[PR]

日別キーワード

第26位  霞が関 - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



霞が関
霞が関(かすみがせき)は、東京都千代田区の地名。現在の麹町は旧麹町区にあたる麹町地域内である。 地理 麹町地域の南西側に位置し、港区(赤坂、虎ノ門、西新橋)との区境にあたる。日本の行政機関の庁舎が建ち並んでいることで知られる。 奥州街道の関所として中世から東国の名所として広く知られており、1364年(貞治3年)の『新拾遺和歌集』にも「徒らに名をのみとめてあづま路の霞の関も春ぞくれぬる」として詠まれているが、これが現在の千代田区霞が関にあたるかどうかについては異論もあり、具体的には新宿区霞岳町、狭山市下広瀬、多摩市関戸などが候補として挙がっている。 江戸時代までは大名屋敷が並ぶ地域であった。明治時代に大火があり、跡地に外務省(旧福岡藩黒田家上屋敷)や海軍省、有栖川宮邸などが置かれたことをきっかけに、官公庁施設の集積地(正式には中央官衙地区(ちゅうおうかんがちく)または霞が関一団地の官公庁施設と呼ばれる)としての計画的な整備が進められ、官庁街になる。 (Wikipedia:霞が関)

霞が関ビル
『霞ヶ関ビルディング』より : 霞が関ビルディング(かすみがせきビルディング、略称:霞が関ビル)は、東京都千代田区霞が関三丁目にある地上36階、地下3階、地上高147mの超高層ビル(オフィス・商業複合施設)。所有者は三井不動産。 一般に日本最初の超高層ビルとして知られている。設計は山下寿郎設計事務所、施工は三井建設と鹿島建設による共同企業体(JV)、事業主体は三井不動産である。 東京倶楽部が経営していた旧・東京倶楽部ビル跡と霞会館(旧・華族会館)の敷地に建設され、1965年(昭和40年)3月18日に起工、1967年(昭和42年)4月18日に上棟し、1968年(昭和43年)4月12日にオープンした。耐震設計として鋼材を組み上げた柔構造を採用している。 当時の建築基準法により、31mという高さ制限(いわゆる百尺規制)があったため、当初は9階建てのビルの計画であったが、都市計画法改正(1961年)により導入された特定街区制度を利用して、超高層ビルへ計画変更された経緯がある。 (Wikipedia:霞が関ビル)

霞が関ビルディング
『霞ヶ関ビルディング』より : 霞が関ビルディング(かすみがせきビルディング、略称:霞が関ビル)は、東京都千代田区霞が関三丁目にある地上36階、地下3階、地上高147mの超高層ビル(オフィス・商業複合施設)。所有者は三井不動産。 一般に日本最初の超高層ビルとして知られている。設計は山下寿郎設計事務所、施工は三井建設と鹿島建設による共同企業体(JV)、事業主体は三井不動産である。 東京倶楽部が経営していた旧・東京倶楽部ビル跡と霞会館(旧・華族会館)の敷地に建設され、1965年(昭和40年)3月18日に起工、1967年(昭和42年)4月18日に上棟し、1968年(昭和43年)4月12日にオープンした。耐震設計として鋼材を組み上げた柔構造を採用している。 当時の建築基準法により、31mという高さ制限(いわゆる百尺規制)があったため、当初は9階建てのビルの計画であったが、都市計画法改正(1961年)により導入された特定街区制度を利用して、超高層ビルへ計画変更された経緯がある。 (Wikipedia:霞が関ビルディング)

霞が関出入口
霞が関出入口(かすみがせきでいりぐち)は、東京都千代田区にある首都高速都心環状線の出入口である。本線への合流及び本線からの分岐はトンネル内にある。 接続する道路 六本木通り(東京都道412号霞ヶ関渋谷線) 料金所 ブース数:2 ETC専用:1 ETC/一般:1 周辺 霞が関官公庁街 憲政記念館 霞ケ関駅 国会議事堂前駅 国会議事堂 総理官邸 隣 首都高速都心環状線 (21)飯倉出入口 - 谷町JCT - (23,24)霞が関出入口 - 三宅坂JCT - (25)代官町出入口 関連項目 日本のインターチェンジ一覧。 (Wikipedia:霞が関出入口)

霞が関 (曖昧さ回避)
霞が関、霞ヶ関(かすみがせき)
東京都中心部の官庁街。霞が関を参照。霞ヶ関とも表記される。地下鉄の駅は「霞ケ関駅 (東京都) 霞ケ関駅」と表記される。
埼玉県川越市郊外の住宅街。霞ヶ関駅 (埼玉県)を参照。
ko:가스미가세키 (동음이의)
(Wikipedia:霞が関 (曖昧さ回避))


霞が関 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

霞が関 - アマゾン検索


「霞が関」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す