[PR]

日別キーワード

第99位  エッチング - 2018年07月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



エッチング
エッチング (英:Etching) とは、化学薬品などの腐食作用を利用した塑形ないし表面加工の技法。使用する素材表面の必要部分にのみ防食(防錆)処理を施し、腐食剤によって不要部分を溶解侵食・食刻することで目的形状のものを得る。 銅版による版画・印刷技法として発展してきた歴史が長いため、銅や亜鉛などの金属加工に用いられることが多いが、腐食性のあるものであれば様々な素材の塑形・表面加工に応用可能である。 金属の試験片を腐食液;ナイタール(エタノールと硝酸の混合液)などによって表面を腐食することで、金属組織の観察や検査などに用いられている。 フォトエッチング 光硬化樹脂にパターンを露光する事でマスキングする。現在、大半のマスキングに用いられる。 版画・印刷 防食処理を施した銅板の表面を針で削り、その後腐食させることで凹版を得るのに使用する。腐食作用を通じて間接的に版を加工するので、凹版画技法のなかではさらに、間接法に分類される。直接銅板に線を彫っていく直接法よりも線を意のままに描きやすい。詳しくは版画を参照。 電子回路 プリント基板(Printed Circuit Board)の作成に用いられる。 (Wikipedia:エッチング)

エッチングパーツ
模型用部品としてのエッチングパーツは金属板に光硬化樹脂を塗布し、露光する事によってマスキングすることにより、不要な部分を薬液(塩化第二鉄水溶液)によって溶かし、必要な形状の部品を作製したものをいう。なお、エッチングパーツとは和製英語で、英米ではフォトエッチ(Photo etch)という呼称が一般的である。 強度的な問題から、インジェクションキットよりも数段高い精密なパーツを提供できることで、ハイエンドユーザーに人気がある。作製には通常のインジェクションキットとは異なる技量が必要になることや、キットその物に近い(場合によってはキットの価格の倍以上の物も存在する)高価な価格設定により気軽に扱えるものではなかったが、最近は低価格化と製作技法・道具の普及によって市販のプラモデルに付属するまでになっている。 そのプロセスの特性上、平面的な部品の生産には適しているが三次元的な立体的な形状の部品の製作には適さない。また比較的高価な為、別売りのオプションパーツとして供給される例が多い。 エッチングパーツは、主に薄くて形状の複雑な部分の再現に用いられる。 (Wikipedia:エッチングパーツ)


エッチング - 関連ブログ

データが取得できませんでした

エッチング - アマゾン検索


「エッチング」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す