[PR]

日別キーワード

第89位  ザワークラウト - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ザワークラウト
ザワークラウト(Sauerkraut )とは、ドイツにおけるキャベツの漬物。また、それを使った料理も指す。原義は「すっぱいキャベツ」。この酸味は乳酸発酵によるもので、酢に漬け込むのではない。ザウアークラウト、ザオアークラオトとも表記されることがある。 広まった国 英語ではサワークラウト、仏語ではシュークルート、オランダ語ではズールコール、ポーランド語ではキショナ・カプスタ。 フランスのアルザス地域やポーランドをはじめ北欧、東欧、ロシアでも食されているほか、ドイツ移民の多いアメリカ合衆国、カナダなどでもよく食べられている。1世紀には古代ローマで食べられていた記録があるが、現代のものは16世紀から18世紀にかけてヨーロッパに広く定着した。 製法 ザワークラウトの酸味は空気中の乳酸菌などによる発酵で生じるもので、酢などの酸味料は加えない。産地や各家庭において作り方はさまざまであるが、基本的にはキャベツや赤キャベツを繊切りにし、瓶や漬物樽に入れ、適量(キャベツの重量の1%程度)の塩と香辛料を入れてよく混ぜたのち、漬物石など重しをのせて押しをかけ、常温で保管する。 (Wikipedia:ザワークラウト)


ザワークラウト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ザワークラウト - アマゾン検索


「ザワークラウト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す