[PR]

日別キーワード

第41位  天才バカボン - 2018年07月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



天才バカボン
『天才バカボン』(てんさいバカボン)は、赤塚不二夫とフジオプロのギャグ漫画である。赤塚の代表作であり、これまで4回にわたってテレビアニメ化され、劇場用アニメやテレビドラマも制作されている。 初出は1967年4月9日発行の『週刊少年マガジン』。『週刊少年サンデー』『週刊ぼくらマガジン』と連載雑誌の断続的な切り替えなどを行い『月刊少年マガジン』1978年12月号で一応の完結を見るが、その後も現在に至るまで単なるギャグ漫画の枠を越え、単行本、テレビ、CMなど各種メディアに取り上げられている。また作品自体も、何度かにわたり『コミックボンボン』などで再執筆され、『ボンボン』では2006年12月号まで傑作選が掲載されていた。傑作選は当時の再録だが、時代にそぐわないセリフや過激な下ネタなどは差し替えられていた。 2007年10月17日、連載開始40周年を記念して、連載を取り合ったライバル出版社の講談社と小学館が協力し、ベスト集『天才バカボン THE BEST』2冊を発売。 (Wikipedia:天才バカボン)

天才バカボン (アニメ)
『天才バカボン』は、赤塚不二夫の漫画『天才バカボン』を原作としたテレビアニメ。『天才バカボン』のアニメ化作品の1作目である。よみうりテレビ、東京ムービー制作。1971年9月25日 〜 1972年6月24日、毎週土曜日19:00〜19:30放送。全40回(全79話)。 作品概要 “スポ根アニメの金字塔”と称され、およそ3年半に及ぶ長期の人気に支えられた『巨人の星』の後番組として、同じ東京ムービーで製作された。1959年10月スタートの『頓馬天狗』以来続いた、土曜日午後7:00 - 7:30枠のよみうりテレビ制作「大塚製薬一社提供番組」としては最後の作品となった。 原作では登場人物が死亡したり、殺害する(される)描写、残酷描写や、暴力的表現も数多く見られたが、アニメ化に際しては大幅に書き換えられている。 キャラクターデザインや人物造形については原作をほぼ踏襲している(「本官さん」のみ本作品用に描き改められ、1つだけだった鼻の穴が普通に2つ付いており、更に目玉がつながっていない。 (Wikipedia:天才バカボン (アニメ))


天才バカボン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

天才バカボン - アマゾン検索


「天才バカボン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す