[PR]

日別キーワード

第1位  フェーン現象 - 2018年07月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



フェーン現象
フェーン現象(フェーンげんしょう、英語: foehn phenomena)とは、山の斜面にあたったのちに山を越え、暖かくて乾いた下降気流となった風によってその付近の気温が上がる現象のこと。 フェーン現象という名前は、フェーン(ドイツ語: Föhn)というアルプス山中で吹く局地風が由来であり、この局地風はアルプスを越えて吹く乾いた暖かい風のことである。現在は一般用語として使われており、本来のフェーンのほかに、北米のロッキー山脈を越えて吹く風チヌークなど、世界各地の同様の風もフェーンと呼ばれる。なお、漢字による当て字は岡田武松が考案した風炎である。 簡単にいうと、空気中に含まれる水蒸気が凝縮する際に熱を放出させる凝縮熱がある。そのため山の斜面を上昇すると空気は冷やされるが、湿った空気は温度が下がりにくい。一方、山で乾燥した空気は、下降に従って温度が上がるが、山を昇るときよりも温度の変動幅が大きい。このため元の気温よりも高くなる。 分類 フェーン現象には二つの種類がある。すなわち、熱力学的な断熱変化によって起こるフェーン現象と力学的に起こるフェーン現象である。 (Wikipedia:フェーン現象)


フェーン現象 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  この世界の片隅に - 2018年08月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



この世界の片隅に
『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代による日本の漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号~2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻が発売。 第13回(2009年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品。「THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!」(フリースタイル)第1位。「ダカーポ特別編集 最高の本! 2010」(マガジンハウスムック)マンガ部門第1位。 こうの史代の出世作となった『夕凪の街 桜の国』に続いて「戦争と広島」をテーマに描いた作品である(ただし『夕凪の街 桜の国』と異なり、主要な舞台は広島ではなく近隣の軍港・呉に設定されている)。本作の構想は『夕凪の街 桜の国』刊行の頃から作者自身によって語られていたが、2006年初めから翌2007年初めにかけて発表した戦前期(1930年代)の広島を描いた3編の読み切り短編作品(いずれも主人公・浦野すずの幼少時がテーマとなっている)に続いて、『漫画アクション』誌上に本作の連載が開始されることになり、2008年1月にはコミックス単行本(上巻)が刊行された。 (Wikipedia:この世界の片隅に)


この世界の片隅に - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  クイーンステークス - 2018年08月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



クイーンステークス
クイーンステークスは、日本中央競馬会(JRA)が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「北海道新聞杯 クイーンステークス(ほっかいどうしんぶんはい クイーンステークス)」と表記している。 寄贈賞を提供する北海道新聞社は、札幌市に本社を置く新聞社。 正賞は北海道新聞社賞。 1953年に4歳(現3歳)牝馬による重賞競走として創設されたのが始まり。その後施行場は東京競馬場と中山競馬場の間で幾度も変更されたのち、1980年から1999年は新潟競馬場で施行された1988年を除き、中山での施行が定着していた。この間、1995年はエリザベス女王杯の優先出走権を得られるトライアル競走として行われ、指定交流競走として地方所属馬も出走が可能になった。1996年に秋華賞が新設された際、施行距離を芝1800mに変更し秋華賞のトライアル競走となった。 2000年に牝馬競走体系整備の一環として、施行場を札幌競馬場に変更するとともに4歳(現3歳)以上の牝馬限定戦となり、レースの位置づけや性格はこれ以降大きく変わることとなった。 (Wikipedia:クイーンステークス)


クイーンステークス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  人間性 - 2018年08月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



人間性心理学
人間性心理学(にんげんせいしんりがく、英語:humanistic psychology)とは、それまで支配的であった精神分析や行動主義とは対照的に、主体性・創造性・自己実現といった人間の肯定的側面を強調した心理学の一群の潮流のことを指して言うものである。ヒューマニスティック心理学とも呼ばれる。 提唱者であるアブラハム・マズローは、精神分析を第一勢力、行動主義を第二勢力、人間性心理学を第三勢力と位置づけた。人間性心理学は人間性回復運動の支柱ともなった。 代表的な人間性心理学者には、前述のマズローの他、カール・ロジャーズ、ゲシュタルト療法家のフレデリック・パールズなどがおり、また、ロロ・メイや個人心理学の創始者アルフレッド・アドラーをこれに加える向きもある。 人間性心理学に属する理論・療法には、実存分析、現存在分析、マズローの自己実現理論、来談者中心療法、ゲシュタルト療法、交流分析、エンカウンターグループ、フォーカシングなどがある。 (Wikipedia:人間性心理学)


人間性 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  朝日新聞社 - 2018年08月01日


関連するイメージは見つかりませんでした



朝日新聞社
株式会社朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ、英語:The Asahi Shimbun Company)は、全国紙『朝日新聞』を発行する日本の新聞社である。新聞以外に雑誌・書籍の出版や芸術作品の展示・公演、スポーツ大会の開催などの事業活動も行う。 新聞販売店の名称は「ASA」(朝日新聞サービスアンカー, Asahi Shimbun Service Anchor)であり、日本全国で約3000か所、従業員数約78000人を擁する。朝日新聞の販売部数(2012年上半期、日本ABC協会調べ)は朝刊が約767万部、夕刊が約285万部。 創立は1879年(明治12年)1月8日、日本国内の本支社数は5社、取材拠点は293か所、印刷拠点は24か所であり、日本国外機関は34拠点存在する。 組織体制 役員 2014年12月5日現在 村山美知子(社主) 上野尚一(社主) 飯田真也(代表取締役会長) 渡辺雅隆(代表取締役社長) 和気靖(常務取締役:広告・出版担当) 佐藤吉雄(常務取締役:メディアラボ担当兼メディアラボ室長) 後藤尚雄(常務取締役:大阪本社代表・大阪中之島プロジェクト担当) 藤井龍也(取締役:経営企画・グループ政策・不動産担当兼社長室長) 細見孝(取締役:販売担当) 末本利樹(取締役:製作担当) 西村陽一(取締役:デジタル・国際担当) 町田智子(取締役:西部本社代表) 小倉一彦(取締役:東京本社代表・管理・労務・WLB・コンプライアンス担当) 高田覚(取締役:広報・ブランド推進・環境担当兼社長室長) 小西勝英(取締役:財務担当兼財務本部長) 小畑和敏(常勤監査役) 岩崎直子(常勤監査役) 安田隆二(監査役) 金子圭子(監査役) 藤ノ木正哉(監査役) 福地献一(執行役員:知的財産・東京五輪スポーツ戦略担当) 坂本弘子(執行役員:企画事業担当) 横山宏(執行役員:名古屋本社代表) 増井一実(北海道支社長) 大野博人(役員待遇:論説主幹) 社長人事政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いている。 (Wikipedia:朝日新聞社)

朝日新聞社阪神支局襲撃事件
『』より : (Wikipedia:朝日新聞社阪神支局襲撃事件)


朝日新聞社 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す