[PR]

日別キーワード

第86位  コシヒカリ - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



コシヒカリ
コシヒカリは、日本のイネの品種名および銘柄名。科学的にも種苗法上でもコシヒカリとは異なる品種であるコシヒカリBLも「コシヒカリ」との銘柄で販売されている。 福井県で誕生した米の代表格である。 コシヒカリという品種は1つであるが、コシヒカリという銘柄(消費者が買う段階の商品名)にはコシヒカリ(品種)と多数の品種を含むコシヒカリBLという品種群が含まれる。現在、「新潟県産コシヒカリ」という銘柄は、9割以上がコシヒカリBLという品種群であり、コシヒカリ(品種)とは異なる。 コシヒカリ(品種)は、昭和から平成にかけて、福島県、新潟県以南の日本各地で栽培される品種である。1956年(昭和31年)、水稲農林100号「コシヒカリ」として命名登録された。1979年(昭和54年)から作付面積1位を続け、2005年には作付比率38%であった。 米の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、いもち病などに弱いなどの欠点も併せ持つ。 また、新潟県魚沼地域がコシヒカリBLの一大産地として広く知られており、超高級ブランド米の格付けをされ全国に出荷される。 (Wikipedia:コシヒカリ)

コシヒカリBL
コシヒカリBL(コシヒカリビーエル)とは、いもち病に抵抗性を持つように改良された、「コシヒカリ」を親とする品種群のことで、科学的にも種苗法上でもいずれも「コシヒカリ」とは異なる品種である。BLは「いもち病抵抗性系統」(英: Blast resistance Lines、ブラスト・レジスタンス・ラインズ)の略であり、連続戻し交配で育種して遺伝子を導入している(遺伝子組み換えではない)。 コシヒカリBLの数品種を混合栽培して生産するとコシヒカリIL(英: Isogenic Lines)と呼ぶ。 2005年度(平成17年度)産より新潟県は、コシヒカリ新潟BLの4品種を混合栽培したコシヒカリILを、玄米段階である出荷時に農産物検査法に基づいて「産地品種銘柄:新潟県産コシヒカリ」「品種名:コシヒカリBL」とし、精米段階ではJAS法に基づいて「品種名:コシヒカリ」として売っている(JAS法では混合栽培米をブレンド米とはしない)。 (Wikipedia:コシヒカリBL)


コシヒカリ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

コシヒカリ - アマゾン検索


「コシヒカリ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す