[PR]

日別キーワード

第1位  はたらく細胞 - 2018年08月19日


関連するイメージは見つかりませんでした




はたらく細胞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  サントリー - 2018年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



サントリー
サントリー(Suntory)は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 かつてはサントリー株式会社を中心とするグループであったが、2009年(平成21年)4月1日よりサントリーホールディングス株式会社(Suntory Holdings Limited)を中心とした持株会社制に移行。本項ではこれについても記述する。 歴史・概要 創業 1899年(明治32年)2月に、鳥井信治郎が、葡萄酒の製造販売を目的とした鳥井商店(とりいしょうてん)を創業。これを母体として、1921年(大正10年)12月1日に株式会社壽屋(寿屋。ことぶきや)を設立。 ブランド名「サントリー」の誕生 1929年(昭和4年)4月、初めて発売したウイスキーに鳥井信治郎が「サントリー」と名付けた。 (Wikipedia:サントリー)

サントリー学芸賞
サントリー学芸賞(サントリーがくげいしょう)は、公益財団法人サントリー文化財団が主催する学術賞である。 1979年(昭和54年)に創設された。人文科学・社会科学の研究者が日本語で執筆して、日本国内で出版した著書が対象である。受賞者の国籍・職業は不問だが、受賞者には研究機関か大学の教員が多い。正賞は楯、副賞は200万円。同一人物による複数回の受賞はできない。また、物故者及び物故者の業績に対する遺族追賞はない。 文学賞は数多く存在するが、学術書を対象にした賞は数少なく、存在感と話題性がある。新人賞というわけではないが、若手の研究者が受賞することも多い。学際的なユニークな研究に対して贈られることも多い。 1994年(平成6年)に大塚英志が、手塚治虫と戦後漫画の深い関係性を論じた漫画論の集成『戦後まんがの表現空間 記号的身体の呪縛』で社会・風俗部門を受賞した。2002年(平成14年)に切通理作が、宮崎駿への壮大な批評的ラブレターとも言うべきアニメ論『宮崎駿の〈世界〉』で同部門を受賞した。 (Wikipedia:サントリー学芸賞)

サントリー・サタデー・ウェイティング・バー
サントリー・サタデー・ウェイティング・バー(Suntory Saturday Waiting Bar)は、TOKYO FM製作により、FMぐんまを除くJFN系列37局(放送終了時点)で1992年4月4日から2013年3月30日まで放送されていたラジオ番組である。 放送時間は毎週土曜日17:00 - 17:55(JOEU-FM、fm nagasakiでは土曜日18:00 - 18:55、FM青森では土曜日19:00 - 19:55に時差ネットで放送。いずれもTOKYO FMと同じ日に放送)。 番組概要 サントリーの一社提供であり、この番組の実質的な前身は平日の22時台にJFN系で放送されていたサントリー・サウンドマーケットである。ただ、サウンドマーケットが音楽を主体にした番組構成であったのに対し、サタデー・ウェイティング・バーはホイチョイ・プロダクションズの企画による、トークと音楽を組み合わせたラジオドラマ風の番組となっている。 (Wikipedia:サントリー・サタデー・ウェイティング・バー)

サントリー角瓶
サントリー角瓶(サントリーかくびん)は、サントリー酒類(旧・サントリー2009年3月までの会社名。同年4月のグループ再編により、現社名に変更。)から発売されているウイスキーブランドの一つである。
社名が寿屋だった1937年に発売。専用ガラス瓶の独特な亀甲模様の形から「角瓶」「角」の通称で呼ばれ、のちに正式な製品名として「角瓶」の名が採用された。2009年現在も販売の続く、ジャパニーズウイスキーの長寿製品である。
1923年に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(現行商品であるサントリーホワイトの前身)を発売した。発売時のフレーズは「断じて舶来を要せず」という意気軒昂なものであった。
(Wikipedia:サントリー角瓶)

サントリーチャンピオンシップ
『Jリーグチャンピオンシップ』より : Jリーグチャンピオンシップ(ジェイリーグチャンピオンシップ)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のトップカテゴリであるJリーグ ディビジョン1 (J1) で行われる年間王者決定戦(ポストシーズン)である。 本項では、開幕年の1993年シーズンから2004年シーズンまでの11年間(1ステージ制だった1996年シーズンを除く)に実施された制度と、2015年シーズンから導入される制度について分けて記す。また、1996年シーズンにチャンピオンシップの代替大会として実施された サントリーカップ・チャンピオン・ファイナル についても記す。 2004年まで 2004年まではサントリーが特別協賛しており、『Jリーグサントリーチャンピオンシップ』の呼称で実施されていた。1stステージと2ndステージ(1993年から1995年まではそれぞれサントリーシリーズ、NICOSシリーズと呼称)の優勝クラブが出場し、年間優勝のタイトルを争った。 (Wikipedia:サントリーチャンピオンシップ)

サントリーフーズ
サントリーフーズ株式会社(Suntoryfoods Limited)は、東京都中央区に本社を置く食品会社。サントリーグループの清涼飲料水の販売元である。 2011年1月1日から、サントリーホールディングス傘下の飲料・食品事業の中間持株会社「サントリー食品インターナショナル」(旧・サントリー食品)の子会社となっている。 2013年7月3日に、親会社サントリー食品インターナショナルが東証1部に上場することになった。それに際してホールディングスからの多少の独立性を図るために、インターナショナル社、及び兄弟会社であるサントリープロダクツとともに、港区台場のサントリーグループ本部ビル(サントリー・ワールド・ヘッドクォーターズ)から現在地(東京スクエアガーデン)へ本社を移転した(5月27日より業務開始)。 (Wikipedia:サントリーフーズ)

サントリー1万人の第九
サントリー1万人の第九(サントリーいちまんにんのだいく)は、毎年12月の第1日曜日に大阪城ホールに於いて開催されてきている、一般公募により都度結成される合唱団をバックに控えてのベートーヴェン「第九」演奏をメインとする音楽興行。英語表記は「Suntory Presents Beethoven's 9th with a Cast of 10000」。 1983年(昭和58年)に大阪城築城から400年を迎えることを記念すべく、その前年にあたる1982年(昭和57年)に設立したばかりの大阪21世紀協会(現「関西・大阪21世紀協会」)が中核事業として「大阪築城400年まつり」を企画。当該企画への参加催事の一つとして、また当該企画の目玉的存在とされた、大阪城青屋門真向かいの大阪砲兵工廠本館跡地に建設された大阪城国際文化スポーツホール(のちの大阪城ホール)のこけら落としの一環として企画されたことが発端となった。 (Wikipedia:サントリー1万人の第九)

サントリーミステリー大賞
サントリーミステリー大賞(サントリーミステリーたいしょう)はサントリー、文藝春秋、朝日放送が主催した公募のミステリーの新人賞である。1983年から2003年の休止まで、全20回実施された。大賞受賞者には正賞としてサントリー特製ウイスキー、副賞として1200万円が贈呈された。 最終選考を公開で行うこと、読者賞を別に設けること、受賞作はテレビドラマ化することなどの特徴があった。また、一時期海外作品の応募を認めていた。第7回〜第9回は海外作品が大賞を受賞し、日本語に翻訳して刊行された。 大賞作(第11回を除く)はテレビ朝日系列(朝日放送制作)にてサントリー一社提供の年1回の特別枠「サントリーミステリースペシャル」(1983年 - 1997年)、「サントリーミステリー大賞スペシャル」(1998年 - 2003年)としてドラマ化、全国放送された。 (Wikipedia:サントリーミステリー大賞)

サントリー音楽賞
サントリー音楽賞(さんとりーおんがくしょう)は,財団法人サントリー音楽財団が主催する音楽の賞。
財団法人サントリー音楽財団が設立された1969年から、日本に洋楽の振興を目的として、毎年、その前年度において日本の洋楽文化の発展に最も功績のあった個人又は団体を顕彰して贈呈される。旧名は「鳥井音楽賞」。賞金は700万円。
第1回(1969年度) 小林道夫 (音楽家) 小林道夫(ピアノ・チェンバロ・指揮)
第2回(1970年度) 堤剛(チェロ)
第3回(1971年度) 三谷礼二(オペラ演出)
第4回(1972年度) 小川昂(理論・評論)
第5回(1973年度) ICUオルガン委員会(国際基督教大学)
第6回(1974年度) 秋山和慶(指揮)
第7回(1975年度) 栗林義信(声楽)、山根銀二(評論)
(Wikipedia:サントリー音楽賞)

サントリーホール
サントリーホール(Suntory Hall)は、東京都港区赤坂一丁目にあるコンサートホール。アークヒルズの一画に1986年10月12日に開館した。森ビルが所有し、公益財団法人サントリー芸術財団が運営する。 東京初のクラシック音楽コンサート専用ホールである。多くの来日オーケストラや著名なソリストの東京圏に於ける公演が行われている。大ホールは舞台後方にも客席があるヴィンヤード型コンサートホールであるが、座席の配置上、本格的舞台装置や背景を必要とする伝統的なオペラやバレエは上演できない。 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団を除くすべての在京プロ・オーケストラがここで定期演奏会を行う。 「ホール・オペラ」という独自のオペラ上演形態(本格的な舞台装置や照明は用いずに演奏する方式で、基本的には一般に「演奏会形式」と呼ばれている上演方式の一種)を生み出すなど、開館以来日本のクラシック音楽業界を牽引し続けているホールの一つである。 (Wikipedia:サントリーホール)

サントリーモルツ
『モルツ』より : モルツは、サントリービールから発売されているビールの一つである。1986年から2015年の間に発売され、粒選り麦芽100%で製造されている。 この記事では、サントリーから発売されている「モルツ」を冠する他のビールについても記す。 このビールの特徴として原材料に天然水を利用していることが挙げられる。この天然水を利用するために生産工場の立地を決めるほどの力の入れようである。日本国内に以下の4つの生産工場があり、生産工場ごとに使用する水も4つの水系の水に分かれている。そのため、各工場で生産されたモルツには味の差がある。2005年6月には、この味の差を利用した「モルツ飲み比べセット」が限定発売された。 南阿蘇外輪山水系(九州熊本工場) 天王山・京都西山水系(京都工場) 丹沢水系(武蔵野工場) 赤城山水系(利根川工場) サントリーは1963年にビール事業に参入。 (Wikipedia:サントリーモルツ)

サントリーTVショッピング
サントリーTVショッピングは、サントリーウェルネス(旧・サントリー健康食品事業部)が企画・制作・提供している健康情報通販番組。 番組概要 著名人や一般人が招かれ健康の秘訣などを語る他、サントリーが製造・販売するゴマを使用した健康食品「セサミン」などの商品を紹介する。 放送枠 番組は独立放送局を中心に、テレビ東京や地方局100局以上の民放テレビ局に無償で提供され、特に早朝や午前、午後~夕方にかけてのローカル編成枠(ゴールデンタイムなど夜間は除く)を中心に放送。番組編成の穴埋めとして放送されることが多々ある。各地とも同一地域の複数の局で放送され、また同じ局で週もしくは1日に何回も放送されることもあり(同一日で放送内容・ゲストが異なる場合も)、更には放送済みの同一内容の回が何度も放送されることもしばしばある(局によっては「この番組は(西暦)年に制作されたものです」と表示)。 (Wikipedia:サントリーTVショッピング)

サントリーTVショッピング 開け!健康の扉
『サントリーTVショッピング』より : サントリーTVショッピングは、サントリーウェルネス(旧・サントリー健康食品事業部)が企画・制作・提供している健康情報通販番組。 番組概要 著名人や一般人が招かれ健康の秘訣などを語る他、サントリーが製造・販売するゴマを使用した健康食品「セサミン」などの商品を紹介する。 放送枠 番組は独立放送局を中心に、テレビ東京や地方局100局以上の民放テレビ局に無償で提供され、特に早朝や午前、午後~夕方にかけてのローカル編成枠(ゴールデンタイムなど夜間は除く)を中心に放送。番組編成の穴埋めとして放送されることが多々ある。各地とも同一地域の複数の局で放送され、また同じ局で週もしくは1日に何回も放送されることもあり(同一日で放送内容・ゲストが異なる場合も)、更には放送済みの同一内容の回が何度も放送されることもしばしばある(局によっては「この番組は(西暦)年に制作されたものです」と表示)。 (Wikipedia:サントリーTVショッピング 開け!健康の扉)

サントリーミュージアム
大阪文化館・天保山(おおさかぶんかかん・てんぽうざん)は、大阪市港区の天保山ハーバービレッジにある美術館。 1994年(平成6年)11月3日、サントリーミュージアム[天保山]の名称でサントリー創業90周年事業によって開設された。東京のサントリー美術館が日本古来の美術・工芸品を収集しているのに対して、モネやボナール、ロートレック、ミュシャ、カッサンドル、ホックニーの作品や世界各国の秀作ポスターなど、近現代美術の収集・展示を行っていた。 映像美術の展示施設として20×28mのIMAXスクリーンを擁する世界最大級の立体映像劇場「アイマックスシアター」があった。 2009年(平成21年)8月21日にサントリーホールディングスは、入館者の低迷・東西での美術館維持が困難を理由に、同ミュージアムを2010年(平成22年)12月26日に閉館することを決めた。なお土地・建物や展示物などは大阪市に無償で寄贈された。サントリー運営時代に展開していた展示会は83企画・シアターは57企画・来館数は1100万人だった。 (Wikipedia:サントリーミュージアム)

サントリー美術館
サントリー美術館 (サントリーびじゅつかん)は、東京都港区赤坂九丁目にある、日本の古美術が中心の私立美術館である。運営は、公益財団法人サントリー芸術財団。 飲料メーカーのサントリー社長・佐治敬三が1961年、「生活の中の美」を基本テーマとして、千代田区丸の内のパレスビル内にサントリー美術館を開館。1975年に赤坂のサントリービルに移転し、2007年に現在の東京ミッドタウン内に移転した。古美術を中心とした美術館には戦前の実業家のコレクションを母体としたものが多いが、サントリー美術館のコレクションは、戦後に、1つのテーマをもって集められたものである点がユニークである。江戸切子・薩摩切子・エミール・ガレ等のガラス工芸品も代表的なコレクションのひとつ。近現代美術を収集していた大阪府大阪市港区のサントリーミュージアムとは好対照である。 2005年1月にサントリー東京支社がお台場に移転することにあわせ、一時的に休館し、2007年3月30日に防衛庁跡地を再開発して建築された「東京ミッドタウン」に入居する新「サントリー美術館」として再オープンした。 (Wikipedia:サントリー美術館)

サントリー スポーツ天国
『サントリー スポーツ天国』(サントリー スポーツてんごく)は、1983年4月3日から1985年9月29日までフジテレビ系列局(一部の系列局を除く)で放送された日曜 18:00 - 18:30 (JST、以下同じ)のスポーツニュース番組である。サントリーの一社提供。 日曜日18時台のスポーツニュース番組としては、1979年スタートの日本テレビの『独占!!スポーツ情報』があったが、それに対抗してそれより30分早い18:00にスタート時間を定め、スポーツニュースをディスクジョッキー形式で伝える試みを行った。広報誌『洋酒天国』を刊行していたサントリーの提供番組であることから、TBS系の『料理天国』同様に番組タイトルが「○○天国」となっていた。 司会は、当初は小林克也が務めていたが、程なくして『プロ野球ニュース』の司会で絶大な人気を集めていたみのもんたに交替。番組自体も以後はスポーツバラエティ形式のものになったが、1985年秋にサントリーが提供から撤退した後は『スポーツ特Q』として一新された。 (Wikipedia:サントリー スポーツ天国)

サントリーオールド
サントリーオールドは、サントリースピリッツから発売されているウイスキーブランドの一つである。 サントリーウイスキーの代表的なブランドとしてその名を知られ、その瓶の形状から、ダルマやタヌキなどの愛称がつけられている。 前史 寿屋(のちのサントリー、現・サントリー酒類)の創業者、鳥井信治郎は、大阪と京都の県境に近い、山崎にて1923年から国産ウイスキー事業を開始する。のちにニッカウヰスキーを創業することになる竹鶴政孝を招き、1929年に白札(現在のサントリーホワイト)や、赤札(現在のサントリーレッド)などを発売するも、当時の消費者からの反応は今ひとつという状況が続く。のちに竹鶴の退社を経て、これまでに鳥井が自身で得た経験、さらに長男・鳥井吉太郎の手によってつくられた「サントリーウイスキー12年」(現在のサントリー角瓶)を発売すると、スモーキーで熟成を極めた味が世間に評価され、遂に成功をつかむ。 (Wikipedia:サントリーオールド)

サントリーサンゴリアス
サントリーサンゴリアス (Suntory Sungoliath) は、ジャパンラグビートップリーグに加盟するラグビーチーム。本拠地は東京都府中市。 獲得した全国タイトルは、計12回を誇る。また、7人制ではジャパンセブンズ優勝3回・YC&AC JAPAN SEVENS優勝1回を誇る。 チームの概要 公式ホームページよると、チーム名の由来は、サントリーの“サン”、太陽の“SUN”と巨人「ゴリアス(GOLIATH)」からきている。 「ゴリアス」は、巨人・ゴリアテの意。 また、マスコットのゴリラは、「タフネス」「テンダー」「スピリチュアル」を象徴している。 2012-13年度シーズン、トップリーグ初となる予選リーグ・プレーオフを通しての全勝(15連勝)で優勝を飾る。 チームの歴史 1980年 創部 1982年 関東社会人リーグ1部に昇格。 1988年 東日本社会人リーグに参加。初年度の順位は5位。 1989-90 東日本社会人リーグ 優勝 1990-91 東日本社会人リーグ 3位 1991-92 東日本社会人リーグ 3位 1992-93 東日本社会人リーグ 6位 1993-94 東日本社会人リーグ 3位 1994-95 東日本社会人リーグ 3位 1995-96 東日本社会人リーグ 3位 1996-97 5勝2敗で東日本社会人リーグ 3位 1997-98 6勝1敗で東日本社会人リーグ 優勝 1998-99 6勝1敗で東日本社会人リーグ 優勝 1999-00 5勝2敗で東日本社会人リーグ 3位 2000-01 7勝0敗で東日本社会人リーグ 優勝 2001-02 7勝0敗で東日本社会人リーグ 優勝 2002-03 7勝0敗で東日本社会人リーグ 優勝 トップリーグレギュラーシーズン戦績 獲得タイトル 1995年 第48回全国社会人大会、第33回日本選手権大会 2000年 第38回日本選手権大会 2001年 第54回全国社会人大会、第39回日本選手権大会 2002年 第55回全国社会人大会 2007年 第5回マイクロソフトカップ 2010年 第48回日本選手権大会 2011年 トップリーグ、第49回日本選手権大会 2012年 トップリーグ、第50回日本選手権大会 2015年度陣容 reference: 主将 真壁伸弥 在籍した人物 関係者 大塚卓夫 - 創設者、元 部長兼総監督 山本巌 - 初代監督 エディー・ジョーンズ(前ヘッドコーチ、現イングランド代表ヘッドコーチ) 選手 脚注 関連項目 ジャパンラグビートップリーグ 府中市 サントリー サントリーサンバーズ サントリーフーズサンデルフィス 神戸製鋼コベルコスティーラーズ(トップリーグ2003-2004の開幕戦からトップリーグが開幕した。 (Wikipedia:サントリーサンゴリアス)

サントリーオープンゴルフトーナメント
サントリーオープンゴルフトーナメントは、1973年から2007年まで行われた日本の男子プロゴルフトーナメントであり、サントリー株式会社と日本テレビ放送網の主催で、毎年9月第2週に開催されていた。 大会開催コースは1997年まで千葉県印西市の「習志野カントリークラブ キング・クイーン・コース」を舞台に開かれていた。1998年からは同市内にある「総武カントリークラブ・総武コース」に舞台を移して行われていたが、2007年8月26日、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の島田幸作会長(当時)が2007年限りでの大会終了を発表。35回の歴史に幕を閉じた。 2007年実績、賞金総額1億円、優勝賞金2000万円。 大会歴代優勝者 1973年 杉本英世 1974年 尾崎将司 1975年 山本善隆 1976年 グラハム・マーシュ 1977年 草壁政治 1978年 金本章生 1979年 草壁政治 1980年 ビル・ロジャース 1981年 ビル・ロジャース 1982年 泉川ピート 1983年 中嶋常幸 1984年 栗原孝 1985年 尾崎健夫 1986年 グラハム・マーシュ 1987年 須貝昇 1988年 尾崎健夫 1989年 ラリー・ネルソン 1990年 中村通 1991年 尾崎直道 1992年 尾崎直道 1993年 板井榮一 1994年 デビッド・イシイ 1995年 倉本昌弘 1996年 飯合肇 1997年 藤田寛之 1998年 小山内護 1999年 ニック・プライス 2000年 真板潔 2001年 片山晋呉 2002年 片山晋呉 2003年 ジョティ・ランダワ 2004年 加瀬秀樹 2005年 今野康晴 2006年 Y・E・ヤン 2007年 谷原秀人 ※台風の影響により第2日目が中止、54ホールに短縮して実施 テレビ放送 大会第3日と最終日の模様を日本テレビをキーステーションに放送されており、第3日はNNSマストバイ局の22局ネット、最終日はNNS系列29局とTBS系列の宮崎放送・琉球放送を加えた全国31局ネットで放送されていた。 (Wikipedia:サントリーオープンゴルフトーナメント)

サントリーレディスオープンゴルフトーナメント
サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(SUNTORY LADIES OPEN GOLF TOURNAMENT)は毎年6月第2週に行われる日本女子プロゴルフ協会公認による女子ゴルフトーナメントの一つであり、サントリー株式会社・フジテレビジョン・関西テレビ放送の主催で開催されている。2015年現在、賞金総額1億円、優勝賞金1800万円。 2012年までは本大会は女子の試合としては珍しく、公式戦(メジャー大会)以外では唯一の4日間競技だった。 開催コースは1991年の第2回大会のみ千葉県市原市のキングフィールズゴルフクラブで開催された以外は、第1回の1990年から1998年までは主に兵庫県神戸市北区の有馬ロイヤルゴルフクラブで、1999年以降は兵庫県三木市にあるジャパンメモリアルゴルフクラブでそれぞれ行われていたが、2006年からは神戸市北区にある六甲国際ゴルフ倶楽部に場所を移して現在に至っている。 (Wikipedia:サントリーレディスオープンゴルフトーナメント)


サントリー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  NASA - 2018年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



NASA
『アメリカ航空宇宙局』より : 座標: 北緯38度52分59秒 西経77度0分59秒 / 北緯38.88306度 西経77.01639度 / 38.88306; -77.01639 アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会 (National Advisory Committee for Aeronautics, NACA) を発展的に解消する形で設立された。正式に活動を始めたのは同年10月1日のことであった。 NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。 (Wikipedia:NASA)

NASAシャトル着陸施設
NASAシャトル着陸施設(NASAシャトルちゃくりくしせつ、英: NASA Shuttle Landing Facility)とは、アメリカ合衆国フロリダ州ブレバード郡メリット島にある大規模滑走路施設である。スペースシャトルの着陸を主目的に建設された。シャトルが退役した2011年までシャトルの帰還時に使われた。この滑走路はそれ以外にもシャトル輸送機 (SCA) や宇宙飛行士の訓練用のT-38ジェット練習機、シャトル訓練機 (STA) 、ロケットやシャトルで打ち上げられる人工衛星などの空輸に使われる輸送機などが利用している。 施設面積は2平方キロメートルで、1本の滑走路を持つ。方向は15/33であり、進入方向によって15番滑走路、33番滑走路と呼び分けられる。長さはシャトル向けに4,572メートルもある長大なものである。オーバーラン地帯は両端に305メートル(1,000フィート)ずつ設けられており、合計5.2キロメートルもの長さとなっている。これは、大規模国際空港でも最大4キロメートル程度であるのに比べて十分長い。 シャトルの高速度の着陸に耐えるために、舗装は一般の空港より硬く丈夫であり、コンクリートの厚さは40.6センチメートルもあり、その下には周囲の土砂を圧縮したものが敷き詰められた。 (Wikipedia:NASAシャトル着陸施設)

NASA (小惑星)
NASA (11365 NASA) は、太陽系の小惑星のひとつ。火星と木星の間の軌道を公転している。 命名 この小惑星は、アメリカ合衆国の宇宙開発や宇宙探査をしているアメリカ航空宇宙局 (National Aeronautics and Space Administration; NASA) に因んで命名された。 関連項目 小惑星の一覧 (11001-12000) 外部リンク (11365) NASA の軌道(英語)en:11365 NASA。 (Wikipedia:NASA (小惑星))


NASA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  テレビ東京 - 2018年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



テレビ東京
株式会社テレビ東京(テレビとうきょう、TV TOKYO Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。 略称は、テレ東、コールサイン「JOTX-DTV」(東京 23ch)からのTX、旧局名・かつて使われたアナログ放送のチャンネルからの12チャンネル、てれと、など様々。 アナログ放送で親局の周波数がVHFであった放送局は、テレビ東京が日本国内で最後であり、これ以後に開局した民放局の親局は全てUHFであった。 リモコンキーIDは「7」。 会社概要 本社・支社所在地 本社:東京都港区虎ノ門4丁目3番12号 〒105-8012 - 社屋の正式名称は「日経電波会館」。1985年(昭和60年)12月12日に東京都港区芝公園にあった旧本社(現在の東京タワーメディアセンター)から移転し、運用開始。 関西支社:大阪市北区堂島浜1丁目4番16号 アクア堂島NBFタワー西館 名古屋支社:名古屋市中区栄3丁目7番9号 新鏡栄ビル 海外支局:ニューヨーク・ワシントン・ロンドン・モスクワ・ソウル・北京・上海 略史 開局から商号変更まで(東京12チャンネル) 財団法人日本科学技術振興財団(以下、「財団」と略す。 (Wikipedia:テレビ東京)

テレビ東京番組一覧
テレビ東京番組一覧(テレビとうきょうばんぐみいちらん)は、テレビ東京の放送番組一覧である。 なお、一部番組ではBSデジタル放送のBSジャパンやCS放送日経CNBCでも放送(遅れネットも含む)が行われている。 記号 この項目では下記のような記号を使用する。 なお、基本的に15分未満の番組はテレビ東京ミニ番組一覧を参照。 ●印:BSジャパンでも放送 ☆印:関東ローカル ニュース・情報・広報 現在 ☆ものスタ(月 5:10 - 5:45、火 - 金 4:23 - 5:45) ものスタ サタデー(土 4:50 - 5:45) ものスタ サンデー(日 5:15 - 5:50) TXNニュース(かつてはBSジャパンでも土日夕方と祝日朝のみ放送されていた) ●ニュースモーニングサテライト(月 - 金 5:45 - 6:40) モーニングチャージ!(月 - 金 6:40 - 7:05) チャージ730! ●☆なないろ日和!(月 - 木 9:28 - 11:13) ☆7スタライブ(金 9:28 - 11:13) Mプラス 11(月 - 金 11:13 - 11:35) ☆Mプラス 9 Mプラス Express 昼めし旅 〜あなたのご飯見せてください!〜(月 - 金 11:50 - 12:55) L4 YOU!(月 - 金 15:55 - 16:54) L4 YOU!プラス(終了) レディス4(終了) NEWSアンサー(月 - 金 16:54 - 17:20) ●なるほどストリート(月 - 金 17:20 - 17:50) ●ワールドビジネスサテライト(月 - 金 23:00 - 23:58) ワールドビジネスサテライト土曜版(終了) アニメマシテ(月 27:20 - 27:50) A応Pのあにむす!(木 26:35-27:05) ☆ニュースブレイク(日 21:48 - 21:54) 過去 ドキュメンタリー・教養 現在 朝ダネ! (火・水 4:18 - 4:23) 合格モーニング! (月 - 金 7:30 - 7:35) ●日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜(月 22:00 - 22:54) ●日経スペシャル ガイアの夜明け(火 22:00 - 22:54) 日経スペシャル カンブリア宮殿(木 22:00 - 22:54) ●美の巨人たち(土 22:00 - 22:30) Crossroad(土 22:30 - 23:00) 話題の医学(日 5:00 - 5:15) サンデースペシャル 過去 くらしの健康 カラー秘録 太平洋戦史 われらの主役 決死の戦場 第2次世界大戦全史 金曜自然大特集 トコトンハテナ テクノ探偵団 とことんニホン語 ニッポン探検隊 データに挑戦! ナビゲーター 世の中ガブッと! タイムアイ 極上の休日 ソロモンの王宮 ソロモン流 住まいの極意 パソコンサンデー - テレビ大阪制作、シャープ提供 コンピュートないと なんでもコンピュート 町おこし・村おこし - テレビ大阪制作 通信制工業高校講座 私の昭和史 美の美 極める ミステリースペシャル 千昌夫の評判家族探訪 草野仁のTVアゲイン 追跡!テレビの主役 辰巳琢郎のリフォーム夢家族 辰巳琢郎の夢リフォーム 医食同源 - 明治製菓提供 ニュースを見に行く! クリエイターズエレメンツ この人この街 データで勝負 あかたのげん - エクセルヒューマン提供 北島ウインクハート - エクセルヒューマン提供 今週のクロストーク ハロー!ビジネスマン 進化のプリズム ジパング Design Channel 畑のうた ザ・ドキュメンタリー テレビ・私の履歴書→新・テレビ・私の履歴書 BB-WAVE.tv 〜勝利の方程式〜 〜空色グラフィティ〜君に会いたくて 経済ドキュメンタリードラマ ルビコンの決断 女神のキセキ 特集・なんでも追跡 科学スペシャル 動物ふしぎ世界 愛川欽也のロマン探訪 実録世界のミステリー 完全犯罪ミステリー 137億年の物語 ●池上彰の経済教室 EXO CHANNEL 旅行・紀行 現在 歴史の道 歩き旅(月 - 金 7:35 - 8:00) 厳選!いい宿(月 - 金 11:35 - 11:50) ●厳選!いい宿ナビ - BSジャパンは月2回の日曜日 15:00 - 17:20の間の時間帯で2〜3週分をまとめて連続放送。 (Wikipedia:テレビ東京番組一覧)

テレビ東京アニメ
『テレビ東京番組一覧』より : テレビ東京 > テレビ東京番組一覧
テレビ東京番組一覧(テレビとうきょうばんぐみいちらん)は、現在テレビ東京で放送している、または過去に放送されたテレビ番組の一覧である。
具体的な番組については次の通り。※HDはハイビジョン制作の番組である(終了の分も含む)。放送時間は日本標準時 JST。
TXNニュース●
モーニングサテライト(月曜~金曜5:45~6:40 ※HD)●
速ホゥ!(月曜~金曜16:55~17:25 ※HD)●
ワールドビジネスサテライト(月曜~金曜23:00~23:58 ※HD)●
レディス4(月曜~金曜16:00~16:55 ※HD)
朝は楽しく!スマイルサプリメント(月曜~金曜8:00~11:00 ※HD)
NEWS MARKET 11(月曜~金曜11:00~11:30 ※HD)●
(Wikipedia:テレビ東京アニメ)

テレビ東京系列
『TXN』より : TXNネットワーク(TXN Network、TXネットワーク、TX Network)は、テレビ東京をキー局とする日本の民間放送テレビのネットワークである。テレビ東京ネットワーク(TV Tokyo Network)、テレビ東京系列、TXN系列と呼ばれることもある。 テレビ東京のコールサインがJOTX-DTVであるため、「TXN」と命名している。 他のネットワークとは異なり、旧称(後述)時代からニュースネットワークと番組供給ネットワークとの区別がないネットワークである。ANNやJNNと同様、NNNとNNS、FNNとFNSのように、ニュースネットワークと番組供給ネットワークの区別がなされていない。また、TXN成立以前は他系列とのクロスネット局も存在したが、TXNが正式に成立した1989年4月1日以降、他系列とのクロスネット局は存在しない。 民放テレビの系列局が20局以上存在する他系列とは異なり、テレビ東京を含む地上波では6局しかなく、また大阪・名古屋の系列局は広域放送ではないため、カバーする範囲は狭い(視聴できるエリアについては後述)。 (Wikipedia:テレビ東京系列)

テレビ東京系
『TXN』より : TXNネットワーク(TXN Network、TXネットワーク、TX Network)は、テレビ東京をキー局とする日本の民間放送テレビのネットワークである。テレビ東京ネットワーク(TV Tokyo Network)、テレビ東京系列、TXN系列と呼ばれることもある。 テレビ東京のコールサインがJOTX-DTVであるため、「TXN」と命名している。 他のネットワークとは異なり、旧称(後述)時代からニュースネットワークと番組供給ネットワークとの区別がないネットワークである。ANNやJNNと同様、NNNとNNS、FNNとFNSのように、ニュースネットワークと番組供給ネットワークの区別がなされていない。また、TXN成立以前は他系列とのクロスネット局も存在したが、TXNが正式に成立した1989年4月1日以降、他系列とのクロスネット局は存在しない。 民放テレビの系列局が20局以上存在する他系列とは異なり、テレビ東京を含む地上波では6局しかなく、また大阪・名古屋の系列局は広域放送ではないため、カバーする範囲は狭い(視聴できるエリアについては後述)。 (Wikipedia:テレビ東京系)

テレビ東京金曜夜8時枠時代劇
テレビ東京金曜夜8時枠時代劇は、2006年10月20日から2008年9月26日まで、テレビ東京系列で毎週金曜20時から20時54分に設けられた連続時代劇の放送枠である。
同放送枠の後継として2008年10月20日から2009年3月16日まで月曜19時台に設けられていた「月曜時代劇」についても本稿で扱う。
テレビ東京以外の他局がバラエティや音楽番組などを放送している金曜20時からの枠に、「セガサミーシアター」と銘打ってセガサミーホールディングス セガサミーグループ単独提供により時代劇枠を設置したのが始まり。セガサミーグループは「逃亡者 おりん」1作品のみでスポンサーから撤退しており、以降は複数社提供で時代劇枠が維持されていた。
第1作目「逃亡者 おりん」は1クール(3ヶ月)ではなく、2クール(6ヶ月)の放送を実施したが、それ以降は1クールの放送に戻っていた。但し1クールと言いながらも、実際は1作品につき8週の放送を基本としていたため各作品の放送期間は正味2ヶ月のみで、その前後の期間は「ペット大集合!ポチたま」拡大版などの特番で対応していた。その代わり、各作品の初回は2時間枠で放送され、作品によっては最終回も同様の措置が取られていた(一部の時差ネット局では2時間枠の回を2週に分けて放送するため、1作品につき9~10週分の放送となる)。
(Wikipedia:テレビ東京金曜夜8時枠時代劇)

テレビ東京ミュージック
株式会社テレビ東京ミュージック(テレビとうきょうミュージック)は、テレビ東京の関連会社で、主に音楽関連の出版物制作および提供を行っている音楽出版会社兼制作プロダクションである。1969年8月25日に設立。旧社名は東京十二音楽出版。 モーニング娘。を中心としたハロー!プロジェクトの楽曲の著作権の管理も行なっている。 所在地 〒105-8012 東京都港区虎ノ門4丁目3番地13号 ヒューリック神谷町ビル2F 役員 現在 代表取締役社長 - 橋山厚志 常務取締役 - 多田暁 取締役 - 中澤嗣夫 非常勤取締役 - 大島信彦 非常勤監査役 - 近藤正人 過去 代表取締役社長 - 太田修平、金子明雄 常務取締役 - 丸山明慶 取締役 - 荒井充興、竹村斉 取締役相談役 - 沼部俊夫 非常勤取締役 - 島川哲雄、井澤昌平 非常勤監査役 - 箕輪新一、石井智 主な音楽協力番組 いずれもテレビ東京系の番組で五十音順に記載。 (Wikipedia:テレビ東京ミュージック)

テレビ東京制作スタッフ一覧
テレビ東京制作スタッフ一覧
テレビ東京のスタッフは編成局、制作局、コンテンツ事業局、報道局、スポーツ局の五箇所で活動している。 現在はプロデューサーが所属部署を越えて番組を制作および製作委員に参加するケースが多い。
(「」内は主な担当番組)
穴見礼(元番組宣伝部)
五十嵐智之
井澤昌平
石川博
大島信彦(「田舎に泊まろう!」、音楽番組担当)
太田哲夫(ドラマ担当、かつてはバラエティ番組担当)
小川治
川原愼
近藤正人(バラエティ番組担当)
武石英三
多田暁
戸張涼
(Wikipedia:テレビ東京制作スタッフ一覧)

テレビ東京メディアネット
社名=株式会社 テレビ東京メディアネット
英文社名=TV TOKYO MEDIANET, INC.
種類=株式会社
郵便番号=105-8012
本社所在地=東京都港区 (東京都) 港区虎ノ門4-3-12
住友新虎ノ門ビル2F
電話番号=03-3432-1288(代表)
設立=1978年4月1日
業種=情報・通信業
事業内容=テレビ番組の供給・調達・販売、アニメ番組の制作、マーチャンダイジング、宣伝・広告業務、オリジナルビデオの制作・販売
代表者=代表取締役社長:三澤啓二
資本金=2000万円
従業員数=65人(2008年6月18日現在)
主要株主=テレビ東京 100%
主要子会社=アニメシアターX 株式会社エー・ティー・エックス
特記事項=}}
テレビ東京メディアネット(テレビとうきょうメディアネット、略称:MEDIANET)は、テレビ東京の関連会社で、自社制作番組の外部販売を行っている会社である。
(Wikipedia:テレビ東京メディアネット)

テレビ東京アート
株式会社テレビ東京アート(英称:TV TOKYO Art & Lighting, Inc.、略称:ALTX)は、テレビ東京出資の直系子会社でテレビの舞台美術・照明技術を制作する会社である。旧「テレビ東京美術センター」・旧「テレビ東京照明(LiTX、前:照明技術)」の合併により発足。 所在地 本社 - 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号(〒105-8012) 天王洲スタジオ分室 - 東京都品川区東品川1丁目3番3号(〒140-0012) 所属スタッフ 美術部 小越敏彦 薬王寺哲朗 宇野純一 本橋智子 金森明日香 岡野真由子 小野清菜 三重野基 小谷恵 岩本朝美 篠田幸実 野本和広 小堺健司 高橋昭三 齋藤宗志 仙田拓也 田汲喜義 照明部 瀬戸五郎 三浦弘 加藤昭比古 水野二夫 大郷智広 高柴圭一 栗林智之 長治憲明 塚生崇 宮田和 翁美希子 小林瑞雪 山崎康紀 井町成宏 宮尾淳一 古川雅士 和氣義幸 曽我秀樹 新谷初 藤谷直之 庄司鉄平 新井香澄 土谷彩加 池田龍司 高橋有貴 田中光雄 紅林寛二 吉本紀英 主な実績 美術 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 照明 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 関連項目 テクノマックス テレビ東京天王洲スタジオ 東京タワースタジオ(旧・東京タワー芝公園スタジオ) 横銭秀一(常務取締役) 外部リンク 公式HP。 (Wikipedia:テレビ東京アート)

テレビ東京美術センター
『テレビ東京アート』より : 株式会社テレビ東京アート(英称:TV TOKYO Art & Lighting, Inc.、略称:ALTX)は、テレビ東京出資の直系子会社でテレビの舞台美術・照明技術を制作する会社である。旧「テレビ東京美術センター」・旧「テレビ東京照明(LiTX、前:照明技術)」の合併により発足。 所在地 本社 - 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号(〒105-8012) 天王洲スタジオ分室 - 東京都品川区東品川1丁目3番3号(〒140-0012) 所属スタッフ 美術部 小越敏彦 薬王寺哲朗 宇野純一 本橋智子 金森明日香 岡野真由子 小野清菜 三重野基 小谷恵 岩本朝美 篠田幸実 野本和広 小堺健司 高橋昭三 齋藤宗志 仙田拓也 田汲喜義 照明部 瀬戸五郎 三浦弘 加藤昭比古 水野二夫 大郷智広 高柴圭一 栗林智之 長治憲明 塚生崇 宮田和 翁美希子 小林瑞雪 山崎康紀 井町成宏 宮尾淳一 古川雅士 和氣義幸 曽我秀樹 新谷初 藤谷直之 庄司鉄平 新井香澄 土谷彩加 池田龍司 高橋有貴 田中光雄 紅林寛二 吉本紀英 主な実績 美術 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 照明 = テレビ番組 = == ニュース・報道・経済番組 == 情報・ワイドショー番組 == スポーツ番組 == ドキュメンタリー・トーク・教養番組 == バラエティ番組 == クイズ・ゲーム番組 == 音楽番組 == テレビドラマ 関連項目 テクノマックス テレビ東京天王洲スタジオ 東京タワースタジオ(旧・東京タワー芝公園スタジオ) 横銭秀一(常務取締役) 外部リンク 公式HP。 (Wikipedia:テレビ東京美術センター)

テレビ東京天王洲スタジオ
テレビ東京天王洲スタジオ(テレビとうきょうてんのうずスタジオ)は、東京都品川区東品川1-3-3にあるハイビジョン対応のテレビスタジオ。通称「天王洲スタジオ」。 概略 1999年(平成11年)12月12日に竣工した。 テレビ東京は、老朽化が進み、(ハイビジョン化への対応も含め)手狭となった旧本社(東京タワースタジオ、2012年9月30日閉鎖)に代わる新しいスタジオを求めて、この土地にスタジオ建設を計画した。 元々、同社としては現本社から至近地にある芝公園スタジオの建て替えを要望していたが、土地・建物の管理主体であった日本電波塔がなかなか計画を実行しなかったため、それならばと新スタジオ建設計画が始動したという説もある。天王洲スタジオ稼働後も芝公園スタジオ(東京タワースタジオ)は内部の改装や機材のハイビジョン対応改修などを施した上で業務を続けてきたが、建物の老朽化という問題から先述の通り2012年9月をもって閉鎖されている。 (Wikipedia:テレビ東京天王洲スタジオ)

テレビ東京のアナウンサー一覧
テレビ東京のアナウンサー一覧(テレビとうきょうのアナウンサーいちらん)は、テレビ東京編成局アナウンス部に所属するアナウンサーを一覧にしたものである。 日本の民放キー局・準キー局では(開局初期を除き)殆どのアナウンサーが新卒採用であるが、テレビ東京は開局当初から2013年現在まで他局からの移籍者が比較的多い。ただし女性アナウンサーは2000年代までに全員が新卒採用の"生え抜き"に切り替わっている。 また、1980年代からテレビ東京社内の一般職からもアナウンサーを登用していた。1989年に従来の「アナウンス部」が廃止され、新たに「パーソナリティ室」を設置。他局のように枠を分けての採用を行わず、局内・外から多様な人材を募って配属した。この時期に入社したアナウンサーも一般職としての採用である。パーソナリティ室は1995年に「アナウンス室」に改組され、その後もこうした登用は続いたが1999年度から新卒アナウンサーの採用を再開。2004年には「編成局アナウンス部」へ改組された。 現職アナウンサー 入社年順に表記。 (Wikipedia:テレビ東京のアナウンサー一覧)

テレビ東京日曜9時連続ドラマ
テレビ東京系列日曜夜9時連続ドラマ(てれびとうきょうけいれつにちようよるくじれんぞくどらま)は、テレビ東京系列で1989年10月~1992年9月まで毎週日曜日の21:00~21:54に放送されていたテレビドラマおよび時代劇の枠である。 テレビ北海道が開局した1989年10月、それまで放送されていた『日曜ビッグスペシャル』が19時台に繰り上がったことに伴い、このドラマ枠が立ち上げられた。枠設立から1年間は「ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語」に代表されるような若者向けの作品が多かったが、「月影兵庫あばれ旅」以降は時代劇枠となり、「海風をつかまえて」からは再び一般向け作品が続いた。 1992年10月よりバラエティ番組『浅草橋ヤング洋品店』がこの時間帯に移動したことに伴い廃枠。テレビ東京のプライムタイムにおける連続ドラマは1995年10月開始の『クリスマスキス〜イブに逢いましょう』まで3年間のブランクが生じた。 枠の名称 1989年10月~1990年5月の「-コンビニエンス物語」までは「ドラマ青春シリーズ」、さらに1990年4月開始の「-コンビニエンス物語」から1990年9月および1992年4月からは「ドラマ21」という枠称で放送されていた(TVガイド1992年3月27日号87頁参照)。 (Wikipedia:テレビ東京日曜9時連続ドラマ)

テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ
テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ(てれびとうきょうすいようはちじわくのれんぞくどらま)は、テレビ東京系列で1983年4月 - 8月、1985年4月 - 7月、1990年10月 - 1991年3月、1998年1月 - 2000年9月まで毎週水曜日の20:00 - 20:54に放送されていたテレビドラマの枠である。 枠の歴史 5年3ヶ月続いた三波伸介司会の『三波伸介の凸凹大学校』が、三波の急逝で打ち切られた後、1時間単発特別番組枠『水曜大特バン』を3ヶ月放送し、1983年4月10日より天知茂主演の公開ドラマ『AカップCカップ』でスタート。だが半年も持たずに中断、1年7ヶ月後の1985年4月10日より、鳥越マリらが主演の学園コメディ『花の女子校 聖カトレア学園』で再開したが、わずか3ヶ月で水曜19:00し(同時に『花のカトレア学園』に改題)、この枠のドラマも5年3ヶ月中断、この時期はコメディが主流だった。 (Wikipedia:テレビ東京水曜8時枠の連続ドラマ)

テレビ東京日曜朝8時30分枠のアニメ
『』より : (Wikipedia:テレビ東京日曜朝8時30分枠のアニメ)

テレビ東京ソフトウェア
『』より : (Wikipedia:テレビ東京ソフトウェア)


テレビ東京 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  支那 - 2018年08月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



支那
支那(シナ)とは、現在の中華人民共和国またはその一部の地域に対して用いられた地理的呼称、あるいは王朝・政権の名を超えた通史的な呼称の一つである。 言葉の由来 支那という言葉の語源は諸説あるが、明朝時代末期にこの地域にいたイタリア人イエズス会宣教師衛匡国(Martino Martini)による著作”Nuvus Atlas Sinensis”では、中原初の統一王朝秦(拼音: Qín, 梵語: Thin・Chin, ギリシャ語・ラテン語:Sinae)に由来するとされる。衛匡国によれば、この秦の呼称が周辺諸国に伝わったが、現在のインドで転訛してシナになったとしている。これが一般的な通説とされるが、戦前の日本の地理学者の藤田元春などは反対説を主張している。その諸説によると交易品であった絹糸に由来するもの、民族名である「チャン族」あるいは、「インドから見て辺鄙で遠いところ」との意からきたともいう。なお、このシナの発音が西洋に伝わり英語の"China"フランス語の"Chine"などの語源ともなったといわれている。 (Wikipedia:支那)

支那共和国
『中華民国』より : 中華民国 中華民國 国の標語: 民族、民權、民生国歌: 中華民国国歌(三民主義歌) 中華民国の歴史(ちゅうかみんこくのれきし)では、1912年に中国に樹立されたアジア二番目の共和制国家である中華民国の歴史を記述する。なお、本稿の記述は中華民国が中国大陸を支配していた1949年10月1日までの歴史である。 台北遷都後(1949年10月1日 - 現在)の中華民国の歴史については、「中華民国」と「台湾の歴史#中華民国統治時代(1945年 - 現在)」をそれぞれ参照すること。 大陸統治時代の中華民国は、中央政府の所在と構成内容から北京政府(北洋軍閥時代。1912年2月12日 - 1928年6月9日)と、中国国民党による南京国民政府(国民党時代。1928年6月9日 - 1949年10月1日)に分けられる。しかし、初期の袁世凱による統治期を除いて国内は統一されておらず、軍閥などの諸勢力に実効支配される地域が存在していた。 第二次世界大戦後、中国国民党と中国共産党間で国内統一を争う国共内戦が起こり、これに勝利した中国共産党が1949年10月1日に中華人民共和国を樹立する。 (Wikipedia:支那共和国)

支那そば
『ラーメン』より : ラーメンとは、中華麺とスープ、様々な具(チャーシュー・メンマ・味付け玉子・刻み葱など)を組み合わせた麺料理(ただし具を入れない場合もある。)出汁、タレ、香味油の3要素から成るスープ料理としての側面も大きい。漢字表記は拉麺、老麺または柳麺。別名は中華そばおよび支那そば・南京そばなどである。 日本では、明治時代に開国された港に出現した中国人街(南京街)に中華料理店が開店し、大正時代頃から各地に広まっていった。日本風に仕立てられ独自の発達をし、現在ではカレーライスと並んで「日本人の国民食」と呼ばれるほど人気の食べ物となり、中華人民共和国や中華民国では日式拉麺(日式拉麵/日式拉面)または日本拉麺(日本拉麵/日本拉面)と呼ばれている。英語表記は、オックスフォード英語辞典によるとRamen、Chinese noodles。 ラーメンは江戸時代末に開港した横浜・神戸・長崎・函館などに明治時代になると誕生した中華街(当時は南京町と呼ばれた)で食べられていた中国の麺料理をルーツとするものである。 (Wikipedia:支那そば)

支那方面艦隊
支那方面艦隊(しなほうめんかんたい)とは、支那事変初期の1937年(昭和12年)10月に編成された、大日本帝国海軍の艦隊の一つである。
1932年(昭和7年)に第一次上海事変 第1次上海事変が勃発すると日本海軍にとって手薄な同地域の警備が急務となった。更に中国本土に於ける事変拡大が懸念された事から、急遽第三艦隊 (日本海軍) 第3艦隊を復活編成して投入した。盧溝橋事件が発端となって日華事変の拡大に伴ない、1937年(昭和12年)10月に新たに第四艦隊 (日本海軍) 第四艦隊が追加編成され第3艦隊と統合して支那方面艦隊が成立した。
艦隊成立当初は司令長官に長谷川清、参謀長に杉山六蔵、以下司令部参謀に、参謀副長草鹿龍之介、松田千秋、高田利種、大野竹二、樋端久利雄など後の太平洋戦争で活躍した錚々たる人物が配属された。
(Wikipedia:支那方面艦隊)

支那事変
『日中戦争』より : 支那事変(しなじへん)とは、1937年(昭和12年)から始まった日本と中華民国の間で行われた長期間かつ大規模な戦闘である(ただし、両国とも宣戦布告を行わなかったため事変と称する)。 「支那事変」という呼称は、当時の日本政府が定めた公称であるが、現在は、太平洋戦争(大東亜戦争)勃発後も含めて日中戦争とも呼ばれる。しかし、日中戦争は1937年から1945年までの戦争を指すことが一般的であるが、「支那事変」は1937年から1941年12月8日までとするのが代表的見解とされており、期間が異なる。当項目では「支那事変」という「呼称」について解説する。 支那事変は、1937年(昭和12年)7月の盧溝橋事件を発端として北支(北支那、現中国の華北地方)周辺へと拡大した。8月の第二次上海事変勃発以後は中支(中支那、現中国の華中地方)へも飛び火、次第に中国大陸全土へと飛散し、日本と中華民国の戦争の様相を呈していった。ソ連は空軍志願隊を送り、中華民国側を援護した。 1941年(昭和16年)12月までは、双方とも宣戦布告や最後通牒を行わず、戦争という体裁を望まなかった。 (Wikipedia:支那事変)

支那料理
『中華料理』より : 中華料理(中国語: 中國菜 拼音: Zhōngguó cài チョングオツァイ)は、中国で食べられてきた料理、またはその技法や調味料で作られた料理。中国においても、地方ごとに食材も異なり、調理法や味付けも地域差が大きい。日本を含め世界的に広く普及し、また現地化も進んでいる。 多彩な技法や味のバラエティーを持ち、世界三大料理の一つに挙げられている。ヨーロッパの全国家を合計した二倍に匹敵するほどの広大な国土を持ち、地理的、気候的条件等、各地でそれぞれ特色が異なる中国では、地方ごとに食材も異なり、また漢民族に同化していった、もしくはかつて漢民族を支配した多彩な民族を基層としているため、その調理法や味付けも地域差が大きい(地域分類を参照)。中華文明の影響を強く受けた日本やベトナムなどの周辺国でも、その国の料理法に大きな影響を与えている。また、近代以降も世界中に移民として渡った華僑たちが、移民先の国に持ち込んだため、多くの国に伝わった。この中には、持ち込んだ国の料理と融合したり、中国大陸に存在しない食材を利用したり、現地人の料理人が考案したりした、中国本土にも見られない進化を遂げた「中華風」とも言うべき中華料理もある。 (Wikipedia:支那料理)

支那の夜
支那の夜(しなのよる)は、東宝・中華電影公司合作、昭和15年(1940年)公開の国策映画、およびその主題歌。映画の主演は長谷川一夫、山口淑子 李香蘭。主題歌「支那の夜」は作詞:西條八十、作曲:竹岡信幸、歌唱:渡辺はま子。この映画は、昭和13年(1938年)に発売された同曲のヒットを受けて製作されたものである。
作品名 支那の夜
監督 伏水修
製作総指揮
製作 滝村和男
脚本 小国英雄
出演者 長谷川一夫、李香蘭ほか
音楽 服部良一
撮影 三村明
編集
配給
公開 1940年6月5日(前篇)1940年6月15日(後篇)
上映時間
言語
制作費
興行収入
前作
次作
(Wikipedia:支那の夜)

支那人
支那人(しなじん、シナ人)という言葉は、中国本土を中心として居住する漢民族を指す。日本語における支那は地理的概念であり、平安時代に漢訳仏典を通じて中国からもたらされた。支那人とは支那の地域に定住する人間と言った程度の形而上的概念であり、日本では明治期以降、とくに清朝の崩壊が明らかになった19世紀末ころからこの地域全体を総称する概念、あるいは民族概念として学術的に使用されるようになった。それまではこの地域を王朝名を利用して呼称するのが通例であり、明治中期まではこの地域を清国、その住人を清国人と呼んでいた。 中国では古来より現在に至るまで自らを支那人と呼称しようとした例は清朝末期から中華民国成立当初までの動乱の一時期だけであり、また文化的にも定着しなかったこともあり、この呼称は一般的ではない。また蒋介石らの認識によれば「支那」「支那人」は日本人が中国人を侮蔑するために使用した悪語・悪字であるとされ、現代の中国人一般にもそのように理解されている。 (Wikipedia:支那人)

支那派遣軍
支那派遣軍(しなはけんぐん)は、大日本帝国陸軍の総軍の一つ。支那事変解決を目的として編成され、在中国戦線の全陸軍部隊を統括した。軍隊符号はCGA。 沿革 1937年(昭和12年)7月、盧溝橋事件勃発後発生した第二次上海事変への対応として上海派遣軍が編成され、続いて盧溝橋事件への対応として支那駐屯軍が方面軍たる北支那方面軍に格上げされた。 1937年(昭和12年)10月には上海への増援として第10軍が編成され杭州上陸作戦を行い、同月、上海派遣軍と第10軍の上級司令部として中支那方面軍が編成された。1938年(昭和13年)2月の南京陥落後、中支那方面軍は隷下の両軍を含めて中支那派遣軍へと再編成された。 こうして中支那派遣軍と北支那方面軍が中国大陸方面での作戦に当っていたが、1939年(昭和14年)9月に両者を統括する「総軍(総軍の編成は日露戦争における満州軍以来)」として大陸命362号に基づき支那派遣軍を編成した(これに伴い中支那派遣軍は廃止)。 (Wikipedia:支那派遣軍)

支那派遣軍 (日本軍)
『支那派遣軍』より : 支那派遣軍(しなはけんぐん)は、大日本帝国陸軍の総軍の一つ。支那事変解決を目的として編成され、在中国戦線の全陸軍部隊を統括した。軍隊符号はCGA。 沿革 1937年(昭和12年)7月、盧溝橋事件勃発後発生した第二次上海事変への対応として上海派遣軍が編成され、続いて盧溝橋事件への対応として支那駐屯軍が方面軍たる北支那方面軍に格上げされた。 1937年(昭和12年)10月には上海への増援として第10軍が編成され杭州上陸作戦を行い、同月、上海派遣軍と第10軍の上級司令部として中支那方面軍が編成された。1938年(昭和13年)2月の南京陥落後、中支那方面軍は隷下の両軍を含めて中支那派遣軍へと再編成された。 こうして中支那派遣軍と北支那方面軍が中国大陸方面での作戦に当っていたが、1939年(昭和14年)9月に両者を統括する「総軍(総軍の編成は日露戦争における満州軍以来)」として大陸命362号に基づき支那派遣軍を編成した(これに伴い中支那派遣軍は廃止)。 (Wikipedia:支那派遣軍 (日本軍))

支那囲壁砲台
支那囲壁砲台(しないへきほうだい)とは、千葉県習志野市にある戦争遺跡である。「一望千里」と呼ばれた習志野原にあって、演習用に中国の家屋を模して作られた砲台のミニチュアであり、銃眼が開いている。習志野名所のひとつ。 2002年に国の登録有形文化財になっている。なお、正式な登録名称は旧陸軍演習場内圍壁(きゅうりくぐんえんしゅうじょうないいへき)である。 この「支那囲壁砲台」は、現在の習志野市東習志野にあり、近くには中学校や体育館といった公共施設や住宅が建ち並ぶ。この「支那囲壁砲台」は、2006年現在も民家として使用されており、その住人は太平洋戦争後に開拓で入って、国から一町歩ほどの土地をもらって住み着いたのだという。昔は他にも廠舎などがあり、この「支那囲壁砲台」も一部削った部分もあるそうだ。 習志野原では近衛騎兵連隊、習志野に駐屯している第十三から十六の各騎兵連隊をはじめ、多くの部隊による演習が行われ、将兵の鍛練の地としてその名が知られていた。 (Wikipedia:支那囲壁砲台)

支那人犯罪
『中国人犯罪』より : 削除提案中
このページはWikipedia:削除の方針#削除依頼 削除の手続きに従って、削除が提案されています。
この項目を執筆された方へ: 項目はまだ削除されていません。議論に参加し、この項目がWikipedia:削除の方針 削除の方針に該当する編集かどうか検討してください。
削除依頼中の記事
支那畜
暴支膺懲
(Wikipedia:支那人犯罪)

支那竹
『メンマ』より : メンマ(麺麻、麺碼)は、マチク (Dendrocalamus latiflorus) などのタケノコを乳酸発酵させた加工食品である。これを味付けした製品も同じ名称で呼ぶことが多い。台湾の嘉義県における伝統食材ともなっており、現地では乾筍(カンスン)と呼ばれる。 筍が原料となっているが、1.5mくらいに育った物を収穫し加工するので、厳密には筍ではなく若い竹である。収穫時期のマチクは鎌で切り取れるくらいの柔らかさで日本の竹とは質感が違う。 中国や台湾ではマチクの加工食品は筍絲と呼ばれている。 現在はラーメンのトッピング以外に、酒のつまみとしても用いられており、炒めたりゴマを振りかけたりキムチにあえたりと多様な食べ方がある。歴史的に中国文化の影響を強く受けた沖縄ではメンマよりもスンシー(筍絲)と呼ばれるのが一般的で、炒め煮のスンシーイリチーなどの惣菜として古くから食べられている。 シナチクの語源は「支那竹」、つまり中国(支那)の竹の意で、戦前から関東地方を中心に「支那そば(東京ラーメン)」の定番具材となっていた。 (Wikipedia:支那竹)

支那事変処理に関する質問演説
『反軍演説』より : 反軍演説(はんぐんえんぜつ)は、1940年(昭和15年)2月2日に帝国議会で衆議院本会議において立憲民政党の斎藤隆夫が行った演説。日中戦争(支那事変)に対する根本的な疑問と批判を提起して、演説した。この演説により、3月7日、斎藤は衆議院議員を除名された。この経緯は言論弾圧としても扱われる。なお、「支那事変処理を中心とした質問演説」や「支那事変処理に関する質問演説」を、一般的に「反軍演説」と称している。 経緯 演説まで 斎藤は「粛軍演説」で軍部の政治関与を批判するなど、国民からの注目を浴びるも、警察・軍部から監視され、暗殺まがいの脅迫状などの攻撃も受けた。「国家総動員法案に関する質問演説」において、国家総動員法の危険性を指摘するも、立憲政友会と立憲民政党の二大政党は斎藤の主張を無視し、全会一致で成立。その後、過労から転倒して打撲し、脳梗塞の疑いで病床に着く。日中戦争の長期化につれ、病床の斎藤の元へ日増しに、「なぜ、斎藤は沈黙するのか」という類の問い合わせが増加し、国民の声を議会に届けるべく、「国家総動員法反対演説」から2年ぶりの登壇を決意。 (Wikipedia:支那事変処理に関する質問演説)

支那畜
支那畜(しなちく)は中国人、あるいは中国そのものを指すインターネットスラング。
メンマの別名である「支那竹」の「竹」に「畜生」の「畜」を当てたもので、中国への差別語とされる「支那」と差別的な意味も持つ「畜生」の2つの語の合成語であるとも言える。支那畜生にも劣るという使い方もある。
近年の日本では中国人による凶悪犯罪が急増しており、日本人の反感が高まっている。また度重なる中国の内政干渉(歴史教科書問題)や領海侵犯(尖閣諸島問題)も原因である。
中国人は順法意識が低く、公共の場でのマナーが悪いことも原因である。
支那人
中国人犯罪
人種差別 しなちく
(Wikipedia:支那畜)

支那大陸
『』より : 中国大陸(ちゅうごくたいりく、Mainland China)とは、アジア大陸(ユーラシア大陸東部)の広い陸地(亜大陸)である。古くは日本列島と地続きであった。本項では、日本語圏の中国関連分野と中国語圏での政治的な意味合いを含む用法について詳述する。 政治的な「中国大陸」 呼称 中国語圏では単に「大陸」とも言い、他の呼称が持つ政治的要素を避ける婉曲語という性質があるため、広く受け入れられている。日本で見られる用例として「大陸中国」、「中国本土」とされることもある。 範囲 基本的に、中華人民共和国による実効支配が直接及んでいる領域を指す。特別行政区である香港・澳門(マカオ)は、植民地統治終了後も一国二制度により中央政府のコントロールが直接及んでいないことと、相互に出入国管理にあたる出入境管理が行われていることなどから、一般に「中国大陸」に含めないことが多い。 (Wikipedia:支那大陸)

支那方面艦隊 (日本海軍)
『』より : (Wikipedia:支那方面艦隊 (日本海軍))

支那蕎麦
『』より : (Wikipedia:支那蕎麦)

支那学
『』より : (Wikipedia:支那学)

支那語
『』より : (Wikipedia:支那語)


支那 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す