[PR]

日別キーワード

第1位  全国高等学校野球選手権大会 - 2018年08月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



全国高等学校野球選手権大会
全国高等学校野球選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、朝日新聞社と日本高等学校野球連盟の主催で毎年8月に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる日本の高校野球大会であり、入場者数は毎年80万人前後を動員する学生スポーツ及び国内アマチュアスポーツ最大の大会である。 5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施されている。大会旗および優勝旗の色は赤で、優勝旗はその色から、「深紅の大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」、「夏の高校野球」、「夏の選手権」などと呼ばれ、また高校野球関係者の間では単に「甲子園」という表現も用いられる。 出場校 地方大会と代表校 代表校は地方大会で決める。本大会の予選のように扱われることがあるが独立した大会である。原則として各府県1校ずつだが、北海道は北北海道・南北海道で2つに分けた2校、東京都は東東京・西東京で2つに分けた2校となり合計で49校となる。 (Wikipedia:全国高等学校野球選手権大会)

全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード
この項では全国高等学校野球選手権大会に関する様々なエピソードを紹介する。 歴代キャッチフレーズ 毎年12月から1月にかけて、大会で使われるキャッチフレーズを朝日新聞社が一般の高校生から公募している。本大会直前から放送される朝日新聞社のテレビ・ラジオコマーシャルで使われる。(第75回記念大会以降) 1993年(第75回記念大会)「夏の絆~甲子園」 1994年(第76回大会)「僕らのノンフィクション」 1995年(第77回大会)「君の勇気に会いに行く。」 1996年(第78回大会)「やっぱり野球が大好きです」 1997年(第79回大会)「夏は、ぼくらの夢舞台」 1998年(第80回記念大会)「甲子園で会いましょう」 1999年(第81回大会)「君がいる甲子園が好き」 2000年(第82回大会)「きっとある君だけの甲子園」 2001年(第83回大会)「君といる夏甲子園」 2002年(第84回大会)「ずっと逢いたい夢でした」 2003年(第85回記念大会)「忘れられない夏になる」 2004年(第86回大会)「夏のドラマが動き出す」 2005年(第87回大会)「君に見せたい夏がある」 2006年(第88回大会)「夏の仲間にありがとう」 2007年(第89回大会)「甲子園に、恋をした」 2008年(第90回記念大会)「この一球に、かける夏。 (Wikipedia:全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード)

全国高等学校野球選手権大会の記録一覧
『全国高等学校野球選手権大会』より : この項目は日本の高校野球(男子硬式)のうち、阪神甲子園球場で行われる選抜高等学校野球大会および全国高等学校野球選手権大会での主な記録について記述する。 団体記録 個人記録 都道府県別記録 ※上位5都道府県・第88回選抜高等学校野球大会 終了時点 勝利数 勝率 監督記録 脚注 関連項目 全国高等学校野球選手権大会 選抜高等学校野球大会 高校野球 外部リンク 特定公益法人 日本高等学校野球連盟 朝日新聞>高校野球の総合情報サイト 朝日新聞>高校野球の総合情報サイト>甲子園ランキング 朝日新聞>高校野球の総合情報サイト>過去大会アーカイブ 朝日新聞>高校野球の総合情報サイト>甲子園 過去の戦績 毎日新聞>全国高校野球選手権大会 毎日新聞>選抜高校野球大会。 (Wikipedia:全国高等学校野球選手権大会の記録一覧)

全国高等学校野球選手権大会 (岡山県勢)
全国高等学校野球選手権大会においての岡山県勢の成績について記す。
年度!!代表校!!全国大会成績!!備考
colspan="4" 中等学校優勝野球大会時代
1921年(第7回全国中等学校優勝野球大会 第7回大会) 岡山県立岡山朝日高等学校 岡山一中(初出場) 1回戦 4-3 北海道函館中部高等学校 函館中(北海道)準々決勝 19-7 新潟県立長岡高等学校 長岡中(北陸・新潟県)準決勝 7-16 大連商(旧満州) 山陽地区代表
colspan="6" 全国高等学校野球選手権大会(東中国大会)
1948年(第30回全国高等学校野球選手権大会 第30回大会) 関西高等学校 関西(初出場) 1回戦 9-5 宮城県石巻高等学校 石巻(東北・宮城県)2回戦 4-2 大阪府立天王寺高等学校 天王寺(大阪府)準々決勝 0-2 福岡県立小倉高等学校 小倉(福岡県)
(Wikipedia:全国高等学校野球選手権大会 (岡山県勢))

全国高等学校野球選手権大会中九州大会
全国高等学校野球選手権大会中九州大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんなかきゅうしゅうたいかい)とは1959年の第41回大会から1975年の第57回大会まで熊本県と大分県の間で行われた、全国高等学校野球選手権大会の地区予選大会である。
1958年の第40回全国高等学校野球選手権大会 第40回記念大会開催後の編成替えで全国高等学校野球選手権大会西九州大会 西九州大会に属していた熊本県と全国高等学校野球選手権大会東九州大会 東九州大会に属していた大分県が独立(※後者は解体され残りは全国高等学校野球選手権大会南九州大会 南九州大会となる。)。両県が統合して発足。1959年の第41回大会から開催された。
熊本県と大分県が1976年の第58回大会から1県1代表制に移行したため1975年の第57回限りで消滅している。
(Wikipedia:全国高等学校野球選手権大会中九州大会)

全国高等学校野球選手権大会 (徳島県勢)
全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)における徳島県勢の成績について記す。 中等学校優勝野球大会 徳島県初の野球部は1898年にできた徳島中(現:城南高)野球部である。翌1899年には香川県の高松中や丸亀中に遠征している。中等学校野球時代の徳島県では徳島中と徳島商の対戦が「徳島の早慶戦」と呼ばれ大変な盛り上がりを見せていた。 中等学校野球時代の全国大会出場権は四国四県の学校による全国中等学校優勝野球大会四国大会の優勝校1校に与えられていた。県勢は当時レベルの高かった香川・愛媛の北四国勢に阻まれ続け、全国大会への出場は2回のみで、いずれも初戦で敗退している。しかし戦時中の1942年に特別ルールで行われた文部省主催の全国大会では徳島商が四国代表として全国優勝している。(詳細は1942年の全国中等学校野球大会参照。)同校は以後も長らく四国四商の一校として徳島県を代表する強豪であり続けている。 全国高等学校野球選手権大会(1県1代表制以前) 第30回大会(1948年)からは徳島と高知の両県による南四国大会優勝校が全国大会に出場した。 (Wikipedia:全国高等学校野球選手権大会 (徳島県勢))

全国高等学校野球選手権大会大阪府予選
『』より : (Wikipedia:全国高等学校野球選手権大会大阪府予選)


全国高等学校野球選手権大会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  あそびあそばせ - 2018年08月08日


関連するイメージは見つかりませんでした




あそびあそばせ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  レパードステークス - 2018年08月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



レパードステークス
レパードステークス(Leopard Stakes)とは、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場のダート1800mで施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「Leopard」は、「豹」を意味する英語。また、イギリス国王の紋章の脇に描かれている獅子を表す。 正賞は地方競馬全国協会理事長賞。 ダート適性をもつ3歳馬の出走機会の拡大、夏季競馬の振興、及びジャパンカップダート(現・チャンピオンズカップ)を頂点とする秋季ダート重賞路線のさらなる充実を図る観点から、2009年より3歳馬限定競走として新設された。創設時より国際競走として外国馬が出走可能なほか、地方競馬所属馬も3頭まで出走可能。 2010年までは格付けされず、第1回は「新設重賞」、第2回は「重賞」と表記。2011年の第3回より、GIIIに新規格付された。 競走条件・賞金 以下の内容は、2015年現在のもの。 競走条件 出走資格 サラ系3歳競走馬 JRA所属馬 地方競馬所属馬(3頭まで) 外国馬(8頭まで) 負担重量:馬齢重量(牡・せん56kg、牝馬54kg) 賞金 2015年の1着賞金は4000万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着600万円、5着400万円。 (Wikipedia:レパードステークス)


レパードステークス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  余儀なく - 2018年08月08日


関連するイメージは見つかりませんでした




余儀なく - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  UHB - 2018年08月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



UHB
『北海道文化放送』より : 北海道文化放送 (Hokkaido Cultural Broadcasting) ウンヘキシビウム (Unhexbium)。 (Wikipedia:UHB)

UHB杯ジャンプ大会
UHB杯ジャンプ大会は札幌市大倉山ジャンプ競技場で開催されるスキージャンプの大会
主催 ㈶札幌スキー連盟、㈶北海道スキー連盟
公認 ㈶全日本スキー連盟
後援 北海道、北海道教育委員会、札幌市、北海道新聞社、道新スポーツ株式会社、エフエム北海道 FM北海道、株式会社札幌振興公社
協賛 北海道文化放送株式会社(UHB)
1 1989 2 5 大倉山シャンツェ 二階堂学 東洋実業グループ  204.0  117.0  100.0
2 1990 2 3 大倉山シャンツェ 田中信一 (スキージャンプ) 田中信一 たくぎん  201.5  109.0  104.0
3 1991 2 3 大倉山シャンツェ 岡部孝信 たくぎん  214.3  107.0  117.5
4 1992 2 1 大倉山シャンツェ 西方仁也 雪印乳業  215.3  112.0  112.5
5 1993 2 7 大倉山シャンツェ 東輝 ニッカウヰスキー  204.5  119.0   98.5
(Wikipedia:UHB杯ジャンプ大会)

UHBニュース&ウェザー
(Wikipedia:UHBニュース&ウェザー)

UHBニュース&ウェザー
『UHBニュース&ウェザー』(ユーエイチビー ニュースアンドウェザー)は、北海道文化放送(UHB)が深夜の放送休止時間帯にフィラーとして放送しているテレビ番組。2005年4月4日放送開始。 UHB本社屋上のアンテナタワー頂上部に設置されているお天気カメラからの札幌市内の映像をバックに北海道新聞提供のニュースと天気予報をL字画面で音楽付で流している(日によっては映画のPRビデオ等が流されることもある)。なお、特別番組の放送や放送機器のメンテナンスなどで放送が無いことがある。メンテナンスによる放送休止の場合には完全停波される。 2010年7月 - 2011年7月のアナログ放送でのレターボックス放送期間中は他の番組とは異なり、L字画面は4:3サイズのままで天気カメラの16:9レターボックス映像と上下黒帯表示のアナログ放送終了に関するテロップは画面右上にスライドして放送されていた。 (Wikipedia:UHBニュース&ウェザー)


UHB - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す