におけるロシアの非協力もあって、セルビアはオーストリア=ハンガリーに接近していく。 (Wikipedia:セルビア王国 (近代))

セルビア共和国
『セルビア』より : セルビア共和国 Република СрбијаRepublika Srbija 国の標語:不明 国歌:正義の神 セルビアの位置 セルビア共和国(セルビアきょうわこく)、通称セルビアは、南東ヨーロッパ、バルカン半島中西部の内陸に位置する共和制国家。かつてのユーゴスラビアに属した地域の中央に位置しており、政治的にもその中心となる国であった。 首都であるベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア内のコソボ・メトヒヤ自治州がコソボ共和国として事実上独立状態にある。 国名 セルビア語では「Република Србија / Republika Srbija」(レプブリカ・スルビヤ)、通称「Србијa / Srbija」(スルビヤ)。 (Wikipedia:セルビア共和国)

セルビア王国 (中世)
セルビア王国 セルビア王国(セルビアおうこく)は、現在のセルビアを中心とした中世の王国。 ネマニッチ朝の成立 南スラヴ(ユーゴスラヴ)の一派であるセルビア人は7世紀初め頃にバルカン西部に南下し、9世紀後半には東ローマ帝国の影響下で正教会を受入れた。セルビア人は長くジューバと呼ばれる部族共同体に分立していたが、12世紀後半に東ローマ帝国の衰退に乗じてステファン・ネマニャが1168年に諸部族を統一してセルビア侯となる。その後、拡大した勢力を背景として1171年には国王として即位し、ネマニッチ朝を開いた。なお、始祖の名前は「ネマニャ」であるが、第二世代以降は指小語ićを付けて「ネマニッチ」(Nemanjić)とするので王朝の名前も「ネマニッチ朝」となる。第二代のステファン・ネマニッチ(ステファン初代戴冠王)は1217年にローマ教皇ホノリウス3世から王冠を授与されて「王国」としての地位を国際的に認めさせ、実質的なセルビア王国の建国者となった。 (Wikipedia:セルビア王国 (中世))

セルビア・モンテネグロの国歌
『スラヴ人よ』は、スラヴ人への賛歌であり、1834年に汎スラヴ運動の歌として『スロバキア人よ』(Hej, Slováci) の題の下、作詞された。その後ソコル運動やユーゴスラビアの国歌、セルビア・モンテネグロの国歌となった。また、スロバキア人の第2の非公式な歌でもある。楽曲はポーランドの国歌でもあるドンブロフスキのマズルカに基づくが、よりテンポが遅く、強くされている。 各言語での題名は以下の通り: スロバキア語: Hej, Slováci チェコ語: Hej, Slované セルビア語: Хеј Словени / Hej, Sloveni マケドニア語: Еј, Словени クロアチア語: Hej, Slaveni ボスニア語: Hej, Slaveni スロベニア語: Hej, Slovani ポーランド語: Hej Słowianie ブルガリア語: Хей, Славяни ロシア語: Гей, Славяне 『スロバキア人よ』 歌詞はスロバキアの聖職者であり、且つ詩人及び歴史家でもあるSamuel Tomášikが1834年にプラハを訪れた際に書かれた。 (Wikipedia:セルビア・モンテネグロの国歌)

セルビア・モンテネグロの歴史
セルビア・モンテネグロの歴史を述べる。民族の歴史としてはセルビアの歴史およびモンテネグロの歴史も参照。 この地域には「民族のモザイク」と呼ばれるため特定の国の歴史を記述するのは難しいといっていい。民族ではなく地域の歴史としてみれば、古代にはローマ帝国、中世には東ローマ帝国とオスマン帝国、近代にはオーストリア・ハンガリー二重帝国とロシア帝国など大国が影響力を行使してきたなかで歴史が形成されていったといえよう。 古代 この地域には紀元前から人が定住してきた。紀元前1世紀にローマの属州となりローマ化が進んだ。4世紀にはゲルマン人のテオドリックの反乱がいまのブルガリア周辺で勃発し、この地も騒乱の渦中となった。その後の民族大移動期には東ゴート人、フン族、アバール人がここを通過し、6世紀にはスラブ人が定住し、独自の王国を建設し始めた。これが今のセルビア人やモンテネグロ人、クロアチア人、スロヴェニア人のルーツである。ただし、モンテネグロ人だけは、古代イリュリアのイリュリア人の可能性も残されている。 セルビア王国とオスマン帝国の支配 これらの諸民族はテュルク系のブルガール人の支配下に入ったりしたが、10世紀には東ローマ帝国の支配下に入り正教会などビザンティン文化を受容した。 (Wikipedia:セルビア・モンテネグロの歴史)

セルビアの国歌
正義の神(せいぎのかみ、セルビア語: Боже правде / Bože pravde)はセルビアの国歌。かつてスルプスカ共和国の国歌でもあった。1872年にダヴォリン・イェンコ (Davorin Jenko) が作曲、ヨヴァン・ジョルジェヴィチ (Јован Ђорђевић / Jovan Đorđević) が作詞した。 もとはセルビア王国の国歌であり、元の歌詞ではセルビア王を称えたものであった。スルプスカ共和国が元の歌詞を保持したのに対し、セルビアは現行の政治体制に合わせて「セルビアの王」から「セルビアの地」へ、「神はセルビアの王を救う」から「神は救い、神は護る」へと若干の修正をした。 歌詞 セルビア語版の全文。各節の最後の2行は繰り返す。 スルプスカ共和国版 註釈の形で差分のみを記す。 外部リンク MP3 sound file (Republika Srpska) - セルビア版。 Real Audio stream (Republic of Serbia) Sheet music for Brass Band and for Orchestra with mixed choir (Parliament of Serbia website) freesrpska.org (source of the English translation) Music and lyrics of the National Anthem。 (Wikipedia:セルビアの国歌)

セルビアの国旗
セルビアの国旗(セルビアのこっき)は、汎スラブ色の赤、青、白の横縞3色を配色した国旗。政府庁舎などに掲揚される公式旗では、旗ざお寄りに国章が配置される。2010年旗に国章の意匠が変更された。 国章の無い旗の上下を逆にすると、ロシアの国旗とほぼ同じものになる。 国旗・国章に関する事情 この国旗・国章は、19世紀に展開された民族運動の過程で、セルビア民族主義のシンボルとして定められたものである。それゆえ、セルビア人あるいは、セルビア人と血統が近いとされる民族が主要な地位を占めている複数の国家で、この配色の国旗が用いられている(あるいは過去に用いられていた)。それぞれの国が、この国旗に関して異なった事情を抱えている。 セルビア 2006年6月5日セルビア・モンテネグロを継承する以前から連邦構成国として現在の国旗・国章を使用していた。ワールドカップ・ドイツ大会では、セルビア・モンテネグロのサポーターがセルビアの旗を掲げて自国代表を応援する光景が見られた。 (Wikipedia:セルビアの国旗)

セルビア人
セルビア人(セルビア語:Срби / Srbi)は、主にセルビアやボスニア・ヘルツェゴビナのスルプスカ共和国を中心に住む南スラブ人。血統や言語はクロアチア人・ボシュニャク人(ボスニア人)とほぼ同じだが宗教が異なる。セルビア人には正教会信徒が多い。 7世紀ごろバルカン半島中西部に定住し東ローマ帝国の影響下で正教会を受容した。12世紀後半にセルビア王国を打ち建ててセルビア人は東ローマ帝国から自立し、新たにセルビア正教会を樹立して宗教上も独立を勝ち取った。14世紀半ばにセルビア王国は黄金期を迎えるが、その後急速に衰弱しオスマン帝国の圧制下に置かれることとなった。 ナポレオン戦争後にウィーン体制がしかれて中欧の民族運動がほとんどの場合失敗に終わったにもかかわらず、セルビア民族主義運動はロシアの後ろ盾で成功し1860年代にはかなりの自治権を認められるようになった。1878年サン・ステファノ条約とベルリン条約を通じてセルビアはモンテネグロ、ルーマニアとともに再び独立を勝ち取った。 (Wikipedia:セルビア人)

セルビア語
セルビア語(セルビアご、српски језик/srpski jezik)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派南スラヴ語群の言語。 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国解体以前はクロアチア語・ボスニア語と同一のセルボクロアチア語とされていた。モンテネグロ方言をセルビア語とは別のモンテネグロ語だとする意見もある。これらの言語の違いは方言と細かな正書法程度でしかない。また、マケドニア語・ブルガリア語およびスロベニア語とも近い関係にある。 表記にはキリル文字とラテン文字の両方が用いられる (ダイグラフィア)。ユーゴスラビア連邦解体後の現在においては、セルビアでは主にキリル文字を用いるが、ラテン文字も通常使用されており、両者が完全に併用されている。ただし、キリル文字とラテン文字を同一の文および文章内で混用することは無い。公文書や学校の教科書などではキリル文字表記が主流だが、インターネット上などでは文字化けが起きにくいラテン文字表記が多く使用されている。このような事情を勘案して、セルビア語版ウィキペディアではキリル文字とラテン文字の自動変換機能を備えている。 (Wikipedia:セルビア語)

セルビア・クロアチア語
セルビア・クロアチア語(セルビア・クロアチアご、セルボ・クロアチア語、クロアチア・セルビア語とも:Srpskohrvatski / Српскохрватски、スルプスコフルヴァツキ、Hrvatskosrpski / Хрватскосрпски、フルヴァツコスルプスキ)は、セルビア人 (Srbi) 、クロアチア人 (Hrvati)、ボシュニャク人、モンテネグロ人 によって話されている言語。ユーゴスラビアでは憲法上の公用語と定められていた。セルビア・クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロなどで話されている。セルビア語、クロアチア語、ボスニア語、モンテネグロ語の標準語はいずれもセルビア・クロアチア語の新シュト方言の東ヘルツェゴビナ方言に基づいており、セルビア・クロアチア語は複数中心地言語のひとつに数えられる。一部の書籍では「ユーゴスラビア語」とも呼ばれる。 歴史・現状 ユーゴスラビアが分裂してからはセルビア語、クロアチア語、ボスニア語の三言語に政治的・社会的に分けられ、近年ではモンテネグロが独立したため、更にモンテネグロ語を分離しようとする運動もある。 (Wikipedia:セルビア・クロアチア語)

セルビアのバレーボール選手一覧
この記事はセルビアのバレーボール選手一覧(-せんしゅいちらん)である。 既に記事があるものに関してはCategory:セルビアのバレーボール選手を参照されたい。 この項目はCategoryではないので、記事の無い選手について赤リンクのままにしておく事が出来る。記事の無いものに関しては一時的に簡単な説明(時代、クラブ)等を併記しておいて構わない。 男子 アレクサンダル・アタナシエビッチ マルコ・イボビッチ イヴァン・イリッチ ゾラン・ガイッチ ウラジミール・グルビッチ ニコラ・グルビッチ アンドリヤ・ゲリッチ スロボダン・コバチ ウロシュ・コバチェビッチ ニコラ・コバチェビッチ マルコ・サマルジッチ エディン・シュコリッチ(2001年欧州選手権優勝) ジョルジェ・ジュリッチ(アトランタ銅メダル) ブラダン・ジョルジェビッチ サーシャ・スタロビッチ ドラガン・スタンコビッチ ジェリコ・タナスコビッチ ミロシュ・テルジッチ トミスラヴ・ドキッチ リュボミール・トラヴィツァ(セルビアモンテネグロ代表監督) ミロシュ・ニキッチ ミラン・バシッチ ノヴィツァ・ビエリツァ フィリップ・ブイッチ デヤン・ブラドビッチ(アトランタ銅メダル) アレクサ・ブルジョビッチ ヴェリコ・ペトコビッチ ヴラド・ペトコビッチ ネマニャ・ペトリッチ ジャルコ・ペトロビッチ ボリスラヴ・ペトロビッチ スロボダン・ボシュカン マルコ・ポドラシュチャニン デヤン・ボヨビッチ ゴラン・マリッチ(2001年欧州選手権優勝) ミラン・マルコビッチ ヴァーサ・ミイッチ ミハイロ・ミティッチ アレクサンダル・ミトロビッチ イヴァン・ミリュコビッチ ジュラ・メシュテル ボヤン・ヤニッチ ライコ・ヨカノビッチ(アトランタ銅メダル、2001年欧州選手権優勝) ミラン・ラシッチ スレチコ・リシナツ ニコラ・ロシッチ 女子 アナ・アントニエビッチ マーヤ・オグニェノビッチ ナターシャ・クルスマノビッチ イバナ・ジェリシロ マーヤ・シマニッチ マルタ・ドゥルパ アーニャ・スパソイエビッチ アレクサンドラ・ペトロビッチ スザナ・チェービッチ ベスナ・ツィタコビッチ イェレナ・ニコリッチ ナジャ・ニンコビッチ アナ・ビエリツァ ヨバナ・ブラコチェビッチ ヨバナ・ベーソビッチ ステファナ・ベリコビッチ シルビヤ・ポポビッチ サーニャ・マラグルスキ ティヤナ・マレセビッチ ドラガナ・マリンコビッチ ブランキツァ・ミハイロビッチ ブリジトカ・モルナル ミレーナ・ラシッチ アレクサンドラ・ランコビッチ。 (Wikipedia:セルビアのバレーボール選手一覧)

セルビア・モンテネグロの国旗
セルビア・モンテネグロの国旗は、汎スラブ色の赤、白、青の横縞3色を配色した旗。 1992年のユーゴスラビア連邦共和国成立以来、2006年に連邦国家セルビア・モンテネグロが姿を消すまで使用された。ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の時代は、中心に社会主義の象徴である赤い五角星がついていた。 上下を逆にするとオランダの国旗と同一の配色になるが、厳密には縦横比が違う。もっとも、国連で使用される旗に限ってみれば、縦横比はすべて2:3であり、上下逆に掲げればオランダの国旗とほとんど同じに見えることは確かである。 関連項目 国旗の一覧 ユーゴスラビアの国旗 - 1992年以前の共産主義時代に使用されたもの。 セルビアの国旗 - 連邦時代から使用している。 モンテネグロの国旗 参考文献 外部リンク de:Flagge Jugoslawiens#Flagge der Bundesrepublik Jugoslawien und Serbien und Montenegro。 (Wikipedia:セルビア・モンテネグロの国旗)

セルビア正教会
セルビア正教会(セルビアせいきょうかい)は、セルビアを中心にセルビア人の間で信仰されている正教会の一組織であり、独立正教会の一つ。 正教会は一カ国に一つの教会組織をそなえることが原則だが(セルビア正教会以外の例としてはギリシャ正教会、ロシア正教会、日本正教会など。もちろん例外もある)、これら各国ごとの正教会が異なる教義を信奉している訳では無く、同じ信仰を有している。 脚注 関連項目 パヴレ (セルビア総主教) 東欧諸国のビザンティン建築 デチャニ修道院 コソボの中世建造物群 シュテファン・モクラーニャッツ セルビア十字 外部リンク Serbian Orthodox Church SERBIAN ORTHODOX CHORAL CHANTS - 視聴可能ページ。 (Wikipedia:セルビア正教会)

セルビア共和国 (1992年-2006年)
セルビア共和国 Република Србија / Republika Srbija Република Србија / Republika Srbijaの位置ユーゴスラビア連邦共和国におけるセルビア共和国の位置 セルビア共和国(セルビアきょうわこく、セルビア語:Република Србија / Republika Srbija)は、1990年から1992年までのユーゴスラビア社会主義連邦共和国、1992年から2003年までのユーゴスラビア連邦共和国、2003年から2006年までのセルビア・モンテネグロの構成国である。 (Wikipedia:セルビア共和国 (1992年-2006年))


セルビア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  チュニジア - 2018年06月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



チュニジア
チュニジア共和国 الجمهورية التونسية 国の標語:نظام، حرية، عدالة(アラビア語: 自由、秩序、公正) 国歌:祖国の防衛者 チュニジアの位置 チュニジア共和国(チュニジアきょうわこく、アラビア語: الجمهورية التونسية‎、ベルベル語: ⵜⴰⴳⴷⵓⴷⴰ ⵏ ⵜⵓⵏⴻⵙ、フランス語: République tunisienne)、通称チュニジアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制をとっている国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。 国名 正式名称は、الجمهورية التونسية(ラテン文字転写 : al-Jumhūrīya al-Tūnisīya、片仮名転写 : アル・ヂュムフーリーヤ・アル・トゥーニスィーヤ)。 (Wikipedia:チュニジア)

チュニジア共和国
『チュニジア』より : チュニジア共和国 الجمهورية التونسية 国の標語:نظام، حرية، عدالة(アラビア語: 自由、秩序、公正) 国歌:祖国の防衛者 チュニジアの位置 チュニジア共和国(チュニジアきょうわこく、アラビア語: الجمهورية التونسية‎、ベルベル語: ⵜⴰⴳⴷⵓⴷⴰ ⵏ ⵜⵓⵏⴻⵙ、フランス語: République tunisienne)、通称チュニジアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制をとっている国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。 国名 正式名称は、الجمهورية التونسية(ラテン文字転写 : al-Jumhūrīya al-Tūnisīya、片仮名転写 : アル・ヂュムフーリーヤ・アル・トゥーニスィーヤ)。 (Wikipedia:チュニジア共和国)

チュニジアの歴史
チュニジアの歴史(チュニジアのれきし アラビア語:تاريخ تونس,フランス語:Histoire de la Tunisie)では、現在のチュニジア チュニジア共和国に相当する地域の歴史について述べる。
現在のチュニジアに当たる地域には紀元前10,000年頃に西アジアから原地中海人種とされる人々が移動してきた。彼等はベルベル人の祖先だったとされ、彼等の文化はカプサ文化と呼ばれている。紀元前4,000年ごろにサハラが乾燥し、砂漠化した。
ファイル:CarthageMap.png thumb left 260px カルタゴ勢力範囲(紀元前264年頃、青色部分)。
ファイル:Zama.jpg thumb 260px ザマの戦い。
先史時代以降、内陸部にはベルベル人が居住するようになっていたが、沿岸部には地中海交易で活躍していたフェニキア人が、交易拠点としてこの地に移住し、紀元前814年頃にカルタゴ市(ティルスの植民市)が建設された。カルタゴ帝国は商業を拡大する中で地中海やアフリカ沿岸に探検や入植市建設を行い北アフリカやシチリア島、サルデーニャ島、コルシカ島、バレアレス諸島、イベリア半島東部に植民市を築き、勢力下に置いた。「アフリカ」は古代においては現在のチュニジアに当たる地域のみを指す言葉だったが、後にアフリカ大陸全体を指す言葉となった。
(Wikipedia:チュニジアの歴史)

チュニジアの夜
チュニジアの夜 (A Night in Tunisia) は、1942年にトランペット奏者のディジー・ガレスピーが、ピアニストのフランク・パパレリ (Frank Paparelli) との共作で作曲した楽曲。後に歌詞を付けられて歌曲にもなった。 解説 1940年代のビバップ期以来、モダン・ジャズのスタンダード・ナンバーの一つとなっており、「マンテカ (Manteca)」などと共にガレスピーの代表的な作品の一つに数えられる。 アフロと4ビートのリズムの組み合わせによる独特のエキゾチックな雰囲気を持つテーマと、最後のカデンツァ部が聴くものに強烈な印象を与える。メロディが華やかでソロ演奏をとっての聴かせ所も多く、知名度も高い曲であるため、スモールコンボ、ビッグバンドのいずれでもステージのオープニングやクライマックスには好んで使われる。 元々はガレスピーがアール・ハインズ楽団に所属していた時期、コンボグループ向けに作曲されたものであるが、作曲時期がちょうどアメリカのミュージシャン・ユニオンによるレコード録音長期ストライキの時期に当たっていたことから資料に乏しく、最初の発表時期やレコード録音時期は正確にはわかっていない。 (Wikipedia:チュニジアの夜)

チュニジアの国歌
祖国の防衛者(そこくのぼうえいしゃ)はチュニジアの国歌。下記に歌詞と曲を掲載する。 歌詞 アラビア語歌詞 حماة الحمى يا حماة الحمى هلموا هلموا لمجد الزمن لقد صرخت في عروقنا الدماء نموت نموت ويحيا الوطن لتدو السماوات برعدها لترم الصواعق نيرانها إلى عز تونس إلى مجدها رجال البلاد وشبانها فلا عاش في تونس من خانها ولا عاش من ليس من جندها نموت ونحيا على عهدهاحياة الكرام و موت العظام: アラビア語歌詞をアルファベットに表記 Ħumāt el-ħimá yā ħumāt el-ħimá Halummū halummū li-majdi iz-zaman Laqad ṣarakhat fī ‘urūqinā ed-dimā Namūtu namūtu wa-yaħyā el-waṭan Li-tadwi is-samāwātu bi-ra‘dihā Li-tarmi iṣ-ṣawā‘iqu nīrānahā Ilá ‘izzi Tūnis ilá majdihā Rijāl el-bilādi wa-shubbānahā Fa-lā ‘āsha fī Tūnis man khānahā Wa-lā ‘āsha man laysa min jundihā Namūtu wa-naħyā ‘alá ‘ahdihā Ħayāt al-kirāmi wa-mawt el-‘iẓām Chorus Wa-rithnā es-sawā‘ida bayn el-’umam Ṣukhūran ṣukhūran ka-hadhā el-binā’ Sawā‘idu yahtazzu fawqahā el-‘alam Nubāhī bihi wa-yubāhī binā Wa-fīhā kafā lil-‘ulá wa-el-himam Wa-fīhā ḍamānun li-nayli il-muná Wa-fīhā li-’a‘dā’i Tūnis niqam Wa-fīhā li-man sālamūnā es-salām Chorus Idhā ash-sha‘bu yawman arāda el-ħayāh Fa-lā budda an yastajīb el-qadar Wa-lā budda lil-layli an yanjalī Wa-lā budda lil-qaydi an yankasir 英語訳歌詞 O defenders of the Homeland! Rally around to the glory of our time! The blood surges in our veins, We die for the sake of our land. Let the heavens roar with thunder. Let thunderbolts rain with fire. Men and youth of Tunisia, Rise up for her might and glory. No place for traitors in Tunisia, Only for those who defend her! We live and die loyal to Tunisia, A life of dignity and a death of glory. if one day people wants life 外部サイト チュニジア国歌 チュニジア国歌。 (Wikipedia:チュニジアの国歌)

チュニジアの国旗
チュニジアの国旗は1831年に制定されている。赤地に中央の白い円に三日月と星は古くからのイスラム教の象徴であり、幸運のシンボルでもあった。赤い色はオスマン帝国時代の反抗勢力の名残である。チュニジアは1881年よりフランスの植民地となり、1956年のチュニジア王国を経て、1957年にチュニジア共和国が成立した。その際に、以前の独立時代に使用したものを再度採用した。1999年にデザインをわずかに変更している。 歴史的な旗 関連項目 国旗の一覧 トルコの国旗 チュニジアの国章。 (Wikipedia:チュニジアの国旗)

チュニジア侵攻
チュニジア侵攻は1881年に第三共和政下のフランスが、フサイン朝チュニス君侯国(1705年 - 1881年)(形式上はオスマン帝国領だが独立した統治を行っていた。現チュニジア共和国領にあった)に侵攻した武力衝突事件。 19世紀の地中海沿岸の勢力図は、オスマン帝国が弱体化しつつある中、フランスが勢力を伸ばす状況にあった。1830年のアルジェリア侵略ではチュニジアの隣国にあったオスマン帝国領アルジェリアを支配下に収めてフランス領アルジェリアが成立しており、その延長として行われた軍事行動である。チュニジア侵攻は終始、フランス側のペースで進み、1956年まで続く植民地体制が決定づけられた。 1873年 チュニジア太守にハイルディーン・パシャ宰相の就任。彼のもとで強力に近代化政策が推進し、列強とは均衡外交を展開し、独立維持を図ることになる。 1877年 保守派がクーデターを起こしハイルディーン・パシャが失脚。これをうけて、列強はフランス、イタリアにチュニジアの自由権の承認する。その後イタリアが譲歩。 1881年フランス軍、チュニジアに侵攻を決定。 (Wikipedia:チュニジア侵攻)

チュニジアの地方行政区画
チュニジアには24のウィラーヤ(アラビア語: ولاية , Governorate,県)に分かれている。各県の知事は大統領による任命制である。 出典 関連項目 チュニジアの都市の一覧 ISO 3166-2:TN。 (Wikipedia:チュニジアの地方行政区画)


チュニジア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す