[PR]

日別キーワード

第66位  北大西洋条約機構 - 2018年07月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



北大西洋条約機構
北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー) と呼ばれ、ドイツ語圏では NATO(ナトー) 、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語等圏では OTAN(オタン) と呼ばれる。 設立の経緯 第二次世界大戦が終わり、東欧を影響圏に置いた共産主義のソビエト連邦との冷戦が激しさを増す中で、イギリスやフランスが主体となり、1949年4月4日締結の北大西洋条約により誕生した。結成当初は、ソ連を中心とする共産圏(東側諸国)に対抗するための西側陣営の多国間軍事同盟であり、「アメリカを引き込み、ロシアを締め出し、ドイツを抑え込む」(=反共主義と封じ込め)というヘイスティングス・イスメイ初代事務総長の言葉が象徴するように、ヨーロッパ諸国を長年にわたって悩ませたドイツの問題に対するひとつの回答でもあった。 (Wikipedia:北大西洋条約機構)

北大西洋条約機構によるバルト三国の領空警備
2004年3月29日にバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)はNATOに加盟した。これらの国は、ソ連崩壊後の経済混乱の影響もあり、国家財政が疲弊し、有効な航空戦力を保持していなかった。
そのため、NATO加盟諸国が戦闘機部隊を順次派遣し、交代でバルト三国における領空警備任務を行うこととなった。戦闘機部隊の派遣は2004年3月30日にベルギー空軍の4機のF-16戦闘機が派遣されたことを皮切りに、3ヶ月交代で行われている。戦闘機部隊はリトアニアの空軍基地でスクランブル待機状態に置かれ、識別不明機に対する要撃などを行っている。
2004年10月30日 File:Flag of the United Kingdom.svg 20px イギリス空軍 トーネードADV トーネード F3
2005年 3月30日 File:Flag of the Netherlands.svg 20px オランダ空軍 F-16
(Wikipedia:北大西洋条約機構によるバルト三国の領空警備)


北大西洋条約機構 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

北大西洋条約機構 - アマゾン検索


「北大西洋条約機構」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す