[PR]

日別キーワード

第77位  ヤングチャンピオン - 2018年09月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヤングチャンピオン
『ヤングチャンピオン』(略称:ヤンチャン、YC)は、秋田書店が発行している青年向け漫画雑誌。発売日は毎月第2、第4火曜日。 1988年3月に創刊された。創刊時の編集長は壁村耐三。現編集長は牧内真一郎。増刊誌としては、2006年創刊の『ヤングチャンピオン烈』と2014年創刊の『別冊ヤングチャンピオン』がある。 単行本は「ヤングチャンピオンコミックス(YC COMICS)」レーベルより刊行されており、増刊の『別冊ヤングチャンピオン』も同レーベルより刊行される。同じく増刊の『ヤングチャンピオン烈』については専用レーベルとなる「ヤングチャンピオン烈コミックス」より刊行されている。 なお、1980年代前半に存在した『週刊少年チャンピオン増刊 ヤングチャンピオン』は、類似の誌名であるものの直接的な繋がりはない。 連載作品 OUT(原作:井口達也、漫画:みずたまこと)2012年No.13 - ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP Comic code(原作:円谷プロ、企画・キャラクター原案:POP、漫画:風上旬)2015年No.4 - 神アプリ(栗原正尚)2012年No.9 - クズ!!(鈴木大)2012年No.5 - 国家の猫ムラヤマ(カレー沢薫)2012年No.12 - この○○がエロい!!(金平守人) 純愛ジャンキー(葉月京)2014年No.14 - JINGI 仁義(立原あゆみ)第1部完、全33巻 JINGIS 仁義S(立原あゆみ)2006年No.3 - 2012年No.17 仁義零 JINGI ZERO(立原あゆみ)2012年No.19 - Switch Witch(茂木清香)2014年No.6 - スピーディワンダー(原作:綱本将也、漫画:山根章裕)2010年No.11 - 戦国BASARA ドクガン(猫井ヤスユキ、監修・協力CAPCOM)2016年No.10 - センセ。 (Wikipedia:ヤングチャンピオン)

ヤングチャンピオンRED
『チャンピオンRED』より : 『チャンピオンRED』(チャンピオンレッド)は、秋田書店が発行する日本の月刊漫画雑誌。2002年8月19日(同年10月号)創刊、毎月19日発売。 創刊時よりハイティーン向け漫画雑誌としての性質を持っていたが、全ての漢字にルビを振り、創刊3号において表紙に『日本の少年誌』などと殊更大きく表記し、創刊翌年に設けられた単行本レーベル「チャンピオンREDコミックス」が秋田書店の公式サイト上において「少年向けコミックス」と案内されるなど、創刊後数年間はあくまでも少年誌であることを後述のキャッチコピーと共に主張していた。創刊当初、沢考史(現・『週刊少年チャンピオン』編集長)が編集長を務めていた時期には『プラレス3四郎』や『風魔の小次郎』、『聖闘士星矢』などといった往年の人気少年漫画作品の続編、またはリメイク・外伝作品の連載や、暴力表現が強めな作風であったり他誌が行わないような実験的な作風が目立っていた。 (Wikipedia:ヤングチャンピオンRED)

ヤングチャンピオン烈
『ヤングチャンピオン烈』(ヤングチャンピオンれつ)は、秋田書店発行のB5判中綴じのグラビア付き青年漫画雑誌。毎月第3火曜日発売。単行本は専用レーベルのヤングチャンピオン烈コミックスより刊行されている。 同社の発行する『ヤングチャンピオン』の増刊として、2006年6月20日に創刊。創刊当初は隔月ペースでの刊行であったが、2010年2月16日発売の2010年No.3より月刊化。2011年No.1(2010年12月21日発売)より表紙の書籍名が、『ヤングチャンピオン烈』から現行の『月刊ヤングチャンピオン烈』と変更されている。 かつてのキャッチコピーは「時代をひらく美少女いっぱいコミック」。一般誌でありながら、美少女系成人向け漫画出身の作家を積極的に登用し、表現もやや過激な傾向にある。また、グラビアページにおいても、グラビアアイドルを起用した通常グラビアの他、AV女優を起用したヌードグラビア(ヘアヌード)が掲載されるのも特徴と言える。付録として、おもにグラビアアイドルを題材としたポスター、クリアファイル、DVDなどが不定期的に付属する。 (Wikipedia:ヤングチャンピオン烈)


ヤングチャンピオン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ヤングチャンピオン - アマゾン検索


「ヤングチャンピオン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す