[PR]

日別キーワード

第27位  芥川賞 - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



Wikipedia API is too busy.

芥川賞 - 関連ブログ

川上未映子さん、ネット中傷受け提訴 同一人物書き込み(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

ネット上で中傷や脅迫を受けたとして、芥川賞作家の川上未映子さん(44)が、投稿者に対し約450万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。第1回口頭弁論が26日にあり、投稿者は請求の棄却を求めた。 【インフォ】SNSでの情報拡散の注意点 訴状によると、2018年10月、川上さんについて「レ(死)んでしまえと思っ...

【予習用】映画『おらおらでひとりいぐも』を観る前に知るべきこと - お気楽映画のすすめ

どうも、こんにちは。 本日は映画『おらおらでひとりいぐも』を観る前に知っておきたいことをまとめた記事になっています。 原作者の若竹千佐子さんは55歳の時から小説講座に通い始め8年かけて本作(小説)を書き上げました。そしてデビュー作でいきなり芥川賞&文藝賞を受賞する快挙を達成しました。 そんな同名小説をほ...

川上未映子さん、ネット中傷受け提訴 同一人物書き込み:朝日新聞デジタル

ネット上で中傷や脅迫を受けたとして、芥川賞作家の川上未映子さん(44)が、投稿者に対し約450万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。第1回口頭弁論が26日にあり、投稿者は請求の棄却を求めた。 訴状によると、2018年10月、川上さんについて「レ(死)んでしまえと思っている。やるっきゃない、さ(刺)すし...

のん&橋本愛「私をくいとめて」で朝ドラ以来の再共演! 「これ以上ない相手でした」 : 映画ニュース - 映画.com

のん&橋本愛「私をくいとめて」で朝ドラ以来の再共演! 「これ以上ない相手でした」 2020年10月20日 07:00 メイキング写真(C)2020「私をくいとめて」製作委員会 橋本愛が、大九明子監督の新作「私をくいとめて」に出演していることがわかった。主演・のんとは、NHK連続テレビ小説以来7年ぶりの共演となった。あわせて...

橋本愛、のんと朝ドラ以来7年ぶり共演 『私をくいとめて』で再び親友同士の設定 - シネマトゥデイ

『私をくいとめて』メイキングより。橋本愛&のん - (C) 2020『私をくいとめて』製作委員会 女優の橋本愛が、綿矢りさの小説に基づく映画『私をくいとめて』(12月18日公開)で、主演ののんと2013年放送の朝ドラ「あまちゃん」以来、7年ぶりに共演することが20日、明らかになった。2人は「あまちゃん」に続いて親友同士...

栗の皮剥きによってもたらされる癒しの「喜」 - 365の喜怒哀楽

今日は月曜日。。。週の始まりですがお天気のせいか頭が重く、動くのが億劫になるような朝でした。 ちょっと予定を変更して、少し静かに過ごしてみようと、朝から栗の皮剥きをしました。 昨日、スーパーに並んでいた栗を見て、夫が「今年はまだ栗の入ったご飯を食べていないなぁ」と言っていたので、早速栗おこわを作っ...

高橋一生は「どハマり一生」 - エンタメ浴

演技一生、高橋一生。 知る人ぞ知る高橋一生のキャッチフレーズです。 僕がさっき考えたキャッチフレーズですが、それくらい高橋一生の演技には魅力があること、みんなは存じてますか。存じてほしいよ。 誰かベース鳴らしてる?ってくらいに重低音の心地良い声。緻密に計算された所作で言葉僅かに感情を魅せる技術。高橋...

川上ら新世代 海外も評価 日本人作家の小説 英訳相次ぐ :日本経済新聞

日本の第一線で活躍する作家の小説が相次ぎ英訳されている。英語圏でも評価の高い日本人作家といえば、村上春樹(71)がよく知られているが、その下の世代が存在感を高めている。 1999年、デビュー作「日蝕(にっしょく)」で芥川賞を受賞した平野啓一郎(45)の長編小説「ある男」の英訳版「A MAN」(アマゾン・クロッ...

<朝ドラ「エール」と史実>本当は危険な前線まで行っていない? 古関裕而がビルマでやっていたこととは(辻田真佐憲) - 個人 - Yahoo!ニュース

■慰問というより中佐待遇の従軍だった朝ドラ「エール」の戦時下篇も、ついに4週目に突入しました。今回は、初っ端からビルマの慰問です。前回予想したとおり、やはり1944年の戦地訪問がベースになっているようです。 1944年の戦地訪問は、慰問というより、従軍でした。古関は、大本営陸軍報道部より報道班員に任命され、...

映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画! | 運だぜ!アート

映画『ホワイト・ラブ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ホワイト・ラブ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『ホワイト・ラブ』 (110分/日本/1979) 【...


芥川賞 - アマゾン検索


「芥川賞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す