[PR]

日別キーワード

第1位  新潮45 - 2018年09月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



新潮45
新潮45(しんちょうよんじゅうご)とは、新潮社から発行されている月刊誌の一つ。
1982年5月創刊。本来の誌名は『新潮45+』(しんちょうよんじゅうごぷらす)で、当初は中高年以上(具体的には45歳以上)を対象とした健康雑誌だったが、売上が低迷したために廃刊が検討された際、重役齋藤十一の判断によって『週刊新潮』編集部出身の亀井龍夫が編集長に指名され、1985年5月、誌名を現行のものに改めると共に、保守主義 保守・反人権路線にカラーを一新することで売上を伸ばした。“人間の生と死を探求する視点を継承しつつ、さらに「発見力」を高めたい読者に届ける新総合月刊誌”を称している。
ビートたけしが連載を持ち、それをまとめた単行本「だから私は嫌われる」などはベストセラーになった。
(Wikipedia:新潮45)


新潮45 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  キングオブコント - 2018年09月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



キングオブコント
『キングオブコント』(英称:King Of Conte)とは、キングオブコント事務局、TBSテレビ、TBSラジオ&コミュニケーションズが主催・運営するコントのコンテスト大会。総合司会はダウンタウン。 「THE MANZAI」(フジテレビ)、「R-1ぐらんぷり」(関西テレビ)および過去に実施されていた「M-1グランプリ」(ABC)と同様、決勝戦が全国放送される吉本興業主催のお笑い王者決定戦であり、「コント日本一」を決める大会。ピン芸人の即興コンビは出場できないが、一般参加の即興コンビは出場可能。 『オロナミンC〜キングオブコント2008』として2008年度に開催され、その後毎年開催されている。決勝戦はTBS系列で9月下旬に生放送される。司会はダウンタウン。 優勝賞金は1000万円。 「M-1」「R-1」は大阪と東京の民放の共同製作(いずれも大阪の局の単独制作に東京が乗っかる形)だが、「キングオブコント」は「THE MANZAI」同様、東京の民放制作。 (Wikipedia:キングオブコント)


キングオブコント - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  DIY - 2018年09月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



DIY
DIY(ディー・アイ・ワイ)とは、専門業者ではない人が自身で何かを作ったり、修繕したりすること。英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身でやろう」の意。「D.I.Y.」とも。 DIYとは、お金を払ってひと(業者)にやらせるのではなく、自身で(つまり自分の身体を使って)何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動のことである。 DIYは、ともかく「自分でできることは自分でやろう」という理念のもとに行う諸活動である。 DIYという言葉・概念は、「(ひとまかせにせず)自身でやる」という考え方を、広く生活の基本態度にしようとする精神を指していることもある。これは「DIY ethic(DIY倫理)」「DIY精神」とも言う。営利企業の活動には頼らず、人々(人・グループ)が自身で自主的に行う活動を推奨する言葉・概念である。こうした精神・態度は、多様な領域において提唱・実行されており、「自主イベント」や「草の根政治運動」「草の根社会運動」、自主制作誌(ミニコミ、Zine)、インディーズ音楽 等々等々に影響を与えている。 (Wikipedia:DIY)

DIYショップ
『ホームセンター』より : ホームセンター(Home Center, HC)とは、主として日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売する小売店の業態である。 和製英語であり、日本国外ではあまり通用しない。英語では Hardware store, DIY store, Home improvement retailer などと表記される。 主な取り扱い分野 DIY (Do It Yourself): 家庭の設備機器などの小修理や改造などを使用者自身が行うこと。 BIY (Buy It Yourself): 家庭の設備機器などを使用者が購入し、専門業者に取り付けを頼むこと。 SIY (Supervise It Yourself): 家庭の設備機器の選び方・専門業者の選定方法などの助言を得ること。 さらに、近年では家のリフォームの窓口としての機能が注目されている。具体的に販売されている商品として、下記のようなものがある。大型店では、本職の大工や配管工事などの業務(プロ)用の要求にも、ある程度までは対応できる品揃えを持つ場合もある。 (Wikipedia:DIYショップ)

DIYアドバイザー
DIYアドバイザー(ディーアイワイ-)は、DIYの知識と技能を認定する公的資格。1983年に制定され、経済産業省所管の公益法人である社団法人日本DIY協会が試験の実施と資格の認定を行っている。 多くのホームセンターが従業員の資格取得を推進しているため、ホームセンターへの就職には有利であるといわれる。 DIYアドバイザーの役割 DIYアドバイザーの役割は、DIYを行う者 (DIYer) に対し、その手法や道具、手順などの選択を手助けし、作業による事故の発生などの危険を未然に防ぐことである。また、電気・ガス工事のように有資格者以外の作業を禁じられている分野もあるため、法律の遵守を啓発する役割も負っている。 出題範囲 日本DIY協会では、出題範囲を以下のように定めている。 一次試験(学科試験) 住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識 DIY用品に関する知識 DIYの方法に関する知識 DIYの関連法規に関する知識 その他、DIYに関する基礎知識 二次試験(実技試験、面接) DIYに関する実技の能力 DIYを行う者 (DIYer) の相談内容を正しく理解し、これに基づいて的確に指導助言を行う能力 おもな施設 職業訓練施設(職業能力開発校、職業能力開発促進センター、地域職業訓練センター)の住宅サービス科などでDIYアドバイザーの基礎知識を学ぶことができる。 (Wikipedia:DIYアドバイザー)


DIY - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  あそびあそばせ - 2018年09月26日


関連するイメージは見つかりませんでした




あそびあそばせ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  はやぶさ - 2018年09月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



はやぶさ
はやぶさ、ハヤブサ、隼、Hayabusa 動物 ハヤブサ - 鳥類の名。 兵器・交通運輸・航空宇宙 日本の軍備および防衛装備品 三菱の試作戦闘機1MF2の愛称。 大日本帝国陸軍の一式戦闘機の愛称。 陸上自衛隊のLR-2連絡偵察機の愛称。 大日本帝国海軍の水雷艇の名称。 隼型水雷艇の一番艦 - 初代「隼」(1900年~1919年)。 鴻型水雷艇の三番艦 - 2代目「隼」(1936年~1944年)。 はやぶさ型駆潜艇 - 海上自衛隊の駆潜艇のクラス(昭和29年度計画)。 はやぶさ型ミサイル艇 - 海上自衛隊のミサイル艇のクラス(平成11年度計画)。 その他の交通運輸・航空宇宙関連 特別急行列車の名称。 はやぶさ (新幹線) - 新幹線(2011年~)。 はやぶさ (列車) - 寝台特急(1958年~2009年)。 スズキ・GSX1300Rハヤブサ - スズキが1999年に発売したオートバイ。 フォーミュラ・スズキ隼 - 上記のオートバイのエンジンを流用した市販レーシングカー。 (Wikipedia:はやぶさ)

はやぶさ (列車)
はやぶさは、日本国有鉄道(国鉄)・JRによる特別急行列車。 本項では、かつて日本国有鉄道(国鉄)・JRが東京駅 - 西鹿児島駅間で運行していた寝台特急、並びに東京と鹿児島県を鹿児島本線経由で運行していた寝台特急列車および優等列車の沿革について記述し、2011年から東北新幹線において運行されている列車については「はやぶさ (新幹線)」に記す。 日本国有鉄道(国鉄)および分割民営化後のJRが、東京駅と熊本駅(1997年までは西鹿児島駅)の間を東海道本線・山陽本線・鹿児島本線経由で運行していた。 JRが運行していた定期列車としては、かつての併合相手であった「さくら」が2005年2月28日に廃止されたため、それ以降廃止までの間は日本一の長距離旅客列車であった。 京阪神と九州を結ぶ「なは」「あかつき」が2008年3月14日発(始発駅基準)の運行をもって廃止されたため、翌日の3月15日以降廃止まで併結する「富士」とあわせて関東・東海・京阪神から九州へ直通する最後の定期夜行優等列車であった。 (Wikipedia:はやぶさ (列車))

はやぶさ (探査機)
はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。 イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。 はやぶさは2003年5月に内之浦宇宙空間観測所よりM-Vロケット5号機で打ち上げられ、太陽周回軌道(他の惑星と同様に太陽を公転する軌道)に投入された。その後、搭載する電気推進(イオンエンジン)で加速し、2004年5月にイオンエンジンを併用した地球スイングバイを行って、2005年9月には小惑星「イトカワ」とランデブーした。 (Wikipedia:はやぶさ (探査機))

はやぶさ (MUSES-C)
『はやぶさ (探査機)』より : はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日(金)13時29分25秒に宇宙科学研究所が打ち上げた惑星探査機 小惑星探査機(正式名称:工学実験探査機)である。小惑星(25143)イトカワ (小惑星) イトカワに2005年夏に到達し、サンプルを採集して2010年に地球に持ち帰ることを目的としている。
なお、はやぶさの探査情報を基に、小惑星イトカワの解析結果とその論文がアメリカ科学論文誌『サイエンス』の2006年6月2日号に特集として掲載(日本の宇宙研究・開発では初)された。
さらに、アメリカのInternational Space Development Conference (ISDC 2006)においてSpace Pioneer Awardとしてアメリカ National Space Societyから表彰を受けている。
(Wikipedia:はやぶさ (MUSES-C))

はやぶさ2
はやぶさ2は、小惑星探査機「はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)の後継機として宇宙航空研究開発機構 (JAXA) で開発された小惑星探査機である。地球近傍小惑星 「リュウグウ」への着陸およびサンプルリターンが計画されている。「はやぶさ2」という名称は探査機を用いる小惑星探査プロジェクト名にも使われている。 2014年12月3日に種子島宇宙センター大型ロケット発射場からH-IIAロケット26号機で打ち上げられた。 世界で初めて小惑星の物質を持ち帰ることに成功した探査機「はやぶさ」の後継機で、初号機が小惑星往復に初めて挑んだ「実験機」だったのに対し、有機物や水のある小惑星を探査して生命誕生の謎を解明するという科学的成果を上げるための初の「実用機」として開発された。 基本設計は初代「はやぶさ」と同一だが、「はやぶさ」の運用を通じて明らかになった問題点を改良した準同型機となる予定である。サンプル採取方式は「はやぶさ」と同じく「タッチ・アンド・ゴー」方式であるが、事前に爆発によって衝突体を突入させて直径数メートルのクレーターを作ることによって深部の試料を採取できるようにする。 (Wikipedia:はやぶさ2)

はやぶさ型ミサイル艇
はやぶさ型ミサイル艇(はやぶさがたミサイルてい、英語: Hayabusa-class guided-missile patrol boats)は海上自衛隊のミサイル艇の艦級。平成11年度計画から平成13年度計画にかけて計6隻が建造された。建造費は1隻あたり94億円(平成13年度計画分)。 61中期防において、海上自衛隊は従来の魚雷艇(PT)にかわる沿岸防備用の高速戦闘艇として、ミサイル艇(PG)の整備に着手した。オペレーションズ・リサーチによって、大湊・舞鶴・佐世保地方隊に6隻ずつを配備するという基本計画が策定された。これに基づき、まず平成2年・平成4年度計画で全没型水中翼艇の1号型ミサイル艇3隻が就役した。しかし就役後、波浪中の船体強度や耐航性の不足が発覚し、特に冬季の日本海での運用上問題となった。また水中翼艇特有の問題として、フォイルボーンでの高速時とハルボーンでの低速時との間に速力や運動性の面で大きなギャップがあり、中速域での運用が困難であった。 (Wikipedia:はやぶさ型ミサイル艇)

はやぶさ型
『はやぶさ型ミサイル艇』より : はやぶさ型ミサイル艇(はやぶさがたミサイルてい、英語: Hayabusa-class guided-missile patrol boats)は海上自衛隊のミサイル艇の艦級。平成11年度計画から平成13年度計画にかけて計6隻が建造された。建造費は1隻あたり94億円(平成13年度計画分)。 61中期防において、海上自衛隊は従来の魚雷艇(PT)にかわる沿岸防備用の高速戦闘艇として、ミサイル艇(PG)の整備に着手した。オペレーションズ・リサーチによって、大湊・舞鶴・佐世保地方隊に6隻ずつを配備するという基本計画が策定された。これに基づき、まず平成2年・平成4年度計画で全没型水中翼艇の1号型ミサイル艇3隻が就役した。しかし就役後、波浪中の船体強度や耐航性の不足が発覚し、特に冬季の日本海での運用上問題となった。また水中翼艇特有の問題として、フォイルボーンでの高速時とハルボーンでの低速時との間に速力や運動性の面で大きなギャップがあり、中速域での運用が困難であった。 (Wikipedia:はやぶさ型)

はやぶさ新八御用帳
『はやぶさ新八御用帳』(はやぶさしんぱちごようちょう)は、平岩弓枝の時代小説シリーズ。『御宿かわせみ』と共に、人気作品の一つである。 江戸・南町奉行所の内与力(奉行秘書官に相当)、神道無念流の名手で頭脳明晰、心優しき好青年だが恋にはオクテの隼新八郎が、上司の奉行・根岸肥前守と共に、武家絡みであるために町方が介入出来ない、若しくは表沙汰に出来ない事件の探索を行なう。 NHK総合テレビの『金曜時代劇』でテレビドラマ化された。従来の時代劇とは少々違う、いわば“特別捜査官”ものである。 NHKでドラマ化される以前に1990年に日本テレビにて時代劇スペシャルとして放送されたことがある。 テレビドラマ 1993年9月3日〜1994年3月25日 出演 隼新八郎:高嶋政宏 根岸肥前守鎮衛(やすもり):山口崇 お鯉:有森也実 大久保源太:田中実 高木良右衛門:沼田爆 郁江:越智静香 小かん:荻野目慶子 篠崎清之助:高杉亘 鶴屋伝兵衛:でんでん 松吉:関根孝彦 熊吉:杉崎昭彦 佐久間寅三:大門正明 森藤十郎:森山周一郎 鬼勘:宍戸錠 語り:香川京子 脚本 井上由美子 大久保昌一良 音楽 三枝成彰 サブタイトル 第1一回 平岩弓枝の新作時代劇・大奥の恋人 第二回 敵か見方か 第三回 お化け女郎 第四回 河童と夕顔 第五回 狸の心中 第六回 又右衛門の女房 第七回 若君と用心棒 中川芳斎:草川祐馬、藤江:岡本舞 第八回 さいかち坂の恋人 結城美栄子、犬塚弘 第九回 江戸の水仙 第十回 白い殺人鬼 第十一回 紫陽花の恋文 第十二回 幽霊の仇討 第十三回 金唐革の財布 第十四回 お鯉の恋 第十五回 江戸の初夢〜新春恋模様 第十六回 雪日和 第十七回 男と女の雪違い 第十八回 御守殿おたき 第十九回 綾のつづみ 未来貴子 第二十回 赤い廻り灯籠 第二十一回 女嫌いの医者 第二十二回 けんか相撲 第二十三回 三行半の謎 第二十五回 女密偵・お鯉 スタッフ 演出:後藤高久 日本テレビ版 本格時代劇スペシャル『はやぶさ新八御用帳 大奥の恋人』 1990年4月1日 21:03 - 23:26 日本テレビ系 出演 隼新八郎:中井貴一 お鯉:古村比呂 根岸肥前守:田村高廣 神谷鹿之助:並木史朗 郁江:吉川十和子 金吾:香川照之 仙之助:小倉一郎 滝川:中島ゆたか おとり:野村昭子 田宮数馬:夏夕介 おしゅん:片桐はいり お千世:大場久美子 結城長七郎:隆大介 スタッフ 脚本:大西信行 監督:山本和夫 音楽:川村栄二 外部リンク NHKアーカイブス 金曜時代劇 はやぶさ新八御用帳 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス。 (Wikipedia:はやぶさ新八御用帳)

はやぶさ (新幹線)
はやぶさは、東日本旅客鉄道(JR東日本)および北海道旅客鉄道(JR北海道)が東北新幹線・北海道新幹線の主として東京駅 - 新函館北斗駅間で運行している特別急行列車である。種別を示す色は緑(■)。 JR東日本が東北新幹線において2011年(平成23年)3月5日からE5系の運用を開始するにあたり、新たに設定した愛称である。その後、E5系の増備によって順次本数を増やしていき、新青森駅発着の「はやて」の大半を統合している。 宇都宮駅 - 盛岡駅間において、E2系「はやて」「やまびこ」の275km/hを上回り国内最速となる最高速度320km/hでの営業運転を行い、東北新幹線の最速達種別の列車として位置付けられる。また、大宮駅 - 宇都宮駅間の最高速度も、従前の240km/hを上回る275km/hで運転する。なお、盛岡駅 - 新青森駅間では整備新幹線区間であり、線路規格の関係上「はやて」と同一の260km/hに留まる。 当初は東北新幹線八戸駅 - 新青森駅間の延伸開業と同時に運行開始する計画であったが、延伸開業が2010年(平成22年)12月4日に前倒しとなったため、新青森駅までの延伸開業から約3ヶ月遅れての運行開始となった。 (Wikipedia:はやぶさ (新幹線))

はやぶさ (コーラスグループ)
はやぶさは日本の歌謡グループ。2012年2月22日に「ヨコハマ横恋慕」でデビュー。長良プロダクション所属。レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント。 経緯 3人組の新世代歌謡グループとして、2011年9月に結成。横浜の風景が歌詞の随所に登場するムード歌謡の楽曲を中心に、独創的な振り付けをつけて歌唱する。アーティスト名のはやぶさは「未来に向かって羽ばたいていく」をイメージして命名。白いスーツにネクタイ(色は、ヒカル=青、ヤマト=赤、ショウヤ=緑)がトレードマーク。 メンバー ヒカル メインボーカル、1987年4月10日生、身長154cm、神奈川県横浜市出身 3歳の頃から演歌が好きになり歌手を目指し始めた。小学校に入ってからは、カラオケ大会やコンテストに出場するようになり、数々の上位入賞を果たす。介護福祉士の国家資格を持っている。 好きな音楽:演歌・民謡・浪曲 特技:新舞踊・三味線 2015年11月16日、カーネギーホールで行われたイベント「第6回 Kajiki's Artist Show」に出演し、初の海外歌唱を行う。 (Wikipedia:はやぶさ (コーラスグループ))

はやぶさ温泉
はやぶさ温泉(はやぶさおんせん)は、山梨県山梨市牧丘町隼にある温泉および日帰り入浴施設の名称。同所の地名、隼(はやぶさ)が難読地名であることから平仮名で表記されている。 泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉) pH 9.95 湧出量 700トン/日地下1000mから自噴する高アルカリ性温泉。湯量は豊富である。また、飲用温泉水(りょう泉はやぶさ)の販売も行なっている。 日帰り入浴施設「はやぶさ温泉」 詳細は施設公式サイト内「ご利用案内」を参照のこと。 利用案内 営業時間:10:00 - 21:00 定休日:火曜日 利用料金(※大人=中学生以上/小人=3歳以上/3歳未満の幼児は無料) 2時間まで(一浴):大人600円/小人400円 4時間まで(複数回入浴および大広間での休憩も可):大人1,200円/小人700円 1日利用(複数回入浴および大広間での休憩も可):大人1,700円/小人1,000円 ※「1日利用」は、日中(10:00 - 16:00の間)に時間制限なしで施設を利用できるプラン ※この他、小部屋貸出(有料)もあり アクセス バス JR中央本線の塩山駅より甲州市市民バス「西沢渓谷線・窪平線」に乗車、「放光寺入口」バス停下車(徒歩約5分) JR中央本線の山梨市駅より山梨市営バス「西沢渓谷線」に乗車、「隼上」バス停下車(目の前) 自動車・タクシー 中央自動車道の勝沼ICより約25分、国道140号沿い JR中央本線の塩山駅または山梨市駅よりタクシーで約10分 周辺 恵林寺 放光寺 脚注 外部リンク 山梨源泉掛け流し日帰り入浴「はやぶさ温泉」(施設公式サイト)座標: 北緯35度43分49秒 東経138度42分35秒 / 北緯35.73028度 東経138.70972度 / 35.73028; 138.70972。 (Wikipedia:はやぶさ温泉)


はやぶさ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す