[PR]

日別キーワード

第21位  熊野町 - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



熊野町
熊野町(くまのちょう)は、広島県安芸郡の町。 筆の全国一シェアを誇る熊野筆の産地で製造が盛んであるとともに、広島市安芸区と呉市に隣接することから、近年は両市のベッドタウンとして開発が進んでいる。 人口は戦前は7,000人台、戦後しばらくは9,000人台で推移していたが、昭和40年代に熊野団地が建設されたことで人口が急増し、1975年に20,000人、1983年に25,000人を突破した。その後は25,000人前後で推移しているが、現在は減少傾向である。 広島県内の町では、府中町、海田町に次いで3番目に人口が多い。 地理 四方を山々に囲まれた熊野盆地を中心に広がり、熊野川が流れる。 1889年(明治22年)4月1日- 熊野村として村制施行。 1918年(大正7年)10月1日- 町制施行。 1931年(昭和6年)4月1日- 安芸郡本庄村(現呉市)の川角、平谷地区を編入。 行政 町長:三村裕史 (2008年12月2日- ) 副町長:木谷健 (2010年4月1日-) 教育長:林保 産業 農業 特産品 熊野筆 化粧筆 黒豆 熊野町の企業 竹宝堂(熊野筆製造業) 株式会社白鳳堂(熊野筆製造業) 広島筆産業株式会社(熊野筆製造業) 有限会社竹田ブラシ製作所(化粧筆製造業) 株式会社一休園(熊野筆製造卸業) 株式会社仿古堂(文房四宝の卸業) 有限会社山富建設(建設業) 伊藤司法書士事務所 育峰堂(毛筆製造卸) 地域 人口 教育 = 高等学校 = 広島県立熊野高等学校 = 中学校 = 熊野町立熊野中学校 熊野町立熊野東中学校 = 小学校 = 熊野町立熊野第一小学校 熊野町立熊野第二小学校 熊野町立熊野第三小学校 熊野町立熊野第四小学校 隣接している自治体・行政区 広島市(安芸区) 呉市 東広島市 安芸郡海田町 交通 鉄道 山陽新幹線が町内の地下を貫いている。 (Wikipedia:熊野町)

熊野町ジャンクション
熊野町ジャンクション(くまのちょうジャンクション)は、東京都板橋区及び豊島区にある首都高速道路5号池袋線と中央環状線を結ぶジャンクションである。 周辺の地名は、板橋区熊野町、中丸町、豊島区池袋本町、池袋である。高架下は山手通りが地下、国道254号(川越街道)が地上を通る立体交差となっている。 連絡している路線 首都高速5号池袋線美女木JCT方面・首都高速中央環状線江北JCT方面 ⇔ 首都高速5号池袋線竹橋JCT方面・中央環状線西新宿JCT方面 構造 中央環状新宿線開通以前は5号池袋線の高松出入口の一部として利用されていたランプウェイが、中央環状新宿線が開通した際にそのままジャンクションとなった。そのため、中央環状線西新宿JCT方面と5号池袋線竹橋JCT方面は相互に連絡できない。 首都高速道路中央環状新宿線方面から中央環状王子線方面へ通過する際には(逆も同様)、当JCTと板橋JCTの間で5号池袋線の本線を平面交差する必要がある。 (Wikipedia:熊野町ジャンクション)

熊野町ジャンクション火災事故
熊野町ジャンクション火災事故(くまのちょうジャンクションかさいじこ)は、2008年8月3日に首都高速道路で発生したタンクローリー横転事故である。 事故概要 2008年8月3日日曜日午前5時52分、5号池袋線下りを走行中のタンクローリーが、熊野町ジャンクション内の急な右カーブを曲がり切れずに横転、左側側壁に衝突した。 タンクローリーは群馬県高崎市の運送会社、多胡運輸所有で、東京都江東区の油槽所から埼玉県さいたま市のガソリンスタンドに向けてガソリン16キロリットル、軽油4キロリットルを輸送していた。 この事故で運転手は腰を強く打ち重傷、積み荷は5時間半あまりに渡って炎上し、11時34分に鎮火した。 火災の熱により上下2階建て構造で上を走る上り線の路面がゆがみ、鉄製の橋桁が長さ40mに渡って変形、最大60cm沈み込んだ。また、熊野町ジャンクションの近隣のマンションの外壁が火災の熱で焼けるという単独車両による事故としては国内史上最大規模の損壊事故となった。 (Wikipedia:熊野町ジャンクション火災事故)


熊野町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

熊野町 - アマゾン検索


「熊野町」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す