[PR]

日別キーワード

第1位  オーバーロードII - 2018年07月25日


関連するイメージは見つかりませんでした




オーバーロードII - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  愛媛県 - 2018年07月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



愛媛県
愛媛県(えひめけん)は、日本の都道府県の1つで、四国地方の北西部から北中部に位置する県。県庁所在地は松山市。令制国の伊予国に当たる。 地理・地域 位置 日本、四国地方の北西に位置し、瀬戸内海に面している。 瀬戸内海を挟んだ広島県との文化的・経済的結びつきが強い。 隣接都道府県:陸上で香川県 - 徳島県 - 高知県、海上で山口県 - 大分県 - 広島県と接している(ただし鳶小島、瓢箪島(ひょうたん島)が広島県との県境を跨いでいる)。このうち広島県とは、多々羅大橋(西瀬戸自動車道)、岡村大橋(大崎下島広域農道)の2か所で接続している。 北部は瀬戸内海西部沿岸だが佐田岬以南は豊予海峡を経て太平洋に通ずる。 広袤 国土地理院地理情報 によると愛媛県の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは155.99 km、南北の長さは157.16kmである。また、国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、愛媛県の面積は5676.11平方キロメートルである。 (Wikipedia:愛媛県)

愛媛県の廃止市町村一覧
愛媛県の廃止市町村一覧(えひめけんのはいししちょうそんいちらん)は愛媛県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:北条町→北条市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:東伯方村→伯方町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。
(Wikipedia:愛媛県の廃止市町村一覧)

愛媛県を舞台にした文芸作品
『愛媛県』より : 世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 四国地方 > 愛媛県
(日本 > 中国・四国地方 > 愛媛県)
全国第26位
(2005年10月1日:全国第27位)
(2005年10月1日)
愛媛県(えひめけん)は、日本の都道府県の一つで、四国地方の北西~北中部に位置する県。
愛媛県の由来は、古事記の「伊予国は愛比売(エヒメ)と謂ひ」による。
日本、四国地方の北西に位置する
広島との結びつきが強い。
隣接都道府県:陸上で香川県 - 徳島県 - 高知県、海上で山口県 - 大分県 - 広島県と接している。(但し鳶小島、瓢箪島(ひょうたん島)が広島県との県境を跨いでいる。)
北部は瀬戸内海西部沿岸だが佐田岬以南は豊予海峡を経て太平洋に通ずる。
(Wikipedia:愛媛県を舞台にした文芸作品)

愛媛県を舞台にした映画作品
『愛媛県』より : 愛媛県(えひめけん)は、日本の都道府県の1つで、四国地方の北西部から北中部に位置する県。県庁所在地は松山市。令制国の伊予国に当たる。 地理・地域 位置 日本、四国地方の北西に位置し、瀬戸内海に面している。 瀬戸内海を挟んだ広島県との文化的・経済的結びつきが強い。 隣接都道府県:陸上で香川県 - 徳島県 - 高知県、海上で山口県 - 大分県 - 広島県と接している(ただし鳶小島、瓢箪島(ひょうたん島)が広島県との県境を跨いでいる)。このうち広島県とは、多々羅大橋(西瀬戸自動車道)、岡村大橋(大崎下島広域農道)の2か所で接続している。 北部は瀬戸内海西部沿岸だが佐田岬以南は豊予海峡を経て太平洋に通ずる。 広袤 国土地理院地理情報 によると愛媛県の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは155.99 km、南北の長さは157.16kmである。また、国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、愛媛県の面積は5676.11平方キロメートルである。 (Wikipedia:愛媛県を舞台にした映画作品)

愛媛県出身の人物一覧
愛媛県出身の人物一覧(えひめけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、愛媛県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 今松治郎(元総理府総務長官) 越智伊平(元建設大臣) 工藤干城(自由民権家、衆議院議員) 塩崎潤(経済企画庁長官、総務庁長官等を歴任) 塩崎恭久(元内閣官房長官) 勝田主計(元大蔵大臣) 砂田重政(元防衛庁長官) 関谷勝嗣(元郵政大臣、元建設大臣) 仙波太郎 高畠亀太郎(元宇和島市長):宇和島市 武知勇記(元郵政大臣) 東条貞 永江孝子(参議院議員、元南海放送アナウンサー) 西田司(国土庁長官、自治大臣等を歴任) 野志克仁(松山市長、元南海放送アナウンサー):松山市 秦豊(元参議院議員):西条市 檜垣徳太郎(元郵政大臣) 增原惠吉(警察予備隊本部長官、防衛庁長官等を歴任) 三浦安 村上誠一郎(元内閣府特命担当大臣) 森清 森恒太郎 山村豊次郎 軍人・自衛官 秋山真之(海軍軍人) 秋山好古(陸軍軍人) 川島義之(陸軍軍人) 櫻井忠温(陸軍軍人) 佐々木到一(陸軍軍人) 白川義則(陸軍軍人) 関行男(海軍軍人) 仙波太郎(陸軍軍人) 武田斐三郎(陸軍軍人) 羽藤一志(海軍軍人) 平塚宏(陸将、陸上自衛隊東部方面総監) 水野廣徳(海軍軍人) 茂木史朗(海軍軍人) 山路一善(海軍軍人) 官僚 魚本藤吉郎(在ソヴィエト連邦特命全権大使):八幡浜市 十河信二(運輸官僚、第4代国鉄総裁) 津野修(内閣法制局長官、最高裁判事) 樋口建史(第89代警視総監) 渡辺修(元通商産業事務次官。 (Wikipedia:愛媛県出身の人物一覧)

愛媛県の県道一覧
愛媛県の県道一覧(えひめけんのけんどういちらん)は、愛媛県を通る県道の一覧である。愛媛県道に県道番号が導入されたのは1972年(昭和47年)3月16日からである。 統計 2012年4月1日現在 注 小数点第2位以下を四捨五入しているため、内訳と計が一致しないものがある。 自転車道の数値は含まない。 愛媛県道330号藤縄長浜線は未供用のため、路線数のみ含む。 主要地方道 1 - 50号 1 欠番←久万池川線←梼原落出線 梼原落出線は、現在国道440号の一部に格上げ。 久万池川線は、現在国道494号の一部・愛媛県道12号西条久万線の一部・愛媛県道212号東川上黒岩線等に分割。 2 城川檮原線←宇和島窪川線 宇和島窪川線は、現在国道320号の一部や国道381号の一部、愛媛県道57号広見三間宇和島線等に分割。 3 欠番←宇和島中村線 宇和島中村線は、現在国道320号の一部、国道381号の一部、国道441号の一部や愛媛県道57号広見三間宇和島線等に分割。 (Wikipedia:愛媛県の県道一覧)

愛媛県道
『愛媛県の県道一覧』より : 愛媛県の県道一覧(えひめけんのけんどういちらん)は、愛媛県を通る県道の一覧である。愛媛県道に県道番号が導入されたのは1972年(昭和47年)3月16日からである。 統計 2012年4月1日現在 注 小数点第2位以下を四捨五入しているため、内訳と計が一致しないものがある。 自転車道の数値は含まない。 愛媛県道330号藤縄長浜線は未供用のため、路線数のみ含む。 主要地方道 1 - 50号 1 欠番←久万池川線←梼原落出線 梼原落出線は、現在国道440号の一部に格上げ。 久万池川線は、現在国道494号の一部・愛媛県道12号西条久万線の一部・愛媛県道212号東川上黒岩線等に分割。 2 城川檮原線←宇和島窪川線 宇和島窪川線は、現在国道320号の一部や国道381号の一部、愛媛県道57号広見三間宇和島線等に分割。 3 欠番←宇和島中村線 宇和島中村線は、現在国道320号の一部、国道381号の一部、国道441号の一部や愛媛県道57号広見三間宇和島線等に分割。 (Wikipedia:愛媛県道)

愛媛県知事
愛媛県知事(えひめけんちじ)は、愛媛県の首長である。
1873年(明治6年)2月20日に石鐵県と神山県が合併し愛媛県が誕生すると神山県の江木康直が愛媛県参事なるが、1874年(明治7年)11月に死去し岩村高俊が権令(のちに県令)として赴任、地租改正などの政策を実施。1886年に赴任した関新平が初代愛媛県知事となった。その後、官選知事が続き、1947年(昭和22年)3月14日に松下一が最後の官選知事に任命され、同年4月5日に初めて県知事選挙が実施され青木重臣が当選、初の公選知事となった。そのあと知事となった久松定武は1951年(昭和26年)、1955年(昭和30年)と1959年(昭和34年)の選挙では無所属で立候補し当選したが、1963年(昭和38年)の選挙では自由民主党 (日本) 自民党から出馬し、当選した。白石春樹も自民党から出馬し当選、知事を4期努め、自民党の基盤を確立したが、白石の後継として当選した伊賀貞雪は無所属で立候補。加戸守行も無所属で立候補し当選している。
(Wikipedia:愛媛県知事)

愛媛県立宇和島南高等学校
愛媛県立宇和島南高等学校(えひめけんりつうわじまみなみこうとうがっこう)は、愛媛県宇和島市にあった高等学校である。全日制は2008年(平成20年)4月に中高一貫教育校である愛媛県立宇和島南中等教育学校へ完全移行した。2011年、定時制在校生の卒業をもって閉校した。 学科 全日制普通科(2006年度より募集停止) 水産科(1956年度より愛媛県立宇和島水産高等学校として独立) 全日制衛生看護科(2001年度より募集停止) 定時制普通科(2008年度より募集停止) 定時制商業科(1961年度に廃止) 沿革 宇和島高等女学校 1899年(明治32年)6月 - 町立宇和島高等女学校を宇和島町の桜町と富沢町に設立し開校。 (Wikipedia:愛媛県立宇和島南高等学校)

愛媛県小学校一覧
愛媛県小学校一覧(えひめけんしょうがっこういちらん)は、愛媛県の小学校の一覧。 国立小学校 愛媛大学教育学部附属小学校 公立小学校 四国中央市 新居浜市 西条市 今治市 越智郡 松山市 伊予市 東温市 上浮穴郡 伊予郡 宇和島市 八幡浜市 大洲市 西予市 喜多郡 西宇和郡 北宇和郡 南宇和郡 = 町立 = = 組合立 = 高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校(小中一貫教育校) 関連項目 学校記事一覧 愛媛県高等学校一覧 愛媛県中学校一覧 愛媛県幼稚園一覧 愛媛県小学校の廃校一覧。 (Wikipedia:愛媛県小学校一覧)

愛媛県立松山東高等学校
愛媛県立松山東高等学校(えひめけんりつ まつやまひがしこうとうがっこう)は、愛媛県松山市持田町二丁目にある公立の高等学校。 藩校・明教館の流れを汲み、旧制松山中学以来の伝統を持つ県内最古の高等学校である。初代校長は草間時福で、同校の校風に多大な影響を与えている。愛媛県尋常中学校時代に夏目漱石が第五高等学校へ赴任するまで1年間教鞭をとっており、この体験を元にして小説『坊っちゃん』が描かれた。 2008年(平成20年)6月15日に創立130周年を迎えた。 沿革 1805年(文化2年) - 松山藩藩主・松平定則により藩校興徳館を創立。 1821年(文政4年) - 藩主・松平定通が興徳館を移転、修来館と改称。 1828年(文政11年) - 修来館を拡充し明教館と改称。 1872年(明治5年) - 学制公布。旧明教館に松山県学校を開設。 1873年(明治6年) - 英学舎と改称。 1875年(明治8年) - 愛媛県に移管し、英学所と改称。 1876年(明治9年) - 愛媛県変則中学校と改称。 (Wikipedia:愛媛県立松山東高等学校)

愛媛県立松山農科大学
『愛媛大学』より : 愛媛県立松山農科大学(えひめけんりつまつやまのうかだいがく、公用語表記: 愛媛県立松山農科大学)は、愛媛県松山市樽味に本部を置いていた日本の公立大学である。1949年に設置された。 1954年に国立愛媛大学に編入され、農学部となった。 本項では、旧制愛媛県立農林専門学校などの前身諸校を含めて記述する。 1900年 (明治33年) 創設の愛媛県農業学校(中等学校程度)を源流とする。直接の前身校、旧制愛媛県立農林専門学校は、第二次世界大戦中に食糧増産を目的として増設された農林専門学校 (旧称 高等農林学校) の一つであった。 戦後になり学制改革で1949年農・林・農業土木の3学科からなる新制愛媛県立松山農科大学に昇格させる。当初旧制松山高等学校など四国全体で総合大学構想があった。その後国立移管され、愛媛大学農学部となった。 同窓会は 「ユーカリ会」 と称し、旧制・新制合同の会である。 沿革 前史 1900年3月14日: 愛媛県農業学校設立認可 (文部省告示第74号)。 (Wikipedia:愛媛県立松山農科大学)

愛媛県出身の有名人一覧
愛媛県出身の人物一覧(えひめけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、愛媛県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 今松治郎(元総理府総務長官) 越智伊平(元建設大臣) 工藤干城(自由民権家、衆議院議員) 塩崎潤(経済企画庁長官、総務庁長官等を歴任) 塩崎恭久(元内閣官房長官) 勝田主計(元大蔵大臣) 砂田重政(元防衛庁長官) 関谷勝嗣(元郵政大臣、元建設大臣) 仙波太郎 高畠亀太郎(元宇和島市長):宇和島市 武知勇記(元郵政大臣) 東条貞 永江孝子(参議院議員、元南海放送アナウンサー) 西田司(国土庁長官、自治大臣等を歴任) 野志克仁(松山市長、元南海放送アナウンサー):松山市 秦豊(元参議院議員):西条市 檜垣徳太郎(元郵政大臣) 增原惠吉(警察予備隊本部長官、防衛庁長官等を歴任) 三浦安 村上誠一郎(元内閣府特命担当大臣) 森清 森恒太郎 山村豊次郎 軍人・自衛官 秋山真之(海軍軍人) 秋山好古(陸軍軍人) 川島義之(陸軍軍人) 櫻井忠温(陸軍軍人) 佐々木到一(陸軍軍人) 白川義則(陸軍軍人) 関行男(海軍軍人) 仙波太郎(陸軍軍人) 武田斐三郎(陸軍軍人) 羽藤一志(海軍軍人) 平塚宏(陸将、陸上自衛隊東部方面総監) 水野廣徳(海軍軍人) 茂木史朗(海軍軍人) 山路一善(海軍軍人) 官僚 魚本藤吉郎(在ソヴィエト連邦特命全権大使):八幡浜市 十河信二(運輸官僚、第4代国鉄総裁) 津野修(内閣法制局長官、最高裁判事) 樋口建史(第89代警視総監) 渡辺修(元通商産業事務次官。 (Wikipedia:愛媛県出身の有名人一覧)

愛媛県道13号壬生川新居浜野田線
愛媛県道13号壬生川新居浜野田線(えひめけんどう13ごう にゅうがわにいはまのだせん)は、愛媛県東予地方の臨海部を東西に貫く主要地方道である。 西条市から新居浜市を経て四国中央市へと繋がり、市街地・工場地帯・官庁街など各都市の重要な拠点を結ぶ延長約44kmの幹線道路であり、特に新居浜市街で信号が数十メートルおきに点在し、スムーズに走行することが難しい国道11号を避ける有効な迂回路でもある。 通過市町村 愛媛県 西条市 - 新居浜市 - 四国中央市 主な接続道路 西条市 国道11号(バイパス) 国道196号 愛媛県道48号壬生川丹原線 愛媛県道140号伊予西条停車場線 愛媛県道141号西条港線 愛媛県道143号壬生川港小松線 愛媛県道149号丹原小松線 愛媛県道159号孫兵衛作壬生川線 新居浜市 愛媛県道11号新居浜角野線 愛媛県道133号多喜浜泉川線 愛媛県道136号新居浜港線 愛媛県道137号金子中萩停車場線 愛媛県道138号新居浜土居線 四国中央市 松山自動車道土居IC 国道11号 愛媛県道128号蕪崎土居線 重複区間 愛媛県道48号壬生川丹原線(西条市三津屋地内) 国道196号(西条市北条 - 西条市小松町新屋敷) 国道11号(西条市下島山甲 - 西条市船屋甲) 有料区間(廃止) 2006年3月31日に無料開放され、管理は県が行う。 (Wikipedia:愛媛県道13号壬生川新居浜野田線)

愛媛県靖国神社玉串訴訟
事件名=損害賠償代位請求事件
事件番号=平成4年(行ツ)第156号
裁判年月日=1997年(平成9年)4月2日
判例集=民集51巻4号1673頁
裁判要旨=
県が靖國神社又は護國神社の挙行した例大祭、みたま祭又は慰霊大祭に際し玉串料、献灯料又は供物料を県の公金から支出して奉納したことが憲法20条3項、89条に違反するとされた事例。
複数の住民が共同訴訟人として提起した住民訴訟において共同訴訟人の一部の者がした上訴又は上訴の取下げの効力は有効である。
法廷名=大法廷
裁判長=三好達
陪席裁判官=園部逸夫 可部恒雄 大西勝也 小野幹雄 大野正男 千種秀夫 根岸重治 高橋久子 尾崎行信 河合伸一 遠藤光男 井嶋一友 福田博 藤井正雄
多数意見=論点1について、大西勝也 小野幹雄 大野正男 千種秀夫 根岸重治 河合伸一 遠藤光男 井嶋一友 福田博 藤井正雄の10名。論点2は全員一致。
(Wikipedia:愛媛県靖国神社玉串訴訟)

愛媛県道22号伊予松山港線
愛媛県道22号伊予松山港線(えひめけんどう22ごう いよまつやまこうせん)は、愛媛県伊予市から松山市までほぼ南北に走る主要地方道である。 国道378号伊予農高北交差点から西方向に分岐し、国道437号との交差点までを結ぶ道路である。 かつて路線の一部が国道56号に指定されていたこと、また松山の海の玄関の1つである三津浜港に接続していることもあり、主要地方道となった現在も松山市と伊予市を結ぶ重要路線の1つに数えられている。 路線データ 陸上距離:約12.6km 起点:伊予市下吾川(国道378号交点) 終点:松山市三津(国道437号交点) 一方通行区間:伊予郡松前町筒井(宗意原交差点)・伊予郡松前町浜 間 路線状況 伊予市 国道378号から分岐した後は、すぐに伊予鉄道郡中線をまたぐ形で交差点が存在する。 (Wikipedia:愛媛県道22号伊予松山港線)

愛媛県中学校一覧
愛媛県中学校一覧(えひめけんちゅうがっこういちらん)は、愛媛県の中学校及び中等教育学校(前期課程)の一覧。 国立中学校 愛媛大学教育学部附属中学校 公立中学校・中等教育学校 四国中央市 新居浜市 西条市 今治市 = 県立 = 愛媛県立今治東中等教育学校 = 市立 = 越智郡 松山市 = 県立 = 愛媛県立松山西中等教育学校 = 市立 = 伊予市 東温市 上浮穴郡 伊予郡 宇和島市 = 県立 = 愛媛県立宇和島南中等教育学校 = 市立 = 八幡浜市 大洲市 西予市 喜多郡 西宇和郡 北宇和郡 南宇和郡 = 町立 = = 組合立 = 高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山中学校(小中一貫教育校) 私立中学校・中等教育学校 関連項目 学校記事一覧 愛媛県高等学校一覧 愛媛県小学校一覧 愛媛県幼稚園一覧 愛媛県中学校の廃校一覧。 (Wikipedia:愛媛県中学校一覧)

愛媛県道18号松山空港線
愛媛県道18号松山空港線(えひめけんどう18ごう まつやまくうこうせん)は、愛媛県松山市の西部をほぼ東西に走る主要地方道。 当路線は、 松山市北斎院町・南斎院町を抜ける北部路線(新空港通り) 松山市高岡町や空港通・竹原町・土橋町と抜ける南部路線(旧空港通り)の2路線に分かれる。松山では北部路線を「新空港通り」、南部路線を「旧空港通り」と呼ぶのが一般的となっており、市内の交通情報案内板の表示に書かれている「新空港通り経由」とは当路線の北部路線を指し、「旧空港通り経由」とは当路線の南部路線を指す。(以後便宜上、北部路線を「新空港通り」、南部路線を「旧空港通り」と表記する。) なお、旧空港通りよりも以前に空港通りが存在していた。現在の旧空港通りよりも少しばかり北側に入った、通称「吉田街道」と言う東西に走る道路である。この街道は、昔の温泉郡北吉田村、南吉田村、高岡村等の生石5ヶ村から御城下へ向かう道であった。今もなお当時の名残から、狭細区間ながら伊予鉄道郊外バス56番「三津・吉田線」が走っている。 (Wikipedia:愛媛県道18号松山空港線)

愛媛県道23号伊予川内線
愛媛県道23号伊予川内線(えひめけんどう23ごう いよかわうちせん)は、愛媛県伊予市から東温市までほぼ東西に走る主要地方道である。 国道56号大谷川橋交差点から東方向に分岐し、松山川内線川上小学校前交差点までを結ぶ、ほぼ全線で片道1車線が確保された道路である。 愛媛の県都・松山に流れる3本の大動脈である国道11号・国道33号・国道56号全てと交差し、松山自動車道の川内IC(東温市)・松山IC(松山市)・伊予IC(伊予市)付近を通過する利便性から、地元住民だけではなく県内外問わず非常に多くの大型車ドライバーに利用されている道路である。そのためか、川内方面の案内標識には「高松」「西条」の文字が見られる。 陸上距離:約22.4km 起点:伊予市下吾川(国道56号交点) 終点:東温市南方(松山川内線交点) 通過市町村 伊予市 - 伊予郡砥部町 - 松山市 - 東温市 主な接続道路 伊予市 国道56号 愛媛県道16号松山伊予線 愛媛県道214号八倉松前線 愛媛県道219号砥部伊予松山線 伊予郡砥部町 国道33号 愛媛県道194号久谷森松停車場線 松山市 愛媛県道40号松山東部環状線 愛媛県道207号三坂松山線 東温市 国道11号 愛媛県道209号美川松山線 愛媛県道334号松山川内線 重複区間 愛媛県道194号久谷森松停車場線伊予郡砥部町高尾田(高尾田交差点)~伊予郡砥部町高尾田愛媛県道209号美川松山線東温市下林~東温市下林 沿線周辺の主な施設 高速道路 松山自動車道 12 川内IC(東温市南方) 13 松山IC(松山市井門) 14 伊予IC(伊予市市場) 鉄道駅 伊予横田駅(JR四国(四国旅客鉄道)予讃線)(伊予郡松前町横田) バス駅 伊予鉄道郊外バス13番「森松・砥部線」 高尾田東 広瀬 大橋町 小村 政友口 中野 中野石鎚前 鶴羽 竹の下 上村 宮の段 仙幸寺 別府 拝志農協前 公共施設 ウェルピア伊予(伊予市下三谷) 教育施設 愛媛県立医療技術大学(伊予郡砥部町高尾田) 東温市立川上小学校(東温市北方) 東温市立拝志小学校(東温市下林) 病院 伊予病院(伊予市八倉) 砥部病院(伊予郡砥部町麻生) 沿線の風景 伊予市 国道56号から分岐すると、北側に大谷川、南側に鳥ノ木団地があり、さらにその先の南側に、各種スポーツ施設やホテルを備えた都市総合文化施設「ウェルピア伊予」がある。 (Wikipedia:愛媛県道23号伊予川内線)

愛媛県立伊予高等学校
愛媛県立伊予高等学校(えひめけんりついよこうとうがっこう)は、愛媛県伊予郡松前町にある公立の高等学校。学校名に伊予とあるが、伊予市にあるわけではない(伊予市は学校より南方)。 周りを田畑に囲まれ、学校西側には国道56号が南北に走り、ここ十数年でこの国道沿いは商業施設が急増した。 2002年に創立20周年を迎え、記念講演に空手家の角田信朗が招待された。その後3年おきに「トップランナートーク」と題し著名人を招いて公演を行っている。2005年は当時弁護士で現大阪市市長の橋下徹を迎え、そのことは橋下のブログにも書かれた。20周年を期にコンピューター部によって作成され、公開されたホームページは、開設当初から週に最低一度は更新し、開設年度は年間4万アクセスを記録した。部活動として、文化部では吹奏楽部があり、運動部では男子ホッケー部がある。 設置学科 全日制 普通科(1学年定員320人) 主な施設 本館職員室、会議室、事務室など主たる機能の他、HR教室がある。 (Wikipedia:愛媛県立伊予高等学校)


愛媛県 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  山鉾巡行 - 2018年07月27日


関連するイメージは見つかりませんでした




山鉾巡行 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  地球温暖化 - 2018年07月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



地球温暖化
地球温暖化(ちきゅうおんだんか)とは、温室効果ガスが原因で起こる地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。単に「温暖化」とも言う。 地球の歴史上、気候の温暖化や寒冷化は幾度も繰り返されてきたと考えられている。地球全体の気候が温暖になる自然現象を単に「温暖化」と呼ぶこともあるが、近年観測されており、将来的にも百年単位で続くと予想される「20世紀後半からの温暖化」の意味で用いられることが多い。この記事では20世紀後半からの温暖化について説明する。 大気や海洋の平均温度の上昇に加えて、生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食といった、気温上昇に伴う二次的な諸問題を含めて「地球温暖化問題」と呼ばれる。温暖化が将来の人類や環境へ与える悪影響を考慮して対策を立て実行され始めている。一方で、対策のコストが非常に大きくなると見られており、その負担や政策的な優先度に関して国際的な議論が行われている。 現状の科学的理解 地球表面の大気や海洋の平均温度は「地球の平均気温」あるいは「地上平均気温」と呼ばれ、地球全体の気候の変化を表す指標として用いられており、19世紀から始まった科学的な気温の観測をもとに統計が取られている。 (Wikipedia:地球温暖化)

地球温暖化係数
『温室効果ガス』より : 温室効果ガス(おんしつこうかガス、英: greenhouse gas、GHG)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。 京都議定書における排出量削減対象となっていて、環境省において年間排出量などが把握されている物質としては、二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素(N2O、=一酸化二窒素)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、パーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) の6種類がある。 最新のIPCC第4次評価報告書では、人為的に排出されている温室効果ガスの中では、二酸化炭素の影響量が最も大きいと見積もられている(地球温暖化の原因を参照)。二酸化炭素は、石炭や石油の消費、セメントの生産などにより大量に大気中に放出されているといわれる。これに対する懐疑論も一部見られるが、多くは科学的論拠によって反論されている。 (Wikipedia:地球温暖化係数)

地球温暖化対策の推進に関する法律
地球温暖化対策の推進に関する法律(ちきゅうおんだんかたいさくのすいしんにかんするほうりつ、1998年10月9日法律第117号)は、地球温暖化が地球全体の環境に深刻な影響を及ぼすものであり、気候変動に関する国際連合枠組条約(気候変動枠組条約)及び第3回気候変動枠組条約締約国会議(京都会議)の経過を踏まえ、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止することが人類共通の課題であり、すべての者が自主的かつ積極的にこの課題に取り組むことが重要であることにかんがみ、地球温暖化対策に関し、国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、地球温暖化対策に関する基本方針を定めること等により、地球温暖化対策の推進を図り、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的とする法律である(同法第1条)。 (Wikipedia:地球温暖化対策の推進に関する法律)

地球温暖化対策推進法
『地球温暖化対策の推進に関する法律』より : 地球温暖化対策の推進に関する法律(ちきゅうおんだんかたいさくのすいしんにかんするほうりつ、1998年10月9日法律第117号)は、地球温暖化が地球全体の環境に深刻な影響を及ぼすものであり、気候変動に関する国際連合枠組条約(気候変動枠組条約)及び第3回気候変動枠組条約締約国会議(京都会議)の経過を踏まえ、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止することが人類共通の課題であり、すべての者が自主的かつ積極的にこの課題に取り組むことが重要であることにかんがみ、地球温暖化対策に関し、国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、地球温暖化対策に関する基本方針を定めること等により、地球温暖化対策の推進を図り、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的とする法律である(同法第1条)。 (Wikipedia:地球温暖化対策推進法)

地球温暖化対策推進本部
地球温暖化対策推進本部(ちきゅうおんだんかたいさくすいしんほんぶ)は、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき内閣に設置されている日本の行政機関の一つ。地球温暖化対策を総合的かつ計画的に推進するための機関である。主任の大臣は内閣総理大臣。
1997年(平成9年)12月10日、気候変動に関する国際連合枠組条約第3回締約国会議(京都)において京都議定書が採択
1997年(平成9年)12月19日、(旧)地球温暖化対策推進本部を閣議決定により内閣に設置
1998年(平成10年)6月19日、地球温暖化対策推進大綱を本部決定
2002年(平成14年)3月19日、新たな「地球温暖化対策推進大綱」を本部決定
2002年(平成14年)6月4日、日本国が京都議定書を締結
2002年(平成14年)6月7日、改正「地球温暖化対策の推進に関する法律」を公布
(Wikipedia:地球温暖化対策推進本部)

地球温暖化現象
『』より : (Wikipedia:地球温暖化現象)


地球温暖化 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  gmail.com - 2018年07月27日


関連するイメージは見つかりませんでした




gmail.com - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す