[PR]

日別キーワード

第69位  SDガンダム - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



SDガンダム
SDガンダム(エスディーガンダム、Super Deformed Gundam)は、アニメ作品『機動戦士ガンダム』に端を発するガンダムシリーズに登場したメカや人物などを、頭が大きく手足が短い低頭身で表現したキャラクター、およびそれを用いた作品群の総称である。 1985年6月にガシャポンで売られる塩化ビニール製の人形として最初の「SD(スーパー・ディフォルメ)ガンダム」と称した商品が発売。2頭身で表現されたキャラクターの可愛らしさ、豊富な種類によるコレクション性も手伝って、ガンダムシリーズの主なファンである少年、青年以外の層にまでその人気は広がり、年少者には複雑でわかりにくいガンダムシリーズへの導入のきっかけとなった。 当初はガンダムシリーズのキャラクターをそのままディフォルメ化した作品だった。後に架空の戦国時代を舞台とした「SD戦国伝(武者ガンダム)」や、当時一般化していたロールプレイングゲーム風のファンタジー世界が舞台となった「SDガンダム外伝(騎士ガンダム)」など、元のガンダムの世界を飛び越えた作品が現れる。 (Wikipedia:SDガンダム)

SDガンダムフォースの登場人物
SDガンダムフォースの登場人物では、テレビアニメ『SDガンダムフォース』およびその派生作品に登場する架空の人物・キャラクターを列挙する。 ゲーム『SDガンダムフォース 大決戦! 次元海賊デ・スカール!!』のキャラクターは該当記事を参照。 武器及び必殺技はSDガンダムフォースの武器・必殺技を参照。 ガンダムフォース メインメンバー シュウト 声 - 朴璐美 / 未来(27歳):神谷浩史 ネオトピアの郊外に住む小学4年生(10歳)の男の子で、元気一杯で真っ直ぐな性格。ダークアクシズ侵攻の場所に居合わせ、キャプテンに助けられた後、ソウルドライブを起動させてしまったことがきっかけとなり、彼のパートナーとなった。さらにハロ長官に意気込みを認められて、ガンダムフォースの特別隊員としてキャプテン達を応援するようになった。キャプテンガンダムのソウルドライブを発動させるには、基本的にシュウトの声援が欠かせない。時には単身で勇敢にダークアクシズへと立ち向かうこともあり、その行動が勝利の糸口となることも多い。 (Wikipedia:SDガンダムフォースの登場人物)

SDガンダムフルカラー劇場
『SDガンダムフルカラー劇場』(エスディーガンダムフルカラーげきじょう)は、あずま勇輝の漫画作品。アニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」のうち、「SDガンダムシリーズ」に属するギャグ漫画作品。講談社の児童向け漫画雑誌「コミックボンボン」において、1997年11月号から2007年12月号(最終号)まで連載された。ボンボンの休刊に伴って一旦休止となり、2008年発売のテレビマガジンまんが増刊号「テレまんがヒーローズ」にて再開。それに合わせてタイトルロゴのみ『SDガンダムフルカラー劇場TM』に変更され一旦は続けられたものの、5号2009年夏号で終了した。単行本11巻で描き下ろしが掲載された。 2006年1月号よりボンボンの誌面が大判化され、多くの作品が終了した中、休刊まで連載が続けられた数少ない作品。 連載開始当初は『SDガンダムくろにくる』という題名であったが、これは連載開始当時のコミックボンボンでガンダムの映像作品を紹介する『ガンダムクロニクル』というコーナーがあったためである。 (Wikipedia:SDガンダムフルカラー劇場)

SDガンダムフォース
『SDガンダムフォース』(エスディーガンダムフォース、Superior Defender Gundam Force)は、2003年にアメリカで先行放送され、2004年1月7日から12月29日までテレビ東京系列で放送されたテレビアニメ。同時期にBSジャパンでも時差放送された。通称『SDGF』。 TVアニメガンダムシリーズの10作目にして、ガンダム生誕から25周年という節目に製作された、SDガンダム諸作品のうち、サンライズ谷原スタジオが母体となり、当初からTVアニメーションとして制作された初の作品日本TVアニメ史上初のフル3DCGアニメーションでもある。バンダイがアメリカにおいてSDガンダムの商品展開するにあたって企画・製作されたもののため、アメリカで先行放送され、製作の基準もアメリカの基準に則っている部分が多い。ただし、アメリカでは第2クール(26話)までの放送に終わっている。 その商品展開上の性質から、原則として登場する人物以外のキャラクターは、ガンダムシリーズの中でも過去にアメリカでTV放送済みか、または正規映像ソフトがアメリカで発売済みの作品をモチーフとするものとされている。 (Wikipedia:SDガンダムフォース)

SDガンダムフォースの登場勢力
SDガンダムフォースの登場勢力(-とうじょうせいりょく)はアニメ『SDガンダムフォース』に登場する組織、国家について記述する。
市長はマーガレット・ギャザームーン。中心部には街のシンボルであるネオトピアタワーが聳え立っている。人とロボット(SDガンダムフォース#用語集 モビルシチズン)の共存を実現した理想郷とよばれる都市で、市長の意向により芸術活動も盛んなようである。また、あらゆる武器の携行や使用は一切禁止されている。エピソードテーマは「友情」。
その昔、ネオトピアになる前のこの国では人型兵器(モビルスーツを彷彿させる)を使った悲惨な戦争が起こり、荒廃し滅びかけていた。この反省をキッカケに、ロボットと人間が豊かに暮らせる理想郷をと作られたのがこのネオトピアである。このため、武装火器の携帯を禁ずるだけでなく、リアル等身のロボットは作ってはいけないという法律があり、リアル等身のロボット達は戦争による悲劇の戒めとしてネオトピアタワーの下に埋葬されている。
(Wikipedia:SDガンダムフォースの登場勢力)

SDガンダム外伝 聖機兵物語
SDガンダム外伝 聖機兵物語編(エスディーガンダムがいでん せいきへいものがたりへん)は、バンダイの玩具カードダスを中心とした企画。騎士ガンダムシリーズの第三作である。 騎士ガンダムシリーズの第三弾。登場人物は主に『機動戦士ガンダム0083』『機動戦士ガンダムF91』などのキャラクターや兵器がモデルになっている。また『ジークジオン編』、『円卓の騎士編』のキャラクターも多数登場している。 本作ではいわゆる巨大ロボットである機兵が登場、プラモデルの発売なども相まって人気となり、以降のSDガンダム外伝シリーズでも機兵またはそれに類するものが登場するようになった。外部展開として映画・設置型のアーケードゲームが作成された。 機兵含め以降の騎士ガンダムシリーズの基礎設定となる物語で、次回作『機甲神伝説』では再び同じ地域で、聖機兵物語とほぼ同一のキャラクターがそのまま移動。機兵という概念も以後現時点での最終話まで続く。 『SDガンダム外伝』は、カードダスおよびカードダスハーフ・漫画・アニメなどでそれぞれ設定が異なるので、本項ではカードダス・カードダスハーフの設定で統一し、漫画・アニメ等での設定は個別に記入する。 (Wikipedia:SDガンダム外伝 聖機兵物語)

SDガンダム外伝 聖機兵物語編
『SDガンダム外伝 聖機兵物語』より : SDガンダム外伝 聖機兵物語編(エスディーガンダムがいでん せいきへいものがたりへん)は、バンダイの玩具カードダスを中心とした企画。騎士ガンダムシリーズの第三作である。
騎士ガンダムシリーズの第三弾。登場人物は主に『機動戦士ガンダム0083』『機動戦士ガンダムF91』などのキャラクターや兵器がモデルになっている。またSDガンダム外伝 ジークジオン編 ジークジオン編、SDガンダム外伝 円卓の騎士編 円卓の騎士編のキャラクターも多数登場している。
本作ではいわゆる巨大ロボットである機兵が登場、プラモデルの発売なども相まって人気となり、以降のSDガンダム外伝シリーズでも機兵またはそれに類するものが登場するようになった。一方でこれまでのシリーズの世界観にそぐわないとして、否定的なファンも少なくない。
(Wikipedia:SDガンダム外伝 聖機兵物語編)

SDガンダム外伝 円卓の騎士編
『SDガンダム外伝 円卓の騎士編』(エスディーガンダムがいでん えんたくのきしへん)は、バンダイの玩具カードダスを中心とした企画。「騎士ガンダムシリーズ」の第二作である。 『ジークジオン編』に続く騎士ガンダムシリーズの第二弾。前作とは世界観を共有しつつキャラクターを一新している。物語はタイトルの通り『アーサー王物語』がモデルである。 ブリティス王国側のキャラクターは『機動戦士ガンダムF91』とジークジオン編で登場しなかった『機動戦士ガンダム』から『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のキャラクターや兵器が、ザビロニア帝国側は『機動戦士ガンダム』の登場人物と『機動戦士ガンダムF91』のモビルスーツが中心にモデルとなっている。 物語の時間構成がプロローグ含め七年と、騎士ガンダムシリーズの中でもっとも長いものとなっている(舞台を同国で済ませた『聖機兵物語』・『機甲神伝説』と『黄金神話』・『鎧闘神戦記』はそれぞれ1年 - 2年以内の時間枠で終了している。 (Wikipedia:SDガンダム外伝 円卓の騎士編)

SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士
SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士(エスディーガンダムがいでん ナイトガンダムものがたりツー ひかりのナイト)は、1991年10月12日にバンダイから発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用コンピュータRPG ロールプレイングゲームゲームソフト ソフト。『SDガンダム外伝 ジークジオン編』の第3弾と第4弾が題材となっている。
全6章仕立て。前章のキャラクターが合流する章では、レベルや装備が引き継がれる。操作方法が前作『SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語』の『ドラゴンクエストシリーズ ドラゴンクエスト』方式から『ファイナルファンタジーシリーズ ファイナルファンタジー』方式に改められた。移動キャラクターが他のRPGに比べると大きく、移動速度も速いため快適なプレイが可能。
(Wikipedia:SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士)

SDガンダム外伝 ジークジオン編
SDガンダム外伝 ジークジオン編(エスディーガンダムがいでん ジークジオンへん)は、バンダイの玩具カードダスを中心とした企画。騎士ガンダムシリーズの第一作である。 SDガンダムのデザインを行っていた横井孝二による騎士風のSDガンダムのイラストを元に、ロールプレイングゲーム風の物語として展開したもの。 登場人物は主に『機動戦士ガンダム』『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のキャラクターや兵器がモデルになっている。後の騎士ガンダムシリーズと比較し、設定時期、時代ともに各ストーリーがそれぞれ独立した内容となっており(円卓の騎士編・聖機兵物語編等のように一貫した物語の流れではなく)、発表当時主流だったファミコン・スーパーファミコンでのストーリー展開のようなロールプレイングゲーム仕立てになっている。 (Wikipedia:SDガンダム外伝 ジークジオン編)

SDガンダム スカッドハンマーズ
Title SDガンダム スカッドハンマーズ
Genre アクション Plat Wii
Dev ベック (ゲーム会社) ベック(チームアカネコ)
Pub バンダイナムコゲームス
Play 1人
Media 12cm光ディスク
Date 2006年12月2日
Price 6,090円(税込)
Rating CERO:A(全年齢対象)
『SDガンダム スカッドハンマーズ』(えすでぃーがんだむ すかっどはんまーず、”SD GUNDAM SCAD HAMMERS”)は、2006年12月2日にバンダイナムコゲームス(バンダイレーベル)から発売されたWii専用ソフト。ハードの発売日と同時に発売されたローンチタイトルの一本である。
プレイヤーはモビルスーツを操作し、地上、コロニー、宇宙を舞台とするミッションをクリアしていく。本作では原作でガンダムの主兵装であったビームライフルやビームサーベルなどの武器は一切使用できず、あまりにも荒唐無稽なため後のシリーズでは採用されていないハンマー(モーニングスター 鎖付き鉄球)を主武装として戦うことになる。ハンマー以外にも、ヌンチャクを振ることで使用できるタックルや、特殊アイテムであるミサイルやフィン・ファンネルなどで相手を攻撃できるが、それらはあくまで補助的な使用に留まる。
(Wikipedia:SDガンダム スカッドハンマーズ)

SDガンダムフォース絵巻 武者烈伝 武化舞可編
SDガンダムフォース絵巻 武者烈伝 武化舞可編(エスディーガンダムフォースえまき むしゃれつでん ぶかぶかへん)は、武者ガンダムシリーズの第16作である。 『SD戦国伝 武者七人衆編』のリメイク版。武者七人衆の名前とデザインを継承した光の七人衆が登場、設定上は武者七人衆の子孫である。一方で『武者○伝』からのコミカルキャラクター路線も引き継いでおり、光の七人衆の子供達である烈火隊が本作の主人公である。 『武者七人衆編』のリメイク的作品でありつつ、遥か未来の子孫達の活躍を描いた作品であり、上記の七人衆をはじめとし敵味方それぞれ先祖の面影を色濃く残すキャラクターが登場する。人物設定は基本的に過去のものを踏襲しながらも、厳密には別人であるため、細かな部分で違いが存在するのはそのためである。例外的に機動武者 烈火大鋼と『武者烈伝・零』に登場する頑駄無真悪参(騎士ガンダム)のみかつてのキャラクターと同一の存在である。 『武者○伝』ではコミックボンボンを主軸に展開していたが、本作からは再びBB戦士付属の『コミックワールド』でも本編の物語が描かれるようになり、コミックワールドは超機動大将軍編以来9作品ぶりに今石進が担当している。 (Wikipedia:SDガンダムフォース絵巻 武者烈伝 武化舞可編)

SDガンダム GGENERATION
『SDガンダム GGENERATION』(エスディーガンダム ジージェネレーション)シリーズは、バンダイ(後のバンダイナムコゲームス)より発売されている「SDガンダム」を題材としたウォー・シミュレーションゲーム。 通称は「Gジェネ」。 1998年にPlayStation用ソフトとして第1作が発売され、以降様々なハードでシリーズ作品が発売されている。 前身となったのはスーファミターボで発売された『SDガンダムジェネレーション』シリーズ(開発はトムクリエイト)でその後同じくトムクリエイト開発の『SDガンダムエモーショナルジャム』も合流させる形でシリーズのシステム形態が確立されていった。2006年8月3日発売の『PORTABLE』より、バンダイのコンピュータゲーム事業を継承したバンダイナムコゲームスからの発売となる。 同じくガンダムシリーズを題材としたウォー・シミュレーションゲームである『機動戦士ガンダム ギレンの野望』シリーズが戦争全体を取り扱うリアリズム志向の戦略シミュレーションゲームであるのに対して、本作はガンダムシリーズの個々の戦いを再現する戦術シミュレーションゲームである。 (Wikipedia:SDガンダム GGENERATION)

SDガンダム Gジェネレーション
『SDガンダム GGENERATION』より : 『SDガンダム GGENERATION』(エスディーガンダム ジージェネレーション)シリーズは、バンダイ(後のバンダイナムコゲームス)より発売されている「SDガンダム」を題材としたウォー・シミュレーションゲーム。 通称は「Gジェネ」。 1998年にPlayStation用ソフトとして第1作が発売され、以降様々なハードでシリーズ作品が発売されている。 前身となったのはスーファミターボで発売された『SDガンダムジェネレーション』シリーズ(開発はトムクリエイト)でその後同じくトムクリエイト開発の『SDガンダムエモーショナルジャム』も合流させる形でシリーズのシステム形態が確立されていった。2006年8月3日発売の『PORTABLE』より、バンダイのコンピュータゲーム事業を継承したバンダイナムコゲームスからの発売となる。 同じくガンダムシリーズを題材としたウォー・シミュレーションゲームである『機動戦士ガンダム ギレンの野望』シリーズが戦争全体を取り扱うリアリズム志向の戦略シミュレーションゲームであるのに対して、本作はガンダムシリーズの個々の戦いを再現する戦術シミュレーションゲームである。 (Wikipedia:SDガンダム Gジェネレーション)

SDガンダム BB戦士
SDガンダム BB戦士(エスディーガンダム ビービーせんし)は、バンダイホビー事業部より発売されているSDガンダムのプラモデルシリーズ。 ガンダムシリーズのモビルスーツを二、三頭身で表現(デフォルメ)したSDガンダムのプラモデルシリーズ。1987年の発売開始から現在まで続く息の長い人気シリーズである。BB戦士の名前はBB弾の発射ギミックに由来する。実際にこのギミックを有しているのは初期に発売されたものがほとんどであり、その後はミサイルや矢などのBB弾以外の物を発射するギミックが中心となった。なお、現在は法律(PL法)改正の影響で発射ギミック自体があまり使用されておらず、代わって合体、変形、大きな可動範囲の実現など、多彩なギミックが盛り込まれるようになった。 当初はガンダマンやザックンなど、ガンダムシリーズに登場するモビルスーツをモデルにしたオリジナルキャラクター『BB戦士』として発売されたが、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の公開にあわせて同作に登場するモビルスーツのSD版を『SDガンダム BB戦士』として発売し、以後SDガンダムのプラモデルシリーズとして定着した。 (Wikipedia:SDガンダム BB戦士)

SDガンダム外伝 機甲神伝説
SDガンダム外伝 機甲神伝説(エスディーガンダムがいでん きこうしんでんせつ)は、バンダイの玩具カードダスを中心とした企画。騎士ガンダムシリーズの第四作である。 騎士ガンダムシリーズの第四弾。主要登場人物は、主に『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』や『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』などのキャラクターや兵器がモデルとなっている。 物語は人類とMSが存在していない時期のスダ・ドアカワールドへ滅亡した月の王国の王子、ルナガンダムとネオガンダムが逃げ延び、それを追いかける形で月の悪の軍勢(ゲルニカ)がやってくる。そしてはるかな月日の後に記憶を失ったネオガンダムがダバード王国へ現れる所から物語が始まる。 前作『聖機兵物語』の裏でジークジオンが暗躍していた事が明らかとなる。聖機兵の胸に刻まれたGPの文字、謎のアイテムのままで終わった砂の十字架といった伏線や、支配されたGP02との決着、精霊騎士となったGP01らの見せ場も多く存在し、事実上前作と連動した続編となっている。 (Wikipedia:SDガンダム外伝 機甲神伝説)

SDガンダム聖伝
SDガンダム聖伝(エスディーガンダムせいでん)は、バンダイの玩具カードダスを中心とした企画。騎士ガンダムシリーズの第八作である。
騎士ガンダムシリーズの第八弾であり、カードダスによる展開を中心とした騎士ガンダムシリーズとしては最後の作品である。シリーズを外伝から聖伝へと一新し、物語の舞台をスダ・ドアカ・ワールドからリオン・カージへと移した。カードダスのデザインを変え、カードダスの裏面には世界観設定を記述し、キャラクターをシンプルなデザインに統一し、聖機兵伝説より続いた機兵の存在を無くすなど様々な試みが行われた。しかし、売上不振などから関連商品が打ち切りとなり、惜しくもカードダスは第二章での終了となってしまった。漫画版は、第四章まで連載が行われ、物語は完結している。
(Wikipedia:SDガンダム聖伝)

SDガンダム列伝 ガンダム騎士団
『SDガンダム列伝ガンダム騎士団』(エスディーガンダムれつでんガンダムぱわーず)は、「コミックボンボン」(講談社)で連載された漫画作品。「コミックボンボン・ガンダム誕生20周年記念特別作品」であり、騎士ガンダムシリーズの第九弾である。
騎士ガンダムシリーズの第九弾にして、第一弾から長らく続いたほしの竜一による漫画版『騎士ガンダム』シリーズの最終作である。これまでの各作品群に登場してきたキャラクター達が主人公らの手によって「召喚」される形で次々と登場し戦いを繰り広げるという、シリーズの総決算の様相を呈している内容が特徴である。懐かしい歴代のキャラクター達の登場とその共演というファンサービスは読者を沸かせたが、同時に歴代のキャラクター達が次々と戦いの中で落命していく(しかも、登場した作品での活躍が嘘のようにあっけなく雑魚敵に殺害される例もあり)という、有る意味で漫画版『騎士ガンダム』らしいハードなストーリーを展開した。
(Wikipedia:SDガンダム列伝 ガンダム騎士団)

SDガンダム ムシャジェネレーション
SDガンダム ムシャジェネレーション(エスディー-)は、武者ガンダムシリーズの第12作である。 プラモデルBB戦士の組立説明書に掲載されている漫画『コミックワールド』と、『コミックボンボン』での漫画連載で展開された。神田正宏による武者ガンダム作品はこれが最後であるが、本作のみ未単行本化である。 これまでの作品において武者ガンダムは生命体として描かれていたが、本作では人間が乗る巨大ロボットとして登場している。本作発表当時はSDガンダム GGENERATIONシリーズが人気となっていた頃であり、本作もGGENERATIONの武者版というコンセプトで製作された。しかし、あまり人気は伸びずわずか半年で終了する結果となった。結末はSD戦国伝シリーズとのつながりを窺わせるものとなっている。 前作に引き続き各武者の名前は片仮名で表記されている。BB戦士でのキットは、BB戦士シリーズのGジェネレーションのキットへの金型流用前提のデザインで作られている。そのためか、今までのシリーズに比べて基となったMSのデザインに近い武者のラインナップとなっている。 (Wikipedia:SDガンダム ムシャジェネレーション)

SDガンダム外伝
『騎士ガンダム』より : 騎士ガンダム(ナイトガンダム)は、アニメ『機動戦士ガンダム』のキャラクターを二頭身で表現したSDガンダムの一つで、西洋の甲冑を纏った騎士の姿のガンダムのことである。 当時人気であったドラゴンクエストシリーズなどのロールプレイングゲームの要素をSDガンダムに取り入れたもの。SDガンダムのデザインを行っていた横井孝二による騎士風のSDガンダムのイラストが始まりとなり、そこから武者頑駄無同様独立したシリーズとして展開していった。 カードダスによる展開を主体としており、作品の主な舞台も「カードダス」を逆さ読みにした名称の「スダ・ドアカ・ワールド」と設定されている。この他、ガシャポンやプラモデル、漫画・アニメ・ゲームなど幅広い展開が行われた。 騎士ガンダムシリーズに登場するガンダムなどのモビルスーツ(ロボット)がモデルとなっているキャラクターは、武者ガンダム同様に機械(ロボット)ではなくあくまで一個の生物として描かれている。 (Wikipedia:SDガンダム外伝)


SDガンダム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

SDガンダム - アマゾン検索


「SDガンダム」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す