[PR]

日別キーワード

第1位  戦没者 - 2018年08月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



戦没者墓苑
『千鳥ケ淵戦没者墓苑』より : 千鳥ケ淵戦没者墓苑(ちどりがふちせんぼつしゃぼえん、英語: Chidorigafuchi National Cemetery)は、日本の戦没者慰霊施設。第二次世界大戦の戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置している。公園としての性格を有する墓地公園とされており、環境省が所管する国民公園等のひとつである。千鳥ヶ淵戦没者墓苑、国立千鳥ケ淵戦没者墓苑(こくりつちどりがふちせんぼつしゃぼえん)、国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑とも表記される。 千鳥ケ淵戦没者墓苑は、日本国政府が設置した戦没者慰霊施設である。第二次世界大戦の折に国外で死亡した日本の軍人、軍属、民間人の遺骨のうち、身元不明や引き取り手のない遺骨を安置する施設である。閣議決定「『無名戦没者の墓』に関する件」に基づき、1959年に創建された。政教分離の原則により、特定の宗教宗派に属さない施設とされている。 東京都千代田区の千鳥ヶ淵のほとりに立地し、苑内には六角堂などの施設が建てられている。昭和天皇から下賜された骨壺に各地の遺骨を少しずつ納め、それを全戦没者の象徴として六角堂に安置している。 (Wikipedia:戦没者墓苑)

戦没者追悼記念日
『』より : (Wikipedia:戦没者追悼記念日)


戦没者 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  昭和天皇 - 2018年08月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



昭和天皇
昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇(在位:1926年(大正15年)12月25日 - 1989年(昭和64年)1月7日)。 諱は裕仁(ひろひと)。幼少時の称号は迪宮(みちのみや)、お印は若竹(わかたけ)。 歴代天皇の中で(神話上の天皇を除くと)在位期間が最も長く(約62年)、最も長寿(宝算87)だった。 大日本帝国憲法の下では「國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬」する立憲君主制における天皇として、終戦の国策決定などに深く関与した。1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法の下では「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」である天皇として「国政に関する権能を有しない」ものとされた。しかし占領期にはGHQ総司令官ダグラス・マッカーサーとの会見などにより、独自の政治的影響力を保持した。主権回復後には、象徴天皇として皇室外交を行った。 また、天皇としての公務の傍らヒドロ虫(ヒドロゾア)・変形菌(粘菌)などを、生物学研究者として研究した。 (Wikipedia:昭和天皇)

昭和天皇の戦争責任
昭和天皇の戦争責任(しょうわてんのうのせんそうせきにん)とは、大日本帝国憲法において軍の統帥権を持つ元首で、かつ日本軍 大日本帝国陸海軍の最高指揮官(大元帥。軍の階級としては陸海軍大将)であった昭和天皇の日中戦争(支那事変)から太平洋戦争(大東亜戦争)に於ける戦争遂行に関して責任の有無およびその責任を明らかとする原理を含む観念上の定義を指す。一般的には「天皇の戦争責任」という言い方がなされることもある。
責任とは観念の問題である。すなわち、社会と国家と法理(原理)を混ぜ合わせた観念である。すなわち、法理を問えば「君主無答責」となり、社会を問えば「政治的責任の有無」となり、国家を問えば「現実の東京裁判」となる。しかし、この言葉を使用する論者ごとにその内容は「観念」より出でることはない。
(Wikipedia:昭和天皇の戦争責任)

昭和天皇誤導事件
座標: 北緯36度24分40.7秒 東経139度20分9.7秒 / 北緯36.411306度 東経139.336028度 / 36.411306; 139.336028 昭和天皇誤導事件(しょうわてんのうごどうじけん)は、1934年(昭和9年)に群馬県で行われた陸軍大演習において、視察に訪れた昭和天皇一行の先導をしていた警部が緊張のあまり道を誤ってしまい、一時天皇一行が行方不明になったと大騒ぎになった警察の失態事件。前代未聞の事態であったため関係者が処分されたが、先導していた警部の1人が責任を取って自決を図った。昭和天皇一行行方不明事件、桐生鹵簿誤導事件とも呼ぶ(「鹵簿(ろぼ)」は行幸の行列のこと)。 経緯 1934年(昭和9年)11月16日、昭和天皇臨席のもと陸軍大演習が群馬県の高崎練兵場で行われた。観兵式に出席した後、昭和天皇一行が群馬県桐生市を視察することになっていた。予定された視察順序は「桐生駅 - 桐生西小 - 桐生高工」となっていた。地元住民は「現人神」である天皇を迎えるために1年前から予行演習を重ねており、出迎える際はひざまづくようにと指示されていた。 (Wikipedia:昭和天皇誤導事件)

昭和天皇一行行方不明事件
『昭和天皇誤導事件』より : 座標: 北緯36度24分40.7秒 東経139度20分9.7秒 / 北緯36.411306度 東経139.336028度 / 36.411306; 139.336028 昭和天皇誤導事件(しょうわてんのうごどうじけん)は、1934年(昭和9年)に群馬県で行われた陸軍大演習において、視察に訪れた昭和天皇一行の先導をしていた警部が緊張のあまり道を誤ってしまい、一時天皇一行が行方不明になったと大騒ぎになった警察の失態事件。前代未聞の事態であったため関係者が処分されたが、先導していた警部の1人が責任を取って自決を図った。昭和天皇一行行方不明事件、桐生鹵簿誤導事件とも呼ぶ(「鹵簿(ろぼ)」は行幸の行列のこと)。 経緯 1934年(昭和9年)11月16日、昭和天皇臨席のもと陸軍大演習が群馬県の高崎練兵場で行われた。観兵式に出席した後、昭和天皇一行が群馬県桐生市を視察することになっていた。予定された視察順序は「桐生駅 - 桐生西小 - 桐生高工」となっていた。地元住民は「現人神」である天皇を迎えるために1年前から予行演習を重ねており、出迎える際はひざまづくようにと指示されていた。 (Wikipedia:昭和天皇一行行方不明事件)

昭和天皇陵
『武蔵陵墓地』より : 武蔵陵墓地(むさしりょうぼち)は、東京都八王子市長房町にある皇室墓地。大正天皇・貞明皇后陵・昭和天皇・香淳皇后陵の4陵が造営されている。 昭和天皇陵が造営される以前は多摩御陵(たまごりょう)と称していたが、現在でも通称として使われている。八王子八十八景のひとつ。宮内庁書陵部多摩陵墓監区事務所がある。 参拝できる日時・時間には限りがあるので、注意が必要である。 大正天皇陵「多摩陵」 ==。 (Wikipedia:昭和天皇陵)

昭和天皇即位60年記念金貨大量偽造事件
昭和天皇即位60年記念金貨大量偽造事件(しょうわてんのうそくい60ねんきねんきんかたいりょうぎぞうじけん)とは、1990年(平成2年)1月29日に発覚した、大量偽造金貨事件である。また偽造された枚数が10万7946枚であり額面10万円であったため107億9460万円という巨額に上り、しかも偽造した犯行グループが特定されなかった未解決の事件である。
1985年(昭和60年)11月18日、中曽根康弘内閣の竹下登大蔵大臣が昭和天皇の即位60年を祝うために金貨を発行する方針を発表した。この背景には次年度の財源確保のためと、貿易摩擦が深刻であったアメリカ合衆国 アメリカから金貨鋳造に使用する大量の金(223t)を購入することで摩擦を緩和しようとの思惑があった。そのため当局は10万円金貨、1万円銀貨、500円白銅貨を大量に発行することになり、特に10万円金貨は1000万枚と異常な大量発行であり額面だけで1兆円にも上った。しかも金貨1枚あたり金を20g使用していたが、素材の価値が1g1900円(当時)であり製造費込みでも半分以下の原価にすぎなかった。そのため5500億円が国庫に入る見込みであるとされた。なお、10万円金貨のデザインは平山郁夫氏によるもので、1986年11月10日に発行された。金貨の引き受けであるが最終的に910万枚が市中に出回った。売れ残った残りの90万枚については鋳潰されたが、翌年には「昭和62年」との銘がある金貨が100万枚製造された。
(Wikipedia:昭和天皇即位60年記念金貨大量偽造事件)

昭和天皇記念館
昭和天皇記念館(しょうわてんのうきねんかん、英語:the Emperor Shōwa Memorial Museum)は、東京都立川市にある、昭和天皇と香淳皇后にかかわる展示施設である。 国営昭和記念公園の「みどりの文化ゾーン・花みどり文化センター」内にある。 「昭和天皇・香淳皇后のご遺品を中心に保存及び展示を行い、昭和天皇のご生涯のご事蹟とご遺徳を偲び、皇室と国民の絆をより深く結びつける」ことを、目的として設立された記念館である。 管理運営は公益財団法人昭和聖徳記念財団が行っている。 沿革 規模は約1,000m²(展示室・収蔵庫・事務室等を含む面積)で、約14億円にのぼる国民からの募金によって、国土交通省が建物を建設した。 2005年11月27日に、国営昭和記念公園の「みどりの文化ゾーン・花みどり文化センター」の開設と同時に開館した。 利用案内 開館は午前9時、閉館は3月1日 - 10月31日は午後5時、11月1日 - 2月末日は午後4時30分となる。 (Wikipedia:昭和天皇記念館)


昭和天皇 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  満州 - 2018年08月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



満州
満州(満洲、まんしゅう、マンジュ、満州語:ᠮᠠᠨᠵᡠ、転写:Manju、拼音:Mǎnzhōu、英語:Manchuria)は、現在中華人民共和国において「中国東北部」と呼ばれる地域およびロシア連邦において「極東」と呼ばれる地域の一部を含めた北東アジアの特定地域を指す地域名。渤海・金朝・後金・清朝を建国した満洲民族や、夫余・高句麗を建国した濊貊族、鮮卑・烏桓・契丹・奚などモンゴル民族の故地である。 「満洲」という言葉は、もともとは12世紀にはおもに民族名を指していた。しかし19世紀の日本では満洲、満洲国とは地域をさし、民族は「満洲族」と呼ぶようになった。 満洲の範囲 日本で満洲と呼ばれる地域は、満洲国の建てられた地域全体を意識することが多く、おおよそ、中華人民共和国の「東北部」と呼ばれる、現在の遼寧省、吉林省、黒竜江省の3省と、内モンゴル自治区の東部を範囲とする。 (Wikipedia:満州)

満州語の語彙集
満州語の語彙集(まんしゅうごのごいしゅう)では、満州語のいくつかの語彙を紹介する。
注意: 満州語の/e/は日本語の「エ」というよりも、「エ」と「オ」の中間の様な、朝鮮語の/e/(ハングルでは어)や中国普通話の/e/に近い音である。また、満州語の/s/は、特に語頭に於いては、[s]よりも[ts]の様に発音される傾向が強かったようである。これを考慮に入れれば、満州語と日本語の間に幾つか借用語らしい単語が見出される。例えば、日本語の「つな(綱)」と満州語のsuna(スナ、またはツナ = 「動物を繋ぎとめるための綱や縄」)<借用語だとしたら恐らく日本語から満州語へ;日本語の「しる(汁)」と満州語のsile(シレ・シロ、またはツィレ・ツィロ = 「汁; スープ」)<借用語だとしたら恐らく満州語から日本語へ、また日本語の「つゆ(汁)」を参照。しかし満州語のsile「汁」がモンゴル語との借用関係にある可能性がかなり高いようである(なお日本語のサ行は、古くは[ts]で発音されていた)。なお、十八世紀末頃、清朝支配下の中国に接触した西洋人が満州語を研究したところによれば、当時の満州語に於ける/b/, /d/, /g/は語頭では無声・無気の[p], [t], [k]の様に発音され、有声音(母音や有声子音)の間では有声・無気の[b], [d], [g]の様に発音された。この有気・無気による破裂音の対立も朝鮮語に通ずる現象で興味深いところです。
(Wikipedia:満州語の語彙集)

満州国
満州国 滿洲國 国の標語: 五族協和の王道楽土国歌: 満洲国国歌満州国の位置 満州国(まんしゅうこく、旧字体: 滿洲國、拼音: Mǎnzhōu Guó)は、1932年(大同元年)から1945年(康徳12年)の間、満洲(現在の中国東北部)に存在した。帝政移行後は「大満洲帝国(大滿洲帝國)」あるいは「満洲帝国(滿洲帝國)」などと呼ばれていた。 日本(朝鮮、関東州)および中華民国、ソビエト連邦、モンゴル人民共和国、蒙古聯合自治政府(後に蒙古自治邦政府と改称)と国境を接していた。 1912年の清朝滅亡後は中華民国が清朝領土の継承を主張したが、外満洲はアイグン条約及び北京条約でロシア帝国に割譲され、内満洲の旅順・大連は日露戦争までは旅順(港)大連(湾)租借に関する条約でロシアの、戦後はポーツマス条約により日本の租借地となっていた。 (Wikipedia:満州国)

満州帝国
『満州国』より : 満州国 滿洲國 国の標語: 五族協和の王道楽土国歌: 満洲国国歌満州国の位置 満州国(まんしゅうこく、旧字体: 滿洲國、拼音: Mǎnzhōu Guó)は、1932年(大同元年)から1945年(康徳12年)の間、満洲(現在の中国東北部)に存在した。帝政移行後は「大満洲帝国(大滿洲帝國)」あるいは「満洲帝国(滿洲帝國)」などと呼ばれていた。 日本(朝鮮、関東州)および中華民国、ソビエト連邦、モンゴル人民共和国、蒙古聯合自治政府(後に蒙古自治邦政府と改称)と国境を接していた。 1912年の清朝滅亡後は中華民国が清朝領土の継承を主張したが、外満洲はアイグン条約及び北京条約でロシア帝国に割譲され、内満洲の旅順・大連は日露戦争までは旅順(港)大連(湾)租借に関する条約でロシアの、戦後はポーツマス条約により日本の租借地となっていた。 (Wikipedia:満州帝国)

満州第731部隊
『731部隊』より : 731部隊(ななさんいちぶたい)は、第二次世界大戦期の大日本帝国陸軍に存在した研究機関のひとつ。正式名称は関東軍防疫給水部本部で、731部隊の名は、その秘匿名称(通称号)である満州第七三一部隊の略。このような通称号は日本陸軍の全部隊に付与されていた。初代部隊長の石井四郎(陸軍軍医中将)にちなんで石井部隊とも呼ばれる。 満州に拠点をおいて、防疫給水の名のとおり兵士の感染症予防や、そのための衛生的な給水体制の研究を主任務とすると同時に、細菌戦に使用する生物兵器の研究・開発機関でもあった。そのために人体実験や、生物兵器の実戦的使用を行っていたとされている。細菌戦研究機関だったとする論者の中でも、その中核的存在であったとする見方がある一方で、陸軍軍医学校を中核とし、登戸研究所等の周辺研究機関をネットワーク化した特殊兵器の研究・開発のための実験・実戦部門の一部であったという見方も存在する。 (Wikipedia:満州第731部隊)

満州国軍
満州国軍(満洲国軍、まんしゅうこくぐん)は、満洲国の国軍。1932年(大同元年)創設。1945年(康徳12年)解体。 当初は「国内の治安維持」「国境周辺・河川の警備」を主任務としており、軍隊というよりは関東軍の後方支援部隊、或いは警察軍や国境警備隊としての性格が強かった。後年、関東軍の弱体化・対ソ開戦の可能性から実質的な国軍化が進められたが、その時を迎えることなく終戦を迎え、満洲国軍も解体された。 組織 満洲国では、憲法に相当する「政府組織法」(大同元年3月9日教令第1号)第12條「執政ハ陸海空軍ヲ統帥ス」及び「陸海軍條例」(大同元年4月15日軍令第1号)第2條「執政ハ陸海軍ヲ統帥ス」により、満洲国執政の統帥の下に陸軍及び海軍が組織された。 帝政移行後の満洲帝国では、同じく憲法に相当する「組織法」(康徳元年3月1日制定)第11條で「皇帝ハ陸海空軍ヲ統帥ス」と定められ、満洲国皇帝の統帥の下に陸軍、海軍、飛行隊(空軍)が組織された。 (Wikipedia:満州国軍)

満州事変
満洲事変(まんしゅうじへん、旧字体: 滿洲事變、英語:Mukden Incident, Manchurian Incident)は、1931年(昭和6年、民国20年)9月18日に中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件)に端を発し、関東軍による満州(現中国東北部)全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争(事変)である。通常「満州事変」と表記されることが多いが、元々「満州」は「満洲」と表記されていた。「州」と「洲」は新旧漢字の関係ではなく別文字なので、「満洲」が正しいとして、研究者を中心に「満洲」と表記する人も増えている。中国側の呼称は九一八事変。 関東軍はわずか5か月の間に満洲全土を占領し、軍事的にはまれに見る成功を収めた。 この軍事衝突を境に、中国東北部を占領する関東軍と現地の抗日運動との衝突が徐々に激化した。満洲国の建国により中国市場に関心を持つアメリカら他の列強との対立も深刻化した。 満洲事変までの経緯 条約無効問題と国権回復運動 中国は清朝時代の1902年の英清通商航海条約改正交渉より、領事裁判権の撤廃や関税自主権の回復など国権の回復に着手しており、中華民国蒋介石派は1919年7月のカラハン宣言以降、急速に共産主義勢力に接近し、国家継承における条約継承否定説を採用し、日本との過去の条約(日清間の諸条約)の無効を主張しはじめた。 (Wikipedia:満州事変)

満州民族
満州民族(満洲民族、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡠᡴᠰᡠᡵᠠ 、転写:Manju uksura )は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、中国に暮らす55の少数民族では、チワン族・回族に次ぐ人口である。 「満州」の漢字は満洲語の民族名Manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」と表記されていたが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。 満洲民族の起こった地域は、西欧では満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、漢語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。このため、特に民族のことを指す場合は、満洲民族・満洲族・満洲人・満人などと表記する。「ラストエンペラー」で知られる清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満州族の出身である。 (Wikipedia:満州民族)

満州族
『満州民族』より : 満州民族(満洲民族、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡠᡴᠰᡠᡵᠠ 、転写:Manju uksura )は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、中国に暮らす55の少数民族では、チワン族・回族に次ぐ人口である。 「満州」の漢字は満洲語の民族名Manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」と表記されていたが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。 満洲民族の起こった地域は、西欧では満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、漢語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。このため、特に民族のことを指す場合は、満洲民族・満洲族・満洲人・満人などと表記する。「ラストエンペラー」で知られる清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満州族の出身である。 (Wikipedia:満州族)

満州人
『満州民族』より : 満州民族(満洲民族、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡠᡴᠰᡠᡵᠠ 、転写:Manju uksura )は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、中国に暮らす55の少数民族では、チワン族・回族に次ぐ人口である。 「満州」の漢字は満洲語の民族名Manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」と表記されていたが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。 満洲民族の起こった地域は、西欧では満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、漢語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。このため、特に民族のことを指す場合は、満洲民族・満洲族・満洲人・満人などと表記する。「ラストエンペラー」で知られる清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満州族の出身である。 (Wikipedia:満州人)

満州 (族)
『満州民族』より : 満州民族(満洲民族、マンジュみんぞく)、満州族(満洲族、マンジュぞく、満州語: ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡠᡴᠰᡠᡵᠠ 、転写:Manju uksura )は、満洲(中国東北部、沿海州など)に発祥したツングース系民族。古くは女真族といった。17世紀に現在の中国およびモンゴル国の全土を支配する清を興した。同系のツングース民族にオロチョン、ウィルタ、ナナイ、エヴェンキ、シベがある。2010年の中国の国勢調査では1,038万人とされ、中国に暮らす55の少数民族では、チワン族・回族に次ぐ人口である。 「満州」の漢字は満洲語の民族名Manju(マンジュ)の当て字で、元来は「満洲」と表記されていたが、現在の日本では一般に常用漢字をもって「満州」と表記することが多い。 満洲民族の起こった地域は、西欧では満洲民族の土地という意味でマンチュリア(Manchuria)と呼ばれ、漢語ではこれに対応して満洲と呼ばれる。このため、特に民族のことを指す場合は、満洲民族・満洲族・満洲人・満人などと表記する。「ラストエンペラー」で知られる清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀や、戯曲『茶館』などの作品で有名な作家老舎も満州族の出身である。 (Wikipedia:満州 (族))

満州某重大事件
『張作霖爆殺事件』より : 座標: 北緯41度48分32.3秒 東経123度24分12.3秒 / 北緯41.808972度 東経123.403417度 / 41.808972; 123.403417 張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)は、1928年(昭和3年、民国17年)6月4日、中華民国・奉天(現瀋陽市)近郊で、日本の関東軍によって奉天軍閥の指導者張作霖が暗殺された事件。別名「奉天事件」。中華民国や中華人民共和国では、事件現場の地名を採って、「皇姑屯事件」とも言う。終戦まで事件の犯人が公表されず、日本政府内では「満洲某重大事件」と呼ばれていた。 背景 馬賊出身の張作霖は、日露戦争で協力したため日本の庇護を受け、日本の関東軍による支援の下、段芝貴を失脚させて満洲での実効支配を確立、有力な軍閥指導者になっていた。 張作霖は日本の満洲保全の意向に反して、中国本土への進出の野望を逞しくし、1918年(大正7年)3月、段祺瑞内閣が再現した際には、長江奥地まで南征軍を進めた。 (Wikipedia:満州某重大事件)

満州国の経済
満州国の経済(まんしゅうこくのけいざい)では、1932年~1945年にかけて満州(現在の中国東北部)に存在した満州国の経済について記述する。1931年の満州事変、1932年の満州国の建国後、日本により統治機構が整備されていった。満州国に対する日本の産業投資は、重工業に対する重点的資本投下、そしてやや小額ながら農業資本投下、という構成であった。 満州国への日本の投資計画は、1933年に関東軍と満鉄調査部部員で構成する「満州経済調査会」が作った「満州国経済建設綱要」で基本方針が定められた。「綱要」によると「我国経済の建設に当たりては、無統制なる資本主義経済の弊害に鑑み、之に所用の国家的統制を加え、資本の効果を活用」するとしており、当時、世界恐慌の影響を受けず重工業の生産高を増やしていたソ連型の計画経済を指向した。金属、石油、兵器などの戦略物資は満州国と満鉄が主に出資して設立した特殊法人に独占を認めたほか、その他の産業でも一業一社主義を実施し、財閥を排除した。 (Wikipedia:満州国の経済)

満州国への日本の産業投資
『満州国の経済』より : 満州国の経済(まんしゅうこくのけいざい)では、1932年~1945年にかけて満州(現在の中国東北部)に存在した満州国の経済について記述する。1931年の満州事変、1932年の満州国の建国後、日本により統治機構が整備されていった。満州国に対する日本の産業投資は、重工業に対する重点的資本投下、そしてやや小額ながら農業資本投下、という構成であった。 満州国への日本の投資計画は、1933年に関東軍と満鉄調査部部員で構成する「満州経済調査会」が作った「満州国経済建設綱要」で基本方針が定められた。「綱要」によると「我国経済の建設に当たりては、無統制なる資本主義経済の弊害に鑑み、之に所用の国家的統制を加え、資本の効果を活用」するとしており、当時、世界恐慌の影響を受けず重工業の生産高を増やしていたソ連型の計画経済を指向した。金属、石油、兵器などの戦略物資は満州国と満鉄が主に出資して設立した特殊法人に独占を認めたほか、その他の産業でも一業一社主義を実施し、財閥を排除した。 (Wikipedia:満州国への日本の産業投資)

満州鉄道
『南満州鉄道』より : 南満州鉄道株式会社(みなみまんしゅうてつどう、旧字体: 南滿洲鐵道株式會社、英語: The South Manchuria Railway Co., Ltd.)は、かつて満州国に存在した日本の特殊会社である。1906年(明治39年)から1945年(昭和20年)まで存在した。略称は満鉄(まんてつ)。 鉄道事業を中心として広範囲にわたる事業を展開し、日本軍による満洲経営の中核となった。本社は関東州大連市であるが、のちに満州国が成立すると満州国首都の新京特別市に本部が置かれ、事実上の本社となった。また、東京市麻布区麻布狸穴町に東京支社が置かれた。最盛期には80余りの関連企業を持った。 南満州鉄道株式会社は、日露戦争中の満州軍野戦鉄道提理部を母体に、日本政府が1906年(明治39年)に半官半民の特殊会社として設立した。設立は勅令により、資本金2億円のうち、1億円は日本政府によって鉄道・炭坑などの現物で出資された。 日露戦争の勝利により、1905年(明治38年)のポーツマス条約の結果ロシア帝国から譲渡された東清鉄道の南満州支線・長春 - 大連間の鉄道施設・付属地と、日露戦争中に物資輸送のため建設された軽便鉄道の安奉線(安東(現・丹東) - 奉天(現・瀋陽)間)とその付属地の経営が当初の設置目的であった。 (Wikipedia:満州鉄道)

満州語
満州語(まんしゅうご、滿洲語、ᠮᠠᠨᠵᡠᡤᡞᠰᡠᠨ、転写:Manju gisun)は、満州族が話すツングース諸語に属する言語。 満州族は中国の統計で、1千万人を超える人口を誇る。しかし、一方で清の時代、長年に渡り、人口の上では圧倒的な少数派でありながら支配者として漢族を含む中国全体に君臨した結果、満州族の文化は中国文化と融合・同化していった。そして、清が滅び、漢族が主体の時代に入ると、その同化速度は加速していくこととなり、多くの固有の文化が失われていった。 満州語も、そのようにして失われていった文化の一つであり、満州語の話者は満州族の間でも現在では極めて少なく、消滅の危機に瀕する言語の1つである。 その一方、清代には旗人を中心に北京周辺で話されていた言葉と満洲語の語彙が混じり合った言葉が用いられた。その結果、北京語は他の方言とは異なる特徴を持つ言葉となった。その北京語は現在共通語として使用されている普通話の元となっている。 民間の漢人は満洲語と満洲文字の習得は禁止されていた。漢人で満洲語と満洲文字を学ぶことを許され、中央政治に参加できたのは科挙合格者の状元と榜眼のみであった。 (Wikipedia:満州語)

満州国・関東州の高等教育機関
満州国・関東州の高等教育機関(まんしゅうこく・かんとうしゅうのこうとうきょういくきかん)。日露戦争後から日本の敗戦に至る時期、日本の支配下/勢力圏内にあった満洲国および関東州に設立された主要な高等教育機関の沿革一覧である。 満洲国 新京 = 建国大学 = 満洲国の代表的最高学府として設立された国立大学で、総長は国務総理大臣の兼任であった。大学院・研究院を設置した。詳細は当該項目を参照のこと。 1937年8月:新京市に設立。修業年限は前期・後期各3年。 1938年5月:開学。 1943年6月:第1期生卒業。 1944年12月:第2期生繰り上げ卒業。 1945年8月:ソ連軍による占領と日本の敗戦に伴い閉学。 1946年10月:中華民国に接収され、国立長春大学に併合。 1949年:中華人民共和国成立をうけ廃校となる。 = 大同学院 = 満洲国所管の国立学校で、同国官吏の養成・再教育のために設立。詳細は当該項目を参照のこと。 1932年1月:満洲国自治指導部として新京市に設立(のち資政局訓練所と改称)。 (Wikipedia:満州国・関東州の高等教育機関)

満州国の高等教育機関
『満州国・関東州の高等教育機関』より : 満州国・関東州の高等教育機関(まんしゅうこく・かんとうしゅうのこうとうきょういくきかん)。日露戦争後から日本の敗戦に至る時期、日本の支配下/勢力圏内にあった満洲国および関東州に設立された主要な高等教育機関の沿革一覧である。 満洲国 新京 = 建国大学 = 満洲国の代表的最高学府として設立された国立大学で、総長は国務総理大臣の兼任であった。大学院・研究院を設置した。詳細は当該項目を参照のこと。 1937年8月:新京市に設立。修業年限は前期・後期各3年。 1938年5月:開学。 1943年6月:第1期生卒業。 1944年12月:第2期生繰り上げ卒業。 1945年8月:ソ連軍による占領と日本の敗戦に伴い閉学。 1946年10月:中華民国に接収され、国立長春大学に併合。 1949年:中華人民共和国成立をうけ廃校となる。 = 大同学院 = 満洲国所管の国立学校で、同国官吏の養成・再教育のために設立。詳細は当該項目を参照のこと。 1932年1月:満洲国自治指導部として新京市に設立(のち資政局訓練所と改称)。 (Wikipedia:満州国の高等教育機関)

満州の高等教育機関
『満州国・関東州の高等教育機関』より : 満州国・関東州の高等教育機関(まんしゅうこく・かんとうしゅうのこうとうきょういくきかん)。日露戦争後から日本の敗戦に至る時期、日本の支配下/勢力圏内にあった満洲国および関東州に設立された主要な高等教育機関の沿革一覧である。 満洲国 新京 = 建国大学 = 満洲国の代表的最高学府として設立された国立大学で、総長は国務総理大臣の兼任であった。大学院・研究院を設置した。詳細は当該項目を参照のこと。 1937年8月:新京市に設立。修業年限は前期・後期各3年。 1938年5月:開学。 1943年6月:第1期生卒業。 1944年12月:第2期生繰り上げ卒業。 1945年8月:ソ連軍による占領と日本の敗戦に伴い閉学。 1946年10月:中華民国に接収され、国立長春大学に併合。 1949年:中華人民共和国成立をうけ廃校となる。 = 大同学院 = 満洲国所管の国立学校で、同国官吏の養成・再教育のために設立。詳細は当該項目を参照のこと。 1932年1月:満洲国自治指導部として新京市に設立(のち資政局訓練所と改称)。 (Wikipedia:満州の高等教育機関)

満州里市
満州里市(まんしゅうりし)は中華人民共和国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市。中国最大の陸運交易都市。 地理 内モンゴル自治区東部フルンボイル地級市西部にあり、東西と南は新バルグ左旗、新バルグ右旗に隣接。北はロシアと54キロメートルの国境線で接し、ザバイカリエ地方の町ザバイカリスクが隣接している。市の東にはアルグン川の中州・阿巴該図島(アバガイト島、ロシア名ボリショイ島)があり、中ソ国境紛争におけるソ連との係争地となっていたが両国間で分割することにより解決された。 フルンボイル草原にある達賚湖(ダライ・ノール)、またの名を呼倫湖(フルン・ノール)は中国で5番目に大きな淡水湖である。湖水面積は 2,600 平方キロメートル、平均深度5メートル前後、最大水深は8メートル。 この地方は北方遊牧民族を育んだ場所で、相次いで東胡、匈奴、鮮卑、契丹、女真、蒙古などの民族の領地となった。清朝雍正年間にロシアとの国境を画定してから官鎮守、戌守辺疆を設けた。当初はモンゴル語で「勢いの盛んな泉」を意味する「霍勒金布拉格」と呼ばれた(霍勒金=旺盛な、布拉格=泉)。 (Wikipedia:満州里市)


満州 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  余儀なく - 2018年08月18日


関連するイメージは見つかりませんでした




余儀なく - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  NHKスペシャル - 2018年08月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



NHKスペシャル
『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)は、NHKのドキュメンタリー番組。略称は「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。原則、毎週日曜日の21:00 - 21:50に放送するが時間枠を拡大したり他の曜日・時間に放送することもある。再放送は、火曜・水曜深夜。多くはハイビジョン放送である。 本項では前身である『NHK特集』(エヌエイチケイとくしゅう)についても記述する。 NHK特集 1976年4月に放送を開始。ドキュメンタリーを中心とした特集番組として放送を開始した。第1回は「氷雪の春〜オホーツク海沿岸飛行〜」を4月8日に放送する予定だったが緊急特番「総理にきく ロッキード事件と今後の政局運営」が編成されたため、翌週の4月15日に改めて放送された。NHK内に事務局を設けており基本的にNHKの誰もが企画発案ができ、採用されると制作できる。ニュースセンター9時同様、1970年代に起きたNHKの内部改革のひとつとされる。NNNドキュメント・JNN報道特集と並んで「ドキュメンタリー御三家」の一つに数えられた。 (Wikipedia:NHKスペシャル)

NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」
NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」(エヌエイチケイスペシャル シリーズ 「ジャパンデビュー」)は、2009年4月から6月にかけて日本放送協会 (NHK) のテレビ番組『NHKスペシャル』で放送された4回分のシリーズを括る題名で、これはNHKが自社の取り組む「プロジェクトJAPAN」の一環として制作した日本のドキュメンタリー番組である。字幕放送。 日本が西洋列強に対抗する際に命運を握った「アジア」 「天皇と憲法」 「貿易」 「軍事」に世界史上から焦点をあてた特別番組として4回がNHK総合、NHKの海外放送、子会社NHKグローバルメディアサービスが行うNHKワールドプレミアムを通じて放送された。初回放送の番組内容を巡って物議を醸し、日本と台湾の両国の視聴者や番組出演者を含めた約1万300人[1](台湾人約150人を含む)により集団訴訟が起こされたが、請求棄却で確定している。 番組各回の概要 放送日時は日本標準時(JST) に基づく。NHK総合で初放送された日時を記した。 第1回 「アジアの“一等国”」 日本統治時代の台湾について。 (Wikipedia:NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」)


NHKスペシャル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す