[PR]

日別キーワード

第1位  大岡越前 - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



大岡越前
大岡越前(おおおかえちぜん) 大岡忠相の通称。越前守と称したことによる。 大岡越前 - 吉川英治が、「日光」1948(昭和23)年9月〜1949(昭和24)年12月まで連載した小説。 青空文庫「大岡越前」(吉川英治) 大岡越前 (テレビドラマ) - TBS系列の『ナショナル劇場』で放送された加藤剛主演の時代劇。 炎の奉行 大岡越前守 - 1997年1月2日にテレビ東京系列で放送された12時間超ワイドドラマ。 名奉行! 大岡越前 - テレビ朝日系列で放送された北大路欣也主演の時代劇。 大岡越前 (2013年のテレビドラマ) - NHK BSプレミアムで放送されている東山紀之主演の時代劇。TBS版のリメイク。 (Wikipedia:大岡越前)

大岡越前 (TBSドラマ)
『大岡越前』(おおおかえちぜん)は、1970年 - 1999年までにTBSテレビ TBS系の『ナショナル劇場(現・パナソニック ドラマシアター)』で月曜20時から20時54分に放送された、加藤剛扮する江戸南町奉行大岡忠相を主人公とした日本の時代劇のタイトル。制作はC.A.L。題名は公募によって決められ、6万余の回答の中から決まった。水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター) 水戸黄門、江戸を斬ると交互に放送され、約30年の間月曜20時を支えたTBSの看板番組である。現在でもTBS系列各局(一部地域を除く)やCS放送TBSチャンネルで再放送されている。また、2006年3月20日には最終回にあたる2時間スペシャルも放送された。全シリーズ一貫して大岡忠相を加藤剛が演じた(全402話+スペシャル1話)。
(Wikipedia:大岡越前 (TBSドラマ))

大岡越前テレビ朝日版
『名奉行! 大岡越前』より : 『名奉行! 大岡越前』(めいぶぎょう おおおかえちぜん)は、テレビ朝日系列で放送されていた日本の時代劇である。北大路欣也扮する江戸町奉行大岡越前守忠相が主人公。 第1シリーズは、2005年4月18日より6月20日まで毎週月曜日19:00 - 19:55に、「月曜時代劇」枠で放送(タイトルは『名奉行 大岡越前』)。 第2シリーズは、2006年4月18日より7月18日まで毎週火曜日19:00 - 19:55に、「火曜時代劇」枠で放送。 キャスト レギュラー 大岡越前守忠相 - 北大路欣也 香織 - 水橋貴己 池田大助 - 冨田翔 与平 - 奥村公延 笹倉采女 - 金田明夫 おりん - 涼風真世 岡村源八郎 - 安藤一夫(第2シリーズから。安藤は第1シリーズ第七話にも罪人役で出演している) ナレーション - 橋爪功 ゲスト = 第1シリーズ = 第一話 「白子屋お駒」 お駒 - 中島ひろ子 お常 - 相本久美子 庄三郎 - 中山仁 横山玄柳 - 石田太郎 村瀬清一郎 - 山田辰夫 第二話 「小問物屋彦兵衛一件」 小夜 - 末永遥 彦兵衛 - 中西良太 京之介 - 榊英雄 第三話 「村井長庵一件」 村井長庵 - 石丸謙二郎 お光 - 山下容莉枝 第四話 「雲切仁左衛門之記」 越前屋 - 中原丈雄 佐太郎 - 松澤一之 定吉 - 遠藤憲一 第五話 「直助 権兵衛の一件」 権兵衛 - 大高洋夫 お照 - 遊井亮子 お雪 - 小向美奈子 刺青の女 - 飯沢もも 第六話 「料亭『佳月』の女」 おうら - 山口果林 おせい - 矢沢心 幸太郎 - 草野康太 第七話 「昔の女・閻魔堂一件」 お涼 - 池上季実子 房吉 - 上條誠 お久美 - 桜川博子 第八話 「お袖という女」 お袖 - 喜多嶋舞 間宮慎三郎 - 丹羽貞仁 巳之吉 - デビット伊東 上岡兵庫 - 樋浦勉 佐久間能登守 - 津村鷹志 第九話 「御落胤騒動一件」 お葉 - 大路恵美 幸吉 - 小林高鹿 正太 - 小林翼 お眉の方 - 濱田万葉 最終話 「油問屋山崎屋の一件」 安藤対馬守 - 長門裕之 新次 - 平野貴大 吉太郎 - 倉田てつを 岡野格之進 - 上杉祥三 辰造 - 菅田俊 寺社奉行 - 藤田宗久 = 第2シリーズ = 第一話 「あの名裁きが帰ってきた!五つの顔を持つ女…涙の逆転お白州」 記憶喪失の女(お澄、お君、お園、おちか) - 三浦理恵子 五郎蔵 - 中丸新将 おまさ - 和泉ちぬ 新吉 - 酒井一圭 喜助 - 六角慎司 田島隼人 - 長江英和 第二話 「男涙の夢裁き!人質、下手人、身代金が全て消えた!?」 源助 - 竜雷太 お幸 - 東てる美 平吉 - 小林健 善助 - 市川勇 お咲 - 秋山莉奈 篠原和馬 - 川岡大次郎 第三話 「仇を追って40年…男と女、愛と憎しみのお白州!」 宮部波津 - 池内淳子 浦沢源之助 - 川津祐介 諏訪屋左兵衛 - 佐野浅夫 宮部市之丞 - 福本清三 第四話 「死罪を告げられた越前!? 北町vs南町、哀しき女の嘘」 おしま - 奥山佳恵 鳴海太一郎 - 天宮良 山際但馬守 - 有川博 小倉和馬 - 加賀健治 房吉 - 香川耕二 田崎 - 伊集院八朗 第五話 「殺しを予告する浮世絵!強欲の女と連続殺人の怪!」 川喜多俊斉 - 橋爪淳 尾島 - 辻沢杏子 備後屋長左衛門 - 鶴田忍 瀬川銀之丞 - 岡本竜汰 正吉 - 石川伸一郎 三之助 - 佐渡稔 第六話 「辻斬り浪人の賭け!せつない恋とおしどりの秘密…」 柴田利一郎 - 高橋和也 藻世 - 小西美帆 佐竹宗次郎 - 吉田智則 蛯沢助左衛門 - 小沢象 第七話 「殺人犯に母の面影を見た娘…!父が裁く涙のお白州」 おふじ - 浅茅陽子 弥助 - 橋本さとし 第八話 「お白州に現れた幽霊!? 夫を裏切った女の天国と地獄」 お京 - 前田愛 今岡軍兵衛 - 春田純一 お紺 - 大家由祐子 源三 - 草川祐馬 紋次 - 宮下直紀 松井弥十郎 - 大谷亮介 お駒 - メイサツキ 第九話 「盗賊を裏切った女!! 男が心意気を賭けた白州と母心」 おもん - 多岐川裕美 巽の政五郎 - 西田健 弥助 - 井上高志 新太郎 - 谷野欧太 結城屋又兵衛 - 丸岡奨詞 最終話 「襲撃された越前!! 涙の父娘…命を賭けた最後の白州」 佐兵衛(安藤対馬守) - 長門裕之 おふさ - 遠野凪子 スタッフ 第1シリーズ 脚本 - ちゃき克彰、藤井邦夫、田上雄、大原久澄、いずみ玲 音楽 - 渡辺俊幸 監督 - 橋本一、藤岡浩二郎、齊藤光正、杉村六郎 プロデューサー - 田中芳之(テレビ朝日)、加藤貢(東映)、横塚孝弘(東映) 製作 - テレビ朝日、東映 第2シリーズ 脚本 - ちゃき克彰、藤井邦夫、田上雄、大原久澄、いずみ玲、高野香織 音楽 - 渡辺俊幸 監督 - 橋本一、藤岡浩二郎、山下智彦、苫米地祥宏 プロデューサー - 田中芳之(テレビ朝日)、加藤貢(東映)、横塚孝弘(東映) 製作 - テレビ朝日、東映 主題歌 加藤登紀子「今があしたと出逢う時」 作詞・作曲:加藤登紀子 アルバム『今があしたと出逢う時』(UICZ-4105)に収録。 (Wikipedia:大岡越前テレビ朝日版)

大岡越前祭
大岡越前祭(おおおかえちぜんさい)は、神奈川県茅ヶ崎市で行なわれる祭り。 解説 毎年4月中旬の土曜と日曜の2日間(但し統一地方選挙の年は4月30日、又は5月4日)に、大岡忠相の遺徳を偲んで行なわれる。 土曜日は大岡家累代の菩提寺である浄見寺で盛大な墓前法要と地元住民による地元まつりが実施され、日曜日は茅ヶ崎駅周辺を行列(バトンガール、鼓笛隊、木遣り、稚児行列、手古舞、越前行列、御輿)がパレードをする。 起源 大岡氏は、相模国高座郡堤村(神奈川県茅ヶ崎市堤)を治めていた一族であり、、宝暦元年(1751年)の大岡氏の第5代当主大岡忠相の死後、1911年(明治44年)に従四位が贈られ、翌年の1912年(大正元年)11月19日に浄見寺境内の忠相の墓前で、贈位祭が行なわれた。これが大岡祭の始まりである。 その後は関東大震災や、戦争等で一時的に中断していたが、1956年(昭和31年)に大岡越前祭と改称して再開した。 関連項目 浄見寺 大岡忠相 大岡氏 外部リンク 大岡越前祭。 (Wikipedia:大岡越前祭)


大岡越前 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

大岡越前 - アマゾン検索


「大岡越前」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す