[PR]

日別キーワード

第21位  ブリュッセル - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ブリュッセル
ブリュッセル(フランス語: Bruxelles [bʁysɛl] (13px 聞く)、オランダ語: Brussel [ˈbrʏsəɫ] (13px 聞く)、ドイツ語: Brüssel [ˈbʀʏsl]、英語: Brussels [ˈbɹʌs(ə)ɫ̩z])は、ベルギーの首都である。名称は「沼、湿地(bruoc、bruc、broek)」、「家(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(仏: Région de Bruxelles-Capitale、蘭: Brussels Hoofdstedelijk Gewest)を構成している。 人口116万人(2014年)。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリアと国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルド系グループ・ブリュッセル・ランバート本部とソフィナ本部まで抱える、欧州有数の世界都市である。 (Wikipedia:ブリュッセル)

ブリュッセル国際空港
ブリュッセル空港(蘭: Luchthaven Zaventem、仏: l'Aéroport de Bruxelles、英: Brussels Airport)、ブリュッセル国際空港(Brussels National Airport)またはザベンテム空港(Zaventem Airport)は、ベルギーの首都ブリュッセル近郊、フラームス=ブラバント州ザベンテムに位置する国際空港である。 1940年にナチス・ドイツ侵攻下のブリュッセルにおいて開港。ブリュッセル最大の空港であるこの空港は、ブリュッセル航空の本拠地であり、かつてのサベナ・ベルギー航空のハブであった。欧州連合の本拠が置かれている事や、位置的なことからヨーロッパ域内路線が多数運航されている他、歴史的つながりからアフリカへの便も多い。ベルギー空軍基地も隣接しており、ベルギーの政府専用機の本拠地でもある。 就航航空会社 アクセス 鉄道空港の地下にブリュッセル・ナショナル空港駅があり、ブリュッセル中央駅方面15~20分間隔でに運行されている。 (Wikipedia:ブリュッセル国際空港)

ブリュッセル条約
ブリュッセル条約(ブリュッセルじょうやく)あるいは合併条約(がっぺいじょうやく)は、1965年4月8日にブリュッセルで署名され1967年7月1日に発効した、ヨーロッパで発足していた3つの共同体(欧州石炭鉄鋼共同体・欧州経済共同体・欧州原子力共同体)の組織体制を統合する条約。正式名称は、「欧州諸共同体の単一の理事会および委員会を設立する条約」(仮訳)である。 これにより3つすべての共同体を共通の予算のもとで運営する機関として、欧州委員会と欧州共同体の理事会が設置された。この条約を現在の欧州連合の事実上の始まりとする見方もある。欧州共同体またはEC(European Communities)という用語はこのときから使われるようになった。 この内容は1997年に調印されたアムステルダム条約によって引き継がれ、本条約は失効した。 (Wikipedia:ブリュッセル条約)


ブリュッセル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ブリュッセル - アマゾン検索


「ブリュッセル」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す