[PR]

日別キーワード

第78位  ウィンブルドン - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウィンブルドン
ウィンブルドン(Wimbledon) ウィンブルドン (ロンドン) - ロンドン南西部の地域。 ウィンブルドン駅・ウィンブルドン・パーク駅 - 同地の地下鉄駅。 ウィンブルドン選手権 - ロンドンのウィンブルドン(オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ)で開催される国際テニストーナメント。 ウィンブルドン現象 - 同選手権から生まれた現象。 ウィンブルドンFC(現ミルトン・キーンズ・ドンズFC) - ロンドンのウィンブルドンに存在したサッカークラブ。ミルトン・キーンズに移転した。 AFCウィンブルドン - ウィンブルドンFCが移転した事に反発したサポーターが上記1に新しく作ったサッカークラブ。 ウィンブルドン (映画) - ウィンブルドン選手権を題材としたポール・ベタニー、キルスティン・ダンスト主演のイギリス映画。 (Wikipedia:ウィンブルドン)

ウィンブルドン選手権男子ダブルス優勝者一覧
ウィンブルドン選手権男子ダブルス優勝者一覧(-せんしゅけんだんし-ゆうしょうしゃいちらん)は、ウィンブルドン選手権男子ダブルスにおける優勝者の一覧である。 ウィンブルドン選手権の男子ダブルスは、男子シングルスの第1回大会から2年遅れて1879年に始まったが、1883年まではオックスフォードで開催されていた。1884年から男女シングルスと同じ「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」で行われるようになり、ウィンブルドン選手権公式サイトには1884年以後の記録が記載されている。オックスフォードで開催された最初の5年間に関しては、選手名はフランスのサイト [1] で調べられるが、スコアはランス・ティンゲイ著『100 Years of Wimbledon』(英語、1977年刊)の246ページを参照した。選手のフルネームに関しては Sports 123 [2] と、バド・コリンズ著『Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia』(英語、2003年刊)を参照した。 (Wikipedia:ウィンブルドン選手権男子ダブルス優勝者一覧)

ウィンブルドン選手権女子ダブルス優勝者一覧
ウィンブルドン選手権女子ダブルス優勝者一覧(-せんしゅけんじょし-ゆうしょうしゃいちらん)は、ウィンブルドン選手権女子ダブルスにおける優勝者の一覧である。 ウィンブルドン選手権の女子ダブルスは1899年から始まったが、男女シングルスや男子ダブルスと並んで大会の公式競技に加えられたのは1913年以後であり、ウィンブルドン選手権公式サイトには1913年以後の記録が記載されている。それ以前の女子ダブルス競技は“Non-Championship Event”(選手権公認外競技)と呼ばれ、現在はウィンブルドン選手権の公式記録に数えられない。 参考文献 Lance Tingay, “100 Years of Wimbledon” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0 Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3。 (Wikipedia:ウィンブルドン選手権女子ダブルス優勝者一覧)

ウィンブルドン選手権混合ダブルス優勝者一覧
ウィンブルドン選手権混合ダブルス優勝者一覧(-せんしゅけんこんごう-ゆうしょうしゃいちらん)は、ウィンブルドン選手権混合ダブルスにおける優勝者の一覧である。 ウィンブルドン選手権の混合ダブルスは1900年から始まったが、男女シングルスや男子ダブルスと並んで大会の公式競技に加えられたのは1913年以後であり、ウィンブルドン選手権公式サイトには1913年以後の記録が記載されている。それ以前の混合ダブルス競技は“Non-Championship Event”(選手権公認外競技)と呼ばれ、現在はウィンブルドン選手権の公式記録に数えられない。1900年から1912年までの非公式開催時代の記録は、ランス・ティンゲイ著『100 Years of Wimbledon』(英語、1977年刊)の181-182ページを参照した。選手のフルネームに関しては Sports 123 [1] と、バド・コリンズ著『Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia』(英語、2003年刊)を参照した。 (Wikipedia:ウィンブルドン選手権混合ダブルス優勝者一覧)

ウィンブルドン選手権女子シングルス優勝者一覧
ウィンブルドン選手権女子シングルス優勝者一覧(-せんしゅけんじょし-ゆうしょうしゃいちらん)は、ウィンブルドン選手権女子シングルスにおける優勝者の一覧である。 マルチナ・ナブラチロワの9回優勝が最多である。 優勝者 ==。 (Wikipedia:ウィンブルドン選手権女子シングルス優勝者一覧)

ウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者一覧
ウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者一覧(-せんしゅけんだんし-ゆうしょうしゃいちらん)は、ウィンブルドン選手権男子シングルスにおける優勝者の一覧である。 ウィリアム・レンショー、ピート・サンプラス、ロジャー・フェデラーの7回優勝が最多である。 優勝者 ==。 (Wikipedia:ウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者一覧)

ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語:The Championships, Wimbledon)は、イギリス・ロンドンのウィンブルドン (Wimbledon) で開催されるテニスの四大国際大会の一つである。 本大会の名称は、以前は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であった。この名称が短縮され、現在は「The Championships」と呼ばれる。日本語では便宜上「全英オープン」と呼ばれる場合もある。 毎年オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブを会場とし、6月最終月曜日から2週の日程で開催される。開催期間中の第1週と第2週の中間に位置する日曜日をミドル・サンデーと呼び、この日を休養日として設ける伝統がある。この伝統は一貫して遵守されてきたが、1991年にミドル・サンデーに試合が行われた。雨天による日程の消化不良が深刻化したためだった。1997年と2004年も同様の理由からミドル・サンデーに試合が行われた。この時期のウィンブルドンは雨が降りやすく、試合が中断される事が多い。 (Wikipedia:ウィンブルドン選手権)

ウィンブルドンテニス大会
『ウィンブルドン選手権』より : ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語:The Championships, Wimbledon)は、イギリス・ロンドンのウィンブルドン (Wimbledon) で開催されるテニスの四大国際大会の一つである。 本大会の名称は、以前は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であった。この名称が短縮され、現在は「The Championships」と呼ばれる。日本語では便宜上「全英オープン」と呼ばれる場合もある。 毎年オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブを会場とし、6月最終月曜日から2週の日程で開催される。開催期間中の第1週と第2週の中間に位置する日曜日をミドル・サンデーと呼び、この日を休養日として設ける伝統がある。この伝統は一貫して遵守されてきたが、1991年にミドル・サンデーに試合が行われた。雨天による日程の消化不良が深刻化したためだった。1997年と2004年も同様の理由からミドル・サンデーに試合が行われた。この時期のウィンブルドンは雨が降りやすく、試合が中断される事が多い。 (Wikipedia:ウィンブルドンテニス大会)

ウィンブルドンテニス選手権
『ウィンブルドン選手権』より : ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語:The Championships, Wimbledon)は、イギリス・ロンドンのウィンブルドン (Wimbledon) で開催されるテニスの四大国際大会の一つである。 本大会の名称は、以前は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であった。この名称が短縮され、現在は「The Championships」と呼ばれる。日本語では便宜上「全英オープン」と呼ばれる場合もある。 毎年オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブを会場とし、6月最終月曜日から2週の日程で開催される。開催期間中の第1週と第2週の中間に位置する日曜日をミドル・サンデーと呼び、この日を休養日として設ける伝統がある。この伝統は一貫して遵守されてきたが、1991年にミドル・サンデーに試合が行われた。雨天による日程の消化不良が深刻化したためだった。1997年と2004年も同様の理由からミドル・サンデーに試合が行われた。この時期のウィンブルドンは雨が降りやすく、試合が中断される事が多い。 (Wikipedia:ウィンブルドンテニス選手権)

ウィンブルドンテニス
『ウィンブルドン選手権』より : ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語:The Championships, Wimbledon)は、イギリス・ロンドンのウィンブルドン (Wimbledon) で開催されるテニスの四大国際大会の一つである。 本大会の名称は、以前は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であった。この名称が短縮され、現在は「The Championships」と呼ばれる。日本語では便宜上「全英オープン」と呼ばれる場合もある。 毎年オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブを会場とし、6月最終月曜日から2週の日程で開催される。開催期間中の第1週と第2週の中間に位置する日曜日をミドル・サンデーと呼び、この日を休養日として設ける伝統がある。この伝統は一貫して遵守されてきたが、1991年にミドル・サンデーに試合が行われた。雨天による日程の消化不良が深刻化したためだった。1997年と2004年も同様の理由からミドル・サンデーに試合が行われた。この時期のウィンブルドンは雨が降りやすく、試合が中断される事が多い。 (Wikipedia:ウィンブルドンテニス)

ウィンブルドン現象
ウィンブルドン現象(ウィンブルドンげんしょう)とは、「門戸を開放した結果、外来勢が優勢になり、地元勢が消沈または淘汰される」ことをいう。狭義には、市場経済において「自由競争による地元勢の淘汰」を表す用語である。特に、市場開放により外資系企業により国内系企業が淘汰されてしまうことをいう。ウィンブルドン効果とも呼ばれる。 市場経済において自由競争が進んだため、市場そのものは隆盛を続ける一方で、元々その場にいて「本来は地元の利を得られるはずの者」が敗れ、退出する、あるいは買収されること。 競争により活性化し望ましいという見方と、在来のものが除外され望ましくないという見方がある。 語源 語源はテニスのウィンブルドン選手権。もともとは地味なローカルテニス大会であったが、レギュレーションを変更して成功、同選手権に世界中から強豪が集まる世界最高峰の大会となったものの、開催地イギリスの選手が勝ち上がれなくなってしまった。 (Wikipedia:ウィンブルドン現象)

ウィンブルドン効果
『ウィンブルドン現象』より : ウィンブルドン現象(ウィンブルドンげんしょう)とは、「門戸を開放した結果、外来勢が優勢になり、地元勢が消沈または淘汰される」ことをいう。狭義には、市場経済において「自由競争による地元勢の淘汰」を表す用語である。特に、市場開放により外資系企業により国内系企業が淘汰されてしまうことをいう。ウィンブルドン効果とも呼ばれる。 市場経済において自由競争が進んだため、市場そのものは隆盛を続ける一方で、元々その場にいて「本来は地元の利を得られるはずの者」が敗れ、退出する、あるいは買収されること。 競争により活性化し望ましいという見方と、在来のものが除外され望ましくないという見方がある。 語源 語源はテニスのウィンブルドン選手権。もともとは地味なローカルテニス大会であったが、レギュレーションを変更して成功、同選手権に世界中から強豪が集まる世界最高峰の大会となったものの、開催地イギリスの選手が勝ち上がれなくなってしまった。 (Wikipedia:ウィンブルドン効果)


ウィンブルドン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ウィンブルドン - アマゾン検索


「ウィンブルドン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す