[PR]

日別キーワード

第1位  浅利慶太 - 2018年07月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



浅利慶太
浅利 慶太(あさり けいた、1933年3月16日-)は、日本の演出家、実業家である。劇団四季創設者の一人で、劇団の運営・管理に当たる四季株式会社の代表取締役社長・会長・芸術総監督をつとめた。 東京都出身。永田町小学校(現麹町小学校)、慶應義塾高等学校、慶應義塾大学文学部仏文学専攻中退。特選塾員。慶應義塾評議員。 来歴・人物 1953年7月、慶應義塾大学、東京大学の学生を中心に劇団四季を結成した。主に、ジャン・アヌイやジャン・ジロドゥ等フランス文学作品を上演する。その後東京田辺製薬にて宣伝・広告などのアルバイトをしながら、日本テレビの「ジャングル・ジム」の吹き替えアテレコに劇団として参加した。 また、1958年には、石原慎太郎、江藤淳、谷川俊太郎、寺山修司、永六輔、黛敏郎、福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、60年安保に反対した。だが、後に思想的には保守化する。 1961年、日生劇場製作営業担当取締役に就任。1969年、日本ゼネラルアーツを設立。1966年から1975年まで越路吹雪リサイタル公演を日生劇場において演出した。 (Wikipedia:浅利慶太)


浅利慶太 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Jリーグ - 2018年07月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



Jリーグ
『日本プロサッカーリーグ』より : 日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英語: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英語: J. League)。主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJリーグに加盟する各クラブ。 1993年に10クラブで開始し、1998年までは1部のみの「Jリーグ」として最大で18クラブによって開催された。1999年からJリーグ ディビジョン1(現J1リーグ)とJリーグ ディビジョン2(現J2リーグ)の2部制に移行、2014年にJ3リーグ(J3)が創設された。 2016年シーズン開始時点で、日本国内の38都道府県に本拠地を置く53クラブ(J1:18、J2:22、J3:13)が入会、また、日本フットボールリーグ(JFL)などのカテゴリーに属するJリーグ百年構想クラブが7クラブ認定されている。 (Wikipedia:Jリーグ)

Jリーグの外国籍選手一覧
Jリーグの外国籍選手一覧。在籍中に日本に帰化した選手が帰化後に移籍したチームは表記しない。 北海道コンサドーレ札幌 DF ペレイラ (1996年-1998年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マラドーナ (1997年-1998年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW バルデス (1997年-1998年、パナマの旗 パナマ) MF バウテル (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) MF クレーベル (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アシス (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) FW リカルジーニョ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ビジュ (1999年-2002年ブラジルの旗 ブラジル) FW ジネイ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アウミール (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エメルソン (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ウィル (2001年、2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アダウト (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) DF マクサンドロ (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ロブソン (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW バーヤック (2002年、ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア) MF ジャディウソン (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ホベルッチ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ベット (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ビタウ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アンドラジーニャ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ウリダ (2003年、オランダの旗 オランダ) MF 徐暁飛 (シュ・シャオフェイ) (2005年、中華人民共和国の旗 中国) FW デルリス (2005年、パラグアイの旗 パラグアイ) FW フッキ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF セバスティアン (2006年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) DF ブルーノ・クアドロス (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ダヴィ (2007年-2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF カウエ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW イタカレ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アルセウ (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ノナト (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF クライトン (2008年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アンデルソン (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エジソン (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW キリノ (2009年-2010年・2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ハファエル (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ダニルソン (2009年、コロンビアの旗 コロンビア) DF 趙晟桓 (チョウ・ソンファン) (2009年-2010年、韓国の旗 韓国) MF 朴鎭琇 (パク・ジンス) (2010年、韓国の旗 韓国) GK 李昊乗 (イ・ホスン)(2011年-2014年、韓国の旗 韓国) DF チアゴ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ブルーノ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アンドレジーニョ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジオゴ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW レモス (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジェイド・ノース (2012年、オーストラリアの旗 オーストラリア) DF ジュニーニョ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 金載桓 (キム・ジェファン)(2012年、韓国の旗 韓国) MF ハモン (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW テレ (2012年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) DF パウロン (2013年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 趙成眞 (チョ・ソンジン)(2013年、韓国の旗 韓国) FW フェホ (2013年、ブラジルの旗 ブラジル) FW レ・コン・ビン (2013年、ベトナムの旗 ベトナム) MF ヘナン (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 丁成勳 (チョン・ソンフン)(2014年、韓国の旗 韓国) MF ステファノ(2014年、インドネシアの旗 インドネシア) GK 具聖潤 (ク・ソンユン)(2015年-、韓国の旗 韓国) MF イルファン(2015年-、インドネシアの旗 インドネシア) MF ニウド(2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ナザリト(2015年、コロンビアの旗 コロンビア) MF マセード(2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW ヘイス(2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジュリーニョ(2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) グルージャ盛岡 MF 鄭薫聖 (チョン・フンソン) (2015年、韓国の旗 韓国) ベガルタ仙台 DF ドゥバイッチ (1997年-1999年、ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア) MF ニクソン (1999年、コロンビアの旗 コロンビア) MF パウロ・エンリケ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) DF リカルド (2000年-2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ロドリゴ (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルコス (2001年-2004年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ヴィエイラ (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) MF シルビーニョ (2002年-2005年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ファビアーノ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エデー (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) DF マルケン (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ドッダ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 金殷中 (キム・ウンジュン) (2003年、韓国の旗 韓国) DF ガスパル (2004年、スロバキアの旗 スロバキア) DF セドロスキー (2004年、マケドニア共和国の旗 マケドニア) FW ファビオ・ヌネス (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) FW バロン (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW シュウェンク (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ボルジェス (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ロペス (2006年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF チアゴ・ネヴェス (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジョニウソン (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ウィリアン (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フェリッペ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF レアンドロ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ファビーニョ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ナジソン (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) DF エリゼウ (2009年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルセロ・ソアレス (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW サーレス (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 朴柱成 (パク・チュソン) (2009年-2012年、韓国の旗 韓国) MF フェルナンジーニョ (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW レイナルド (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 朴成鎬 (パク・ソンホ) (2010年、韓国の旗 韓国) DF 曺秉局 (チョ・ビョングク) (2011年、韓国の旗 韓国) MF マックス (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルキーニョス (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ディエゴ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ウイルソン (2012年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF サッコーニ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ヘベルチ (2013年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジオゴ (2013年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マグリンチィ (2014年、ニュージーランドの旗 ニュージーランド) GK ヴコヴィッチ (2014年、オーストラリアの旗 オーストラリア) MF ハモン・ロペス (2014年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF 金眠泰 (キム・ミンテ) (2015年-、韓国の旗 韓国) ブラウブリッツ秋田 MF 李根鎬(イ・グノ)(2014年、韓国の旗 韓国) FW レオナルド (2014年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル→日本) MF オルテガ (2015年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW カイオ (2016年、ブラジルの旗 ブラジル) モンテディオ山形 FW 鄭敬九 (ジョン・ギョングー) (1993年-1994年、韓国の旗 韓国) DF 鄭明錡 (ジョン・ミョンギ)(1993年-1996年、韓国の旗 韓国) FW マルシオ (1994年-1995年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ベット (1994年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アンジェロ (1995年-1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アウドロ (1996年、ブラジルの旗 ブラジル) DF デニィルソン (1996年、ブラジルの旗 ブラジル) MF シジクレイ (1997年-1998年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マルキーニョ (1997年-1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ムタイル (1999年、ナイジェリアの旗 ナイジェリア) MF バウテル (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アラン (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジェフェルソン (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) MF エドウィン (2000年、カメルーンの旗 カメルーン) FW ワシントン (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アレッシャンドレ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ニヴァウド (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW デーニ (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) DF レオナルド (2004年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW チッコ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 李鍾民 (イ・ジョンミン) (2006年、韓国の旗 韓国) FW レアンドロ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ドグラス (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW グスタヴォ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW リチェーリ (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アンドレ・シルバ (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 金秉析 (キム・ビョンスク) (2009年-2010年、韓国の旗 韓国) FW ジャジャ (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ファグネル (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 韓東元 (ハン・ドンウォン) (2010年、韓国の旗 韓国) MF 金根煥 (キム・クナン) (2010年、韓国の旗 韓国) DF ウーゴ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マイコン (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ブランキーニョ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ロメロ・フランク (2013年-2015年、ペルーの旗 ペルー) MF 金範容 (キム・ボムヨン) (2013年-2015年、韓国の旗 韓国) DF 李周泳 (イ・ジュヨン) (2013年-2014年、韓国の旗 韓国) MF ペーニャ(2013年、ウルグアイの旗 ウルグアイ) MF ディエゴ (2014年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF アルセウ (2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW ディエゴ・ローザ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) DF イ・ジェスン (2016年-、韓国の旗 韓国) DF 韓浩康 (ハン・ホガン) (2016年、韓国の旗 韓国) 福島ユナイテッドFC MF 金功青 (キム・コンチョン) (2009年-、韓国の旗 韓国) FW 金弘淵 (キム・ホンヨン) (2013年-、韓国の旗 韓国) FW ロドリゴ (2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) DF パウロン(2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW アレックス (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) 鹿島アントラーズ MF ジーコ (1991年-1994年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ミルトン (1991年-1992年、ブラジルの旗 ブラジル) MF カルロス (1992年-1993年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ヘジス (1992年-1993年、ブラジルの旗 ブラジル) MF サントス (1992年-1995年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アルシンド (1993年-1994年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エジーニョ (1994年、ブラジルの旗 ブラジル) MF レオナルド (1994年-1996年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジョルジーニョ (1995年-1998年、ブラジルの旗 ブラジル) DF モーゼル (1995年-1996年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マジーニョ (1995年-1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ロドリゴ (1996年-1997年、ブラジルの旗 ブラジル) MF カルボーネ (1996年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ビスマルク (1997年-2001年、ブラジルの旗 ブラジル) DF リカルド (1998年-1999年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ファビアーノ (2000年-2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ベベット (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アウグスト (2001年-2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エウレル (2002年-2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF フェルナンド (2003年-2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF クラウデシール (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ダ・シルバ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ファビオ・ジュニオール (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) FW バロン (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アレックス・ミネイロ (2005年-2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アリ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) MF リカルジーニョ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ファビオ・サントス (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ダ・シルバ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ファボン (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルキーニョス (2007年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ダニーロ (2007年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マルシーニョ(2008年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 朴柱昊 (パク・チュホ) (2009年、韓国の旗 韓国) DF ジウトン(2010年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 李正秀 (イ・ジョンス) (2010年、韓国の旗 韓国) MF フェリペ・ガブリエル (2010年-2011年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アレックス (2011年-2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW カルロン (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW イゴール (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW タルタ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジュニーニョ (2012年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ドゥトラ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF レナト (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ダヴィ (2013年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ルイス・アルベルト (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) MF カイオ (2014年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジャイール (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジョルジ・ワグネル (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 黄錫鎬 (ファン・ソッコ)(2015年-、韓国の旗 韓国) FW ジネイ (2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) DF ブエノ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) 水戸ホーリーホック MF ジョン・パウロ(2000年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ペレス (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW クレーベル (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 黄学淳 (ファン・ハクスン) (2001年-2002年、朝鮮) MF 安鮮鎮 (アン・スンジン) (2001年-2002年、韓国の旗 韓国) FW 申秉皓 (シン・ビョンホ) (2001年、韓国の旗 韓国) MF マルクス(2002年、ブラジルの旗 ブラジル) DF トゥーリオ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF フランク (2003年、チリの旗 チリ) MF パンチョ (2003年、チリの旗 チリ) MF マルキーニョ (2004年-2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW デルリス (2005年、パラグアイの旗 パラグアイ) FW ファビオ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 金東燦 (キム・ドンチャン) (2006年-2007年途中、韓国の旗 韓国) FW アンデルソン (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エジナウド (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ビジュ (2007年-2008年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ブルーノ (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 朴柱昊 (パク・チュホ) (2008年、韓国の旗 韓国) MF 朴宗真 (パク・ジョンジン) (2008年、韓国の旗 韓国) MF 金泰橪 (キム・テヨン) (2009年、韓国の旗 韓国) MF 李強 (イ・カン) (2011年、韓国の旗 韓国) MF ロメロ・フランク (2011年-2012年・2016年-、ペルーの旗 ペルー) DF 金龍起(キム・ヨンギ)(2012年-2013年、韓国の旗 韓国) MF 黄周賢(ファン・ジュヒュン)(2012年、韓国の旗 韓国) MF 尹英勝(ユン・ヨンスン)(2014年-2015年、韓国の旗 韓国) FW オズマール (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 朴光一(パク・カンイル)(2015年、韓国の旗 韓国) DF 宋株熏(ソン・ジュフン)(2015年-、韓国の旗 韓国) FW グエン・コン・フオン(2016年-、ベトナムの旗 ベトナム) 栃木SC MF 李鍾民(イ・ジョンミン)(2009年、韓国の旗 韓国) FW 崔根植(チェ・クンシク)(2009年-2011年、韓国の旗 韓国) FW レオナルド (2009年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 余孝珍(ヨ・ヒョジン) (2010年、韓国の旗 韓国) FW リカルド・ロボ (2010年-2011年、ブラジルの旗 ブラジル) MF パウリーニョ (2010年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) FW トリポジ (2011年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW サビア(2011年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 柳大鉉(ユ・デヒョン)(2012年、韓国の旗 韓国) FW ジャイロ(2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 車永煥(チャ・ヨンファン)(2012年-2014年、韓国の旗 韓国) MF クリスティアーノ(2013年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 李珉洙(イ・ミンス) (2014年、韓国の旗 韓国) MF ドゥドゥ(2014年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 朴亨鎮(パク・ヒョンジン)(2015年、韓国の旗 韓国) DF 韓熙訓(ハン・ヒフン)(2015年、韓国の旗 韓国) FW 李大憲(イ・デホン)(2015年、韓国の旗 韓国) DF フェリペ(2015年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 李周泳 (イ・ジュヨン) (2015年、韓国の旗 韓国) MF ジョナタン(2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジャーン・モーゼル(2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) ザスパクサツ群馬 DF チカ (2004年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マーロン (2006年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW カレカ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 崔成勇 (チェ・ソンヨン) (2008年-2010年、韓国の旗 韓国) DF 裵乗振 (ペ・スンジン) (2008年、韓国の旗 韓国) FW レオ・シン (2008年、ニュージーランドの旗 ニュージーランド) FW ラフィーニャ (2010年-2011年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ダニエル (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アレックス (2010年-2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW リンコン (2011年-2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ヘベルチ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アレックス・ラファエル (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジュニオール・アウベス (2013年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エデル (2013年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 權韓眞 (クォン・ハンジン) (2013年-2014年、韓国の旗 韓国) FW ダニエル・ロビーニョ (2013年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) FW カイケ (2014年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アクレイソン (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) MF オリベイラ (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW タンケ (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ウーゴ (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 尹英勝(ユン・ヨンスン)(2015年、韓国の旗 韓国) MF チアゴ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF マテウス (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW ボカ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF 任貞彬(イム・チョンビン) (2016年-、韓国の旗 韓国) FW 呉韓儐(オ・ハンビン) (2016年-、韓国の旗 韓国) 浦和レッドダイヤモンズ MF エスクデロ (1991年-1992年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) MF セルヒオ (1992年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) MF ウエハラ (1992年-1994年、ペルーの旗 ペルー→日本) DF トリビソンノ (1992年-1993年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) DF モラレス (1993年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW フェレイラ (1993年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) DF ラーン (1993年-1994年、ドイツの旗 ドイツ) GK ミロ (1993年-1994年、スロバキアの旗 スロバキア) FW ルンメニゲ (1993年-1995年、ドイツの旗 ドイツ) FW ルル (1993年、スロバキアの旗 スロバキア) MF バイン (1994年-1996年、ドイツの旗 ドイツ) DF ブッフバルト (1994年-1997年、ドイツの旗 ドイツ) MF 郭慶根 (クァク・キョングン) (1995年、韓国の旗 韓国) FW トニーニョ (1995年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ボリ (1996年-1997年、フランスの旗 フランス) MF ニールセン (1996年、デンマークの旗 デンマーク) MF バウアー (1997年、オーストリアの旗 オーストリア) DF ネイハイス (1997年-1998年、オランダの旗 オランダ) MF ベギリスタイン (1997年-1999年、スペインの旗 スペイン) DF ペトロビッチ (1997年-2000年、ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア) DF ザッペッラ (1998年-1999年、イタリアの旗 イタリア) DF ピクン (1999年-2000年、ウルグアイの旗 ウルグアイ) FW クビツァ (2000年、ポーランドの旗 ポーランド) MF アジエル (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アドリアーノ (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW トゥット (2001年-2002年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ドニゼッチ (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エメルソン (2001年-2005年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アリソン (2001年-2002年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ゼリッチ (2002年-2003年、オーストラリアの旗 オーストラリア) MF エジムンド (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ニキフォロフ (2003年-2004年、ロシアの旗 ロシア) DF アルパイ (2004年-2005年、トルコの旗 トルコ) DF ネネ (2004年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) DF サントス (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エスクデロ (2005年-2012年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン、スペインの旗 スペイン→日本) MF ポンテ (2005年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マリッチ (2005年、クロアチアの旗 クロアチア) FW ワシントン(2006年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エジミウソン (2008年-2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ファイサル (2009年-2010年、ガーナの旗 ガーナ) DF スピラノビッチ (2010年-2012年、オーストラリアの旗 オーストラリア) MF サヌ (2010年、ブルキナファソの旗 ブルキナファソ) MF マルシオ・リシャルデス(2011年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マゾーラ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW デスポトビッチ (2011年-2013年、セルビアの旗 セルビア) MF ポポ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ズラタン (2015年-、スロベニアの旗 スロベニア) DF イリッチ (2016年-、スロベニアの旗 スロベニア) 大宮アルディージャ FW ヨルン (1998年-1999年、オランダの旗 オランダ) DF ヤン (1998年-2000年、オランダの旗 オランダ) MF エドウィン (1999年、カメルーンの旗 カメルーン) MF マーク (1999年-2000年、イングランドの旗 イングランド) FW バルデス(2001年-2002年、パナマの旗 パナマ) FW ジョルジーニョ (2000年-2001年、2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アンデルソン (2001年、パナマの旗 パナマ) FW アレックス (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) DF トニーニョ (2001年-2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW バレー (2001年-2004年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ウスタ (2002年、オランダの旗 オランダ) FW フィナージ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エジソン (2003年 、ブラジルの旗 ブラジル) FW ダニエル (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) FW トゥット (2004年-2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW クリスティアン (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW レアンドロ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルティネス (2006年、ホンジュラスの旗 ホンジュラス) FW グラウ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アリソン (2006年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エニウトン (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW サーレス (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) DF レアンドロ (2007年-2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ペドロ・ジュニオール (2007年-2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW デニス・マルケス (2007年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ラフリッチ (2008年-2009年、スロベニアの旗 スロベニア) MF 朴原載 (パク・ウォンジェ) (2009年、韓国の旗 韓国) DF マト (2009年-2010年、クロアチアの旗 クロアチア) MF 徐庸徳 (ソ・ヨンドク) (2009年-2010年、韓国の旗 韓国) FW ドゥドゥ (2009年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ラファエル (2009年-2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 李浩 (イ・ホ) (2010年、韓国の旗 韓国) FW 李天秀 (イ・チョンス) (2010年-2011年、韓国の旗 韓国) DF 金英權 (キム・ヨングォン) (2011年-2012年、韓国の旗 韓国) FW ホドリゴ・ピンパォン (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 曺永哲 (チョ・ヨンチョル)(2012年-2014年、韓国の旗 韓国) MF カルリーニョス (2012年-2013年・2014年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ズラタン(2012年-2014年、スロベニアの旗 スロベニア) MF 李根鎬 (イ・グノ) (2012年、韓国の旗 韓国) FW ノヴァコヴィッチ(2012年-2013年、スロベニアの旗 スロベニア) DF ニール(2013年、オーストラリアの旗 オーストラリア) FW ラドンチッチ (2014年、モンテネグロの旗 モンテネグロ) FW ムルジャ (2014年-、セルビアの旗 セルビア) MF 趙源熙 (チョ・ウォニ) (2014年、韓国の旗 韓国) MF マテウス (2014年・2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW ネイツ・ペチュニク (2016年-、スロベニアの旗 スロベニア) ジェフユナイテッド市原・千葉 FW パベル (1991年-1994年、チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア→チェコの旗 チェコ) MF フランタ (1992年-1994年、チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア→チェコの旗 チェコ) DF サンドロ (1992年-1996年、ブラジルの旗 ブラジル) MF リトバルスキー (1993年-1994年、ドイツの旗 ドイツ) FW オルデネビッツ (1993年-1994年、ドイツの旗 ドイツ) MF マスロバル (1994年-1998年、ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア) DF バシリエビッチ (1995年、ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア) FW ルーファー (1995年-1996年、ニュージーランドの旗 ニュージーランド) FW ハシェック (1996年、チェコの旗 チェコ) MF ボス (1996年-1997年、1999年、オランダの旗 オランダ) FW ラデ (1997年、ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア) DF スコルテン (1997年-1998年、オランダの旗 オランダ) FW 金大儀 (キム・デイ) (1998年、韓国の旗 韓国) DF ビングリー (1998年、オーストラリアの旗 オーストラリア) MF パウロ・エンリケ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) FW バロン (1999年-2000年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ヴァンチャ (1999年、ルーマニアの旗 ルーマニア) DF ブランコ (1999年、パラグアイの旗 パラグアイ) FW ロペス (1999年、パラグアイの旗 パラグアイ) MF ベンソン (2000年、ガーナの旗 ガーナ) DF ブルカ (2000年、ルーマニアの旗 ルーマニア) DF オラロイ (2000年、ルーマニアの旗 ルーマニア) DF ミリノビッチ (2001年-2004年、スロベニアの旗 スロベニア) FW 崔龍洙 (チェ・ヨンス) (2001年-2003年、韓国の旗 韓国) MF ムイチン (2001年-2002年、ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ) MF モラフチク (2002年、スロバキアの旗 スロバキア) FW サンドロ (2003年-2004年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルキーニョス (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ハース (2005年-2006年、オーストリアの旗 オーストリア) DF ストヤノフ (2005年-2007年、ブルガリアの旗 ブルガリア) MF ポペスク (2005年、ルーマニアの旗 ルーマニア) MF クルプニコビッチ (2006年、セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ→セルビアの旗 セルビア) DF ジョルジェビッチ (2007年、セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ→セルビアの旗 セルビア) FW レイナウド (2007年-2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF フルゴビッチ (2008年、ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ) DF ボスナー (2008年-2009年、オーストラリアの旗 オーストラリア) MF ミシェウ (2008年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アレックス (2009年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ネット (2009年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ミリガン (2010年-2011年・2012年、オーストラリアの旗 オーストラリア) MF ファン・ゲッセル (2011年、オランダの旗 オランダ) MF マット・ラム (2011年、カナダの旗 カナダ) FW オーロイ (2011年-2012年、ノルウェーの旗 ノルウェー) FW レジナルド (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW リカルド・ロボ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 金炫訓 (キム・ヒョヌン) (2013年-2015年、韓国の旗 韓国) MF 南昇佑 (ナム・スンウ) (2013年-、韓国の旗 韓国) FW ジャイール (2013年・2014年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW ケンペス (2013年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) MF パウリーニョ (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ネイツ・ペチュニク (2015年、スロベニアの旗 スロベニア) DF 李周泳 (イ・ジュヨン) (2016年-、韓国の旗 韓国) MF エドゥアルド・アランダ (2016年-、パラグアイの旗 パラグアイ) FW エウトン (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) 柏レイソル DF ネルシーニョ (1993年-1995年、ブラジルの旗 ブラジル) FW カレカ (1993年-1996年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ミューレル (1995年、ブラジルの旗 ブラジル) MF バウディール (1995年-1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ベンチーニョ (1995年、1998年-1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF カイオ (1995年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ワグネル (1995年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エジウソン (1996年-1997年、2002年-2003年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アントニオ (1996年-1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジャメーリ (1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW シルバ (1997年-1998年、ブラジルの旗 ブラジル) DF マルコン (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ドゥッダ (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW バジーリオ (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ブユー (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ストイチコフ (1998年-1999年、ブルガリアの旗 ブルガリア) DF 洪明甫 (ホン・ミョンボ) (1999年-2001年、韓国の旗 韓国) FW サーシャ (2000年、ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア) MF バデア (1999年、ルーマニアの旗 ルーマニア) FW 朴建夏 (パク・ゴナ) (2000年、韓国の旗 韓国) MF マウリシオ (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 黄善洪 (ファン・ソンホン) (2000年-2002年、韓国の旗 韓国) MF 柳想鐵 (ユ・サンチョル) (2001年-2002年、韓国の旗 韓国) MF サンパイオ (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) MF リカルジーニョ (2002年-2005年、2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW リカルド (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルシオ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジュシエ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ホベルチ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ゼ・ホベルト (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ドゥドゥ (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) DF パラシオス (2004年、コロンビアの旗 コロンビア) MF クレーベル (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 崔成國 (チェ・ソング) (2005年、韓国の旗 韓国) FW 李忠成 (イ・チュンソン→り ただなり) (2005年-2009年、韓国の旗 韓国→日本) FW レイナウド (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フランサ (2005年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ディエゴ・ソウザ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ドゥンビア (2006年-2007年、コートジボワールの旗 コートジボワール) MF マルコス (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アルセウ (2007年、2009年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マルシオ・アラウージョ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ブルーノ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アレックス (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ポポ (2008年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アデバヨ (2009年、ナイジェリアの旗 ナイジェリア) FW アンセウモ・ハモン (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 朴東赫 (パク・ドンヒョク) (2009年-2011年、韓国の旗 韓国) MF レアンドロ・ドミンゲス (2010年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エフライン・リンタロウ (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ホジェル (2010年-2011年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジョルジ・ワグネル (2011年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 権韓眞 (クォン・ハンジン) (2011年-2012年、韓国の旗 韓国) FW リカルド・ロボ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ネット・バイアーノ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 金昌洙 (キム・チャンス) (2013年-2015年、韓国の旗 韓国) FW クレオ (2013年、ブラジルの旗 ブラジル、セルビアの旗 セルビア) MF 韓国栄 (ハン・グギョン) (2014年、韓国の旗 韓国) FW レアンドロ (2014年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ドゥドゥ (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) DF エドゥアルド (2014年-2016年、ブラジルの旗 ブラジル) FW クリスティアーノ (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エデルソン (2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジュリアーノ・ミネイロ (2016年-、東ティモールの旗 東ティモール) FW ディエゴ・オリヴェイラ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) DF パトリック (2016年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ドゥドゥ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) FC東京 FW アマラオ (1992年-2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アウミール (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) DF サンドロ (1998年-2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ツゥット (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ケリー (2001年-2004年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジャーン (2002年-2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 呉章銀(オ・ジャンウン) (2002年-2004年、韓国の旗 韓国) MF マルセロ (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) MF オリベイラ (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ルーカス (2004年-2007年、2011年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 李忠成(イ・チュンソン) (2004年、韓国の旗 韓国) FW ダニーロ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ササ・サルセード (2005年-2006年、パラグアイの旗 パラグアイ) FW リチェーリ (2005年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ワシントン (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ワンチョペ (2007年、コスタリカの旗 コスタリカ) DF エバウド (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ブルーノ・クアドロス (2008年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) MF エメルソン (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW カボレ (2008年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 金英權(キム・ヨングン) (2010年、韓国の旗 韓国) FW リカルジーニョ (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 徐庸徳(ソ・ヨンドク) (2010年、韓国の旗 韓国) MF ホベルト (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ロベルト・セザー (2011年-2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ペドロ・ジュニオール (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジェイド・ノース (2011年、オーストラリアの旗 オーストラリア) DF 張賢秀(チャン・ヒョンス) (2012年-2013年、韓国の旗 韓国) FW エジミウソン (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ネマニャ・ヴチチェヴィッチ (2012年-2013年、セルビアの旗 セルビア) DF マテウス (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エドゥー (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 郭熙柱(カク・ヒジュ) (2014年、韓国の旗 韓国) DF カニーニ (2014年-2015年、イタリアの旗 イタリア) FW ラサッド (2015年、チュニジアの旗 チュニジア、フランスの旗 フランス) FW ネイサン・バーンズ (2015年-、オーストラリアの旗 オーストラリア) FW サンダサ (2015年-2016年、スペインの旗 スペイン) GK ブラダ・アブラモフ (2015年、セルビアの旗 セルビア) MF 河大成(ハ・デソン) (2016年-、韓国の旗 韓国) MF 兪仁秀(ユ・インス) (2016年-、韓国の旗 韓国) FW ムリキ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) 東京ヴェルディ1969 DF ダビ (1992年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フェレイラ (1992年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ペレイラ (1992年-1995年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アモローゾ (1992年-1993年、ブラジルの旗 ブラジル) FW パウリーニョ (1993年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マイヤー (1993年、オランダの旗 オランダ) MF ハンセン (1993年、オランダの旗 オランダ) DF ロッサム (1993年、オランダの旗 オランダ) MF ビスマルク (1993年-1996年、ブラジルの旗 ブラジル) MF パウロ (1993年-1994年、ブラジルの旗 ブラジル) MF カピトン(1994年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ベンチーニョ(1994年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アルシンド (1995年、ブラジルの旗 ブラジル) MF エンブー(1995年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ドニゼッチ (1996年、ブラジルの旗 ブラジル) MF カイコ (1996年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アルジェウ(1996年-1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マグロン (1996年-1997年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジアス(1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エウレル (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) DF エンリケ (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) MF エドウィン (1998年、カメルーンの旗 カメルーン) MF モアシール(1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジャイール (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フェルナンド (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ダニエル (1998年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジュリオ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジェフェルソン (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エンリケ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 河村アドリアノ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 金鉉錫 (キム・ヒョンソク) (2000年、韓国の旗 韓国) MF 金都根 (キム・ドグン) (2000年、韓国の旗 韓国) MF レイナルド (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 梁圭史 (リャン・キュサ) (2000年、朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮) FW マルキーニョス (2001年-2002年、ブラジルの旗 ブラジル) DF エメルソン (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エジムンド (2001年-2002年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ロペス (2002年-2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エムボマ (2003年-2004年、カメルーンの旗 カメルーン) MF ラモン (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ウーゴ (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ロペス (2004年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) DF ウベダ (2004年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) DF 李康珍 (イ・カンジン) (2004年-2005年、韓国の旗 韓国) FW ワシントン (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 文済天 (ムン・ジェチョン) (2005年-2006年、韓国の旗 韓国) MF ジウ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) DF デジマール (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アナイウソン (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW バジーリオ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ヒキ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ゼ・ルイス (2006年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マルクス (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW シウバ (2006年、2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF レオナルド (2007年、2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フッキ (2007年、2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ディエゴ (2007年-2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF フランシスマール (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW レアンドロ (2008年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アデバヨ (2010年、ナイジェリアの旗 ナイジェリア) MF 金泰橪 (キム・テヨン) (2011年、韓国の旗 韓国) FW マラニョン (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アポジ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジョジマール (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アレックス (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 裵大元 (ペ・デウォン) (2012年-2013年、韓国の旗 韓国) DF ニコラス・カタヤマ (2012年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジミー・フランサ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 金鐘必 (キム・ジョンピル) (2013年-2014年、韓国の旗 韓国) DF ギリャルメ (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ニウド (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アブダ(2014年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ウェズレイ(2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF ブルーノ・コウチーニョ(2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アラン・ピニェイロ(2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) DF 高敬竣 (コ・ギョンジュン) (2015年、韓国の旗 韓国) FW ドウグラス(2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) FC町田ゼルビア FW ドラガン・ディミッチ (2011年-2012年、セルビアの旗 セルビア) MF コリン・マーシャル (2012年、スコットランドの旗 スコットランド) DF 李康珍 (イ・ガンジン)(2012年、韓国の旗 韓国) DF 朴千鎬 (パク・チェンホ)(2013年、韓国の旗 韓国) DF 柳大鉉 (ユ・デヒョン)(2013年、韓国の旗 韓国) FW アンデルソン(2013年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 裵大元 (ペ・デウォン) (2013年-2015年、韓国の旗 韓国) FW テレ(2013年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 李珉洙 (イ・ミンス) (2015年、韓国の旗 韓国) FW サビア (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) DF カルフィン・ヨン・ア・ピン (2016年-、オランダの旗 オランダ) 川崎フロンターレ FW ムタイル (1996年-1998年、ナイジェリアの旗 ナイジェリア) FW ツゥット(1998年-1999年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジェニウソン (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ティンガ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF カドゥー (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ペドリーニョ (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アルバレンガ (2000年、パラグアイの旗 パラグアイ) MF マジーニョ (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW イジドーロ (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ダニエル (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) MF リカルジーニョ (2000年-2001年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ダニエル (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ルイス (2000年-2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エメルソン (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) MF エジミウソン (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アイルトン (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルキーニョ (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マルコ (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ベンチーニョ (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アレックス (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マーロン (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) FW バルデス (2003年、パナマの旗 パナマ) MF アウグスト (2003年-2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ジュニーニョ (2003年-2011年ブラジルの旗 ブラジル) FW ホベルチ (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルクス (2004年-2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フッキ (2005年、2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アラゴネイ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マルコン (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マギヌン (2006年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF フランシスマール (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ヴィトール・ジュニオール (2008年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW レナチーニョ (2008年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) MF レナト(2012年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジェシ(2012年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) MF レネ・サントス(2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW パトリック(2013年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ロブソン(2013年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アラン・ピニェイロ(2013年、ブラジルの旗 ブラジル) MF パウリーニョ(2014年、ブラジルの旗 ブラジル) DF エウシーニョ(2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF アルトゥール・マイア(2015年、ブラジルの旗 ブラジル) GK 鄭成龍(チョン・ソンリョン)(2016年-、韓国の旗 韓国) MF エドゥアルド・ネット(2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) 横浜F・マリノス MF エバートン (1990年-1994年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 岡崎ツネイ (1992年) MF ビスコンティ (1993年-1996年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW ディアス (1993年-1995年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) MF サパタ (1993年-1997年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW メディナベージョ (1994年-1995年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) MF マサチェッシ (1995年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) MF ゴロシート (1996年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW アコスタ (1996年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW フィゲロア (1996年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW サリナス (997年-1998年、スペインの旗 スペイン) MF バルディビエソ (1997年-1998年、ボリビアの旗 ボリビア) MF ペトコビッチ (1997年-1998年、ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア) DF ゴイコエチェア (1998年、スペインの旗 スペイン) MF 柳想鐵 (ユ・サンチョル) (1999年-2000年、2003年-2004年、韓国の旗 韓国) FW バウベル (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ヨビチェビッチ (1999年、クロアチアの旗 クロアチア) FW マルドナード (2000年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW ハッダ (2000年、モロッコの旗 モロッコ) FW エジミウソン (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 申秉皓 (シン・ビョンホ) (2000年、韓国の旗 韓国) DF ユーリッチ (2000年、クロアチアの旗 クロアチア) FW レアンドロ (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW リパティン (2001年、ウルグアイの旗 ウルグアイ、スペインの旗 スペイン) FW ブリット (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ナザ (2001年-2002年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ドゥトラ (2001年-2006年・2012年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) MF レオ (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルキーニョス (2003年・2012年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 安貞桓 (アン・ジョンファン) (2004年-2005年、韓国の旗 韓国) FW アデマール (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) FW グラウ (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) MF マグロン (2005年-2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルケス (2006年-2007年、ブラジルの旗 ブラジル) DF エウチーニョ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルクス (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ロペス (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ロニー (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 金根煥 (キム・クナン) (2008年-2009年・2011年、韓国の旗 韓国) DF 丁東浩 (ジョン・ドンホ) (2009年-2010年・2013年、韓国の旗 韓国) FW バスティアニーニ (2010年-2011年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) DF ファビオ (2013年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW ラフィーニャ (2014年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW アデミウソン (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 朴正洙 (パク・ジョンス) (2016年-、韓国の旗 韓国) FW カイケ(2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW マルティノス(2016年-、キュラソーの旗 キュラソー) 横浜フリューゲルス FW グリハ (1992年、スロベニアの旗 スロベニア) MF アルフレッド (1992年、スロベニアの旗 スロベニア) DF チェローナ (1992年-1993年、エルサルバドルの旗 エルサルバドル) MF エドゥー (1993年-1994年、ブラジルの旗 ブラジル) DF モネール (1993年-1995年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW アンジェロ (1993年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アウドロ (1993年-1994年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アマリージャ (1993年-1994年、パラグアイの旗 パラグアイ、スペインの旗 スペイン) MF サンパイオ (1995年-1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エバイール (1995年-1996年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジーニョ (1995年-1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ロドリゴ (1995年、ブラジルの旗 ブラジル) MF デニウソン (1996年、ブラジルの旗 ブラジル) DF マルセロ (1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フェルナンド (1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アンデルソン (1997年-1998年、ブラジルの旗 ブラジル) FW レディアコフ (1998年、ロシアの旗 ロシア) MF フットレ (1998年、ポルトガルの旗 ポルトガル) MF フェレイラ (1998年、ポルトガルの旗 ポルトガル) 横浜FC DF モネール (2002年、アルゼンチンの旗 アルゼンチン) FW ファンデルフェン (2003年、オランダの旗 オランダ) DF ルディ (2003年、アルバニアの旗 アルバニア) MF マシュー (2003年-2004年、オランダの旗 オランダ) FW レーマン (2003年、ドイツの旗 ドイツ) DF トゥイード (2004年-2006年、スコットランドの旗 スコットランド) FW ジェフェルソン (2005年、ブラジルの旗 ブラジル) MF シルビオ (2005年、トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ) FW イザイアス (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アウグスト (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アレモン (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 崔成勇 (チェ・ソンヨン) (2006年、韓国の旗 韓国) FW アンデルソン (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アドリアーノ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) MF シウバ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 裵乗振 (ペ・スンジン) (2007年・2012年-2013年、韓国の旗 韓国) FW 曹永哲 (チョ・ヨンチョル) (2007年-2008年、韓国の旗 韓国) MF マルコス・パウロ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 呉範錫 (オ・ボムソク) (2007年、韓国の旗 韓国) FW カタタウ (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アンデルソン (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF エリゼウ (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 安孝錬 (アン・ヒョヨン) (2009年、韓国の旗 韓国) FW エデル (2009年-2011年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 金裕晋 (キム・ユジン) (2010年、韓国の旗 韓国) MF シルビーニョ (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW サーレス (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ホベルト (2010年・2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW カイオ (2010年-2013年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 朴台洪 (パク・テホン) (2011年-2013年・2015年、韓国の旗 韓国) MF ファビーニョ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フランサ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 羅誠洙(ナ・ソンス)(2012年-、韓国の旗 韓国) MF 裴厚民(ペ・フミン)(2013年・2015年、韓国の旗 韓国) FW パトリック (2013年、ブラジルの旗 ブラジル) DF フェリペ (2014年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ドウグラス (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ホナウド (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 朴成鎬(パク・ソンホ)(2014年、韓国の旗 韓国) MF ロク・シュトラウス(2015年-、スロベニアの旗 スロベニア) DF デニス・ハリロヴィッチ(2016年-、スロベニアの旗 スロベニア) MF グエン・トゥアン・アイン(2016年-、ベトナムの旗 ベトナム) MF イブ(2016年-、ノルウェーの旗 ノルウェー) Y.S.C.C.横浜 SC相模原 DF ファビオ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ウェズレイ (2013年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) MF フェアー・モービー (2014年-2015年、アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) MF トロ (2014年-2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW レオジーニョ (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW タレス (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ルーカス (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW アレシャンドレ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) FW シンバ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) 湘南ベルマーレ MF エジソン (1992年-1995年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ベッチーニョ (1993年-1996年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ミランジーニャ (1993年-1994年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アウミール (1994年-1995年、ブラジルの旗 ブラジル) MF シモン (1995年-1997年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エメルソン(1995年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジュニオール (1995年、ブラジルの旗 ブラジル) FW パウリーニョ (1996年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ルイス (1996年、ブラジルの旗 ブラジル) DF クラウジオ (1997年-1999年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ロペス (1997年-1998年、ブラジルの旗 ブラジル→日本) MF 洪明甫 (ホン・ミョンボ) (1997年-1998年、韓国の旗 韓国) MF 朴ギョンファン (1998年、韓国の旗 韓国) MF リカルジーニョ (1998年-1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF バデア (1998年-1999年、ルーマニアの旗 ルーマニア) MF チアゴ (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ジャイルトン (1999年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ヒューズ (1999年、オーストラリアの旗 オーストラリア) DF レイバット (1999年、オーストラリアの旗 オーストラリア) MF レイナルド (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) DF サナブリア (2000年、パラグアイの旗 パラグアイ) MF オルティス (2000年、パラグアイの旗 パラグアイ) FW ビタリー (2000年、ウクライナの旗 ウクライナ) MF フチカ (2000年、クロアチアの旗 クロアチア) FW パラクヘネビッチ (2000年、タジキスタンの旗 タジキスタン) FW アングロ (2001年、コロンビアの旗 コロンビア) DF パラシオス (2001年-2004年、コロンビアの旗 コロンビア) MF ガビリア (2001年、コロンビアの旗 コロンビア) MF ディナス (2001年、コロンビアの旗 コロンビア) MF シルバ (2002年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 金根哲 (キム・グンチョル) (2003年-2004年、韓国の旗 韓国) FW リカルド (2003年、コロンビアの旗 コロンビア) MF サントス (2003年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アマラオ (2004年、ブラジルの旗 ブラジル) DF バリシッチ (2005年、クロアチアの旗 クロアチア) FW グラント (2005年、イングランドの旗 イングランド、ガーナの旗 ガーナ) FW カシアーノ (2005年、パラグアイの旗 パラグアイ) MF ゴーラン (2005年、クロアチアの旗 クロアチア) FW ファビオ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ニヴァウド (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) FW フラビオ (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アマリウド (2006年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アジエル (2006年-2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW エドワルド・マルケス (2007年、ブラジルの旗 ブラジル) DF ジャーン (2007年-2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW リンコン (2008年・2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW カレカ (2008年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ナザ (2008年、ガーナの旗 ガーナ) FW トゥット (2008年-2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW 丁正賢 (チョン・チョンヒョン) (2009年、韓国の旗 韓国) FW ネネ (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アドリアーノ (2009年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 韓国栄 (ハン・グギョン) (2010年-2013年、韓国の旗 韓国) FW 崔昇仁 (チェ・スンイン) (2010年、韓国の旗 韓国) MF エメルソン (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ヴァウド (2010年、ブラジルの旗 ブラジル) DF 宋韓基 (ソン・ハンキ) (2011年、韓国の旗 韓国) FW ファビーニョ (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ルーカス (2011年、ブラジルの旗 ブラジル) MF 黄順旻 (ファン・スンミン) (2011年、韓国の旗 韓国) FW マセナ (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アレックス (2012年、ブラジルの旗 ブラジル) FW キリノ (2012年-2013年・2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) MF 李珉洙 (イ・ミンス) (2012年、韓国の旗 韓国) DF 權韓眞 (クォン・ハンジン) (2013年、韓国の旗 韓国) FW エジバウド (2013年、ボリビアの旗 ボリビア、ブラジルの旗 ブラジル) FW ウェリントン (2013年-2014年、ブラジルの旗 ブラジル) GK アレックス・サンターナ (2013年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ステボ (2013年、マケドニア共和国の旗 マケドニア、セルビアの旗 セルビア) MF エデル (2014年、ブラジルの旗 ブラジル) GK 李昊乗 (イ・ホスン) (2015年、韓国の旗 韓国) DF アンドレ・バイア (2015年-、ブラジルの旗 ブラジル) DF 金鐘必 (キム・ジョンピル) (2015年、韓国の旗 韓国) FW アリソン (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ブルーノ・セザル (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) FW アモリン (2015年、ブラジルの旗 ブラジル) MF パウリーニョ (2016年-、ブラジルの旗 ブラジル) GK タンドウ・ベラピ (2016年-、オーストラリアの旗 オーストラリア) DF 朴兌桓 (パク・テファン) (2016年-、韓国の旗 韓国) ヴァンフォーレ甲府 MF アントニオ (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) FW ルイス (2000年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ブルカ (2000年、ルーマニアの旗 ルーマニア) DF フレイタス (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) FW デイリ (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) MF ヴァギネル (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) MF アレックス (2001年、ブラジルの旗 ブラジル) DF アライール (2002年-2006年、ブ (Wikipedia:Jリーグの外国籍選手一覧)

Jリーグ参入
『日本プロサッカーリーグ』より : 日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英語: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英語: J. League)。主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJリーグに加盟する各クラブ。 1993年に10クラブで開始し、1998年までは1部のみの「Jリーグ」として最大で18クラブによって開催された。1999年からJリーグ ディビジョン1(現J1リーグ)とJリーグ ディビジョン2(現J2リーグ)の2部制に移行、2014年にJ3リーグ(J3)が創設された。 2016年シーズン開始時点で、日本国内の38都道府県に本拠地を置く53クラブ(J1:18、J2:22、J3:13)が入会、また、日本フットボールリーグ(JFL)などのカテゴリーに属するJリーグ百年構想クラブが7クラブ認定されている。 (Wikipedia:Jリーグ参入)

Jリーグプロサッカークラブを作ろう!
『プロサッカークラブをつくろう!』より : 『プロサッカークラブをつくろう!』は、セガゲームス(2015年3月まではセガ)から発売されているサッカークラブ経営シミュレーションゲームである。通称は「サカつく」。 Jリーグ開幕の3年後である1996年(平成8年)に1作目『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!』(セガサターン)が発売されて以来、以降2011年(平成23年)の『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!7 EURO PLUS』(PlayStation Portable)まで20作が発売されている。 現実のサッカー日本代表のFIFAワールドカップ出場などの追い風もあり、複数のタイトルが売り上げ50万本を超え、2003年発売の『J.LEAGUEプロサッカークラブをつくろう! 3』まででシリーズ累計300万本を売り上げるなど、ヒットシリーズとなった。プレイヤーはサッカークラブのオーナーとなり、チームの運営や施設・人事の管理、選手育成などを行う。試合中にプレイヤーは選手交代や一部の作戦指示が行えるのみで、選手を直接的に操作することはできない。 (Wikipedia:Jリーグプロサッカークラブを作ろう!)

Jリーグプロサッカークラブをつくろう!
『プロサッカークラブをつくろう!』より : 『プロサッカークラブをつくろう!』は、セガゲームス(2015年3月まではセガ)から発売されているサッカークラブ経営シミュレーションゲームである。通称は「サカつく」。 Jリーグ開幕の3年後である1996年(平成8年)に1作目『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!』(セガサターン)が発売されて以来、以降2011年(平成23年)の『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!7 EURO PLUS』(PlayStation Portable)まで20作が発売されている。 現実のサッカー日本代表のFIFAワールドカップ出場などの追い風もあり、複数のタイトルが売り上げ50万本を超え、2003年発売の『J.LEAGUEプロサッカークラブをつくろう! 3』まででシリーズ累計300万本を売り上げるなど、ヒットシリーズとなった。プレイヤーはサッカークラブのオーナーとなり、チームの運営や施設・人事の管理、選手育成などを行う。試合中にプレイヤーは選手交代や一部の作戦指示が行えるのみで、選手を直接的に操作することはできない。 (Wikipedia:Jリーグプロサッカークラブをつくろう!)

Jリーグオールスターサッカー
Jリーグオールスターサッカーは、1993年-2007年までJリーグ開幕当初からJ1リーグ戦中盤の夏季(一部例外あり)に開催されていたサッカーの大会である。選手はサポーター投票、もしくはJリーグ推薦によって、監督はサポーター投票によって選ばれる。 1993年から1998年は日本コダック(カメラフィルム)がスポンサーとなりKodakオールスターサッカー、1999年から2001年はたらみ(食品メーカー)がスポンサーとなりたらみオールスターサッカー、2002年から2007年はガソリンのJOMOブランドを展開するジャパンエナジー(現・JXエネルギー)がスポンサーとなり、JOMOオールスターサッカーと呼称されていた。 (Wikipedia:Jリーグオールスターサッカー)

JリーグJOMOオールスターサッカー
『Jリーグオールスターサッカー』より : Jリーグオールスターサッカーは、1993年-2007年までJリーグ開幕当初からJ1リーグ戦中盤の夏季(一部例外あり)に開催されていたサッカーの大会である。選手はサポーター投票、もしくはJリーグ推薦によって、監督はサポーター投票によって選ばれる。 1993年から1998年は日本コダック(カメラフィルム)がスポンサーとなりKodakオールスターサッカー、1999年から2001年はたらみ(食品メーカー)がスポンサーとなりたらみオールスターサッカー、2002年から2007年はガソリンのJOMOブランドを展開するジャパンエナジー(現・JXエネルギー)がスポンサーとなり、JOMOオールスターサッカーと呼称されていた。 (Wikipedia:JリーグJOMOオールスターサッカー)

Jリーグオールスターゲーム
『Jリーグオールスターサッカー』より : Jリーグオールスターサッカーは、1993年-2007年までJリーグ開幕当初からJ1リーグ戦中盤の夏季(一部例外あり)に開催されていたサッカーの大会である。選手はサポーター投票、もしくはJリーグ推薦によって、監督はサポーター投票によって選ばれる。 1993年から1998年は日本コダック(カメラフィルム)がスポンサーとなりKodakオールスターサッカー、1999年から2001年はたらみ(食品メーカー)がスポンサーとなりたらみオールスターサッカー、2002年から2007年はガソリンのJOMOブランドを展開するジャパンエナジー(現・JXエネルギー)がスポンサーとなり、JOMOオールスターサッカーと呼称されていた。 (Wikipedia:Jリーグオールスターゲーム)

Jリーグオールスター
『Jリーグオールスターサッカー』より : Jリーグオールスターサッカーは、1993年-2007年までJリーグ開幕当初からJ1リーグ戦中盤の夏季(一部例外あり)に開催されていたサッカーの大会である。選手はサポーター投票、もしくはJリーグ推薦によって、監督はサポーター投票によって選ばれる。 1993年から1998年は日本コダック(カメラフィルム)がスポンサーとなりKodakオールスターサッカー、1999年から2001年はたらみ(食品メーカー)がスポンサーとなりたらみオールスターサッカー、2002年から2007年はガソリンのJOMOブランドを展開するジャパンエナジー(現・JXエネルギー)がスポンサーとなり、JOMOオールスターサッカーと呼称されていた。 (Wikipedia:Jリーグオールスター)

Jリーグ監督経験者
Jリーグ監督経験者(Jリーグかんとくけいけんしゃ)は、Jリーグの監督として実際に指揮を取った人物をリストアップしたものである。代行監督、総監督として指揮をとった場合はその旨の説明をつけている。またJFL(旧・新問わず)に所属していたチームで、Jリーグオフィシャルファンズガイド(書籍)に監督の氏名や在籍期間が記されていた場合もこの一覧に掲載した。 あ グラハム・アーノルド(仙台 2014-2014シーズン途中) パウロ・アウトゥオリ (鹿島 2006 :C大阪 2015シーズン開始-シーズン途中) 秋田豊 (京都 2010シーズン途中-シーズン終了) 秋葉忠宏 (群馬 2013-2014) 浅野哲也 (福岡 2011シーズン途中-シーズン終了 :鹿児島 2015-) アジウソン (磐田 2006シーズン途中-2007シーズン途中) ア・デモス(浦和 1999シーズン途中-シーズン終了) ハビエル・アスカルゴルタ(横浜M 1997-1998シーズン途中) 東泰(徳島 2006シーズン途中-シーズン終了) 安達亮(神戸 監督代行=2012シーズン途中 監督=2012シーズン途中-2014) 足達勇輔(横浜FC 2005-2006シーズン途中) 有馬賢二(YS横浜 2014-2015) オズワルド・アルディレス(清水 1996-1998 :横浜FM 2000-2001シーズン途中 :東京V 2003シーズン途中-2005シーズン途中 :町田 2012) アルベルト・ポボル(C大阪 2004シーズン途中) アントニーニョ(柏 1995シーズン途中-シーズン終了 :清水 2004シーズン開始-シーズン途中) フレデリック・アントネッティ(G大阪 1998シーズン途中-1999シーズン途中) 安間貴義(甲府 2008-2009 :富山 2010シーズン途中-2014 :F東23 2016-) い 池谷友良(柏 監督代行=2002シーズン途中 監督=2004シーズン開始-シーズン途中 熊本 監督=2008 監督代行=2013シーズン途中) 池田太(福岡 監督代行=2012シーズン途中-シーズン終了) 石井肇(札幌 1998シーズン途中-シーズン終了 仙台 監督代行=2003シーズン途中) 石井正忠(鹿島 2015シーズン途中-) 石崎信弘(大分 1999-2001シーズン途中 川崎 2001シーズン途中-2003 清水 2004シーズン途中-シーズン終了 東京V 監督代行=2005シーズン途中 柏 2006-2008 札幌 2009-2012 山形 2014-) 石丸清隆(愛媛 2013-2014 :京都 2015シーズン途中-) 井原正巳(柏 監督代行=2009シーズン途中 :福岡 2015-) イバンチェビッチ・ラドミロ(札幌 2002シーズン途中) 今井敏明(川崎 2000シーズン途中) 今井雅隆(福岡 2002シーズン開始-シーズン途中 徳島 2007) う ヴァレリー・ニポムニシ(広島 2001) 植木繁晴(平塚 監督代行=1995シーズン途中-シーズン終了 監督=1996-1998 山形 1999-2000 草津 2006-2008) 上田栄治(平塚・湘南 1999シーズン開始-シーズン途中、2004シーズン途中-2006シーズン途中) 上野展裕(新潟 監督代行=2012シーズン途中 :山口 2014-) 内田一夫(甲府 2010) 内山篤(磐田 2007シーズン途中-2008シーズン途中) え 衛藤元(長野 2015シーズン途中-シーズン終了) 江尻篤彦(千葉 2009シーズン途中-2010) エスピノーザ(V川崎 1997シーズン途中-シーズン終了(天皇杯前に辞任)) エドゥー(鹿島 1994シーズン途中-1995) ゲルト・エンゲルス(横浜F 1998シーズン途中-シーズン終了 市原 1999シーズン開始-シーズン途中 京都 2000シーズン途中-2003シーズン途中 浦和 2008シーズン途中-シーズン終了) お 大石篤人(藤枝 2015-) 大榎克己(清水 2014シーズン途中-2015シーズン途中) 大木武(甲府 2002、2005-2007 清水 2003 京都 2011-2013) 大熊清(FC東京 1995(=旧JFL)-2001、2010シーズン途中-2011 大宮 2014シーズン開始-シーズン途中 C大阪 2015シーズン途中-) 大熊裕司(C大阪 2014シーズン途中-シーズン終了 C大23 2016-) 岡田武史(札幌 1999-2001 横浜FM 2003-2006シーズン途中) 岡本武行(大宮 監督代行 2012シーズン途中、2013シーズン途中) 沖野等 (福岡 監督代行=2006天皇杯) 奥寺康彦(市原 1996) 奥野僚右(山形 2012-2013) 小倉隆史(名古屋 2016-) 小倉勉(大宮 2013シーズン途中-シーズン終了) ホルガー・オジェック(浦和 1995-1996、2007-2008シーズン途中) アマル・オシム (千葉 2006シーズン途中-2007) イビチャ・オシム(市原・千葉 2003-2006シーズン途中) ジョゼ・オスカー・ベルナルディ(京都 1995(=旧JFL)-1996シーズン途中) オタシリオ(横浜F 1996-1997) 小野剛(広島 2003-2006シーズン途中 熊本 2014-2015) ハンス・オフト(磐田 1994-1996、2008シーズン途中-シーズン終了 京都 1998シーズン開始-シーズン途中 浦和 2002-2003) 小見幸隆(東京V 2001シーズン途中-2002シーズン途中) 小村徳男(鳥取 2013シーズン開始-シーズン途中) オズワルド・オリヴェイラ(鹿島 2007-2011) か アレッシャンドレ・タデウ・ガーロ (FC東京 2006シーズン開始-シーズン途中) 影山雅永(岡山 2010-2014) 風間八宏(川崎 2012シーズン途中-) ガジ・ガジエフ(広島 2002シーズン開始-シーズン途中) 片野坂知宏(大分 2016-) 勝俣進(甲府 1999) 加藤久(V川崎 1997シーズン開始-シーズン途中 湘南 2000 京都 2007シーズン途中-2010シーズン途中(当初は総監督)) 加藤寛(神戸 監督代行=1997天皇杯 監督=2004シーズン途中-シーズン終了) 釜本邦茂(G大阪 1991(=日本リーグ)-1994) 神川明彦(盛岡 2016-) 加茂周(横浜F 1992-1994 京都 1999シーズン途中-2000シーズン途中) 辛島啓珠(岐阜 2013シーズン途中-シーズン終了 :相模原 2015シーズン開始-シーズン途中) 川勝良一(V川崎・東京V 1997天皇杯、1998シーズン途中-シーズン終了、2010-2012シーズン途中 神戸 1999-2002シーズン途中 福岡 2006シーズン途中-シーズン終了(天皇杯前に辞任) 京都 2014シーズン途中-シーズン終了) 菅野将晃(水戸 2001シーズン途中-2002 大宮 2003シーズン開始-シーズン途中 湘南 2006シーズン途中-2008) 神戸清雄(市原・千葉 監督代行=2000シーズン途中、監督=2011年シーズン途中) き 菊川凱夫(福岡 1997シーズン途中-シーズン終了、1999) 岸野靖之(V川崎 監督代行=1996シーズン途中 鳥栖 2007-2009 横浜FC 2010-2012シーズン途中 富山 2015シーズン開始-シーズン途中) 北野誠(熊本 2009 讃岐 2010-) 金鍾成(琉球 2016-) 木村和司(横浜FM 2010-2011) 木村浩吉(横浜FM 2008シーズン途中-2009) 木村孝洋(広島 2002シーズン途中-シーズン終了 岐阜 2011) 木村哲昌(相模原 2012-) 木村文治(横浜F 1995シーズン開始-シーズン途中 京都 総監督=1999-2004シーズン途中。 (Wikipedia:Jリーグ監督経験者)

Jリーグ歴代監督
『Jリーグ監督経験者』より : Jリーグ監督経験者(Jリーグかんとくけいけんしゃ)は、Jリーグの監督として実際に指揮を取った人物をリストアップしたものである。代行監督、総監督として指揮をとった場合はその旨の説明をつけている。またJFL(旧・新問わず)に所属していたチームで、Jリーグオフィシャルファンズガイド(書籍)に監督の氏名や在籍期間が記されていた場合もこの一覧に掲載した。 あ グラハム・アーノルド(仙台 2014-2014シーズン途中) パウロ・アウトゥオリ (鹿島 2006 :C大阪 2015シーズン開始-シーズン途中) 秋田豊 (京都 2010シーズン途中-シーズン終了) 秋葉忠宏 (群馬 2013-2014) 浅野哲也 (福岡 2011シーズン途中-シーズン終了 :鹿児島 2015-) アジウソン (磐田 2006シーズン途中-2007シーズン途中) ア・デモス(浦和 1999シーズン途中-シーズン終了) ハビエル・アスカルゴルタ(横浜M 1997-1998シーズン途中) 東泰(徳島 2006シーズン途中-シーズン終了) 安達亮(神戸 監督代行=2012シーズン途中 監督=2012シーズン途中-2014) 足達勇輔(横浜FC 2005-2006シーズン途中) 有馬賢二(YS横浜 2014-2015) オズワルド・アルディレス(清水 1996-1998 :横浜FM 2000-2001シーズン途中 :東京V 2003シーズン途中-2005シーズン途中 :町田 2012) アルベルト・ポボル(C大阪 2004シーズン途中) アントニーニョ(柏 1995シーズン途中-シーズン終了 :清水 2004シーズン開始-シーズン途中) フレデリック・アントネッティ(G大阪 1998シーズン途中-1999シーズン途中) 安間貴義(甲府 2008-2009 :富山 2010シーズン途中-2014 :F東23 2016-) い 池谷友良(柏 監督代行=2002シーズン途中 監督=2004シーズン開始-シーズン途中 熊本 監督=2008 監督代行=2013シーズン途中) 池田太(福岡 監督代行=2012シーズン途中-シーズン終了) 石井肇(札幌 1998シーズン途中-シーズン終了 仙台 監督代行=2003シーズン途中) 石井正忠(鹿島 2015シーズン途中-) 石崎信弘(大分 1999-2001シーズン途中 川崎 2001シーズン途中-2003 清水 2004シーズン途中-シーズン終了 東京V 監督代行=2005シーズン途中 柏 2006-2008 札幌 2009-2012 山形 2014-) 石丸清隆(愛媛 2013-2014 :京都 2015シーズン途中-) 井原正巳(柏 監督代行=2009シーズン途中 :福岡 2015-) イバンチェビッチ・ラドミロ(札幌 2002シーズン途中) 今井敏明(川崎 2000シーズン途中) 今井雅隆(福岡 2002シーズン開始-シーズン途中 徳島 2007) う ヴァレリー・ニポムニシ(広島 2001) 植木繁晴(平塚 監督代行=1995シーズン途中-シーズン終了 監督=1996-1998 山形 1999-2000 草津 2006-2008) 上田栄治(平塚・湘南 1999シーズン開始-シーズン途中、2004シーズン途中-2006シーズン途中) 上野展裕(新潟 監督代行=2012シーズン途中 :山口 2014-) 内田一夫(甲府 2010) 内山篤(磐田 2007シーズン途中-2008シーズン途中) え 衛藤元(長野 2015シーズン途中-シーズン終了) 江尻篤彦(千葉 2009シーズン途中-2010) エスピノーザ(V川崎 1997シーズン途中-シーズン終了(天皇杯前に辞任)) エドゥー(鹿島 1994シーズン途中-1995) ゲルト・エンゲルス(横浜F 1998シーズン途中-シーズン終了 市原 1999シーズン開始-シーズン途中 京都 2000シーズン途中-2003シーズン途中 浦和 2008シーズン途中-シーズン終了) お 大石篤人(藤枝 2015-) 大榎克己(清水 2014シーズン途中-2015シーズン途中) 大木武(甲府 2002、2005-2007 清水 2003 京都 2011-2013) 大熊清(FC東京 1995(=旧JFL)-2001、2010シーズン途中-2011 大宮 2014シーズン開始-シーズン途中 C大阪 2015シーズン途中-) 大熊裕司(C大阪 2014シーズン途中-シーズン終了 C大23 2016-) 岡田武史(札幌 1999-2001 横浜FM 2003-2006シーズン途中) 岡本武行(大宮 監督代行 2012シーズン途中、2013シーズン途中) 沖野等 (福岡 監督代行=2006天皇杯) 奥寺康彦(市原 1996) 奥野僚右(山形 2012-2013) 小倉隆史(名古屋 2016-) 小倉勉(大宮 2013シーズン途中-シーズン終了) ホルガー・オジェック(浦和 1995-1996、2007-2008シーズン途中) アマル・オシム (千葉 2006シーズン途中-2007) イビチャ・オシム(市原・千葉 2003-2006シーズン途中) ジョゼ・オスカー・ベルナルディ(京都 1995(=旧JFL)-1996シーズン途中) オタシリオ(横浜F 1996-1997) 小野剛(広島 2003-2006シーズン途中 熊本 2014-2015) ハンス・オフト(磐田 1994-1996、2008シーズン途中-シーズン終了 京都 1998シーズン開始-シーズン途中 浦和 2002-2003) 小見幸隆(東京V 2001シーズン途中-2002シーズン途中) 小村徳男(鳥取 2013シーズン開始-シーズン途中) オズワルド・オリヴェイラ(鹿島 2007-2011) か アレッシャンドレ・タデウ・ガーロ (FC東京 2006シーズン開始-シーズン途中) 影山雅永(岡山 2010-2014) 風間八宏(川崎 2012シーズン途中-) ガジ・ガジエフ(広島 2002シーズン開始-シーズン途中) 片野坂知宏(大分 2016-) 勝俣進(甲府 1999) 加藤久(V川崎 1997シーズン開始-シーズン途中 湘南 2000 京都 2007シーズン途中-2010シーズン途中(当初は総監督)) 加藤寛(神戸 監督代行=1997天皇杯 監督=2004シーズン途中-シーズン終了) 釜本邦茂(G大阪 1991(=日本リーグ)-1994) 神川明彦(盛岡 2016-) 加茂周(横浜F 1992-1994 京都 1999シーズン途中-2000シーズン途中) 辛島啓珠(岐阜 2013シーズン途中-シーズン終了 :相模原 2015シーズン開始-シーズン途中) 川勝良一(V川崎・東京V 1997天皇杯、1998シーズン途中-シーズン終了、2010-2012シーズン途中 神戸 1999-2002シーズン途中 福岡 2006シーズン途中-シーズン終了(天皇杯前に辞任) 京都 2014シーズン途中-シーズン終了) 菅野将晃(水戸 2001シーズン途中-2002 大宮 2003シーズン開始-シーズン途中 湘南 2006シーズン途中-2008) 神戸清雄(市原・千葉 監督代行=2000シーズン途中、監督=2011年シーズン途中) き 菊川凱夫(福岡 1997シーズン途中-シーズン終了、1999) 岸野靖之(V川崎 監督代行=1996シーズン途中 鳥栖 2007-2009 横浜FC 2010-2012シーズン途中 富山 2015シーズン開始-シーズン途中) 北野誠(熊本 2009 讃岐 2010-) 金鍾成(琉球 2016-) 木村和司(横浜FM 2010-2011) 木村浩吉(横浜FM 2008シーズン途中-2009) 木村孝洋(広島 2002シーズン途中-シーズン終了 岐阜 2011) 木村哲昌(相模原 2012-) 木村文治(横浜F 1995シーズン開始-シーズン途中 京都 総監督=1999-2004シーズン途中。 (Wikipedia:Jリーグ歴代監督)

Jリーグカップ
Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキナビスコ(2016年9月1日付を以ってヤマザキビスケットに改称予定)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に冠しては後述)。 Jリーグ開幕前年度の1992年に社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されており、J1リーグや天皇杯と並ぶ日本の国内3大タイトルの1つとされる。 決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘陸上競技場、1994年は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、2014年および2015年は埼玉スタジアム2002で開催された。 (Wikipedia:Jリーグカップ)

Jリーグヤマザキナビスコカップ
『Jリーグカップ』より : Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキナビスコ(2016年9月1日付を以ってヤマザキビスケットに改称予定)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に冠しては後述)。 Jリーグ開幕前年度の1992年に社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されており、J1リーグや天皇杯と並ぶ日本の国内3大タイトルの1つとされる。 決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘陸上競技場、1994年は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、2014年および2015年は埼玉スタジアム2002で開催された。 (Wikipedia:Jリーグヤマザキナビスコカップ)

Jリーグ・カップ
『Jリーグカップ』より : Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキナビスコ(2016年9月1日付を以ってヤマザキビスケットに改称予定)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に冠しては後述)。 Jリーグ開幕前年度の1992年に社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されており、J1リーグや天皇杯と並ぶ日本の国内3大タイトルの1つとされる。 決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘陸上競技場、1994年は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、2014年および2015年は埼玉スタジアム2002で開催された。 (Wikipedia:Jリーグ・カップ)

Jリーグ杯
『Jリーグカップ』より : Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキビスケット(旧ヤマザキナビスコ)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に冠しては後述)。 Jリーグ開幕前年度の1992年に社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されており、J1リーグや天皇杯と並ぶ日本の国内3大タイトルの1つとされる。 決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘陸上競技場、1994年は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、2014年および2015年は埼玉スタジアム2002で開催された。 2010年5月に、1992年に実施された第1回大会以来の通算入場者数が1,000万人を突破。また、同年10月には本大会の通算試合数が1,000試合に到達した。 (Wikipedia:Jリーグ杯)

Jリーグ ナビスコ杯
『Jリーグカップ』より : Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキビスケット(旧ヤマザキナビスコ)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に冠しては後述)。 Jリーグ開幕前年度の1992年に社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されており、J1リーグや天皇杯と並ぶ日本の国内3大タイトルの1つとされる。 決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘陸上競技場、1994年は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、2014年および2015年は埼玉スタジアム2002で開催された。 2010年5月に、1992年に実施された第1回大会以来の通算入場者数が1,000万人を突破。また、同年10月には本大会の通算試合数が1,000試合に到達した。 (Wikipedia:Jリーグ ナビスコ杯)

Jリーグ ヤマザキナビスコ杯
『Jリーグカップ』より : Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキビスケット(旧ヤマザキナビスコ)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に冠しては後述)。 Jリーグ開幕前年度の1992年に社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されており、J1リーグや天皇杯と並ぶ日本の国内3大タイトルの1つとされる。 決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘陸上競技場、1994年は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、2014年および2015年は埼玉スタジアム2002で開催された。 2010年5月に、1992年に実施された第1回大会以来の通算入場者数が1,000万人を突破。また、同年10月には本大会の通算試合数が1,000試合に到達した。 (Wikipedia:Jリーグ ヤマザキナビスコ杯)

Jリーグ歴代ベスト11
Jリーグベストイレブンは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の各シーズンごとに最も優れた11人の選手に授与される表彰。 Jリーグの全日程終了後に開催されるJリーグアウォーズにて表彰される。同年J1リーグ戦17試合以上に出場した者から、Jリーグの監督・選手による投票結果を基に各ポジションの投票数の上位選手から「優秀選手賞」が選出され、その中から活躍が顕著だった選手11名(GKは1名、外国籍選手は3名以内。ただし、アジア枠として1名まで追加可)を選考委員会にて決定する。最多受賞者は12回の遠藤保仁。在籍者ののべ受賞者数が最多のクラブはのべ34人の鹿島アントラーズ。 受賞者には正賞として、ブック型楯と賞金1,000,000円、副賞としてクリスタル・オーナメント、優秀選手賞受賞者には正賞として、記念メダルが授与される。 歴代受賞者 太字は最優秀選手賞受賞者。 複数のポジションでの受賞者は柱谷哲二(DF:93、MF:94,95)、森島寛晃(FW:95、MF:00)の2名。 (Wikipedia:Jリーグ歴代ベスト11)

Jリーグベスト11
『Jリーグ歴代ベスト11』より : Jリーグベストイレブンは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の各シーズンごとに最も優れた11人の選手に授与される表彰。 Jリーグの全日程終了後に開催されるJリーグアウォーズにて表彰される。同年J1リーグ戦17試合以上に出場した者から、Jリーグの監督・選手による投票結果を基に各ポジションの投票数の上位選手から「優秀選手賞」が選出され、その中から活躍が顕著だった選手11名(GKは1名、外国籍選手は3名以内。ただし、アジア枠として1名まで追加可)を選考委員会にて決定する。最多受賞者は12回の遠藤保仁。在籍者ののべ受賞者数が最多のクラブはのべ34人の鹿島アントラーズ。 受賞者には正賞として、ブック型楯と賞金1,000,000円、副賞としてクリスタル・オーナメント、優秀選手賞受賞者には正賞として、記念メダルが授与される。 歴代受賞者 太字は最優秀選手賞受賞者。 複数のポジションでの受賞者は柱谷哲二(DF:93、MF:94,95)、森島寛晃(FW:95、MF:00)の2名。 (Wikipedia:Jリーグベスト11)

Jリーグ準加盟制度
Jリーグ準加盟制度(Jリーグじゅんかめいせいど)とは、日本プロサッカーリーグ (社団法人) 社団法人日本プロサッカーリーグが、日本フットボールリーグ (JFL) 以下のサッカークラブに対して、正会員に準じる資格を与える制度である。
日本プロサッカーリーグが提示した母体となる運営法人・スタジアムの収容能力・下部組織などの条件について、現時点または将来的にこれを満たすことを目指すサッカークラブに対して日本プロサッカーリーグ理事会において審査を行い、日本プロサッカーリーグ Jリーグ参入を促すシステムである。本項目では類似の制度として過去に存在したJリーグ準会員制度(Jリーグじゅんかいいんせいど)についても記す。
日本でのプロサッカーリーグ開始にあたり、日本プロサッカーリーグではJリーグが開幕する1993年から数年間は適当な参入クラブの数を10と考えていた。そして、しばらくはこのオリジナル10 10クラブで固定し、その後2-3年程度に1回の割合で徐々に参加クラブを増やし、最終的に16クラブ程度にする計画を持っていた。
(Wikipedia:Jリーグ準加盟制度)


Jリーグ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  AKB48 - 2018年07月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



AKB48
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48)

AKB48劇場
『秋葉原48劇場』より : AKB48劇場(エーケービーフォーティエイトシアター、英語: AKB48 Theater)は、東京都千代田区外神田(秋葉原電気街)のドン・キホーテ秋葉原店8階に所在するAKB48専用のライブハウスである。 「会いに行けるアイドル」というコンセプトを体現したAKB48の活動拠点である。2005年12月8日にデビュー公演が行われた。本劇場はAKB48の公演でのみ運用されているが、AKB48姉妹グループの出張公演が開催されることもある。2009年8月から2012年3月の間はSDN48と共用していた。本劇場の竣工は2005年であるが、劇場施設そのものはAKB48グループでは大阪市・難波のNMB48劇場(1999年竣工の旧baseよしもと、2011年改装開業)の方が古い。 劇場の立地 蔵前橋通りと中央通りが交わる外神田五丁目交差点から中央通りを南へ200m進んだところにあるビル8階に立地する。地下鉄末広町駅1番出口から南へ200m、JR・秋葉原駅電気街口からは320m程度である。 (Wikipedia:AKB48劇場)

AKB48 Theater
『秋葉原48劇場』より : AKB48劇場(エーケービーフォーティエイトシアター、英語: AKB48 Theater)は、東京都千代田区外神田(秋葉原電気街)のドン・キホーテ秋葉原店8階に所在するAKB48専用のライブハウスである。 「会いに行けるアイドル」というコンセプトを体現したAKB48の活動拠点である。2005年12月8日にデビュー公演が行われた。本劇場はAKB48の公演でのみ運用されているが、AKB48姉妹グループの出張公演が開催されることもある。2009年8月から2012年3月の間はSDN48と共用していた。本劇場の竣工は2005年であるが、劇場施設そのものはAKB48グループでは大阪市・難波のNMB48劇場(1999年竣工の旧baseよしもと、2011年改装開業)の方が古い。 劇場の立地 蔵前橋通りと中央通りが交わる外神田五丁目交差点から中央通りを南へ200m進んだところにあるビル8階に立地する。地下鉄末広町駅1番出口から南へ200m、JR・秋葉原駅電気街口からは320m程度である。 (Wikipedia:AKB48 Theater)

AKB48 45thシングル選抜総選挙
『AKB48 45thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト フォーティフィフスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の45枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが2016年に発売予定の45thシングル選抜メンバーとなる。 選挙の実施は、2016年3月21日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回同様に立候補制を採用している。 最終結果が発表される開票イベントは、2016年6月18日に 新潟県立鳥屋野潟公園野球場(HARD OFF ECOスタジアム新潟)で実施される予定である。 投票有資格者 以下のいずれにかに該当する者に投票権がある。 44thシングル「翼はいらない」初回限定盤・通常盤・劇場盤購入者 AKB48ファンクラブサイト「二本柱の会」会員 以下の各グループ公式携帯サイト会員 AKB48 Mobile SKE48 Mobile NMB48 Mobile HKT48 Mobile NGT48 Mobile 以下の各グループ公式メールサービス会員 AKB48 Mail SKE48 Mail NMB48 Mail HKT48 Mail NGT48 Mail AKB48公式スマートフォンアプリ会員 AKB48 OFFICIAL NET会員 DMM.comが提供する以下の月額見放題サービス会員 「AKB48 LIVE!! ON DEMAND」 「SKE48 LIVE!! ON DEMAND」 「NMB48 LIVE!! ON DEMAND」 「HKT48 LIVE!! ON DEMAND」 「NGT48 LIVE!! ON DEMAND」 「AKB48グループ REVIVAL!! ON DEMAND」 被選挙権者 以下の条件のいずれかを満たすメンバーが、所定の用紙に記入し、各劇場の選挙実行委員会に提出することで立候補したことになり、被選挙者となる。 (Wikipedia:AKB48 45thシングル選抜総選挙)

AKB48 37thシングル選抜総選挙
『AKB48 37thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト サーティセブンスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の37枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが、2014年8月27日発売の37thシングル「心のプラカード」選抜メンバーとなった。 選挙の実施は、2014年3月22日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回と同じ立候補制を採用することとなったが、海外移籍の場合を除いて卒業メンバーは対象外となった。 投票期間は、2014年5月20日10時00分00秒(JST)から同年6月6日14時59分59秒(JST)までであった。 最終結果が発表される開票イベントは、2014年6月7日に東京都調布市・味の素スタジアムで実施された。会場での司会進行は、徳光和夫と木佐彩子のふたりが担当した。 なお同年5月25日に岩手県滝沢市・岩手産業文化センターで開催された握手会イベントでの傷害事件を受け、総勢106人の手荷物検査員を配置し、計122台のハンディータイプの金属探知機を導入して厳重な検査が行われた結果、会場への入場開始時間を当初の予定よりも1時間前倒ししたが、観客の入場が遅れたことから、開票発表前のライブは、45分遅れの15時15分からスタートすることとなった。 (Wikipedia:AKB48 37thシングル選抜総選挙)

AKB48 41stシングル選抜総選挙
『AKB48 41stシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト フォーティファーストシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の41枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが2015年8月26日に発売の41stシングル「ハロウィン・ナイト」選抜メンバーとなる。 選挙の実施は、2015年3月18日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された。 今回の総選挙では、前回同様に立候補制を採用しているが、前回とは異なり2015年3月20日時点で日本国内のAKB48グループに在籍していれば、卒業を発表していても立候補可能となっている。 投票期間は、2015年5月19日10時00分00秒(JST)から同年6月5日14時59分59秒(JST)までである。 最終結果が発表される開票イベントは、2015年6月6日に福岡 ヤフオク!ドームで実施された。会場は、前回のAKB48 37thシングル選抜総選挙開票イベント当日が荒天であったような天候の不安や夜間の騒音問題の懸念から屋内施設での実施を検討し、5万人収容可能な日本全国の大会場のスケジュールを確認し調整をした結果として選ばれた。 (Wikipedia:AKB48 41stシングル選抜総選挙)

AKB48のオーディション
AKB48のオーディション(エーケービー フォーティエイトのオーディション)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48のオーディションについて扱う。 オーディションでは、スタッフと話し合った上で最終的には総合プロデューサーの秋元康が合格者を決定する。メンバーを選ぶポイントとしては、正統派美少女ばかりを選ぶのではなく、ファンの好みの多様さに合わせて性格から容姿までなるべく幅広く選ぶことによって(学校の)一クラスのようなリアリティを生み出すようにしているという。特に初期段階は運営スタッフ側に芸能関係の経験が少なかったため、チケットの販売・抽選や整列の具体的な方法などについてファンからアドバイスを受けていた。 合格者・不合格者のうち太字となっているのは2014年4月24日現在、在籍しているメンバー(兼任メンバーを含む)。主な実施要項(多少異なることがある) 応募資格:AKB48メンバーとして芸能活動できる人。3期生までは10歳 - 22歳の範囲で設定されていたが、4期生以降は11歳 - 18歳くらいまでのプロダクションに所属していない女性、経験不問。 (Wikipedia:AKB48のオーディション)

AKB48握手会傷害事件
AKB48握手会傷害事件(エーケービーフォーティエイト あくしゅかいしょうがいじけん)は、2014年(平成26年)5月25日、日本の女性アイドルグループ・AKB48が岩手県滝沢市の岩手産業文化センター(アピオ)で開催していた握手会のイベントにおいて、のこぎりを持った男がグループのメンバー2人とスタッフ1人を切りつけ、負傷させた事件である。AKB48握手会襲撃事件とも呼ばれる。 事件が発生したのは、AKB48のCDに封入されている参加券があれば誰でも参加できる「全国握手会」とよばれるイベントである。グループのメンバーとファンが握手を行う区画(レーン)のひとつに男が入り、のこぎりを取り出してメンバーの川栄李奈と入山杏奈、および2人を守ろうとした男性スタッフを切りつけた。男は周囲にいたスタッフに取り押さえられ、警察に殺人未遂の容疑で現行犯逮捕された。切りつけられた3人は骨折や裂傷を負い、病院へ搬送されてただちに縫合手術を受けた。3人は事件翌日に退院した。 犯人は青森県十和田市に住む、発達障害の診断を受けたことがある当時24歳の男。 (Wikipedia:AKB48握手会傷害事件)

AKB48 22ndシングル選抜総選挙
『AKB48 22ndシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセカンドシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の22枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーを、ファンによる投票で決定する選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが2011年8月24日発売の「フライングゲット」選抜メンバーとなった。 『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』は、2011年6月9日に東京都千代田区の日本武道館で開催された開票イベント名のこと。 選挙の実施は、2011年3月29日にキングレコード公式サイトおよびAKB48公式ブログで発表された。当初は2011年3月25日 - 27日に横浜アリーナで実施予定だったコンサート『たかみなについて行きます』で発表する予定だったが、東日本大震災の影響により中止となったため、このような形となった。 選挙の実施に先立ち、日刊スポーツ紙面上で、2011年4月18日から6月8日まで候補者紹介を行った。また、アピールコメントをAKB48劇場での公演終了後に上映、および「YouTube AKB48オフィシャルチャンネル」にて配信した。 (Wikipedia:AKB48 22ndシングル選抜総選挙)

AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」
『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』(エーケービーフォーティエイト セブンティーンスシングルせんばつそうせんきょ かあさんにちかって、ガチです)は、AKB48の17thシングルの選抜メンバー選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが、2010年8月18日発売の「ヘビーローテーション」選抜メンバーとなった。 選挙の実施は、2010年3月25日に横浜アリーナで開催されたコンサート『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』でAKB48劇場支配人の戸賀崎智信から発表された。前年度実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』と同様に、選挙ポスターが作成され、AKB48劇場のロビーや渡り廊下の壁などに掲示された。また、政見放送はDMM.comや劇場公演終了後、さらに「ポニーテールとシュシュ」劇場盤握手会会場の幕張メッセでも放映された。他には、日刊スポーツ芸能面において、4月13日付から6月8日付まで毎日、メンバー1人と研究生・SKE48の非選抜メンバー1人を取り上げる形式でマニフェストが連載された。 (Wikipedia:AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」)

AKB48の歴史
このページでは、日本の女性アイドルグループ・AKB48の歴史について解説する。 より簡略な解説は、AKB48ページの略史を参照。また、 メンバー構成の推移、センターポジションの推移、派生ユニットの略歴については「AKB48のグループ構成」の各節を参照。 2005年 8月、総合プロデューサーの秋元康の主導で「秋葉原48プロジェクト」第1期生メンバー募集を開始。 9月28日、『秋葉原48劇場』をドン・キホーテ秋葉原店8階に設けることを発表。 10月18日、ロゴデザイン決定。 10月30日、東京都港区の芝浦スタジオで最終審査を開催。全応募者7924人のうち、書類審査で絞られた45人の中から、最終的に24人の合格者(倍率約330倍)が発表される。このうち2015年3月現在、AKB48に在籍しているのは小嶋陽菜・高橋みなみ・峯岸みなみの3名。 11月3日、夏まゆみ指導による合格者のシアターレッスンが都内スタジオで開始され、約1か月間の集中特訓が行われる。その後、11月23日から工事中の秋葉原48劇場ステージに場所を移す。 (Wikipedia:AKB48の歴史)

AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」
『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』(エーケービーフォーティエイト サーティーンスシングルせんばつそうせんきょ かみさまにちかってガチです)は、AKB48の13thシングルの選抜メンバー選挙である。この選挙の上位21位までのメンバーが2009年8月26日発売の「言い訳Maybe」選抜メンバーとなった。 2009年4月26日にNHKホールで開催された『「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。』でAKB48劇場支配人・戸賀崎智信から選抜総選挙を実施することが発表された。公職選挙法に基づいて実施される選挙と同様に選挙ポスターが作成され、AKB48劇場のロビーや渡り廊下などに掲示された。また、政見放送も制作され、DMM.comや劇場公演終了後に放送された。 2009年6月23日から7月7日まで投票が実施され、同年7月8日に赤坂BLITZで開票イベントが開催された。 当選枠 前回同様、上位21人が選抜メンバーに選ばれ、13thシングルのA面を歌う権利を得る。 (Wikipedia:AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」)

AKB48シングル選抜じゃんけん大会
AKB48シングル選抜じゃんけん大会(エーケービーフォーティエイト シングルせんばつじゃんけんたいかい)は、AKB48のニューシングルに参加するメンバーを選抜するじゃんけん大会である。 2014年9月17日に第五回目となる「AKB48グループ・じゃんけん大会2014 〜拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦〜」を開催した。この第五回はシングル選抜制ではない。 2010年から毎年9月に開催されており、2010年 - 2014年は日本武道館、2015年は横浜アリーナが大会会場として使用されている。また、選抜されたメンバーが歌うこととなる表題曲収録のシングルは12月に発売されている。 開催の背景として、運営サイドが関与せずに選抜メンバーが決まるものとして、選抜総選挙が前年より先んじて開催されており、こちらはAKB48の楽曲の選抜メンバーを「ファンが選ぶ」という名目ではあるが、投票形式のため、知名度の高い人気メンバーが有利になりがちであり「上位の顔ぶれがほとんど変わらない」との声もあった。 (Wikipedia:AKB48シングル選抜じゃんけん大会)

AKB48 27thシングル選抜総選挙
『AKB48 27thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセブンスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の27枚目のCDシングルに参加するメンバーをファンによる投票で決定する一連のイベントの名称である。この選挙で上位16位までのメンバーが2012年8月29日に発売された「ギンガムチェック」選抜メンバーとなった。 また、最終結果が発表される開票イベント『AKB48 27thシングル選抜総選挙〜ファンが選ぶ64議席〜』(エーケービーフォーティエイト トゥエンティセブンスシングルせんばつそうせんきょ ファンがえらぶろくじゅうよんぎせき)は、2012年6月6日に日本武道館で実施された。 選挙の実施は、2012年3月25日に開催された『AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』最終公演で発表された。 投票期間は2012年5月22日10時00分00秒(JST)から同年6月5日14時59分59秒(JST)まで。 (Wikipedia:AKB48 27thシングル選抜総選挙)

AKB48関連の楽曲一覧
AKB48関連の楽曲一覧(エーケービーフォーティエイトかんれんのがっきょくいちらん)は、AKB48およびノースリーブスなどの派生ユニットによる楽曲の一覧である。NGT48、OJS48の楽曲についても便宜上ここに含める。 秋元康プロデュース曲に限らず、AKB48関連グループに在籍中のメンバーが歌唱に参加した楽曲を含む。 重複する楽曲は、シングルカットされた劇場公演曲等を除き記載していない。 シングルカップリング曲の歌唱メンバーは、各シングル表題曲ページではなく、このページにのみ記載している。 特記無き場合は、秋元康による作詞である。 姉妹グループの楽曲については、下記の項目を参照のこと。 SKE48の楽曲一覧 NMB48の楽曲一覧 HKT48の楽曲一覧 SDN48の楽曲一覧 JKT48の楽曲一覧 SNH48の楽曲一覧 overture overture作詞:不明、作編曲:尾澤拓実、歌唱:DJ TAZ overture(NGT48 ver.) overture(Team Ogi ver.)「Team Ogi 祭」の際に使用。 (Wikipedia:AKB48関連の楽曲一覧)

AKB48総選挙
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48総選挙)

AKB48選抜総選挙
AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に誕生した。 東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通しての遠い存在であったアイドルではなく、身近に感じられる存在であり、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドルということである。 その一方で、2009年頃からテレビ番組出演の増加などにより、「マスメディアで見かけるアイドル」にもなって知名度も上がり、さらに発表するCDの売り上げが次々と1位を記録したことにより、マスメディアから「国民的アイドル」と呼ばれる存在になっている。 (Wikipedia:AKB48選抜総選挙)

AKB48 32ndシングル選抜総選挙
『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティエイト サーティセカンドシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の32枚目のCDシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベント。この選挙の上位16位までのメンバーが2013年8月21日発売の32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」選抜メンバーとなった。 また、最終結果が発表される開票イベント『AKB48 32ndシングル選抜総選挙 〜夢は一人じゃ見られない〜』(エーケービーフォーティエイト サーティセカンドシングルせんばつそうせんきょ ゆめはひとりじゃみられない)は、2013年6月8日に神奈川県横浜市・横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で開催される『AKB48 スーパーフェスティバル 〜日産スタジアム、小(ち)っちぇっ! 小(ち)っちゃくないし!!〜』内の第二部として実施された。 (Wikipedia:AKB48 32ndシングル選抜総選挙)

AKB48のグループ構成
このページでは、日本の女性アイドルグループ・AKB48のグループ構成に関する以下の事項を解説している。 AKB48のメンバー構成とチーム構成の推移、研究生からの昇格の一覧 ひまわり組公演および、ばら組・ゆり組構想について シングル表題曲の選抜制度およびカップリング曲のアンダーガールズ制度について(選抜総選挙とじゃんけん大会の解説も含む) シングル表題曲のセンターポジションについて AKB48グループの派生ユニットの解説とその所属メンバーの一覧 AKB48グループの「部活動」の解説とその所属メンバーの一覧 AKB48のグループ構成 AKB48を構成する基本的な単位はチームであり、正規メンバーは原則としてチームA、K、B、4、8のいずれかに在籍する。 (Wikipedia:AKB48のグループ構成)

AKB48 シングル選抜総選挙
AKB48 シングル選抜総選挙(エーケービーフォーティエイト シングルせんばつそうせんきょ)は、AKB48のシングルの選抜メンバー選挙である。これまでに複数回実施されてきており、詳細は選挙ごとで執筆されている各項目を参照。 第1回 AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」 第2回 AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」 第3回 AKB48 22ndシングル選抜総選挙 第4回 AKB48 27thシングル選抜総選挙 第5回 AKB48 32ndシングル選抜総選挙 第6回 AKB48 37thシングル選抜総選挙 第7回 AKB48 41stシングル選抜総選挙 第8回 AKB48 45thシングル選抜総選挙。 (Wikipedia:AKB48 シングル選抜総選挙)


AKB48 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  Fate/Grand Order - 2018年07月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



Fate/Grand Order
『Fate/Grand Order』(フェイト/グランドオーダー)は、ゲームブランドTYPE-MOONによるゲーム作品『Fate/stay night』を元として製作されるスマートフォン専用ロールプレイングゲーム。略称は「Fate/GO」もしくは「FGO」。 原作は、2004年の発売以降これまでにゲーム・小説・漫画・アニメーションなど数多くのメディアミックスやスピンアウト展開を広げてきたゲーム作品『Fate/stay night』。「Fate Online Project REBOOT」という標語が掲げられている。『Fate/stay night』をはじめ、『Fate/Zero』・『Fate/EXTRA』・『Fate/Apocrypha』といったFateシリーズから多数のキャラクターが登場するほか、本作オリジナルのキャラクターも多数登場する。 (Wikipedia:Fate/Grand Order)


Fate/Grand Order - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  Bitcoin - 2018年07月21日


関連するイメージは見つかりませんでした




Bitcoin - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す