[PR]

日別キーワード

第5位  気象庁 - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



気象庁
気象庁(きしょうちょう、英語:Japan Meteorological Agency、略称:JMA)は、国土交通省の外局である。気象業務の健全な発達を図ることを任務とする(国土交通省設置法第46条)。 気象業務の健全な発達を図るため、国土交通省設置法第47条は同法第4条に列記された所掌事務のうち、気象庁が分掌する事務として計9号を規定している。具体的には以下に関することなどがある。 宇宙の開発に関する大規模な技術開発であって、気象業務に係るもの(第16号) 気象業務に関する基本的な計画の作成及び推進(第119号) 気象、地象(地震にあっては、発生した断層運動による地震動に限る。)及び水象の予報及び警報並びに気象通信(第120号) 気象、地象、地動、地球磁気、地球電気及び水象並びにこれらに関連する輻射に関する観測並びに気象、地象及び水象に関する情報(第121号) 気象測器その他の測器(第122号) 気象業務に関連する技術に関する研究及び開発並びにこれらの助成並びに気象業務に関連する技術に関する指導及び普及(第124号)気象庁の行う気象業務(上記所掌事務とほぼ一致)は、気象業務法のもとで行われており、同法で「気象」「地象」「水象」「観測」「予報」などの概念の意味内容が確定されている。 (Wikipedia:気象庁)

気象庁風力階級
『風力』より : ビューフォート風力階級(ビューフォートふうりょくかいきゅう、英: (the) Beaufort scale)は、風力(風の強さ)を、風速によりいくつかの階級に分けたスケールである。 イギリス海軍提督のフランシス・ボーフォートが1806年に提唱した。ボーフォートは風力を0から12までの13段階で表し、それに対応した海上の様相についての表を作成した。その後、より客観的な風速と風力階級も対応付けられた。 この風力階級表は1964年に世界気象機関の風力の標準的な表現法として採択され、現在ではビューフォート風力階級といえば通常はこの世界気象機関で採択された風力階級表を指す。日本の気象庁の採用している気象庁風力階級はこのビューフォート風力階級を翻訳したもので内容は同一のものである。 ビューフォート風力階級表 日本では風力は「風力5」のように数字で表し、「疾風」のような名称は公式には使用しない。また、風速には相当風速(開けた平らな土地で地上10mの高さでの10分間の平均風速)を用いる。 (Wikipedia:気象庁風力階級)

気象庁地磁気観測所
気象庁地磁気観測所(きしょうちょうちじきかんそくじょ)は茨城県石岡市柿岡にある気象庁に所属する施設等機関である。 地球磁気・地球電気に関する観測および調査を行う機関である。茨城県石岡市柿岡のほか、北海道網走郡大空町に女満別観測施設、鹿児島県鹿屋市に鹿屋観測施設、東京都小笠原村父島に無人の常時観測点を置く。柿岡以外は無人で観測を行っている。 1883年:前年からの第1回国際極年観測に協力するため、内務省地理局と工部省電信局により東京府東京市赤坂区今井町(現・東京都港区赤坂)に臨時観測所として開設。 1897年:麹町区(現・千代田区)代官町に開設された中央気象台(現・気象庁)構内に移転し本格的観測を開始。 1913年:茨城県柿岡町に移転。 1932年:第2回国際極年観測に参加。樺太豊原市(現・ユジノサハリンスク)に豊原地磁気観測所を開設。 1946年:豊原地磁気観測所を廃止し、北海道空知郡南富良野村(現・南富良野町)に幾寅地磁気観測所を開設。 (Wikipedia:気象庁地磁気観測所)

気象庁精密地震観測室
座標: 北緯36度32分38秒 東経138度12分22秒 / 北緯36.54389度 東経138.20611度 / 36.54389; 138.20611 気象庁松代地震観測所(きしょうちょう まつしろじしんかんそくじょ、正式名称:気象庁地震火山部地震津波監視課松代地震観測所)は、長野県長野市松代町にある気象庁の地震観測所。舞鶴山(標高 510m)の南山麓の松代大本営跡を利用した、日本最大級の地震観測施設である。 海岸からの距離が遠く波浪の影響を受けない、大都市から距離があり生活振動の影響を受けにくい、安定した岩盤(閃緑ひん岩と黒色頁岩)があるなど高感度地震計の設置に適する立地を生かし、1947年に中央気象台松代分室が設置され地震観測が始まった。主要な地震計は、舞鶴山山頂下100mの松代大本営跡の地下坑道内に設置され、1965年8月3日から始まった松代群発地震で貴重なデータを採取するなど、日本における地震観測研究の中心的組織であった。 (Wikipedia:気象庁精密地震観測室)

気象庁震度階級
気象庁震度階級(きしょうちょうしんどかいきゅう)は、日本で使用されている独自の震度階級。地震の揺れの大きさを階級制で表す指標である。単に震度ともいう。主に気象庁が中心となって定めたもので、2012年時点で、4,300地点で観測が行われている。過去に基準や段階が変更されたこともあるが、現在は震度0から7まで(5と6にはそれぞれ強弱の2段階がある)の10段階設定されている。地震の規模を示すマグニチュードとは異なる。 震度階級の創設と改訂 日本で地震計による地震観測が始まったのは1872年(明治5年)であるが、その8年後の1884年(明治13年)、当時の内務省地理局第四部 験震課長を務めていた関谷清景が全18条からなる『地震報告心得』をまとめ、全国約600か所の郡役所から地震の情報収集を開始した。 (Wikipedia:気象庁震度階級)

気象庁 (韓国)
気象庁(きしょうちょう、”Korea Meteorological Administration”) は韓国科学技術処の下にある政府機関。役割は日本の気象庁とだいたい同じ。1990年12月に中央気象台から気象庁へと昇格した。
韓国の行政 きしようちよう
ko:대한민국 기상청
(Wikipedia:気象庁 (韓国))


気象庁 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

気象庁 - アマゾン検索


「気象庁」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す