[PR]

日別キーワード

第1位  ゲゲゲの鬼太郎 - 2018年08月20日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゲゲゲの鬼太郎
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる日本の漫画作品。また、それを原作とした一連の作品群の総称。 主人公で正義感の強い妖怪族の鬼太郎が、妖怪と人間が共存できる平和な世界を作るため、悪い妖怪と戦う物語である。題名の由来は、作者が幼い頃に自分の名前を「しげる」と言えずに「ゲゲル」「ゲゲ」と言ったことから着想し、もう一つゲをつけたことによる。 多種多様な妖怪が登場する妖怪漫画。アニメ化に伴い『墓場の鬼太郎』から改題された。水木しげるの代表作であり、妖怪を扱った作品としても代表的な作品。1954年の紙芝居から始まり、漫画、アニメ、映画、絵物語、ドラマ、ゲーム、ミュージカルなど、半世紀以上に渡り様々な関連作品が作られている。 漫画作品は貸本を経て1965年から1997年の間に多くのシリーズが描かれ、幼年誌から青年誌まで幅広く掲載された。初期の作品は怪奇色が強かったが、鬼太郎と妖怪の対決を主とした内容へ変化。妖怪ブームを巻き起こしたテレビアニメは、日本のテレビアニメ史上最多となるシリーズ5作、4回のリバイバルを果たす。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎)

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
Title ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
Plat ファミリーコンピュータ [FC]
Dev バンダイ
Pub バンダイ
Date 1986年4月17日
Genre アクションゲーム
Play 1人
Media ロムカセット
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』(げげげのきたろう ようかいだいまきょう)は1986年にバンダイから発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用の横スクロールアクションゲームである。漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作としている。大ヒットし、100万本を超える売り上げを記録した。
プレイヤーは主人公である鬼太郎を操作し、敵として立ちはだかる妖怪を次々と倒していく内容。
1ステージは、アクションステージがある「魔境」とボスキャラクター ボスがいる「妖怪城」が配置された見下ろし型マップと、横スクロールアクションで妖怪と戦うアクションステージとに分かれる。魔境のどれかにある水晶玉を手に入れ、ステージのボスを倒すと1ステージクリアとなる。
(Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境)

ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン
ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン(けけけのおーるないとにっぽん)は、ニッポン放送の深夜放送オールナイトニッポンの特別番組。なお、この時間帯は本来、ますだおかだのオールナイトニッポンを放送している。
鬼太郎(野沢雅子)
目玉のおやじ(田の中勇)
ねずみ男(大塚周夫)
中川翔子(ナビゲーター)
2006年8月11日金曜日 25:00 - 27:00
テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ) ゲゲゲの鬼太郎』の第1作、第2作のDVD-BOX発売を宣伝するための放送で、当時のメインキャストだった3名と大の鬼太郎ファンを自認する中川翔子により、放映当時の裏話や鬼太郎に対する思い入れなど、かなりディープなやり取りが繰り広げられた。
imagineSTUDIOでマスコミ向けに公開収録を行った。
(Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン)

ゲゲゲの鬼太郎 (曲)
「ゲゲゲの鬼太郎」(ゲゲゲのきたろう)は、熊倉一雄のシングル。1968年9月20日にキングレコード、朝日ソノラマから発売された。 水木しげるの漫画、『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする同名のアニメ作品『ゲゲゲの鬼太郎』および実写映画作品『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマ。 『ゲゲゲの鬼太郎』と題された全てのアニメおよび実写作品のオープニング曲は一貫して本曲が用いられており、覚えやすいメロディと(特に児童にとって)共感できる歌詞が相乗効果となって日本の老若男女に広く親しまれている。歌手やアレンジは各シリーズごとに異なっている。フルコーラスでは3番まであり、番組のオープニングで使われているのは1番と3番である(第5シリーズは第51話まで1番のみ、第52話から1・2・3番を週代わりで流す)。 アニメ第1シリーズの主題歌レコードは30万枚以上を売り上げた。 変遷 この歌はそもそもはアニメ用に作られたものではなく、最初のアニメ化以前、『週刊少年マガジン』で原作が連載中の1967年7月20日にキングレコードとのタイアップで発売された児童向けレコード『少年マガジン・マンガ大行進』SKK(H)-354のために作られた楽曲だった(同年10月10日に『ハリスの旋風』とのカップリングでシングル化されている)。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (曲))

ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター
ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター(ゲゲゲのきたろうのとうじょうキャラクター)は、水木しげるの漫画作品およびそれを原作とするアニメ、映画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する架空のキャラクター(その大半は伝承上の妖怪で占められている)の一覧。 貸本劇画版である『墓場鬼太郎』に登場した人間・妖怪などについては墓場鬼太郎の登場人物を参照。 鬼太郎シリーズはアニメや映画といった映像化作品それぞれで設定が異なる上に、原作においても別の話と矛盾する設定が出てくる場合が多いため、全メディアのシリーズを通しての共通の設定というものはあまり存在しない。 1話限定の総称の設定やそのシリーズ限定の総称の設定は、#総称を参照。 鬼太郎とその仲間たち 鬼太郎ファミリー 鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎、墓場鬼太郎) 本作の主人公。幽霊族最後の生き残り。 目玉おやじ(目玉の親父) 鬼太郎の父親。(正確にはその分身) ねずみ男 鬼太郎の悪友。トリックスター。半妖怪。 猫娘 鬼太郎の幼馴染、本作のヒロイン。半妖怪。 砂かけ婆 鬼太郎の仲間。砂を撒き散らす。奈良県出身。 子泣き爺 鬼太郎の仲間。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター)

ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ)
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげる原作の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする妖怪アニメ作品。本項では貸本時代に描かれた作品を基に製作されたアニメ版『墓場鬼太郎』についても解説する。 原作同様に親しまれているアニメ版は2008年現在まで1960年代・1970年代・1980年代・1990年代・2000年代と、各年代ごとに5つのシリーズ作品が製作されている。1970年代以降のシリーズは約11年周期で製作され、ある程度の規則性も認められる。ただし、これが製作側の意図するものなのか、偶然なのかは不明である。 テレビアニメはいずれもフジテレビ系列で放送、東映動画(現・東映アニメーション)が製作。2013年3月まで日本のテレビアニメ作品としては最多の、4回のリメイク・5度のアニメ放映をしている。また、2013年4月に横山光輝原作のアニメ鉄人28号が5度目のアニメ化、4回目のリメイクが放送されるため、同率となる。 2007年8月、世界妖怪会議において京極夏彦より、貸本版を基にした「墓場鬼太郎」のアニメ化が発表。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ))

ゲゲゲの鬼太郎 (パチスロ)
ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)は、2000年にサミーが発売したパチスロ機。 パチスロ史上初めて液晶画面を搭載した。チャンス予告などの通常時の演出はそれまでせいぜいリール窓の中か筐体の一部分の照明を点滅させるだけのものだったが、パチンコ機でも使われていた液晶画面はその後のパチスロ機の様々な演出には欠かせないものとなった。2003年に発売されパチスロ史上最大のセールスとなった『北斗の拳』も、液晶画面での演出がプレイ上重要な役目を果たしている。 『ゲゲゲの鬼太郎』といえば様々な妖怪が活躍する漫画として有名だが、この機械の液晶画面でも鬼太郎、めだまオヤジを中心としたいろいろなキャラクターがバトルを繰り広げる。液晶画面で鬼太郎やその味方キャラが敵キャラに勝てばボーナスが確定する。また、8ライン独特のリーチ目も人気だった。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (パチスロ))

ゲゲゲの鬼太郎SP
ゲゲゲの鬼太郎SP( -きたろうえすぴー)は2000年にサミーが発売したパチスロ機。『ゲゲゲの鬼太郎』(サミー)の後継機で、パチスロ初のAT機能が搭載された。 『ゲゲゲの鬼太郎』の後を受けた『ゲゲゲの鬼太郎SP』は、8ラインは採用せずに5ラインに戻したものの、BIG終了後1/2で突入するAT(アシストタイム)機能が初めて搭載された。 ATは通常は1/3の確率でしか正解にならない、つまり揃わない9枚役である「7・下駄・下駄」(7の色が三色)の7の色を、サイドランプで指示することによってすべて取ることが出来るようになっている。BIG終了後に鬼太郎と敵妖怪のバトルがあり、勝利するとサイドランプの「WIN」が点灯して100GのATに突入する。終了条件は100G完走もしくはBIGフラグ成立で、REGの場合は残りのATをREG終了後に消化できた。 このATの方法は後に『獣王』へ発展していった。 ボーナス確率・機械割 ※メーカー発表の数値。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎SP)

ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画)
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる同名の漫画作品を実写映画化した日本映画作品である。 第1作目『ゲゲゲの鬼太郎』、2007年4月28日公開。興行収入23.4億円。 第2作目『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』(ゲゲゲのきたろう せんねんのろいうた)、2008年7月12日公開。興行収入14.5億円。主人公の鬼太郎の外見年齢が青年に設定されているなど、原作との相違点がいくつか存在する。鬼太郎役はウエンツ瑛士。過去に実写として製作された作品は2作あるが、劇場公開用映画として製作されたのは初である。 第1作目『ゲゲゲの鬼太郎』 ストーリーは、原作「天狐」「妖怪大裁判」「妖怪列車」の3エピソードをベースにしつつ、人間の少女と鬼太郎の淡い恋路などの要素を織り交ぜたオリジナルストーリーとなっている。 2005年に松竹により製作が発表、この席では、監督は堤幸彦で2006年の公開と発表され、鬼太郎役のイメージは堂本剛であると語られている。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画))

ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱
『』より : (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱)


ゲゲゲの鬼太郎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  立憲民主党 - 2018年08月22日


関連するイメージは見つかりませんでした



立憲民主党
立憲民主党(りっけんみんしゅとう、露: Конституционная Демократическая партия)は、ロシアのリベラル政党。1917年の2月革命後に成立した臨時政府の中心となった。 しばしばカデットと略されるが、これはロシア語の頭文字KДからきている(なお、ロシア革命時の士官候補生もカデットと呼ばれる)。 立憲民主党は1905年の第一次ロシア革命に際してパーヴェル・ミリュコーフらにより設立された。メンバーにはゲオルギー・リヴォフ、ピョートル・ストルーヴェ、ウラディミール・ナボコフなどがいる。 議会を通じたロシアの近代化を目指していた彼らの目標は、ロシアに議会制民主主義・議院内閣制を定着させることであった。これに加え、土地の私有権、農産物の自由な生産、工業の発展を望んでいた。 第一次世界大戦の開戦時にはカデットは参戦に賛成したが、ロシアの退潮が分かるにつれ意見を後退させていった。2月革命後の臨時政府では5つの閣僚ポストをえて政権の中心となった。しかし臨時政府の権力基盤は安定しておらず、1917年7月にリヴォフ公は首相を辞任し、社会革命党のケレンスキーに後を譲った。 (Wikipedia:立憲民主党)


立憲民主党 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  あそびあそばせ - 2018年08月22日


関連するイメージは見つかりませんでした




あそびあそばせ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  この世界の片隅に - 2018年08月22日


関連するイメージは見つかりませんでした



この世界の片隅に
『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代による日本の漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号~2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻が発売。 第13回(2009年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品。「THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!」(フリースタイル)第1位。「ダカーポ特別編集 最高の本! 2010」(マガジンハウスムック)マンガ部門第1位。 こうの史代の出世作となった『夕凪の街 桜の国』に続いて「戦争と広島」をテーマに描いた作品である(ただし『夕凪の街 桜の国』と異なり、主要な舞台は広島ではなく近隣の軍港・呉に設定されている)。本作の構想は『夕凪の街 桜の国』刊行の頃から作者自身によって語られていたが、2006年初めから翌2007年初めにかけて発表した戦前期(1930年代)の広島を描いた3編の読み切り短編作品(いずれも主人公・浦野すずの幼少時がテーマとなっている)に続いて、『漫画アクション』誌上に本作の連載が開始されることになり、2008年1月にはコミックス単行本(上巻)が刊行された。 (Wikipedia:この世界の片隅に)


この世界の片隅に - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  下着 - 2018年08月22日


関連するイメージは見つかりませんでした



下着
下着(したぎ)は中着(中着を着用ていない場合は上着)の下に着用する衣服。インナーとも呼ぶ。和服の重ね着の場合、最も内側に着用する衣服。下着のうち、上の服を身体からの汚れから守り、体の保温、快適さ、加えて衛生を維持する目的で肌に直接着けるものは肌着(はだぎ)と称される。一方、ブラジャーやガードルのように、女子の体形を美しく整えるための下着は、直接肌に付けるものでも肌着ではなく、ファウンデーションに分類される。 古代 適当な大きさに作られた布を腰に巻きつけたものが最初の下着であったと推測される。大きく分けると2つの種類に分けられる。紐で腰に結びつけて股の下を通し、後ろで紐に通し固定するふんどし型のものと、胴回りに幾度も巻き付けてピンや細いベルトで止める腰巻き型のものである。ジャングルなどの熱帯地帯では、褌だけで快適に生活することが出来る場合が多く、この場合は下着ではなく、ズボンのように服の一部とみなすことができる。 (Wikipedia:下着)

下着フェチ
下着フェティシズム(したぎフェティシズム)とは、フェティシズム的服装倒錯症(Fetishistic transvestism)の一種に分類されるフェティシズムである。とくに下着に強い関心を示して執着したり興奮したりする傾向や、そのような傾向を有する人を指す。俗語としては下着フェチという言葉も用いられる。 定義のぶれとゆらぎ もともとフェチとは、フェティシズムを略した俗語であり、その意味も使われ方によって大きく揺らぎがある。また対象者の傾向によりひとくくりにはできない概念を包括していることが多く、その解釈も多様である。ごく狭義には下着もしくは下着姿に強い性的興奮や執着をおぼえる傾向をさす。 下着の概念 ブラジャー、パンティー(ショーツ)、ブリーフ、ふんどしといった身体に密着した下着が一般的である。反面腰巻やババシャツといった性的魅力に乏しいものへの執着は一般的ではない。同じ洋風であってもコルセットやガードルといった矯正下着に類するものやブルマーなどへの執着は別の性的倒錯に分類される傾向にある。 (Wikipedia:下着フェチ)

下着フェティシズム
下着フェティシズム(したぎ-)とは、女装#.E5.A5.B3.E8.A3.85.E3.82.92.E3.81.99.E3.82.8B.E4.BA.BA.E3.81.AB.E8.A6.8B.E3.82.89.E3.82.8C.E3.82.8B.E7.97.87.E7.8A.B6 フェティシズム的服装倒錯症(Fetishistic transvestism)の一種に分類されるフェティシズム。特に下着に、強い関心を示して執着したり興奮したりする傾向や、そのような傾向を有する人を指す。俗語としては下着フェチという言葉も用いられる。
もともとフェチとは、フェティシズムを略した俗語であり、その意味も使われ方によって大きく揺らぎがある。また対象者の傾向によりひとくくりにはできない概念を包括していることが多く、その解釈も多様である。ごく狭義には下着もしくは下着姿に強い性的興奮や執着をおぼえる傾向をさす。
(Wikipedia:下着フェティシズム)

下着モデル
下着モデル(したぎモデル)は、下着姿での業務を主に行うモデル。 下着メーカーが主催するファッションショーやカタログ、広告等に登場するタイプが最も有名で、モデルを前面に出す戦略としては米ヴィクトリアズ・シークレットなどが知られる。日本ではトリンプがトリンプ・イメージガールを毎年選出しているが他に類似例はなく、水着モデルと違い黒子的存在になることが多い。 カタログの下着モデル 日本では、女性向け下着の通販カタログ等での着用写真には白人女性が起用されることが多い。これは日常生活で見慣れている日本人モデルでは生々しく見えてしまうこと、体毛の色が濃いため何かと不便があること、下着の仕事が敬遠されがちでなり手が少ないことなどが挙げられる。特に、一流ファッションモデルやテレビタレントを志すモデルにとっては下着モデルをしてもステップアップにつながらないため、極めて忌避される傾向にある。 また、一般に「スタイルがよい」とされる体型であっても、下着カタログ上では下品に見えてしまったり、下着の形が悪く見えてしまったりすることも少なくない。 (Wikipedia:下着モデル)

下着泥棒
下着泥棒(したぎどろぼう)は下着、特に女性の下着を専門に窃盗すること、またはその人。女性の下着への執着心がエスカレートした結果だが、これも窃盗罪に当たる。この手の犯罪者は常習的な傾向があり、下着を収集のための窃盗を繰り返す。男性が女性の下着を取る以外に、まれに女性が男性の下着を、さらには同性の下着を盗ったりする者もいる。
女性の下着に執着心が強い男性は、次第に収集するようになる。通常「未使用下着」に始まり、それに満足できなくなれば「使用済下着」へと発展する場合が多い。正当な手段によれば未使用下着はランジェリーショップなどで、使用済下着はブルセラショップなどで手に入る。
店舗: 下着を売る店舗で万引きする。
(Wikipedia:下着泥棒)


下着 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す