[PR]

日別キーワード

第64位  三菱リージョナルジェット - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



三菱リージョナルジェット
MRJ(三菱リージョナルジェット、英: Mitsubishi Regional Jet)は、三菱航空機を筆頭に開発・製造が進められている小型旅客機。 現在の名称が決定する2007年2月以前の構想・計画段階では、「環境適応型高性能小型航空機」などの名称で呼ばれていた。 三菱重工業を筆頭に日本製の小型旅客機として計画が開始された。2008年の全日空からの受注を受け、三菱航空機として事業を子会社化し、開発・製造が進められている。2014年には日本航空と32機の導入について基本合意に至り、2015年1月に正式契約を締結した。 2014年10月18日にロールアウト(完成披露式典)、初飛行は2015年11月11日に愛知県営名古屋空港で行われ午前9時35分頃離陸した。離陸後は太平洋上にある防衛省の訓練空域で、航空機の基本動作である降下・上昇・旋回等を行い午前11時2分頃に同空港に無事着陸。1時間27分に及ぶ初飛行を終えた。MRJは、経済産業省が推進する事業の一つであった新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が提案した環境適応型高性能小型航空機計画をベースとして、三菱航空機が独自に進める日本初のジェット旅客機である。 (Wikipedia:三菱リージョナルジェット)


三菱リージョナルジェット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

三菱リージョナルジェット - アマゾン検索


「三菱リージョナルジェット」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す