[PR]

日別キーワード

第100位  フォルクスワーゲン - 2018年07月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



Wikipedia API is too busy.

フォルクスワーゲン - 関連ブログ

中国発EV激安競争 ルノー120万円台、中国勢は45万円も:日経ビジネス電子版

フランスの自動車大手ルノーは、2021年に傘下ブランドの「ダチア」が欧州市場に低価格帯の電気自動車(EV)、「ダチア・スプリング・エレクトリック」を導入すると発表した。欧州メディアによると価格は1万5000ユーロ(約190万円)程度となる見通し。購入補助金などを差し引くと、1万ユーロ(約123万円)前後で購入する...

米紙北京支局長、最後のリポート「習近平の恐怖政治はもはや北朝鮮並み」 | クーリエ・ジャポン

米紙「ワシントン・ポスト」の北京支局長が離任を前に、最後の現地取材として新疆ウイグル自治区へ向かった。だがそこで待っていたのは、平壌と変わらない“超監視社会”と“プロパガンダ村”だった──。 ここは中国ではなく北朝鮮か 中国・新疆ウイグル自治区の空港に降り立った私たち外国人記者3人を待ち構えていたのは、2...

テスラEV、稼ぐ力向上 「排出枠」依存脱却へ (写真=ロイター) :日本経済新聞

米電気自動車(EV)メーカー、テスラの利益の質が改善している。21日に発表した2020年7~9月期決算は最終利益が3億3100万ドル(約345億円)と前年同期の2.3倍に伸びた。環境規制に伴う排出枠販売益という「副収入」に頼らなくても本業で稼ぐ力が高まっている。自動車大手が不採算のEV事業に苦しむなか、量産体制が軌道に...

「衰退の五段階」と戦うトヨタ ソフト第一にカジ  :日本経済新聞

米テスラがトヨタ自動車の株式時価総額を抜いたのは7月1日だった。だが、その衝撃もわずか3カ月半で完全に色あせている。テスラの企業価値は現在、トヨタ、独フォルクスワーゲン、独ダイムラー、米ゼネラル・モーターズ(GM)の4社を合計した規模より上をいく。 新旧企業の勢いの差はどこまで開くか。テスラはコロナ禍で...

「おいこれムーミンだよね?」「いやウサビッチだ」 ヤマハが新型のびっくり顔スクーター発表「たぶん何か宿ってる」 (1/3) - ねとらぼ

ヤマハ発動機の台湾法人、台湾山葉機車(以下、台湾ヤマハ)が10月13日(現地時間)、新型の125ccスクーター「Vinoora(ビノーラ)」を発表しました。 台湾ヤマハ「Vinoora」(写真:台湾ヤマハ、以下同) ビノーラは、クラシックとトレンドのデザイン要素を組み合わせたNewtoro(ニュートロ)をコンセプトとした台湾市...

コラム:米テスラに決闘挑む独VW、軍配はどちらに | ロイター

[ロンドン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米テスラTSLA.Oのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は謙虚さとは無縁の人物だ。しかし、独フォルクスワーゲン(VW)VOWG_p.DEのヘルベルト・ディースCEOも負けてはいない。2025年までに自社製電気自動車(EV)の販売台数を27倍に増やすと豪語した...

テスラはトヨタを超える世界自動車産業の覇者になれるか | 今週のキーワード 真壁昭夫 | ダイヤモンド・オンライン

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員、信州大学経済学部教授などを経て、2017年4月から現職。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工...

自動車業界はまもなく沈没する トヨタが生き残るための唯一の方法 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

100年に一度の大変革期「自動車産業のトップはグーグルに」 私は、今年6月、『日本経済予言の書』(PHP研究所)という本を出しました。本書の中で「2020年代を通じて一番日本経済に打撃が大きいのはトヨタの衰退だ」と予言しています。 資本業務提携を発表し、記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=2020年3月24日、...

読書の秋 - クルルのおじさん 料理を楽しむ

今年の夏は(も)暑かったから、秋の爽やかさを例年以上に心地よく感じることが出来ると思っていましたら、台風14号の接近と共に気温は急低下。冷たい雨が降り、あっという間に寒さに対する警戒が必要な季節になってしまいました。まだまだ、ブレが大きなお天気が続くのでしょうが、気持ちの良い期間が短くなっているの...

まもなく沈没する自動車業界でトヨタが生き残るためのたった1つの方法 世界一の電力会社を目指すしかない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

100年に一度の大変革期「自動車産業のトップはグーグルに」 私は、今年6月、『日本経済予言の書』(PHP研究所)という本を出しました。本書の中で「2020年代を通じて一番日本経済に打撃が大きいのはトヨタの衰退だ」と予言しています。 これから衰退するのはトヨタだけではありません。あらゆる自動車メーカーがそうなり...


フォルクスワーゲン - アマゾン検索


「フォルクスワーゲン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す