[PR]

日別キーワード

第84位  カルパッチョ - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



カルパッチョ
カルパッチョ(Carpaccio)は、生の牛ヒレ肉の薄切りに、チーズもしくはソースなどの調味料をかけた料理の総称である。 起源 イタリアの画家であるヴィットーレ・カルパッチョが薄切りの生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノをかけた料理を好んだことから、彼の名を取ってカルパッチョと呼ばれているという説がある。また、彼の独特の赤色を基調とした作風が、皿に並べられた薄切りの生牛肉の色彩に類似しているためにその名があるとする説もある。 第3の説として1963年(1950年の説も)、ヴェネツィアでのヴィットーレ・カルパッチョ生誕500年回顧展の期間中に、同地のレストラン「ハリーズ・バー」で考案された料理との説も知られている。前の2つの説がヴェネツィアの伝統料理であるとの前提に立っているのに対し、本国イタリアで定着している第3の説は、近年の創作料理であると主張している。 イタリア版ウィキペディア(it:Carpaccio (gastronomia)) では、ハリーズ・バーのオーナーシェフで、カクテル「ベッリーニ」「ロッシーニ」の考案者としても知られるジュゼッペ・チプリアーニが、ヴェネツィアで開催されたヴィットーレ・カルパッチョ生誕500年回顧展に因んで、カルパッチョ絵画の特徴とされる美しい赤と白の対比を、生牛肉とマヨネーズベースのソースで表現したものとされている。 (Wikipedia:カルパッチョ)


カルパッチョ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

カルパッチョ - アマゾン検索


「カルパッチョ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す