[PR]

日別キーワード

第1位  プロキオンステークス - 2018年07月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



プロキオンステークス
プロキオンステークスは、日本中央競馬会 (JRA) が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「プロキオン(Procyon)」は、こいぬ座のアルファ星。シリウス・ベテルギウスとともに「冬の大三角」を形作る恒星。 正賞は地方競馬全国協会理事長賞。 1996年に中央競馬のダート重賞路線整備の一環として、5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走として新設され、阪神競馬場のダート1400mで第1回が施行された。 1999年までは桜花賞の翌週に行われていたが、2000年から夏季開催に移行。あわせて、出走資格も4歳(現3歳)以上に変更された。創設当初より外国産馬の出走が認められているほか、中央競馬指定交流競走として地方競馬所属馬も出走が可能。2005年からは国際競走に指定され、外国馬も出走可能になった。 2012年の番組改定に伴い、施行場を中京競馬場のダート1400mに変更した。またこの年のみ、東海テレビ放送から優勝杯の提供を受け「東海テレビ杯 プロキオンステークス」の競走名で施行。 (Wikipedia:プロキオンステークス)


プロキオンステークス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  笑点 - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



笑点
『笑点』(しょうてん)は、日本テレビ系列で1966年5月15日から毎週日曜日夕方に放送されている演芸バラエティ番組である。 1966年(昭和41年)5月15日に『金曜夜席』を受け継ぐ形で放送がスタート。 放送開始当時はまだカラーテレビの普及率が1%にも満たない時代であったが、第1回から一貫してカラーで放送されている。 収録は後楽園ホールで隔週土曜日の昼間に行われる(1回で2 - 3週分収録する)。また年に数回(基本的には4回)、ネット局の開局記念イベントなどで地方収録が行われる。なお番組で放送されるのは、収録から8日後と15日後の日曜日となることが主である(年末進行や地方収録などのスケジュールの関係で貯め撮り収録し、それが翌日から1か月以上先の放送になることもある)。 視聴率は、基本的には18%以上、時には22%以上(関東地区)を記録する人気番組で、週間バラエティ番組部門における視聴率も1位を記録することがある。年配の視聴者が多いため、かつては大相撲中継がある場合には視聴率が15%程度まで落ちこむ場合も多かったが、近年はあまり影響を受けていない。 (Wikipedia:笑点)

笑点の大喜利
このページでは、日本テレビの『金曜夜席』及び『笑点』の大喜利コーナーについて記載。 本項では、BS日テレの『BS笑点』と日テレプラスの『笑点Jr.』の大喜利コーナーについても記載する。 大喜利は通常、演芸の後に行われるが、時々演芸内でも日本テレビのアナウンサー6名による「アナウンサー大喜利」を行うことがある。その際は大喜利メンバーが司会や座布団運びを務める。最近では司会が6代目三遊亭圓楽と三遊亭小遊三で、座布団運びが春風亭昇太と林家たい平が務める。 初代司会の立川談志から3代目司会の三波伸介まではCMが終わって画面が切り替わった時点で既にメンバー全員が板付きでの挨拶状態だったが、4代目司会の5代目圓楽以降は笑点のオープニング曲に合わせて、上手からメンバーが登場するようになった(現在では、小遊三→好楽→木久扇→昇太→6代目圓楽→たい平→山田隆夫の順に登場する)。 (Wikipedia:笑点の大喜利)

笑点 大博覧会 DVD-BOX
笑点大博覧会DVD-BOX(しょうてんだいはくらんかいでぃーぶいでぃーぼっくす)は、『笑点』40周年記念として2005年(平成17年)11月23日に発売されたDVD。発売元はバップ。 『笑点』40年の歴史を5巻に分けて収録してある。 出演者 進行役 5代目三遊亭圓楽 桂歌丸 林家木久蔵(現:林家木久扇) 三遊亭好楽 三遊亭小遊三 三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽) 林家たい平 山田隆夫 ナレーター 石塚運昇 各巻概要 収録されている大喜利は大幅な編集がなされているものが多く、一部の答えや挨拶部分等がカットされているものが見受けられる。 (Wikipedia:笑点 大博覧会 DVD-BOX)

笑点Jr.
笑点Jr.(しょうてんじゅにあ)は、CS放送日テレプラスで2007年4月22日から2011年3月13日まで毎月第2日曜日夕方に放送していた寄席風の演芸バラエティ番組。日本テレビの長寿番組『笑点』の兄弟番組である。 2007年(平成19年)4月22日に『BS笑点』を受け継ぐ形で放送がスタート。 テーマ音楽(作曲:中村八大)のアレンジと演奏はスクービードゥーが担当。 収録は横浜にぎわい座で毎月中旬もしくは下旬の夕方に行われていた(1回で1本分収録する。当初は本家『笑点』のように1回で2本分収録していた)。 放送製作著作は日テレで、日テレプラス(正式にはシーエス日本)は制作協力の扱い。 2009年(平成21年)10月から番組内容がリニューアルされ、今までの5コーナーに、新コーナーとして「お題の名人」「落語家への道」「演芸」が追加された。 2010年(平成22年)4月からは月1回、原則第2日曜日(時間帯は同じ)の放送になった(その他の日曜日は単発番組を放送)。 (Wikipedia:笑点Jr.)

笑点 特大号
笑点 特大号(しょうてんとくだいごう)は、BS日テレで毎週水曜日夜に放送されている寄席風の演芸バラエティ番組。日本テレビの長寿番組『笑点』のスピンオフ番組である。 2013年4月3日に放送がスタート。日本テレビで放送されている演芸番組『笑点』から2013年3月24日以降の放送分(『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』での「チャリティー大喜利」、正月特番など通算の放送回数に含まれない回、30分間のスペシャル大喜利を放送した回を除く)の「演芸」と「大喜利」のディレクターズ・カット版を放送するほか、当番組用に撮影された「演芸」、「大喜利」、大喜利メンバーによるロケなどを「完全新作」として放送している。 (Wikipedia:笑点 特大号)


笑点 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  はねバド! - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした




はねバド! - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  Pokémon GO - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした




Pokémon GO - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  マイネル - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



マイネルレコルト
マイネルレコルトは日本の元競走馬。2004年に中央競馬のGI朝日杯フューチュリティステークスを制した。主戦騎手は後藤浩輝。馬名は冠名の「マイネル」と、収穫を意味するフランス語の「レコルト」に由来する。 戦績 2004年6月20日の福島競馬第5競走の2歳新馬戦でデビュー。芝1200mを1分8秒8という2歳コースレコードタイムをマーク。続くオープン競走のダリア賞(8月14日)も制し、重賞の新潟2歳ステークス(9月5日)にも優勝した。ちなみにこの時の2着が後にGI阪神ジュベナイルフィリーズを勝利したショウナンパントルで、3着はGIII東京スポーツ杯2歳ステークスの優勝馬スムースバリトン、4着はGIIIフェアリーステークスを制したフェリシア、さらに5着のアイルラヴァゲインはオーシャンステークス (GIII) 優勝、6着インティライミは京都新聞杯・京都大賞典(ともにGII)優勝と、活躍馬が多く出たレースでもあった。 (Wikipedia:マイネルレコルト)

マイネルラヴ
マイネルラヴは日本の競走馬・種牡馬。1990年代後半に中央競馬で短距離からマイル戦にかけて活躍した外国産馬。キーンランドジュライセールで375,000ドルで落札された。ラフィアンターフマンクラブでは1996年の第2次募集で募集されたが、高額な価格設定からか満口には至らなかった。募集価格は7000万円(35万円×200口)である。 戦績 馬齢はデビュー当時の年齢表記にあわせて旧年齢表記とする。 3歳 1997年夏の函館競馬でデビュー。この馬が出ることで出走馬が集まらず、レース不成立が危ぶまれた。しかし、最終的には5頭立てとなりレース不成立を免れた。レースではスタートで出遅れたものの、性能の違いで直線では5馬身差をつけ、単勝1.1倍の圧倒的1番人気に応え勝利した。 ソエのため休養し、秋の東京競馬で復帰。初戦のプラタナス賞では苦手なダートの上に出遅れもあって2着に敗れるが、中1週で挑んだ百日草特別では単勝1.2倍の圧倒的1番人気に応え2勝目を挙げた。 (Wikipedia:マイネルラヴ)

マイネルマックス
マイネルマックスは日本の競走馬、種牡馬。1996年JRA賞最優秀3歳牡馬。ラフィアンターフマンクラブにおける募集価格は3500万円(35万×100口)。1995年の2歳市場で2150万で購買されている。 戦績 馬齢は当時の年齢表記に合わせ、旧年齢表記とする。 3歳 1996年の8月にデビュー。初戦の新馬戦こそ3着に敗れるもののその後折り返しの新馬戦を快勝した後、函館3歳ステークス、京成杯3歳ステークスと重賞を連勝。続く朝日杯3歳ステークスには「ノーザンテースト最後の大物」と騒がれた2戦2勝のクリスザブレイヴが出走してきて話題となった。レースは前半800Mが45秒2の超ハイペースとなり逃げたアサカホマレが早々と失速、替わって4コーナーで抜け出したオープニングテーマが粘り通す中、ゴール前で差し切り勝利。4連勝を飾るとともに鞍上の佐藤哲三騎手、馬主のサラブレッドクラブ・ラフィアンにとって初のGI制覇となった。この勝利が決め手となり、同年のJRA賞最優秀3歳牡馬(旧称。現・JRA賞最優秀2歳牡馬)に輝いた。 4歳 翌1997年はスプリングステークスからの始動が予定されていたが、熱発のために同競走及び皐月賞を回避。 (Wikipedia:マイネルマックス)

マイネルエクソン
名 マイネルエクソン
画 画像:Meinelexon.jpg 240px
説 2003年7月9日園田競馬場にて、菊水賞
性 牡馬 牡
色 馬の毛色#栗毛 栗毛
種 サラブレッド
生 2000年2月25日
父 スキップアウェイ Skip Away
母 Degenerate Gal
産 Ronald W.McDnald
国 アメリカ合衆国
主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン→(組)ジェントルマンホースクラブ
調 田村康仁(JRA・美浦トレーニングセンター 美浦)→寺嶋正勝(園田競馬場 兵庫)
績 46戦4勝
金 2512,7万円
マイネルエクソンは日本の競走馬である。兵庫県競馬組合・寺嶋正勝厩舎所属。
しかし、デビュー戦となった札幌の新馬は5番人気で11着。折り返しの未勝利戦も7着。1番人気に押された福島の未勝利でも惨敗するなど、8戦未勝利のままJRAの登録が抹消され、兵庫県に移籍した。
(Wikipedia:マイネルエクソン)

マイネルラクリマ
マイネルラクリマは日本の競走馬。馬名の由来は冠名にイタリア語で涙。おもな勝ち鞍は2012年京都金杯、2013年七夕賞、2014年オールカマー。 2歳(2010年) デビューは6月26日の函館競馬場の芝1200m戦で4番人気ながらにデビュー戦を勝利で飾った。2戦目は新潟のダリア賞に出走し、3着に敗れたものの、新潟2歳ステークスは10番人気ながら先行粘り切って2着に健闘する。ちなみに1着のマイネイサベルはラクリマと同じサラブレッドクラブ・ラフィアンの所有馬で同じ馬主による1,2着となった。その後東京スポーツ杯2歳ステークスは4着、朝日杯フューチュリティステークスは6着だった。 3歳(2011年) 初戦はNHKマイルカップで16番人気だったが後方から追い込み6着に入った。その後関西へ遠征し京都の白百合ステークスに出走。先行粘り込み2勝目を飾った。東日本大震災の影響で中山開催となったラジオNIKKEI賞はフレールジャックに差されて2着に惜敗した。 (Wikipedia:マイネルラクリマ)

マイネルセレクト
『』より : マイネルセレクトは日本の競走馬。現役時代は脚部不安で終始順調さを欠いたが、ダートの短距離で無類の強さを発揮した。引退後は種牡馬となっている。 ハギノトップレディの孫にあたり、いわゆる「華麗なる一族」がひさびさに送り出したGIホースとして注目を集めた。 戦績 2001年 2001年10月28日、福島競馬のダート1000メートルの新馬戦でデビューした。スタートで後手を踏んだが2着に6馬身差をつけ、単勝オッズ1.3倍の圧倒的1番人気に応え勝利した。 続く2戦目の福島2歳ステークスでは2番人気に支持されるも、状態の悪い芝コースの内側を走らされ、最後の直線で伸びずに4着に敗れる。このあとはダート路線に専念することとなる。 3戦目はポインセチア賞であったが、最後の直線で無難に抜け出し2勝目を挙げた。4戦目のシクラメンステークスではハナ差の2着となった。結局、2歳時は4戦2勝で終えた。このあと骨折し、長期休養を余儀なくされる。 2002年 長期休養後、3歳時の秋に復帰した。武豊が2戦にわたり騎乗し、初戦の1000万円以下条件戦では2着に敗れたが、2戦目の1000万円以下条件戦は1番人気に応え勝利する。 (Wikipedia:マイネルセレクト)


マイネル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す