[PR]

日別キーワード

第86位  インセスト - 2018年07月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



インセスト
『近親相姦』より : 近親相姦(きんしんそうかん)は、近い親族関係にある者による性的行為である。日本語辞書や文学などの分野ではこの用語が用いられることが多い。ただし、臨床心理学などの分野で児童虐待問題に関連して扱われる場合は近親姦(きんしんかん)と呼ばれることも多い。英語では近い親族関係にある者による性的行為をインセスト(incest、ラテン語のincestusに由来)という。その他、近親者間の性的行為の中で合意の上でのものに限定してコンサングィナモリー (Consanguinamory) という。また人類学の一つであるジェンダー論においては兄弟レイプ、夫婦レイプなどレイプの一つとして扱われる。家庭内性暴力という言葉もあるが、この場合は家の使用人によるものも含まれる概念となる。 近親相姦は人類の多くの文化で禁忌扱いされるが、この現象のことをインセスト・タブーと呼ぶ。近親者間の性的行為は異性間、同性間を問わず発生し、また大人と子供、子供同士、大人同士のいずれも起こるが、その親族範囲や何をもって性的行為とみなすかに関しては文化的差異が大きく、法的に近親間の同意の上の性的行為を犯罪として裁くか否かに関しても国家間で対応が分かれる。 (Wikipedia:インセスト)

インセスト・タブー
『近親相姦』より : インセスト・タブー (Incest Taboo) とは近親相姦のタブー(禁忌)のことを指す。近親相姦のタブー視はしばしば見られる現象であるが、その原因については一致した見解をみない。インセスト・タブーと一口に言っても、近親相姦それ自体を禁忌視する社会もあれば、近親相姦を姦通としてしか捉えない社会もあり、近親婚に関連したものとしては中国の同姓不婚のように父系親族婚をひとからげに禁じようとする社会もあった。 文化的状況 近代文明においていつ頃から近親相姦が禁止されたのかは不明である。クロード・レヴィ=ストロースは遺伝的には同じ親等なのに交差いとこ婚が認められ平行いとこ婚が認められない慣習が各地にあることから、ヨーロッパでは16世紀以前には近親婚禁止の遺伝的理由付けは行われていなかったとする。だが、ミシェル・フーコーは『性の歴史』第二部で子供の発育が悪くなるというソクラテスの言葉を引いている。混同して扱われることもあるが、インセスト禁忌はあくまで性的規則であって婚姻規則とは重ならないという指摘も存在する。 (Wikipedia:インセスト・タブー)


インセスト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

インセスト - アマゾン検索


「インセスト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す