[PR]

日別キーワード

第1位  台風12号 - 2018年07月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



台風12号
台風第12号(たいふうだい12ごう)は、その年の12番目に発生した台風の名称。 昭和29年台風第12号 - 1954年(昭和29年)9月5日に発生した台風。国際名は「June(ジューン)」。鹿児島県薩摩半島に上陸。 昭和31年台風第12号 - 1956年(昭和31年)9月3日に発生した台風。国際名は「Emma(エマ)」。沖縄地方に被害を出した。日本海を通過した際には北陸地方にフェーン現象をもたらし、魚津大火の原因となった。 昭和35年台風第12号 - 1960年(昭和35年)8月10日に発生した台風。国際名は「Wendy(ウェンディ)」。高知県室戸岬の西方に上陸。 昭和60年台風第12号 - 1985年(昭和60年)8月24日に発生した台風。国際名は「Odessa(オデッサ)」。台風第12号・第13号・第14号の3つの台風が互いに影響を及ぼしあいながら本土に接近した。この台風は、長崎県五島列島から壱岐付近を通過し、九州~北海道地方に被害を出した。 昭和62年台風第12号 - 1987年(昭和62年)8月22日に発生した台風。 (Wikipedia:台風12号)

台風12号 (2006年)
平成18年台風第12号(へいせい18ねんたいふうだい12ごう、国際名:イオケ〔Ioke〕)は、2006年(平成18年)8月に発生したハリケーン・台風である。 北太平洋の西経域で発生した熱帯性の低気圧で「イオケ」と名づけられハリケーンとなったが、その後、東経域に移動したため台風となり、日本では台風第12号と呼ばれるようになった。 2006年8月19日23時(UTC-10、日本時間20日18時)には北緯10度36分 西経159度00分 / 北緯10.6度 西経159.0度 / 10.6; -159.0にあって、熱帯性暴風(トロピカル・ストーム)となっていた。その後、8月20日17時(UTC-10、日本時間21日正午)までにハリケーンとなった。8月25日10時(UTC-10、日本時間26日5時)までにカテゴリー5のハリケーンになった。 8月27日1時(UTC-11、日本時間27日21時)に北緯17度12分 東経179度30分 / 北緯17.2度 東経179.5度 / 17.2; 179.5で180度の日付変更線を超えて、東経域に入り、台風12号と呼ばれるようになった。 (Wikipedia:台風12号 (2006年))

台風12号 (1995年)
平成7年台風第12号(へいせい7ねんたいふうだい12ごう、国際名:オスカー〔Oscar〕)は、1995年(平成7年)9月に関東地方に接近した台風である。 9月13日、サイパン島で台風第12号発生。 その後急速に発達し、超大型の非常に強い台風となった。9月15日に最盛期となり、中心気圧925ヘクトパスカル、最大風速50m/sの勢力となった。また、9月16日に強風域が最大となり、強風域直径が2,150km(南側1,200km, 北側950km)となった。 9月17日、八丈島付近を通過した。通過時の最低海面気圧は932.4hPaを記録した。これは、関東における第1位の記録である。 台風の影響で前線の活動が活発になり、東海地方から東北地方にかけて大雨となった。 三宅島で最大瞬間風速55.4m/s以上、千葉県勝浦市で日降水量232mmを記録した。 9月18日、温帯低気圧に変わった。 この台風は、北緯35度を越えても、非常に強い勢力であった。関東上陸はしなかったが、仮に上陸していたとしたら、かなり強い勢力での上陸となっていた可能性があったと推測されている。 (Wikipedia:台風12号 (1995年))

台風12号 (1995年)
平成7年台風第12号(へいせい7ねんたいふうだい12ごう、国際名:オスカー〔Oscar〕)は、1995年(平成7年)9月に関東地方に接近した台風である。 9月13日、サイパン島で台風第12号発生。 その後急速に発達し、超大型の非常に強い台風となった。9月15日に最盛期となり、中心気圧925ヘクトパスカル、最大風速50m/sの勢力となった。また、9月16日に強風域が最大となり、強風域直径が2,150km(南側1,200km, 北側950km)となった。 9月17日、八丈島付近を通過した。通過時の最低海面気圧は932.4hPaを記録した。これは、関東における第1位の記録である。 台風の影響で前線の活動が活発になり、東海地方から東北地方にかけて大雨となった。 三宅島で最大瞬間風速55.4m/s以上、千葉県勝浦市で日降水量232mmを記録した。 9月18日、温帯低気圧に変わった。 この台風は、北緯35度を越えても、非常に強い勢力であった。関東上陸はしなかったが、仮に上陸していたとしたら、かなり強い勢力での上陸となっていた可能性があったと推測されている。 (Wikipedia:台風12号 (1995年))

台風12号 (2006年)
平成18年台風第12号(へいせい18ねんたいふうだい12ごう、国際名:イオケ〔Ioke〕)は、2006年(平成18年)8月に発生したハリケーン・台風である。 北太平洋の西経域で発生した熱帯性の低気圧で「イオケ」と名づけられハリケーンとなったが、その後、東経域に移動したため台風となり、日本では台風第12号と呼ばれるようになった。 2006年8月19日23時(UTC-10、日本時間20日18時)には北緯10度36分 西経159度00分 / 北緯10.6度 西経159.0度 / 10.6; -159.0にあって、熱帯性暴風(トロピカル・ストーム)となっていた。その後、8月20日17時(UTC-10、日本時間21日正午)までにハリケーンとなった。8月25日10時(UTC-10、日本時間26日5時)までにカテゴリー5のハリケーンになった。 8月27日1時(UTC-11、日本時間27日21時)に北緯17度12分 東経179度30分 / 北緯17.2度 東経179.5度 / 17.2; 179.5で180度の日付変更線を超えて、東経域に入り、台風12号と呼ばれるようになった。 (Wikipedia:台風12号 (2006年))


台風12号 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

台風12号 - アマゾン検索


「台風12号」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す