[PR]

日別キーワード

第27位  芥川賞 - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



芥川賞
『芥川龍之介賞』より : 芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。 (Wikipedia:芥川賞)

芥川賞の受賞者一覧
芥川賞の受賞者一覧(あくたがわしょうのじゅしょうしゃいちらん)では、芥川賞各回の受賞者、候補者、選考委員を含めた詳細な一覧を掲載する。簡易な一覧は芥川龍之介賞#受賞者一覧を参照。 上半期は各年7月、下半期は翌年1月に受賞作が発表される。 受賞者・候補者の末尾の数字はその時点で候補になった回数を示している。(初)は初候補。予備候補など最終候補以外のものは考慮していない。 作品が文学界新人賞や群像新人文学賞などの公募新人賞を受賞している場合は初出誌にその旨を併記。野間文芸新人賞や三島由紀夫賞など、他の非公募の文学賞を受賞した場合は備考欄に記す。 1930年代 第1回(1935年上半期) 受賞:石川達三 「蒼氓」(『星座』1935年4月号) 候補(受賞者、予備候補者を除く。以下同じ) 外村繁 「草筏」(『世紀』1935年3月号、4月号) 高見順 「故旧忘れ得べき」 (『日暦』7号-10号) 衣巻省三 「けしかけられた男」(『翰林』1934年10月号-1935年5月号) 太宰治 「逆行」(『文藝』1935年2月号) 備考:第1回はブラジル移民を題材にした石川達三「蒼氓」が受賞。 (Wikipedia:芥川賞の受賞者一覧)


芥川賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

芥川賞 - アマゾン検索


「芥川賞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す