[PR]

日別キーワード

第9位  海田町 - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



海田町
海田町(かいたちょう)は、広島県安芸郡の町。 古くは安芸郡役所が置かれていたこともあり、安芸郡の中心地として発展してきた。また、江戸時代は西国街道の宿場町として栄えていた。 1956年(昭和31年)に海田町が誕生した当時は、人口が約12,000人であったが、広島市のベッドタウンとして開発が進んだことで人口が急増し、昭和40年代前半には20,000人を突破し、1981年(昭和56年)には30,000人を突破した。しかし、可住地面積が狭いことから人口増加は止まり、平成に入ってからは減少傾向である。 1996年(平成8年)に30,000人を割り込み、1998年(平成10年)に一旦30,000人を回復したものの、2003年(平成15年)に再び30,000人を割り込んだ。 広島県内では、同じ安芸郡の府中町に次いで人口の多い町である。また、江田島市よりも人口が多く、竹原市や大竹市とほぼ同じ人口規模である。また、人口密度は約2,000人と高く、県都の広島市(約1,300人)よりも高い。 主要産業は、陸上自衛隊第13旅団司令部や多くのマツダ関連工場など。 (Wikipedia:海田町)


海田町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

海田町 - アマゾン検索


「海田町」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す