[PR]

日別キーワード

第83位  カルカソンヌ - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



カルカソンヌ
カルカソンヌ (Carcassonne) は、フランス南部の都市、ラングドック=ルシヨン地域圏に属するオード県の県庁所在地である。古代ローマ時代に要塞都市が建設されたことで有名である。 街の名前カルカソンヌは、カール大帝がこの都市の攻略をあきらめ退散するときに、当時街を治めていたカルカス (Carcas) が勝利の鐘を鳴らした (sonner) ことに由来するという伝説がある。またこのときに篭城した市民が家庭に残っていた食材である豆、雑穀、豚や腸詰や鴨などの鳥獣肉を持ち寄りまとめて大鍋に入れ煮込んだものがカルカソンヌの名を冠したカスールという鍋料理:カスレのルーツになったと言われている。 古代ローマ時代から発達した城塞都市であるシテ(cité, またはville haute)と、オード川をはさんだ向かいに展開した下街(ville basse)との二区画からなる都市である。シテを覆う城塞は19世紀に建築家のウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクにより修復されており、シテは「歴史的城塞都市カルカソンヌ」の名で1997年にユネスコの世界遺産に登録された。 (Wikipedia:カルカソンヌ)

カルカソンヌ (ゲーム)
『カルカソンヌ』(Carcassonne)は、Hans im Glück Verlag社より2000年に発売された、ドイツのボードゲームである。 デザイナーは、Klaus-Jürgen Wrede。フランス南部、古代ローマ時代の要塞都市カルカソンヌをモチーフとしている。 ドイツゲームの2大賞(ドイツ年間ゲーム大賞大賞、ドイツゲーム大賞1位)を獲得した人気ゲームであり、シリーズ化されている。 ゲームの概要 ボードゲームとは言うが、プレイ開始時点でゲームのボードは無く、タイルを並べてボードを作っていくゲームである。 まず地形タイルの内スタート用に用意されているタイルを置き、各プレイヤーは手下のコマを7つ持つ。このスタート用のタイルは一辺が都市の一部となる地面となっていて、それと並行して道路が走っている物である。 プレイヤーは順にタイルをランダムに引き、既に並べられている地形に矛盾なく接するように並べていく。タイルには、草原、道路、都市、修道院のいずれか(の一部、複数)が描かれている。 タイルを並べる際にそのタイルの地形のいずれかにコマを置くことができ、置くとその地形の所有を宣言することになる。 (Wikipedia:カルカソンヌ (ゲーム))


カルカソンヌ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

カルカソンヌ - アマゾン検索


「カルカソンヌ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す