[PR]

日別キーワード

第1位  CBC賞 - 2018年07月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



CBC賞
CBC賞(シービーシーしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 寄贈賞を提供する中部日本放送(傘下にCBCテレビ、CBCラジオ)は、名古屋市に本社を置く放送局。 正賞はCBC賞。 本競走は1965年、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として中京競馬場に創設。当初の施行距離は砂1800mであったが、1970年は中京競馬場に芝コースが新設されたことにより芝1800mに変更。その後距離は短縮され、翌1971年からは芝1400mに変更された後、1981年から芝1200mに変更され、現在に至っている。 1984年からグレード制施行に伴いGIIIに格付け。1990年からGIIに格上げされたが、2006年からGIIIに格下げとなった。施行時期も当初は12月だったが、1990年に6月開催へ変更。その後1996年に11月開催へ変更された後、2000年から再び12月開催へ変更されたが、2006年から再び6月開催へ変更された。 (Wikipedia:CBC賞)


CBC賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  スター・ウォーズ - 2018年07月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



スター・ウォーズ
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ)

スター・ウォーズ クローン大戦
『クローン大戦』より : 『スター・ウォーズ クローン大戦』(スター・ウォーズ クローンたいせん、原題:STAR WARS: CLONE WARS )は、米国カートゥーンネットワークスタジオとルーカスフィルムが製作したアメリカの2Dテレビアニメ。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品で、実写映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間の出来事を描く。第56回及び第57回エミー賞アニメーション番組部門受賞。 『エピソード3/シスの復讐』の公開時期に併せて、本シリーズの製作総指揮を務めるジョージ・ルーカスの指揮下で、彼によるストーリー原案を元に脚本が書き上げられたこともあり、スピンオフ(外伝)作品ながらも『エピソード3/シスの復讐』本編に繋がる多くの伏線を描いた重要なエピソードがクローン大戦を中心に描かれる。 (Wikipedia:スター・ウォーズ クローン大戦)

スター・ウォーズのスピンオフ一覧
スター・ウォーズのスピンオフ一覧(スター・ウォーズのスピンオフいちらん)は、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ(外伝)作品として展開される映画、アニメ、小説、コミック、ゲーム等をまとめたものである。 『スター・ウォーズ』シリーズの時代は、大きく分けると「古代共和国」⇒「旧共和国」⇒「帝国」⇒「新共和国」⇒「ニュー・ジェダイ・オーダー」の5つの時代に分けられる。それぞれに象徴的なロゴが存在する。 分類 映画やアニメなどの映像作品以外でも、小説、コミック、ゲームなどの多種多様な媒介を通じて、『スター・ウォーズ』シリーズの数多くのスピンオフ(外伝)作品が発表されてきた。 スピンオフ作品群には、映画で描かれなかった空白期間を補完する、主要実写映画シリーズとの整合性の下で制作された作品も数多くあるものの、『スター・ウォーズ』シリーズの製作総指揮であったジョージ・ルーカス自身、他の作家によるスピンオフ作品の制作に寛容であったこともあり、中には主要実写映画シリーズ、及びスピンオフ作品間でも整合性が取られていない独創性の高い作品も多かった。 (Wikipedia:スター・ウォーズのスピンオフ一覧)

スター・ウォーズ バトルフロント
Dev パンデミックスタジオルーカスアーツ
Pub エレクトロニック・アーツ
Date 【北米】2004年9月21日【日本】2004年10月7日2005年10月13日(BEST版)
Genre アクション・シューティング
Play 1-2人(ネットワーク時最大16人)
Plat PS2、Xbox、Win
Media DVD-ROM
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: 12歳以上対象
Device BBユニット対応、USBヘッドセット対応
『スター・ウォーズ バトルフロント』 (STAR WARS BATTLEFRONT)は北アメリカで制作されたコンピューターゲーム。「バトルフロント」つまり最前線で敵に立ち向かう勇敢な兵士たちをリアルに再現するという崇高な理念のもとで開発された。翻訳され日本でも販売されている。開発はパンデミックスタジオとルーカスアーツ、販売はエレクトロニック・アーツ。映画スター・ウォーズシリーズを題材にした3人称視点のアクション・シューティング(TPS/FPS、デフォルトは3人称視点だが、ゲーム・オプションで1人称視点への切り替えも可能)。
(Wikipedia:スター・ウォーズ バトルフロント)

スター・ウォーズ バトルフロントII
Title スター・ウォーズ バトルフロントII
Dev ルーカスアーツ
Pub エレクトロニック・アーツ
Genre アクション・シューティング
Play PS21~2人(ネットワーク時最大24人)PSP1~4人(アドホック)
Plat プレイステーション2 PS2、プレイステーション・ポータブル PSP
Media PS2DVD-ROMPSPUMD
Rating コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO: 12歳以上対象ESRB: Teen (T)PEGI: 12+
Device PS2版ネットワークアダプタまたはBBユニット対応、USBヘッドセット対応
『スター・ウォーズ バトルフロントII』 (”STAR WARS BATTLEFRONT II”)はアメリカで制作されたコンピューターゲームで日本でも販売されている。開発はルーカスアーツ、販売はエレクトロニック・アーツ。スター・ウォーズを題材にした3人称視点のアクション・シューティング(TPS)。スター・ウォーズ バトルフロントの続編。
(Wikipedia:スター・ウォーズ バトルフロントII)

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望)

スター・ウォーズ/新たなる希望
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より : 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(スター・ウォーズ エピソードフォー/あたらなるきぼう、原題:STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE)は、1977年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第1作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード4』に当たる。 公開当初、タイトルは主題の『スター・ウォーズ』のみで、副題の『エピソード4/新たなる希望』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 当初のタイトルは『スター・ウォーズ』のみだった。「新たなる希望」という副題は1976年の脚本の最終稿に見えていたが、公式に付けられたのは1980年の『帝国の逆襲』公開前のリバイバル上映からで、オープニング・クロールに加えられるようになったのはVHS版からであった。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/新たなる希望)

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還)

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/ジェダイの帰還)

スター・ウォーズ ジェダイの復讐
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ ジェダイの復讐)

スター・ウォーズ/ジェダイの復讐
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より : 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(スター・ウォーズ エピソードシックス/ジェダイのきかん、原題:STAR WARS EPISODE VI RETURN OF THE JEDI)は、1983年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第3作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード6』に当たる。 公開当初、日本では副題が『ジェダイの復讐』(ジェダイのふくしゅう)で、1997年の《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、2004年のDVD版の発売に合わせて原題の正しい訳である『ジェダイの帰還』に訂正された。また『エピソード6』もタイトルに付いていなかったが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから副題として追加された。 1997年の《特別篇》公開、2004年のDVD版の発売、2011年のブルーレイ版の発売に際し、その都度最新のCG技術などを用いて一部内容の修正・変更が行われている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/ジェダイの復讐)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(スター・ウォーズ エピソードスリー/シスのふくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE III: REVENGE OF THE SITH)は、2005年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第6作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード3』に当たる。 アナキンがダークサイドに堕ちてしまう悲劇を描き、ダース・ベイダーと銀河帝国の誕生が主要なテーマとなっている。またアナキン三部作(『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『本作』)とルーク・スカイウォーカー三部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』)を繋ぐ重要な物語でもある。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐)

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲)

スター・ウォーズ 帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より : 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ 帝国の逆襲)

スター・ウォーズ/帝国の逆襲
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より : 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(スター・ウォーズ エピソードファイブ/ていこくのぎゃくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE V:THE EMPIRE STRIKES BACK)は、1980年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第2作品目。シリーズ主要9部作の中では、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード5』に当たる。 公開当初、タイトルは『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、『エピソード5』は付いていなかった。だが、後年本作の大ヒットによりシリーズ化が決定してから、現在のタイトルに変更された。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDでは、さらに変更が加えられている。 1980年公開時の世界共通ポスターのイラストは、日本人の生頼範義が担当した。 ストーリー 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。 (Wikipedia:スター・ウォーズ/帝国の逆襲)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(スター・ウォーズ エピソードワン/ファントム・メナス、原題:STAR WARS EPISODE I: THE PHANTOM MENACE)は、1999年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第4作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第1章『エピソード1』に当たる。 副題の『ファントム・メナス』は日本語に訳すると「見えざる脅威」を意味し、歴史の裏で暗躍するシスの暗黒卿ダース・シディアスのことを指している。 2012年にはデジタル3D版が公開された。 前作『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から16年振りに製作された。 本シリーズの劇中の時系列では第1章であり、ルーク・スカイウォーカー3部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』)で主要な敵役となるダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を中心に描いた内容となっている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス)

スター・ウォーズ惑星一覧
スター・ウォーズ惑星一覧(スター・ウォーズわくせいいちらん)は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の惑星及び衛星の一覧である。 作品中、舞台になった天体 映画の舞台になった天体 ナブー(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『ジェダイの帰還(復讐)』) タトゥイーン(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『新たなる希望』『ジェダイの帰還(復讐)』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、小説『タトゥイーン・ゴースト』) デス・スター(宇宙ステーション・宇宙要塞) (『シスの復讐』『新たなる希望』) 第2デス・スター(宇宙ステーション・宇宙要塞)(『ジェダイの帰還(復讐)』) コルサント(Coruscant)(『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『ジェダイの帰還(復讐)』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』、小説『偽りの仮面』『闇の狩人』『陥落』『魔都潜入』『反逆者』) スター・ウォーズ世界の銀河系のほぼ中心に位置し、1000世代にわたって銀河の政治的中枢として栄えており、少なくともヤヴィンの戦いの10万年前には都市が築かれていたことが確認されている。 (Wikipedia:スター・ウォーズ惑星一覧)

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(スター・ウォーズ エピソードツー/クローンのこうげき、原題:STAR WARS EPISODE II: ATTACK OF THE CLONES)は、2002年に公開されたアメリカ映画。 SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第5作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の第2章『エピソード2』に当たる。 アナキンの苦悩や、パドメ・アミダラとの禁じられた恋愛、そして『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でオビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーの会話に登場した「クローン大戦」の開戦の発端が主要なテーマとなっている。 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と同じく、3部作の中間ということで、物語は途中のまま終了する。 この作品からヨーダも完全CGIで表現されるようになった。また長編映画では初めて、全編HD24Pによるデジタル撮影が行われた。このため、生身の人間が出演するシーンは全て、グリーンバック合成が行われた。 (Wikipedia:スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃)

スター・ウォーズ・キッド
スター・ウォーズ・キッド(Star Wars kid/Ghyslain Raza)は1988年生まれカナダ出身のある少年に付いたあだ名。2003年5月、少年の自分自身を録画したビデオクリップは予期せずオンラインに流出し、インターネット上の様々なコミュニティで「スター・ウォーズ・キッド」ないし「ジェダイ・キッド」として知られるようになった。この件で少年は不登校となったネットいじめの初期ケースである。少年に関するビデオはネット上で通算10億回以上再生されたという。 出来事 2002年11月4日、ゴルフボールの回収に用いる棒をあたかも映画『スター・ウォーズ』のキャラクターであるダース・モールのように振り回す自身の姿を、少年はビデオに撮影・録画した。彼にしてみれば、極めて私的な(おそらく、誰も気にしないだろうと考えての)悪戯だったのである。 ビデオは少年の通う高等学校の撮影室にて録画され、テープは数ヶ月間忘れ去られていた。2003年4月19日前後に、ビデオテープの元の持ち主が少年の録画した行為を発見し、数人の友人にそのことを話した。 (Wikipedia:スター・ウォーズ・キッド)

スター・ウォーズ計画
『戦略防衛構想』より : 戦略防衛構想(せんりゃくぼうえいこうそう、英語: Strategic Defense Initiative, SDI)とは、アメリカ合衆国がかつて構想した軍事計画。通称スターウォーズ計画。 衛星軌道上にミサイル衛星やレーザー衛星、早期警戒衛星などを配備、それらと地上の迎撃システムが連携して敵国の大陸間弾道弾を各飛翔段階で迎撃、撃墜し、アメリカ合衆国本土への被害を最小限に留めることを目的にした。通称は、これらの兵器を用いる事がスペースオペラ張りであるとして、映画『スター・ウォーズ』に擬えられたもの。 経緯 1980年代、核の均衡は相互確証破壊(MAD)に基づいていたが、アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンはこれをよしとしなかった。レーガンは、1983年3月23日夜の演説で、ソ連の脅威を強調すると共に、「アメリカや同盟国に届く前にミサイルを迎撃」し、「核兵器を時代遅れにする」手段の開発を呼びかけ、翌3月24日に開発を命じた。 (Wikipedia:スター・ウォーズ計画)


スター・ウォーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  高橋大輔 - 2018年07月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



高橋大輔
高橋 大輔(たかはし だいすけ) 高橋大輔 (フィギュアスケート選手) 高橋大輔 (シンガーソングライター) 高橋大輔 (サッカー選手) 高橋大輔 (アナウンサー) 高橋大輔 (探検家) 高橋大輔 (声優) 玉飛鳥大輔 (大相撲力士) の本名。 (Wikipedia:高橋大輔)

高橋大輔 (フィギュアスケート選手)
名前 高橋 大輔
ラテン文字 Daisuke TAKAHASHI
キャプション 2008年四大陸フィギュアスケート選手権 2008年四大陸選手権の表彰台にて
没年月日
出生地 岡山県倉敷市
身長 165 cm
体重 59 kg
コーチ 長光歌子 (1999- 現在)
元コーチ タチアナ・タラソワ林祐輔ニコライ・モロゾフ (2005-2008)『Cutting Edge 2008 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年12月、p.15服部直行 (1996-2000)『Cutting Edge 2007 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年1月、p.86
振付師 宮本賢二パスカーレ・カメレンゴ
元振付師 タチアナ・タラソワリー=アン・ミラー長光歌子ニコライ・モロゾフ
所属 関西大学
引退
合計 スコア 264.41
合計 年 2008年四大陸フィギュアスケート選手権 2008 四大陸選手権
(Wikipedia:高橋大輔 (フィギュアスケート選手))

高橋大輔 (サッカー選手)
高橋 大輔(たかはし だいすけ、1983年9月18日 - )は、福岡県八女市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。登録ポジションはミッドフィールダー。既婚。 プロサッカー選手の高橋祐太郎は実弟。 2006年、福岡大学から大分トリニータに加入。FWとして入団したがペリクレス・シャムスカ監督に右WBとして抜擢される。4月22日のJ1第9節・大宮アルディージャ戦でプロデビューを果たし、7月22日のJ1第14節・アルビレックス新潟戦では初得点を記録。2006年天皇杯でのザスパ草津戦にてハットトリックを達成した。 2007年シーズンは前年と同じ右WBというポジションながらチーム得点王、自己最高となるリーグ10得点(そのうち4得点はヴィッセル神戸戦で記録)を挙げるが、10月27日のJ1第30節鹿島アントラーズ戦(県立カシマスタジアム)で負傷、左ひざ内側側副じん帯を損傷し、全治2カ月と診断されシーズンを終えた。 (Wikipedia:高橋大輔 (サッカー選手))


高橋大輔 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  進撃の巨人 - 2018年07月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



進撃の巨人
『進撃の巨人』(しんげきのきょじん、Attack on Titan)は、諫山創による日本の漫画作品。小説・テレビアニメ・映画などのメディアミックス展開が行われている。『別冊少年マガジン』(講談社)2009年10月号(創刊号)から連載中であり、『週刊少年マガジン』(講談社)にも出張読み切りとして特別編が2度掲載されている。 単行本の発行部数は、2015年10月現在累計5000万部を突破している。 圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画。2009年9月9日に講談社の少年マガジン編集部から発行が開始された『別冊少年マガジン』10月号(創刊号)で連載を開始。新人作家の初連載作品であるにもかかわらず2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞するなど、各方面から高い評価を受けた。 本作の世界観はダーク・ファンタジー的な要素が強く、少年漫画としては残酷な描写も多く描かれている(人間達が巨人に襲撃・捕食されるシーンや、身体が損壊するシーンなど)。 (Wikipedia:進撃の巨人)

進撃の巨人の登場人物
進撃の巨人の登場人物(しんげきのきょじんのとうじょうじんぶつ)では、別冊少年マガジンで連載中の諫山創の漫画作品『進撃の巨人』とその派生作品(メディアミックス含む)の登場人物について記述する。 主要登場人物 エレン・イェーガー (Eren Yeager) 声 - 梶裕貴 / 演 - 三浦春馬 本作の主人公。15歳。身長170cm。体重63kg。誕生日は3月30日。強靭な精神力と非凡な行動力を持ち、壁の外の世界に憧れを持つ。 ウォール・マリア南端より突出したシガンシナ区出身。845年の巨人侵攻によって目の前で母親が巨人に殺される。それ以来「巨人の駆逐」を行動原理としており、調査兵団に入団した。 猪突猛進な言動が多く、他者の指示に従わない。同期からは「死に急ぎ野郎」と揶揄されることもあった。 徒手格闘術に優れ、訓練兵時代はミカサに次ぐ対人格闘成績を修めていた。強い目的意識のもと他の科目でも努力を重ね、第104期訓練兵団を5番で卒業する。 ウォール・ローゼ南部のトロスト区攻防戦の際には、アルミンを助けようとして巨人に捕食されるが、巨人の胃袋の中で怒りを爆発させ、それまで本人も知ることのなかった巨人化能力が覚醒する。 (Wikipedia:進撃の巨人の登場人物)

進撃の巨人 (アニメ)
『進撃の巨人』(しんげきのきょじん、Attack on Titan)は、WIT STUDIO制作による日本のアニメ作品。諫山創による同名の漫画を原作としている。2013年4月から9月まで第1期が放送され、2016年に第2期が放送予定。 2013年4月から9月までMBSほかにて第1期が放送された。概略年表における850年のストヘス区でのアニ身柄拘束作戦の完了までを、第13話と第14話の間に総集編の第13.5話を挟んだ全26回で描いている。原作者の諫山創は、テレビアニメ版の第1話を視聴して完成度の高さから「原作はアニメの方、僕は絵の描けないコミカライズ担当という感じ」との趣旨の発言をしている。 また、原作単行本収録のOADが5話制作された。なお、『週刊少年マガジン』に出張読み切り掲載された作品であり原作の前日譚を描いた特別編「イルゼの手帳」は、当初原作単行本第11巻限定版に収録される予定だったが、テレビアニメ版の制作遅延の影響を受けて第12巻限定版へ延期され、2014年9月28日にMBS発・TBS系列の『日5』枠にて全国ネット放送された。 (Wikipedia:進撃の巨人 (アニメ))


進撃の巨人 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ITmedia - 2018年07月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ITmedia
ITmedia(アイティメディア)は、ソフトバンクグループ傘下のアイティメディア株式会社(英文名称:ITmedia Inc.)が運営するIT系ニュースサイトである。ソフトバンクグループ子会社で出版・ブロードバンドコンテンツ等のメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社「SBメディアホールディングス株式会社」の傘下に有る。 1997年、当時ソフトバンク傘下だった米Ziff DavisのIT系ニュースサイト「ZDNet」の日本語版「ZDNet JAPAN」としてスタート。2004年、ソフトバンクによるZiff Davisの出版部門のCNETへの売却にともない「ITmedia」に名称変更された。これによりZDNet JAPANは消滅したが、2005年にCNETの日本法人が復活。現在は朝日インタラクティブによって運営されている。 運営会社もソフトバンク出版事業部(その後ソフトバンクパブリッシングを経て現在のソフトバンククリエイティブ)の一部門として開始、1999年に「ソフトバンク・ジーディーネット」として分社設立、2004年にサイト名称変更とともに社名も「ソフトバンク・アイティメディア」となった。 (Wikipedia:ITmedia)


ITmedia - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す