[PR]

日別キーワード

第1位  マンジュキッチ - 2018年07月13日


関連するイメージは見つかりませんでした




マンジュキッチ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  人間性 - 2018年07月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



人間性心理学
人間性心理学(にんげんせいしんりがく、英語:humanistic psychology)とは、それまで支配的であった精神分析や行動主義とは対照的に、主体性・創造性・自己実現といった人間の肯定的側面を強調した心理学の一群の潮流のことを指して言うものである。ヒューマニスティック心理学とも呼ばれる。 提唱者であるアブラハム・マズローは、精神分析を第一勢力、行動主義を第二勢力、人間性心理学を第三勢力と位置づけた。人間性心理学は人間性回復運動の支柱ともなった。 代表的な人間性心理学者には、前述のマズローの他、カール・ロジャーズ、ゲシュタルト療法家のフレデリック・パールズなどがおり、また、ロロ・メイや個人心理学の創始者アルフレッド・アドラーをこれに加える向きもある。 人間性心理学に属する理論・療法には、実存分析、現存在分析、マズローの自己実現理論、来談者中心療法、ゲシュタルト療法、交流分析、エンカウンターグループ、フォーカシングなどがある。 (Wikipedia:人間性心理学)


人間性 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  大河ドラマ - 2018年07月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



大河ドラマ
大河ドラマ(たいがドラマ)は、1963年からNHKが毎年異なるテーマで制作・放送しているテレビドラマシリーズ。NHK大河ドラマとも呼ばれる。現在(2010年代)、制作・放送されている最新作は字幕放送(NHKの日本国内向けの放送のみ)と、連動データ放送(デジタル総合・BSプレミアムのみ)付きである。 1984年から1986年にかけて放送されたNHK新大型時代劇と2009年から2011年にかけて放送されたスペシャルドラマ「坂の上の雲」についてもこの項で述べる。 主に日本史上の人物や事件などをテーマに、基本的に毎年1月から12月の1年間を通して放送される。なお、実在しない人物が登場することも多く、作品によっては主人公が架空の人物の場合さえもある。また、昔の人物や事件が多いものの、明治維新以降の時代を描いた厳密には時代劇ではない作品も存在する。 年末には総集編(ダイジェスト版。全部で3、4時間程度)も製作される。作品によっては翌年に放送されたケースもある。以前は総集編が放送された後で全話を再放送することはあまりなかったが、スカパー!の専門チャンネルにおいて、全話が放送されたり、NHK BSプレミアムで再放送されたりするケースも多くなってきている。 (Wikipedia:大河ドラマ)

大河ドラマ板
2ちゃんねる掲示板=大河ドラマ板
愛称=大河板など
カテゴリ名=テレビ等
サーバー名=namidame
フォルダ名=nhkdrama
書き込み数=
書き込み数の時点=
関連板名=時代劇板、NHK板など
開設日=
開設理由=
名無しの名前=日曜8時の名無しさん
ID制度=強制表示
大河ドラマ板(たいがドラマいた)は匿名掲示板2ちゃんねるにある電子掲示板 板の一つ。
日本放送協会 NHKにて放送されている大河ドラマ作品について語る。
2007年12月3日 - live25からlive27に移転。
この板は実況サーバーに属するため、保守の難しい旧作品については時代劇板も可能とする。
時代劇板にある旧作の大河ドラマスレをこの板に強制移動させることや、この板にある旧作の大河ドラマスレを時代劇板に強制移動させることは禁じられている。
(Wikipedia:大河ドラマ板)


大河ドラマ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  大洲市 - 2018年07月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



大洲市
大洲市(おおずし)は、愛媛県の南予地方に位置する市。「伊予の小京都」と呼ばれる。肱川の流域にある大洲城を中心に発展した旧城下町である。 地理 肱川の中下流域からなり、特に旧大洲地域は肱川と矢落川とが合流する地点で盆地を形成している。さらにその下流に向かっては谷を形成しつつ、長浜地域にて伊予灘に注ぎ込む。山は、肱川支流の河辺川源流では標高1000mを越える地点もあるが、それ以外は500〜800mの比較的なだらかな山々が連なっている。 山: 金山出石寺、壷神山、冨士山、神南山 河川: 肱川、河辺川、久米川、矢落川、大和川 島: 青島 気候 盆地型で、霧が発生しやすい。肱川河口(長浜)では、肱川あらしという現象が観察される。 台風等の来襲は少ないものの、肱川は下流で狭まっていることから、大洲盆地でボトルネックとなり、大雨が続くと増水しやすく、過去に何度も浸水被害に見舞われている。 沿革 藩政期大洲藩 明治以降 1888年(明治21年) - 大洲城天守閣取り壊し(他の城郭に比べて遅かったのは民間の所有に移っていたため)。 (Wikipedia:大洲市)


大洲市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  DQN - 2018年07月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



DQN
DQN(ドキュン)とは、日本語の文脈で使われるインターネットスラング・蔑称の一つである。 ヤンキー(不良)もしくは、軽率そうな者や実際にそうである者や粗暴そうな風貌をしている者や実際に粗暴な者、また、非常識で知識や知能が乏しい者を指すときに用いられる。 2010年の調査では、一般的なインターネットスラングであるとみなされている。1994年から2002年までテレビ朝日で放送されていた番組『目撃!ドキュン』が由来とされる。目撃ドキュンの内容は、離婚などで生き別れの親子が対面などというものであった。そのため、ヤンキーのことを、「15歳で結婚して子供が生まれて、20歳になったら離婚して、40歳になったら目撃ドキュンにでている人たち」という意味でDQNと2ちゃんねるを中心に呼ぶようになった。 メディアでの取り上げられ方の一例 プロバイダ責任制限法の関連の情報を伝えるプロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会が、2007年2月に策定(2011年9月改訂)した「発信者情報開示関係ガイドライン」の中で、「DQN」がその他の表現と並んで「いずれも侮蔑的な表現を使って原告を誹謗中傷する内容であると認められ、原告の社会的地位を低下させるものであると認められる」(東京地裁平成15年(2003年)9月17日判決、控訴審東京高判平成16年(2004年)1月29日も結論を維持)と判示され、初めて司法の場によって「DQN」が侮蔑語として認められたことが示されている。 (Wikipedia:DQN)

DQNカー
『』より : (Wikipedia:DQNカー)


DQN - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す