[PR]

日別キーワード

第1位  さくらももこ - 2018年08月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



さくらももこ
さくら ももこ(本名(旧姓):三浦美紀(みうら みき)、1965年5月8日 - )は、日本の漫画家・作詞家・脚本家。 静岡県静岡市清水区(旧・清水市)出身。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。血液型はA型。身長159cm。 一男の母親。 エッセイストとしても活躍しており、独特の視点と語り口で、初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はいずれもミリオンセラーを記録した。 清水市立(当時)入江小学校、同・第八中学校、静岡県立清水西高等学校卒業。 1984年 - 静岡英和女学院短期大学(現・静岡英和学院大学短期大学部)国文学科在学中に『りぼんオリジナル』冬の号(集英社)にて「教えてやるんだありがたく思え!」(「教師」をテーマとしたオムニバス作品。「ちびまる子ちゃん」第1巻に掲載)でデビュー。 1986年 - 静岡英和女学院短期大学卒業、同年4月に上京しぎょうせいに入社するが勤務中に居眠りする等して上司から「会社を取るか漫画を取るかどちらか選べ」と迫られ「漫画家として生活していく」と回答した為、同年5月末に約2か月で退職。 (Wikipedia:さくらももこ)

さくらももこ劇場コジコジ
『コジコジ』より : 『コジコジ』 (COJI-COJI) は、さくらももこによる日本の漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ、ゲームソフト。『きみとぼく』(ソニー・マガジンズ)より1994年から1997年まで連載された。アニメは1997年から1999年までTBSほかで放送。 メルヘンであると同時にナンセンスなギャグ漫画、という新しいジャンルの開拓に挑戦した作品。さくらももこ独特のシュールさが濃厚に出た作風である。登場人物はメルヘンの国の住人とはなっているが、内容は必ずしも子ども向けではなく、内容的にも多少ブラックなネタもある。 「ちびまる子ちゃん」の世界とリンクしているところがあり、同作中にまる子が出演していたりする描写もあるが、アニメ版では放送局が異なる関係上そのエピソードは削除されている。また、キャラクターの多くは「神のちから」に登場したキャラクターのデザインを流用されている。 テレビアニメ、およびゲームでのタイトルは『さくらももこ劇場 コジコジ』になっている。 ストーリー 主にメルヘンの国を舞台にコジコジとそこの住人たちが繰り広げる日常生活を描いている。 (Wikipedia:さくらももこ劇場コジコジ)

さくらももこ劇場 コジコジ
『コジコジ』より : 『コジコジ』 (COJI-COJI) は、さくらももこによる日本の漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ、ゲームソフト。『きみとぼく』(ソニー・マガジンズ)より1994年から1997年まで連載された。アニメは1997年から1999年までTBSほかで放送。 メルヘンであると同時にナンセンスなギャグ漫画、という新しいジャンルの開拓に挑戦した作品。さくらももこ独特のシュールさが濃厚に出た作風である。登場人物はメルヘンの国の住人とはなっているが、内容は必ずしも子ども向けではなく、内容的にも多少ブラックなネタもある。 「ちびまる子ちゃん」の世界とリンクしているところがあり、同作中にまる子が出演していたりする描写もあるが、アニメ版では放送局が異なる関係上そのエピソードは削除されている。また、キャラクターの多くは「神のちから」に登場したキャラクターのデザインを流用されている。 テレビアニメ、およびゲームでのタイトルは『さくらももこ劇場 コジコジ』になっている。 ストーリー 主にメルヘンの国を舞台にコジコジとそこの住人たちが繰り広げる日常生活を描いている。 (Wikipedia:さくらももこ劇場 コジコジ)

さくらももこのウキウキカーニバル
『さくらももこのウキウキカーニバル』は、任天堂が2002年7月5日に発売したゲームボーイアドバンス用のゲームソフト。開発はインディーズゼロが担当した。メーカー公称のゲームジャンルは「インターネットごっこ」とされているが、本編のアドベンチャーゲームと、本編と独立したホームページ作成交換機能「ホームページごっこ」で構成される。 企画原案・シナリオは三浦範子(さくらももこの実姉)。キャラクターデザインはさくらももこ。チーフディレクターは大澤徹。プロデューサーは宮本茂と大和聡。この他手塚卓志がアドバイザーとして、岩田聡がスーパーバイザーとして関与した。このゲームはさくらの実姉である三浦が任天堂へ持ち込んだゲームボーイカラー用ソフトの企画を原型として制作された。 ゲーム内容 プレイヤーは夜が来なくなった不思議な町「カラータウン」の「カーニバル委員」に選ばれた少年または少女を操作し、カーニバルの妖精「チョコリン」とともに町の各地をめぐりながら、10日間かけてカーニバルの準備を進めていく。 (Wikipedia:さくらももこのウキウキカーニバル)

さくらももこランド・谷口六三商店
『さくらももこランド 谷口六三商店』(さくらももこランド たにぐちろくぞうしょうてん)はTBS系列で1993年4月13日 - 6月29日に放送されたテレビドラマ。 『ちびまる子ちゃん』で知られる漫画家・さくらももこが自ら脚本を手掛けたドラマである。 東京・下町で代々煎餅屋を営む谷口家。その六代目当主・六三の孫、真一がインド人の女性サビィを嫁に迎え、巻き起こる騒動を描いたホームコメディ。 内容は『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』のような昭和的人情コメディをベースとしながらも、ナンセンス系のギャグを大胆に取り入れた、当時としてはかなり突飛なコメディ作品となっている。茶の間のシーンやツッコミ的でシリアスな語りのナレーションなど『ちびまる子ちゃん』に近い雰囲気のシーンもあるが、むしろ漫画では出来ないアイデアを積極的に盛り込んだ展開となっている。再放送・DVDソフト化こそないものの、放送ライブラリーで第1話を閲覧できる。 キャスト 谷口真一:加勢大周谷口家長男で会社員。インド人女性のサビィと結婚。サビィ・プラカーシュ:鷲尾いさ子真一の妻でインド人。 (Wikipedia:さくらももこランド・谷口六三商店)

さくらももこランド 谷口六三商店
『さくらももこランド・谷口六三商店』より : 『さくらももこランド 谷口六三商店』(さくらももこランド たにぐちろくぞうしょうてん)はTBS系列で1993年4月13日 - 6月29日に放送されたテレビドラマ。 『ちびまる子ちゃん』で知られる漫画家・さくらももこが自ら脚本を手掛けたドラマである。 東京・下町で代々煎餅屋を営む谷口家。その六代目当主・六三の孫、真一がインド人の女性サビィを嫁に迎え、巻き起こる騒動を描いたホームコメディ。 内容は『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』のような昭和的人情コメディをベースとしながらも、ナンセンス系のギャグを大胆に取り入れた、当時としてはかなり突飛なコメディ作品となっている。茶の間のシーンやツッコミ的でシリアスな語りのナレーションなど『ちびまる子ちゃん』に近い雰囲気のシーンもあるが、むしろ漫画では出来ないアイデアを積極的に盛り込んだ展開となっている。再放送・DVDソフト化こそないものの、放送ライブラリーで第1話を閲覧できる。 キャスト 谷口真一:加勢大周谷口家長男で会社員。インド人女性のサビィと結婚。サビィ・プラカーシュ:鷲尾いさ子真一の妻でインド人。 (Wikipedia:さくらももこランド 谷口六三商店)

さくらももこのオールナイトニッポン
『さくらももこのオールナイトニッポン』はニッポン放送の深夜放送オールナイトニッポンの月曜日 月曜一部で、漫画家のさくらももこがパーソナリティ担当のラジオ番組。1991年10月1日から放送開始、1992年10月放送終了。
毎週月曜日 25:00~27:00 日本標準時 JST)
毎週、生放送でやるのを非常に不安に感じた為、録音放送だった。
さくらももこの自宅から録音した事がある。
当時の夫・宮永正隆も出演していた。
フリッパーズ・ギター解散のニュースの一報はこの番組
ディレクター:中山千彰
アシスタントディレクター:小林順(現:ファイ (プロダクション) 株式会社ファイ・副社長)
ミキサー:清水
ももこのしゃべりことば
出版 ニッポン放送プロジェクト
発行 1992年5月30日
(Wikipedia:さくらももこのオールナイトニッポン)


さくらももこ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  働き方改革 - 2018年08月30日


関連するイメージは見つかりませんでした




働き方改革 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Android - 2018年08月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  カマシ - 2018年08月30日


関連するイメージは見つかりませんでした




カマシ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ダイサギ - 2018年08月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



ダイサギ
ダイサギ(大鷺、学名:Ardea alba)は、コウノトリ目サギ科に分類される鳥。 形態 体長は 90cm ほどで、日本ではアオサギと並ぶ最大級のサギ。全身の羽毛が白色。白鷺の一種。 雌雄同色。全体が白色で、脚と首が非常に長く、くちばしも長い。足は全体が黒い。夏羽ではくちばしが黒くなり、足の基部がわずかに黄色がかる。また胸や背中に長い飾り羽が現れる。眼先が緑がかる婚姻色が現れることもある。冬羽では飾り羽がなく、くちばしが黄色くなる。 チュウサギと似るが、チュウサギは体長が小さい。またダイサギはクチバシが長く、また眼下にある口角の切れ込みが眼より後ろまで食い込むことで容易に判別できる。 分布 世界の熱帯・温帯に広く分布するが、温帯のものは冬になると暖かい地方へ移動する。 日本では、亜種チュウダイサギ(学名 E.a. modesta)が夏鳥として(日本で繁殖して冬は南方へ渡る)、亜種オオダイサギ(学名 E.a. alba)が冬鳥として(中国東北部で繁殖して冬に日本へ渡り越冬する)、それぞれ観察されるため、渡り鳥であるものの、ほぼ一年中観察される。 (Wikipedia:ダイサギ)

ダイサギソウ
色 lightgreen
名称 ダイサギソウ
和名 ダイサギソウ(大鷺草)
ダイサギソウ(大鷺草、学名:”Habenaria dentata”)はラン科ミズトンボ属の多年生植物 多年草で、地生ランの一種。和名は花がサギソウに似て、草丈が大きいことから。
関東以南の太平洋側、四国、九州以南、東南アジアに広く分布する。
草原や林縁に生える地上性のランで、高さ30-70cmの茎の先端に晩夏から初冬にかけて幅15mm内外の白い花を花序#無限花序に類するもの 総状に多数つける。花期は産地によって異なり、南方のものほど遅く咲く。東南アジア産の系統は12月以降に咲く場合があり、本土では長期にわたって加温管理をしないと開花はみられない。
サギソウと異なり萼片と花弁は同色で、いずれも白い。唇弁は3裂し、中裂片は細いが側裂片は幅広く、外縁に不整な鋸歯がある。唇弁の距は長さ3cm前後で下に垂れ下がり、緑色を帯びる。葉は先の尖った楕円形状で長さ5-15cm前後、幅1mm前後の白い縁取りがある。葉柄は無く茎を抱き互生する。大きな葉は5枚前後で、地上付近と花茎近くでは小型で鞘状となる。地下には卵型の球根があり、前年の古い球根の横に並んで、新球根が通常は1個できる。
(Wikipedia:ダイサギソウ)


ダイサギ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す