[PR]

日別キーワード

第6位  シャトル - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



シャトル
シャトル (shuttle) 機織り作業において、緯(よこ)糸を通すための用具。杼(ひ)。「かい」とも。 シャトル (織物) - 織機の部品。 シャトル (レース) - レースの道具(タティングレースで用いる)。 上記を語源として、往復を繰り返すものにシャトルの名が付けられる。訳語として「往還」の語をあてることがある。 バドミントンで使用する「シャトルコック」(の略称)。 比較的短距離の往復を繰り返す形態で運行される交通機関やダイヤ。 バスについてはシャトルバスを参照。 航空便についてはシャトル便を参照。 西日本旅客鉄道・関西空港線線内折り返し列車の愛称「シャトル」。 愛知環状鉄道線・三河豊田駅 - 新豊田駅間運転の列車の愛称「シャトル」。シャトル (愛知環状鉄道)。 青い森鉄道・青い森鉄道線の八戸駅 - 三沢駅間運転の列車の愛称「三沢シャトル」。 埼玉新都市交通の新交通システム路線である伊奈線の愛称「ニューシャトル」。 そのような用途に使われるヴィークル スペースシャトル シャトル (スタートレック) - SFテレビドラマ / 映画『スタートレック』シリーズに登場する小型宇宙船の総称。 (Wikipedia:シャトル)

シャトルマイハマ
『京葉線』より : シャトル・マイハマ(Shuttle Maihama)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が1990年(平成2年)から2001年(平成13年)まで保有していたジョイフルトレインと呼ばれる鉄道車両の一種および本車両を使用して京葉線・武蔵野線で運行されていた快速列車である。 本記事では主に車両について解説を行う。 改造の経緯 1988年(昭和63年)に京葉線南船橋 - 新木場間が開業。区間内に東京ディズニーランドへのアクセスを目的に舞浜駅が開設された。このためJR東日本では東京ディズニーランドの利用者輸送を目的として田町電車区(現・東京総合車両センター田町センター)所属の167系電車を改造した専用車両(通称:メルヘン車 H17・H18編成)を投入し、快速「メルヘン」として運行を開始した。 1990年3月10日の東京 - 新木場間延伸開業では、「メルヘン」とは別に東京 - 舞浜 - 西船橋間で東京ディズニーランド利用者輸送を目的とした快速「シャトル・マイハマ」の運行を計画。 (Wikipedia:シャトルマイハマ)

シャトルひかり
『ひかり (列車)』より : ひかりは、東海旅客鉄道(JR東海)および西日本旅客鉄道(JR西日本)が東海道・山陽新幹線の東京駅 - 新大阪駅 - 博多駅間で運転している特別急行列車の愛称である。種別を示す色は赤色(■)。 本項では同一名称の列車として、第二次世界大戦の終結前まで朝鮮総督府鉄道(鮮鉄)・南満州鉄道(満鉄)で運行していた急行列車および、東海道新幹線の開業まで九州で運行していた準急列車・急行列車の沿革についても記述する。 1964年(昭和39年)10月1日の東海道新幹線が開通した当初から、当時の日本国有鉄道(国鉄)により、東京駅 - 新大阪駅間を途中名古屋駅・京都駅のみに停車する“速達型列車”として誕生した。運転開始当時は、各駅に停車する「こだま」とともに「夢の超特急」とも称された。その後1972年(昭和47年)3月15日の山陽新幹線岡山駅開業、1975年(昭和50年)3月10日の山陽新幹線博多駅延伸に応じて運転区間を延ばし、長く東海道・山陽新幹線の全区間を走行する速達型列車として運転されていた。 (Wikipedia:シャトルひかり)

シャトル・リモート・マニピュレータ・システム
シャトル・リモート・マニピュレータ・システム(Shuttle Remote Manipulator System : SRMS)とは、スペースシャトルに搭載されているロボットアームである。カナダの企業が開発・製造を担当した事からカナダアーム(Canadarm 1)とも呼ばれる。シャトルの貨物室から貨物を動かして、所定の位置で放すために使われる。浮遊している貨物を掴んで貨物室に入れて固定することもできる。シャトルの多用途性を支える重要な装備のひとつである。
1981年11月13日に打ち上げられたシャトルの2回目のミッション STS-2 で初めて使われた。STS-107 でのコロンビア号事故の後、アメリカ航空宇宙局 NASA は SRMS にセンサ付き検査用延長ブーム (OBSS) を装備した。これは、熱防護システムの損傷を調べるために、シャトルの外観を調査する装置を乗せたブームである。将来行なわれるミッションのすべてで、SRMS がこの役割を果たすであろうことが期待されている。
(Wikipedia:シャトル・リモート・マニピュレータ・システム)

シャトル輸送機
シャトル輸送機(シャトルゆそうき、Shuttle Carrier Aircraft:SCA)とは、スペースシャトル(オービタ)を輸送するためにNASAが改造したボーイング747航空機。2機が作られたが、シャトルの退役に伴って退役し、2014年には両機とも展示されるようになった。 SCAへは2機が改装されており、それぞれボーイング747-100と747-100SRを原型としている。主にスペースシャトルの着陸地点から打上げ前整備施設があるケネディ宇宙センター(KSC)に輸送する場合のほか、シャトルの整備工場とKSCの間を輸送する場合も使用される。オービタ輸送にあたっては、シャトル輸送機の機体上方に外部燃料タンク(ET)の取り付け部と同様の支柱を装備しており、この3ヶ所でオービタが搭載・固定される。シャトル輸送機にオービタを固定するときはMate-Demate Devicesと呼ばれる整備点検用の大きなガントリーのような機械でオービタを吊り上げて固定する。 (Wikipedia:シャトル輸送機)

シャトル (スタートレック)
シャトル (Shuttle) とは、SFテレビドラマ / 映画『スタートレック』シリーズに登場する短距離連絡用宇宙船の総称である。惑星連邦の航宙艦は一部の例外を除いて大気圏突入能力を持たないので、惑星地表へ降下するためには転送装置かシャトルを使う必要がある。
大型のものをシャトルクラフト (Shuttlecraft)、小型のものをシャトルポッド (Shuttlepod) ともいう。一度に乗れるのは数人から十数人で、超光速航行は出来ないか、出来てもワープ速度や航続距離が小さい。
なお、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』に登場するドナウ級 ランナバウト (Runabout) はシャトルクラフトより一回り大きくワープ能力も高いが、日本語吹替版では「シャトル」と呼ばれている。
(Wikipedia:シャトル (スタートレック))

シャトル便
シャトル便(シャトルびん)とは、事前予約無しで乗ることができ、大都市間を高頻度かつ低運賃で結ぶ航空便のことである。 航空便による移動が古くから盛んなアメリカにおいて、1950年代頃に相次いで運航が開始されたニューヨーク(ラガーディア空港) - ワシントンD.C.(ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港)やニューヨーク - ボストン、ロサンゼルス - サンフランシスコなどの大都市間を高頻度で結ぶ、事前予約無しで乗ることができる航空便が元祖であると言われている。 サービス内容 これらの便は、通勤客を含むビジネス客を主な顧客とすることから、朝や夕方などの繁忙期は10分から15分程度、深夜でも1時間程度の高頻度でほぼ24時間運航されており、しかも事前予約無しで乗ることができる。殆どの場合飛行時間が1時間程度である上、自動車やバス、鉄道などとの競合上、低運賃を実現するために機内サービスは飲み物程度しかない。 (Wikipedia:シャトル便)

シャトルバス
シャトルバスとは、イベントや空港・観光地など特定の目的地を利用する客を効率的に輸送するため短い間隔で運行するバスのことである。この運行形態についてはシャトル運行と呼ぶこともある。英語では単にシャトル (Shuttle) という。運行系統の愛称として「シャトルバス」を用いる場合(後述事例を参照のこと)もある。 織機の杼(英:shuttle シャトル)のように、短い周期で往復する様子からこの名前がついている。あるいは、ピストンになぞらえて、「ピストンバス」、ピストン運行と称することもあるが、現在の日本語社会ではあまり使用されなくなった。また実際には、往復輸送ではなく一方向運転や循環運転の場合もある。 大量の集客が見込まれるイベント開催時または来客が集中する定例行事の時期に会場と交通ターミナル等を結ぶ臨時型と、集客力のある観光地や施設等を結ぶ常設型がある。鉄道のようなインフラを設けることなく効率的に大量輸送が実現できるものである。同時に通常の路線バスなど日常的な交通機関にまで混雑が波及することを回避できる。 (Wikipedia:シャトルバス)

シャトル・ハイウェイライン
株式会社シャトル・ハイウェイライン (略称:SHL) は、かつて神奈川県横須賀市新港町に本社を置いていた海運(フェリー)会社。 ニッポー物流サービスなど九州地区の中堅陸運会社が中心となって設立され、他に北九州市の日本磁力選鉱や、京浜急行電鉄、横須賀市なども出資、株主として名を連ねていた。 社長の高宮信夫はじめ幹部社員に商船三井 出身者が多かったが、同社との関係はなかった。 2000年10月に大分~横須賀間の一般旅客定期航路事業の免許を取得し2002年から新造船2隻で運航を予定していたが、資金面の問題から建造を断念した。 その後九越フェリーが保有していたれいんぼうべる・れいんぼうらぶを買収または傭船することに方針変更したが、交渉がまとまらず頓挫。両船は他社へ売却された。 船舶購入の目処が立たないうちから「就航予定」を謳いセールスをかけたが、就航はズルズルと延期になるばかりであった。 結局かつて商船三井フェリーが運航し、退役後長崎市の船舶保有会社ハヤシマリンが保有、長崎港に係船されていた中古船2隻を購入し、2004年4月17日から運航を開始した。 (Wikipedia:シャトル・ハイウェイライン)

シャトルハイウェイライン
『シャトル・ハイウェイライン』より : 株式会社シャトル・ハイウェイライン (略称:SHL) は、かつて神奈川県横須賀市新港町に本社を置いていた海運(フェリー)会社。 ニッポー物流サービスなど九州地区の中堅陸運会社が中心となって設立され、他に北九州市の日本磁力選鉱や、京浜急行電鉄、横須賀市なども出資、株主として名を連ねていた。 社長の高宮信夫はじめ幹部社員に商船三井 出身者が多かったが、同社との関係はなかった。 2000年10月に大分~横須賀間の一般旅客定期航路事業の免許を取得し2002年から新造船2隻で運航を予定していたが、資金面の問題から建造を断念した。 その後九越フェリーが保有していたれいんぼうべる・れいんぼうらぶを買収または傭船することに方針変更したが、交渉がまとまらず頓挫。両船は他社へ売却された。 船舶購入の目処が立たないうちから「就航予定」を謳いセールスをかけたが、就航はズルズルと延期になるばかりであった。 結局かつて商船三井フェリーが運航し、退役後長崎市の船舶保有会社ハヤシマリンが保有、長崎港に係船されていた中古船2隻を購入し、2004年4月17日から運航を開始した。 (Wikipedia:シャトルハイウェイライン)

シャトルグナ
シャトルグナ(Śatrughna)は、インドの叙事詩『ラーマーヤナ』の登場人物。ダシャラタ王とスミトラー妃の子で、ラクシュマナと双子の兄弟。ラーマ、バラタとは異母兄弟。ラクシュマナがラーマを慕うのに対し、シャトルグナはバラタを慕う。
ラーマがシーターと結婚したとき、シャトルグナはクシャドヴァジャ王の娘キールティーと結婚した。またカイケーイー妃によってラーマが追放されたときシャトルグナはバラタのお供をしてケカヤ王を訪問していたが、帰国後、ラーマ追放と父ダシャラタ王の死の原因となったマンタラーを懲らしめた。
ラーマーヤナの登場人物 しやとるぐな
Shatrughna
hi:शत्रुघ्न
id:Satrugna
ml:ശത്രുഘ്നന്‍
ru:Шатругхна
(Wikipedia:シャトルグナ)

シャトルジャパン
シャトルジャパンは、日本のアダルトビデオメーカーの一つ。 単体女優に対し、多くの汁男優を配した「ぶっかけ系」ビデオを確立したパイオニア的なメーカー。特にパンティストッキング着用の女性を題材にしたシリーズ物作品に関しては他メーカーに先駆けて作品(商品)化に至る。 登録商標 いずれも株式会社シャトルワン名義による。(後のシャトルジャパン) ぶっかけ/BUKKAKE - 登録番号: 第4545137号 LOLI/ロリ - 登録番号: 第4674987号 関連項目 外部リンク シャトルジャパン。 (Wikipedia:シャトルジャパン)

シャトル・アメリカ
シャトル・アメリカ(シャトル・アメリカ、Shuttle America)はユナイテッド航空などの大手航空会社のリジョーナル路線を中心に運航するアメリカの地域航空会社である。親会社はリパブリックエアウェイズ・ホルディングズである。 1998年、アメリカ合衆国インディアナ州フォート・ウエーン市にて設立。 保有機材 シャトル・アメリカの機材は以下の航空機で構成される(2013年8月現在) 航空事故 英語版では4件記載されている。 詳しくはw:Shuttle America 脚注 関連項目 ユナイテッド・エキスプレス アメリカン・コネクション デルタ・コネクション USエアウェイズ・エキスプレス 外部リンク Shuttle America(英語版)。 (Wikipedia:シャトル・アメリカ)

シャトル桔梗
『』より : (Wikipedia:シャトル桔梗)


シャトル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シャトル - アマゾン検索


「シャトル」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す