[PR]

日別キーワード

第45位  ライフライン - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ライフライン
ライフライン (lifeline) とは、元は英語で「命綱」の意味だが、日本では主にエネルギー施設、水供給施設、交通施設、情報施設などを指して、生活に必須なインフラ設備を表す語。 現代社会においては、電気・ガス・水道等の公共公益設備や電話やインターネット等の通信設備、圏内外に各種物品を搬出入する運送や人の移動に用いる鉄道等の物流機関など、都市機能を維持し人々が日常生活を送る上で必須の諸設備のことを指す。 概略 1971年のサンフェルナンド地震をきっかけにして、UCLAのマーティン・デューク教授が切り開いた工学分野「ライフライン地震工学」の用語。しかし、一般的に英語のlifelineは、元来、救命胴衣や救命浮き輪などにつながれた紐や縄、船乗りと船をつなぐ紐や縄、潜水夫につながれた紐や縄など命綱のこと、または、ある物事が存続するための前提となるものを指すことから、日本国内において当該用法にて使われる場合、和製英語であると考える向きが多い。 (Wikipedia:ライフライン)


ライフライン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ライフライン - アマゾン検索


「ライフライン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す