[PR]

日別キーワード

第35位  中央公論新社 - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



Wikipedia API is too busy.

中央公論新社 - 関連ブログ

ライトノベルレーベルや書籍の発売協定について - 読書する日々と備忘録

5年くらい前に書いた以下の記事。 やはり発売協定などが気になる方が多いのか、未だに検索でアクセスされる方が多いのですが、当時とはまた少し変わってきている部分もあり、上で書いたものをベースに現状を踏まえてもう一度まとめてみました。 まず雑誌コミックを含む雑誌は「同一地区同日発売」という原則があり、首都...

1755夜『動物化するポストモダン/ゲーム的リアリズムの誕生』東浩紀|松岡正剛の千夜千冊

何の寄与もしていないし、何かの「つもり」だけだったけれど、東浩紀の「ゲンロン」活動を遠くから見守っているつもりだ。どんなアカデミーにも組織にも属さないで編集工学をなんとか育もうとしてきたぼくからすると、東のこれまでの思想活動がゲンロンにさしかかってきたことに、岡目八目の贔屓筋(ひいきすじ)のよう...

死をも覚悟の自衛隊員出撃、その命令に大義はあるか 元自衛隊特殊部隊・伊藤祐靖氏が『邦人奪還』を書いた本当の理由(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

(佐々木 俊尚:作家・ジャーナリスト) 最近、個人的にどうしても気になり、ややもすると許せないと思う風潮がある。太平洋戦争で戦闘以外で死んだ兵士に対して、一部の人たちが「犬死に」「無駄死に」という言葉を使うことだ。 歴史学者、吉田裕氏の著書『日本軍兵士─アジア・太平洋戦争の現実』(中央公論新社)によ...

「民衆暴力」書評 仁政なき世に人々の怒りどこへ|好書好日

民衆暴力 一揆・暴動・虐殺の日本近代 (中公新書) 著者:藤野裕子 出版社:中央公論新社 ジャンル:新書・選書・ブックレット 新政反対一揆、秩父事件、日比谷焼き打ち事件、関東大震災時の朝鮮人虐殺…。何が人びとを駆り立てたのか。単純には捉えられない民衆暴力を通し、近代化以降の日本の軌跡とともに国家… 民衆暴...

総務省データサイエンス講座が無料に!人工知能ニュースまとめ10選 | Ledge.ai

清水亮氏が設立したAI企業、UEIが突然の解散 株式会社UEIは10月1日、人工知能(AI)企業の同社が9月30日付けで解散したと発表した。 UEIは、実業家で、東京大学工学部先端科学技術研究センター客員研究員かつ、『教育としてのプログラミング講座』(中央公論新社)や『よくわかる人工知能』(KADOKAWA)などの著書などで...

中公文庫「盤上の向日葵」に大量誤植 先手と後手が逆:朝日新聞デジタル

中央公論新社は、中公文庫として9月25日に発行された柚月裕子さん「盤上の向日葵(ひまわり)」下巻に、大量の誤植があったことを公表した。将棋が題材のミステリー小説で、先手(▲)と後手(△)を表す記号の大半が逆になっていた。 同社はホームページ上で訂正表を公開。誤植は100カ所以上あり、28ページから306ページ...

中公文庫『盤上の向日葵』下巻に関するお詫びと訂正 - 中央公論新社

中公文庫『盤上の向日葵』下巻(2020年9月25日発行)の初版本に、編集部のミスによる誤りがありました。 読者の皆様、著者の柚月裕子様、監修をしていただいた日本将棋連盟の飯島栄治様、解説を執筆いただいた羽生善治様に謹んでお詫び申し上げ、下記の通り訂正いたします。 訂正表はこちら なお、交換をご希望の方は、...

メモ 記事日本におけるネット世論操作|一田和樹note|note

本稿は未完成であり、お見苦しい点があるかもしれませんが、ご容赦ください。 現在、日本で行われている主なネット世論操作を表にすると次の表のようになる。 ●ネット世論操作が定着した日本 ・ボット、トロール、サイボーグの活用 『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書、2018年11月10日)では、下記の...

元国税が暴くパソナの闇。持続化給付金の不正受給を防げぬ当然の理由 - まぐまぐニュース!

新型コロナウイルス感染症の流行により経営が悪化した中小企業や個人事業主に、給付金が支給される「持続化給付金事業」ですが、続々とその不正受給が発覚し問題となっています。なぜこのような事態が起きてしまうのでしょうか。以前掲載の「元国税が暴露。電通『中抜き』問題と官僚天下り問題との深い関係」でも給付金...

清水亮氏が設立したAI企業、UEIが突然の解散 | Ledge.ai

株式会社UEIは10月1日、人工知能(AI)企業の同社が9月30日付けで解散したと発表した。 UEIは、実業家で、東京大学工学部先端科学技術研究センター客員研究員かつ、『教育としてのプログラミング講座』(中央公論新社)や『よくわかる人工知能』(KADOKAWA)などの著書などでも知られる清水亮氏が2003年8月8日に創業した...


中央公論新社 - アマゾン検索


「中央公論新社」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す