[PR]

日別キーワード

第1位  NHK教育テレビジョン - 2018年09月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



NHK教育テレビジョン
NHK教育テレビジョン(エヌエイチケイきょういくテレビジョン)は、日本放送協会(NHK)による地上基幹放送の一種別のテレビジョン放送で国内放送でもある。 教育番組を中心とした編成で全国放送を行う。 2011年6月1日より対外的名称としてNHK Eテレ(エヌエイチケイ イーテレ)が用いられている。 地域ごとに番組が異なる編成を組むNHK総合テレビジョンと異なり、日本全国で統一した番組編成を基本とするため、関東広域圏、中京広域圏、近畿広域圏においては、一部に県域放送を設定するようなことはなく民間放送の広域放送と同等の地域を対象としている。これにより独自に放送を行うことができる放送局は41局と総合テレビより少ない。 編成は概ね各種教育(学習指導要領に基づく学校教育放送、語学番組)、趣味・教養講座、福祉・障害者向け、子供向けの娯楽を基本としているが、高校野球なども放送される。一部はかつて総合テレビで放送されていたものが、媒体変化などもあって集約されたものである。 2000年代頃から(特に2011年以降)は、過去の番組構成を踏襲しながらも個々の番組をリニューアルし、タレントを起用するなど軟化させた、俗受けするような番組もラインナップされるようになっている。 (Wikipedia:NHK教育テレビジョン)


NHK教育テレビジョン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  日本経済団体連合会 - 2018年09月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



日本経済団体連合会
一般社団法人日本経済団体連合会(にっぽんけいざいだんたいれんごうかい、英語: Japan Business Federation)とは、日本の東証第一部上場企業を中心に構成される団体。日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つである。以前は経済産業省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般社団法人へ移行した。経団連会長は「財界総理」とも呼ばれる。特定の政党との癒着がアメリカの経済学者たちにより指摘されている。 組織概要 2002年5月28日、経済団体連合会(以下「経団連」。1946年8月16日発足)が日本経営者団体連盟(以下「日経連」。1948年4月12日発足)を統合して、発足した総合経済団体。 「企業の価値創造力強化、日本と世界の経済の発展の促進」を目的としている。経営者の意見の取りまとめ、政治・行政・労働組合・市民などとの対話、会員企業への憲章遵守の働きかけ、各国政府・経済団体や国際機関との対話をしている。 (Wikipedia:日本経済団体連合会)


日本経済団体連合会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  若い女 - 2018年09月06日


関連するイメージは見つかりませんでした




若い女 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  日経平均株価 - 2018年09月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



日経平均株価
日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英: Nikkei Stock Average)は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均や日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される場合もある。1960年4月の株価の基準値を1000とした。 ダウ式平均株価であり、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。日本経済新聞社が知的財産権を保有、銘柄を制定、15秒毎(2010年以降)に算出し公表する。 日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及している。最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われている。 日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を選定し、ダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出する。 (Wikipedia:日経平均株価)

日経平均株価先物
『日経225先物取引』より : 日経225先物取引(にっけい225さきものとりひき、Nikkei 225 Futures)とは、日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引であり、大阪取引所等に上場されている。TOPIX先物取引、日経225オプション取引と並んで、日本を代表する株価指数を原資産とするデリバティブ取引である。日経平均先物取引(にっけいへいきんさきものとりひき)、もしくは単に日経225先物、日経平均先物ともいう。 あらかじめ定められた期日(満期日)に特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、あらかじめ決められた価格で売買する契約。 原資産が日経平均株価(株価指数)という実体のないものであるため、決済はすべて差金決済となる。 先物の「買い方」(=取引を買いで開始した人)は、満期日の原資産(厳密には「SQ値」、後述)が約定(やくじょう)価格を上回れば利益を得、下回れば損失となる。「売り方」(=取引を売りで開始した人)は、逆に、満期日の原資産が約定価格を下回れば利益を得、上回れば損失となる。 (Wikipedia:日経平均株価先物)


日経平均株価 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  文部科学省 - 2018年09月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



文部科学省
文部科学省(もんぶかがくしょう、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 略称:MEXT、文科省)は、日本の行政機関の一つ。 教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを仮庁舎とした(現在はみずほフィナンシャルグループの本社として使用されている)。 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (Wikipedia:文部科学省)

文部科学省検定済教科書
『教科用図書』より : 文部科学省検定済教科書(もんぶかがくしょう けんていずみきょうかしょ)とは、学校教育のうち、初等教育の課程、中等教育の課程(高等専門学校の課程を除く)に用いられる、文部科学大臣の検定を経た図書のことである。 学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、次のように定められている。 (小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の小学部、特別支援学校の中学部、特別支援学校の高等部)においては、文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならない。 前項の教科用図書以外の図書その他の教材で、有益適切なものは、これを使用することができる。 第1項の検定の申請に係る教科用図書に関し調査審議させるための審議会等(国家行政組織法(昭和23年法律第120号)第8条に規定する機関をいう。以下同じ。)については、政令で定める。(旧第21条・新34条、旧第40条・新49条、旧第51条・新62条、旧第51条の9・新70条、旧第76条・新82条) このうち、「文部科学大臣の検定を経た教科用図書」は、「文部科学省検定済教科書」と、学校教育法に基づく「教科用図書検定規則」(平成元年文部省令第20号)において記載し、「教科書の発行に関する臨時措置法」(昭和23年法律第132号)に基づく「教科書の発行に関する臨時措置法施行規則」(昭和23年文部省令第15号)において表示することとされている。 (Wikipedia:文部科学省検定済教科書)

文部科学省著作教科書
『教科用図書』より : 教科用図書(きょうかようとしょ)は、日本の学校教育法に基づいて、初等教育・中等教育において主たる教材として使用される図書のことである。「教科書」とも呼ばれるが、「教科書」には「教科書に準ずるもの」として「地図」が含まれること(この場合の「地図」は、「教科書」として法令上みなされている)、また、一部に「教科書以外の教科用図書」(この場合の図書は「教科書」とはされていない)が使用されていることに留意を要する。 教科用図書については、元々、学校で教科を教えるために用いられたことから、教科書とも呼ばれることが多い。 初等教育・中等教育の学校では、文部科学省(旧文部省)が公示する「教科用図書検定基準」に合致した教科用図書を使用しなければならない。なお、教科用図書検定基準においては、学習指導要領に準拠することが示唆されている。教科用図書には、文部科学省の教科用図書検定に合格した「文部科学省検定済教科書」(いわゆる検定済教科書)や「文部科学省著作教科書」、あるいはそのどちらにも属さない「教科書以外の教育用図書」(学校教育法第107条に基づく教科用図書)がある。 (Wikipedia:文部科学省著作教科書)

文部科学省スーパーサイエンスハイスクール
『スーパーサイエンスハイスクール』より : スーパーサイエンスハイスクールとは文部科学省が科学技術や理科・数学教育を重点的に行う高校を指定する制度のことである。SSHと略記される。2002年(平成14年)度に構造改革特別要求として約7億円の予算が配分され、開始された。 2007年(平成19年)度予算では約14億4443万円、2010年(平成22年)度予算では約20億6500万円、2011年(平成23年)度予算では約24億400万円が配分されており、増額傾向にある。 目的 目的は「高等学校及び中高一貫教育校における理科・数学に重点を置いたカリキュラムの開発、大学や研究機関等との効果的な連携方策についての研究を推進し、将来有為な科学技術系人材の育成に資する」とされている。 なお、第二次世界大戦末期にも同様の目的を持った「特別科学学級」という制度が存在した。 年度ごとの指定校数は以下の通り。 2002年(平成14年)度 - 26校 2003年(平成15年)度 - 26校 2004年(平成16年)度 - 20校 2005年(平成17年)度 - 22校(2002年(平成14年)度指定校の新規指定10校含む) 2006年(平成18年)度 - 31校(2003年(平成15年)度指定校の新規指定12校含む) 2007年(平成19年)度 - 31校(2002年(平成14年)度~2004年(平成16年)度指定校の新規指定18校含む) 2008年(平成20年)度 - 13校(2003年(平成15年)度~2004年(平成16年)度指定校の新規指定5校含む) 2009年(平成21年)度 - 9校(2006年(平成18年)度指定校の新規指定2校含む) 2010年(平成22年)度 - 36校 2011年(平成23年)度 - 38校(2006年(平成18年)度指定校の新規指定18校含む) 2012年(平成24年)度 - 73校(2007年(平成19年)度指定校の新規指定38校含む) 2013年(平成25年)度 - 43校 2014年(平成26年)度 - 9校 2015年(平成27年)度 - 25校2014年(平成26年)度現在204校が指定されている。 (Wikipedia:文部科学省スーパーサイエンスハイスクール)

文部科学省 (日本)
『文部科学省』より : 文部科学省(もんぶかがくしょう、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 略称:MEXT、文科省)は、日本の行政機関の一つ。 教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを仮庁舎とした(現在はみずほフィナンシャルグループの本社として使用されている)。 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (Wikipedia:文部科学省 (日本))

文部科学省設置法
文部科学省設置法(もんぶかがくしょうせっちほう)は、文部科学省の設置並びに任務及びこれを達成するため必要となる明確な範囲の所掌事務を定めるとともに、その所掌する行政事務を能率的に遂行するため必要な組織を定めることを目的として制定された法律である。 構成 第一章 総則(第1条) 第二章 文部科学省の設置並びに任務及び所掌事務 第一節 文部科学省の設置(第2条) 第二節 文部科学省の任務及び所掌事務(第3条・第4条) 第三章 本省に置かれる職及び機関 第一節 特別な職(第5条) 第二節 審議会等 第一款 設置(第6条) 第二款 科学技術・学術審議会(第7条) 第三款 国立大学法人評価委員会(第8条) 第三節 特別の機関(第9条―第12条) 第四章 外局 第一節 設置(第13条) 第二節 スポーツ庁(第14条―第16条) 第三節 文化庁 第一款 任務及び所掌事務(第17条―第19条) 第二款 審議会等(第20条―第22条) 第三款 特別の機関(第23条) 第五章 雑則(第24条) 附則 関連項目 文部科学省 スポーツ庁 文化庁。 (Wikipedia:文部科学省設置法)


文部科学省 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す