[PR]

日別キーワード

第27位  千羽鶴 - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



千羽鶴
千羽鶴(せんばづる)は、最も有名な折り紙である折り鶴を1000羽作り、糸などで綴じて束ねたもの。長寿のシンボルでもある折り鶴を1000羽折ることで、病気快癒・長寿がかなうという俗信があり、入院者への贈り物などとしてよく用いられる。 広島市への原子爆弾投下で被爆し、原爆症で死亡した佐々木禎子が自らの延命を祈って作ったことから、平和のシンボルにもなっている。世界中から送られてくる年間約10トンの千羽鶴が広島平和記念公園にある原爆の子の像の周りに手向けられている。 少人数で千羽鶴を折るのには相当の時間がかかるため、時間がない人のために、完成した千羽鶴の通信販売を行っているウェブサイトもある。 千羽鶴に関する俗説 千羽鶴に用いる折り鶴の首の部分を折らない方がよいという俗説が流布している。「首を折る」という表現が死を連想させて不吉と考えるためだが、本来は首を折って折り鶴を完成させるのが正しい作り方である。 千羽鶴製作に関わる内職商法 「千羽鶴を作れば報酬が支払われる」という名目の悪徳商法(内職商法)がある。 (Wikipedia:千羽鶴)

千羽鶴折形
『秘傳千羽鶴折形』より : 秘伝千羽鶴折形(ひでんせんばづるおりかた、秘傳千羽鸖折形)とは、1797年(寛政9年)京都の吉野屋為八によって初版が発行された、連鶴49種を集めた書のことである。連鶴の作者は、伊勢国桑名の長円寺11世住職・義道一円(ぎどういちえん、1762年 - 1834年、漢詩を書く際の号は魯縞庵(ろこうあん))である。編著者は「東海道名所図会」などで知られる秋里籬島(あきさとりとう)、絵師は竹原春泉斎。木版一色刷りで、現代の文庫本とほぼ同サイズの和綴じ本である。これは、現存する世界で最も古い遊戯折り紙の本と言われている。また、この折り方は「桑名の千羽鶴」として桑名市の無形文化財に指定されている。 千羽鶴折形には、全部で49種の連鶴の作り方が掲載されている。更に原本の挿絵には50番目の作品(拾餌に似ている)と51番目の作品(釣りふねに似ている)が描かれている。それぞれの完成形には、和名の銘と、その銘にちなんだ恋に関する狂歌が添えられている。作品の作り方として紙にどのような切り込みを入れるかどうかは開いた紙に実線を入れることで示されている。 (Wikipedia:千羽鶴折形)


千羽鶴 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

千羽鶴 - アマゾン検索


「千羽鶴」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す